--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/22

ブリエンツァがグラニッロにやってくる!シエナ戦直前情報

昨日の話ですが、日本代表ドラマチックな逆転勝利&香川君ドッピエッタおめでとう!やっと点が取れて良かったね!ザックがガッツポーズで興奮しているのを見て私も興奮しました(笑)

               

さて、レッジーナの話題に移りましょう。1月は誕生日ラッシュでして、1月17日に30歳になったプッジョーニの他に、1月6日に23歳になったカスティーリャ(新年早々だったのでレッジーナ公式で祝ってもらえず)、1月19日に37歳になったコッツァ、1月20日に32歳になったボナちゃん、なんと4人もいました!まとめて誕生日パーティをやったようです。
Grazie 'Emi'!

ボナちゃん、お誕生日おめでとう!

ボナちゃん今季は本当に幸せそうです。AだろうがBだろうが、コンスタントに試合に出られて結果を出せれば、クラブとファンから信頼されれば、それが選手にとって何より幸せですよね。シーズン後半もよろしくねボナちゃん。
他にもバースデーケーキを舐めて味見するお茶目なプッジョーニの写真とかありますので、上に貼ったリンク先に飛んでみてください。
あと、ちょっとだけコッツァの誕生祝の記事から経歴を抜粋。
Buon compleanno Ciccio!
コセンツァの小さな町で生まれたファンタジスタは、1986~1992(12~18歳)をレッジーナの下部組織で、1992~1994(18~20歳)をミランの下部組織で過ごしました。2年だけでもミランユースにいたということは、大いに将来を嘱望されていたということですね。1994年にレッジョに戻ってきて、その年の9月18日バーリ戦でセリエAデビュー。その後ヴィチェンツァ、ルッケーゼ、カリアリ、レッチェを経て1999年1月にレッジーナに帰還し、セリエA昇格を果たしました。04-05にジェノア、シエナを経て05-06に再びレッジーナに復帰。06-07はまたシエナ(あんなに強く望んだのに奇跡のシーズンのレッジーナにいられなかったのは気の毒だった)。07-09は再びレッジーナ。09-10にサレルニターナでプレーした後にひっそり引退。今季1年契約でレッジーナのテクニカル・スタッフに迎え入れられました。来季もレッジーナと契約更新して、ずっといてくれると嬉しいです。

               

はい、今日はホームで2位シエナとの対戦です。昇格を賭けた直接対決となります。
シエナといえば、ブリエンツァ、ヴァルデス、セスツゥ、カロッビオと元レッジーナが4人も!しかーし、板前さんヴァルデスは腰痛で召集が見送られました。すげえ残念です。

レッジョにいらっしゃったシエナの19名の皆さんは以下の通り。
Portieri: Coppola, Farelli, Iacobucci
Difensori: Brandao, Del Grosso, Ficagna, Rossettini, Terzi, Vitiello
Centrocampisti: Bolzoni, Carobbio, Kamata, Marrone, Reginaldo, Sestu, Troianiello
Attaccanti: Brienza, Calaiò, Mastronunzio

ぴのさんのサイトでコンテ監督の会見を紹介しています。参照くださいませ。
レッジーナ戦前日会見 インモービレの退団でパオルッチは残留?

古巣対決を前にブリエンツァが語っております。その中で初めて移籍の経緯を明かしてくれました。
BRIENZA, "Da quel Palermo-Reggina..."
他の選手たちと一緒に戦力外となった。予算の関係と若手に照準を合わせるためにね。
僕は去った。僕はお金を放棄し(高額年棒を諦めたということ?)、クラブは大金を節約したというのに誰も僕に電話してこなかった。感謝の言葉が欲しかったんじゃない。ただ「幸運を」という言葉だけが欲しかった。
アッツォーリとは話をしたよ。彼とは昔一緒にプレーしていたから。素晴らしいトーナメントの価値は彼にある。いい準備をして、筋が通っていて、グループと人間関係をいかに管理するかわかっていて、そして誠実だ。


