--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/09

セリエB第21節レッジーナ×サッスオーロ 9人の相手を崩せずドロー

REGGINA (4-3-3): Puggioni; Laverone, Cosenza, Acerbi, Rizzato; Rizzo, Tedesco, Barillà (1’ st Campagnacci); Missiroli, Bonazzoli, Adiyiah (38′ st Danti). A disp. Kovacsik, Adejo, Burzigotti, Viola, Castiglia. All. Atzori.
SASSUOLO (4-3-3): Bressan; Consolini, Rossini, Bianco P., Donazzan; De Falco, Magnanelli, Troiano; Quadrini (27’ st Fusani), Bruno (10’ st Martinetti), Catellani (22’ st Polenghi). A disp. Pomini, Piccioni, Riccio, Masucci. All. Gregucci.
Arbitro: Sig. Giancola di Vasto
Ammoniti: De Falco (S), Quadrini (S), Troiano (S), Barillà (R) e Laverone (R)
Espulsi: 20' st Bianco P. (S), 41' st Martinetti (S)

この試合の動画:
Serie bwinのサイトで各自探してね

この試合の写真:

Reggina Reggina Calcio v US Sassuolo

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Laverone 5.5, Cosenza 5.5, Aceribu 6, Rizzato 5.5, Tedesco 5, Rizzo 6, Barillà Missiroli 5.5, Adiyiah 5.5, Bonazzoli 5.5, Campagnacci 5
Datasport
Puggioni s.v., Cosenza 6, Acerbi 6, Laverone 5.5, Rizzato 6, Rizzo 5.5, Danti 5.5, Tedesco 5.5, Barillà 5.5, Campagnacci 5.5, Bonazzoli 6.5, Missiroli 6, Adiyiah 4.5, Atzori 5
Gazzetta del Sud
Puggioni 6, Laverone 6.5, Cosenza 6, Acerbi 6.5, Rizzato 6, Rizzo 6, Tedesco 5.5, Barillà 5.5, Campagnacci 6, Missiroli 5.5, Bonazzoli 6, Adiyiah 5.5, Danti s.v.

試合後のコーチ、選手のコメント:
■コッツァコーチ(アッツォーリさんは無言だったの?)
ボナッツォーリがピッチに戻ってきて違うレッジーナが見られた。彼が不在のときは我々は苦しんだよ。我々はセットプレーを活かすことができなかった。道はまだ長いし、もし最低でもプレイオフに到達したかったら自らを犠牲にしないといけないんだ。今日最大の過ちはパスを多用し過ぎたことにある。チームは常にゴールしようと試みていたんだが、2つか3つしかデンジャラスなアクションを作れていなかったんで、近い将来変わることを願っているよ。これからの試合のために練習してきたしね。新しいシステムに慣れるための練習をしてきたんで、プレースキックが疎かになってしまったところはある。また、たくさんのセットプレーをミスしたために多くのプランが実行されずに終わってしまった。
ヴィオラがベンチだったこと?
監督は1週間かけて査定して他の選手にプレーさせることを決断した。監督がそう決めたのだから、信頼しなくちゃ駄目だ。
メルカート?
会長と話すべき事柄だよ。来る者は歓迎される。我々は満足感を与えることができる素晴らしいグループだ。
アモルーゾが来るかって?
アモルーゾとは話しているよ。でもこの件については会長に尋ねてくれ。

コッツァはアモルーゾのことを話しているときは笑顔だったそうです。なんかすげえ期待しちゃうんですけど。
■コセンツァ
酷いゲームだった。このチーム相手に苦労するのは分かっていたけどさ。もっと違うゲームを作ることを考えていたんだけど違う方向に行っちゃったよ。相手を攻めないといけなかったし、サイドを活かさないといけなかった。ここから再出発だよ。集中していても、こういうゲームになってしまうこともあるさ。この試合から学ばないといけない。
プレースキックが上手くいっていなかった?
この点に関しては監督が重点的に準備していたんだけど、最近調子悪いよね。相手の2つの退場のあとは引かれてしまって難しくなってしまった。スペースを見つけられず、本当に難しかったから、俺たちにとっては11対11の方がプレーしやすかったよ。プレースキックでもうちょっと何とかしたかったんだけど上手く活かすことが出来なかった。
4バックについて?
もう少し動きを向上させる余地があるけど上手くやれていたよ。完全な4-3-3だから、ちょっと難しいところもあったんだけどね。
次節のダービー?
素晴らしいダービーを披露してカンピオナートの転機にしたい。これから高く飛ぶところなんだ。ここらでターニングポイントを迎えないといけないね。
シーズン前半の積み上げ?
満足のいくものだけど、個人のミスで何ポイントか失ってしまった。でも、シーズン開幕当初は誰も今の順位を予想していなかっただろ?まるで降格圏にいるみたいに落胆する必要はないさ。
■アチェルビ
もう少し上手くやれたよね、特に後半は数的優位を利用して。もっと形にしなくちゃいけなかった。でもホームに勝ち点1をもたらしたわけで、新年最初の試合としては良かったんじゃないかな。あまり多くを作り出せなくて、中盤でボールをスピードアップさせる必要があったね。
マルティネッティの退場?
僕は足首を払われたんだ。主審のジャッジは間違っていなかったと思うよ。最初にリッツォがやられていたしね。僕に対するファールは警告でも良かったかもしれないけど。僕らがスローだったのは確かだけど、スペースを見つけるのは容易じゃなかったんだ。秩序だったチームとの対戦だった。もっとスピードと輝きを見出すために僕らは練習しているところだよ。
システムを変えたこと?
問題ない。3バックでも4バックでも問題ないよ。ミスは時に起こり得るものだ。エミリアーノ(ボナッツォーリ)は重要な要素の一つで、2ヶ月離脱したあとの最初の試合だった。僕は彼がいいゲームをしたと思っている。僕らにパン(主食=基盤?)を与えてくれた。次のクロトーネ戦は大事な試合になる。可能な限り多くの勝ち点を稼ぐよう努力して、3月になったら自分たちが何処にいるのか確認することになるだろうね。
メルカート?
プレーすることだけを、上手くやることだけを考えている。あとは僕の代理人とフォーティ会長が考えることだ。もし何かがあれば彼らが僕に知らせるだろう。僕はレッジーナと共にここで頑張ることしか考えていないよ。