レッジーナとは最悪の別れ方をしたようですね…。カルモナもレッジーナから必要とされなかったことにショックを受けていましたっけ。まあカルモナは資金調達のために放出せざるを得なかったから別のケースで、私、ボナちゃんとフランコさんに関しては先にサラリー減額を受け入れた方が残っただけなんじゃないかと思っています。二人とも残留したら若手FWのスペースがなくなるのでクラブは一人しか残す気はなかった。それでボナちゃんが先に減額を受け入れた。その時点でフランコさんの残留はなかったんじゃないかと。クラブもフランコさんが減額を受け入れるとは予想していなかったのかも…。
いずれにせよ、クラブとは最悪の別れ方をし、議論を呼んだフェアプレーで一部ファンとの関係も壊れているので、今日は容赦なくゴールを狙ってきそうですね。現在キレキレで絶好調だし、かなり高い確率でゴールするんじゃないかと思います。私が心配なのはゴールした際のパフォーマンスなんですけど、チームメイトたちとの関係は良好だったし、フェアプレー問題の後で擁護してくれたファンもたくさんいたから、古巣をリスペクトしてくれるかな…。そうだといいなと思います。

って、ゴールしないのが一番いいんですけど!!

こちらはレッジーナの召集メンバー19名です。
Portieri: Kovacsik, Puggioni;
Difensori: Acerbi, Adejo, Burzigotti, Cosenza;
Centrocampisti: Barillà, Castiglia, Colombo, Laverone, Missiroli, Rizzato, Rizzo, Tedesco, Viola;
Attaccanti: Adiyiah, Bonazzoli, Campagnacci, Zizzari.


予想スタメン:
Puggioni;
Acerbi, Cosenza, Adejo;
Rizzato, Missiroli, Viola, Rizzo, Barillà;
Adiyiah, Bonazzoli


コスタ、ジョーザ、モンティはまだ試合に出られるほど復調していないみたいですね。早くこの3人がプレーしているところを見たいなぁ。コセンツァから来た新入り二人は今回も呼ばれておりません。

アッツォーリ監督は「価値があるのは勝利だけ」、コンテ監督は「これは直接対決だ」と両者気合が入ってます。
また、「選手たちから非常にポジティヴな印象を受けている。我々はモチヴェーションに溢れているよ」とアッツォーリさん自信満々です。熱い熱い対決が見られそうですね。
MyP2Pで単独チャンネルありますよ~。
Reggina vs. AC Siena
MyP2Pがダメだったら、こっちで探してみてください。
from SPORT

今日シエナに勝てれば再び浮上するキッカケをつかめると思います。選手の皆さん、ハートは熱く、頭はクールにお願いしますよ。レッジョの民は選手の後押しよろしく!フランコさんにブーイングしちゃダメよ!

Forza Reggina!!!
10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ブリエンツァはゴールしなかったですが、レッジョ側もゴールが無かったですね。
フランコさん・・・最悪の形で放出になりましたが、その前に降格したシーズンには色々と外野で騒ぎもありましたし、精神的にかなり不衛生な中でのプレーでしたしね。。

サタン誕生・・・いや、コッツァ生誕祝いの記事の訳、ありがとうございます。
こんな男がサレルノでヒッソリと引退するなんてありえません。
せめてグラニッロのPKスポットの辺りに埋葬されるべきでした。
まだ死んでませんね、はい。
Fillipoさん、こんばんはー。
レスが遅くなりまして申し訳ないっす。

フランコさんのゴールがなくてホッとしています。レッジーナのゴールがなかったことにはガックリきていますが(^^;)

> 精神的にかなり不衛生な中でのプレーでしたしね。。
ほんとですよ。心中かなり複雑だっただろうなと…。試合前の選手紹介でフランコさんの名前が呼ばれると南クルヴァは口笛吹きまくりだったそうで。去年は「俺たちのエルフ」に一生懸命エールを送っていたのに…(T-T)

> サタン誕生・・・いや、コッツァ生誕祝いの記事の訳、ありがとうございます。
サタンて…(爆)
訳が7割、私が付け足した情報が3割です。

> せめてグラニッロのPKスポットの辺りに埋葬されるべきでした。
> まだ死んでませんね、はい。
はい、まだ殺さないでください(笑)
いや、でも、イベント無しで引退するのもある意味コッツァらしいかなと。
仮に話を持ちかけても「大勢の前で花束授与だと?そんなこっぱずかしいこと出来るか!」と逃げ回りそうな気もします(^^;)
で、無理やり引っ張り出したら、案外感激して泣いちゃったりして(爆)
コッツァのためより、コッツァをいまだに愛している大勢のティフォージのために、彼への感謝の気持ちを表す場を設けてあげたかったなと…。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。