昨日はオペラを見に行って、その後サイゼリヤで4時間ガールズトークに花を咲かせていたため、直前情報をお送りでしませんでした。楽しみにしていた数少ない日本のレッジーナファンの皆さんゴメンナサイです。
試合開始前に帰宅して最初から最後まで試合観戦できたんですけどね、相手は二人退場になったのに数的優位を活かせない消化不良なゲームでした。

イライラしたの何のって。

見所の少ない試合なので超簡単に試合を振り返ります。

               

アッツォーリさんは新年一発目の試合で4-3-3を試してきた。ヴィオラがベンチにおり、テデスコとバリッラというシーズン前半に出番の少なかった二人が先発しているのが少々驚き。そして前線には待ち焦がれていたボナちゃんが!

ボナちゃん、お帰り!ずっとずっと待っていたのよ!

帰って来たボナちゃん
 ↓
サッスオーロのアウェイユニって白地に緑の背番号とネームが爽やかね。フォントもカワイイなぁ。
 ↓
ボナちゃんが復帰したお陰で高い位置で起点を作れるようにはなってきたんだけど、決定的な場面を作れない。
 ↓
前半唯一の惜しいシーンは31分、ボナちゃんとのワンツーからアディアーがエリア内に侵入⇒左からの折り返しにボナちゃんゴール前に突っ込むも、ちょっとタイミングが合わず。
 ↓
レッジーナはパスミス多過ぎ。オフサイド取られ過ぎ。みんなクリスマス気分が抜けてないのかしら?
サッスオーロもプッジョーニを困らせるようなプレーは無し。
 ↓
レッジーナ後半頭に選手交替。久しぶりの先発に張り切って空回っていたバリッラに代えてカンパニャッチ投入。
 ↓
後半14分、中央からリッツォが左サイドのリッツァートに展開⇒リッツァートのクロスにボナちゃんの足がちょっと届かず…
 ↓
後半20分、リッツォの足を刈ったビアンコに1発レッド。さようなら~。
リッツォが壊れたんじゃないかと青ざめたけど大丈夫だった。これで一人少ない相手をガンガン攻め立てるはず…だったんだけど。
 ↓
待てど暮らせどガンガンに攻めるレッジーナを見られない。一人少なくなって引きこもるサッスオーロに手を焼き、崩すアイディアも欠乏気味。せっかくマイボールになってもスピードが足らず、ちんたらパスを回しているうちにゴール前を固められてしまう。たくさんあったセットプレーからは危険なチャンスを全く作り出せず…。
 ↓
後半38分、アディアーOUT、ダンティIN
うーん、お子ちゃまが流れを変えられるんだろうか…。
 ↓
後半39分、右サイドのラヴェローネの美しいクロス⇒ボナちゃんとロッシーニが同時にジャンピングキック!⇒ボナちゃんの足にはヒットせずにCKに。しかし、本日のレッジーナのセットプレーからは得点の匂いは漂ってこないのであった。
 ↓
後半41分、マルティネッティが背後からアチェルビの足首を払って本日2枚目の一発レッド。さようなら~。残り5分程度だけど、相手は二人少なくなったから流石に何とか出来るかもよ?
 ↓
しかし残り少ない時間で点を取らねばと焦るほどプレーが雑になりチャンスが生まれない。二人少ない相手に苦戦するチームに苛立つレッジョの民。 
 ↓
結局ゴールを奪えずにスコアレスドロー。スタジアムにはティフォージの口笛が響き渡っていた。

               

システム変更したせいなのか、クリスマス休暇明けで弛んでいたのか、連携がなっていませんでしたね。次はどのシステムで行くにせよ、もう少しオートマティズムに磨きをかけましょう。ボナちゃんもスーパーマンじゃないので2ヶ月のブランクから試合勘を取り戻すにはもうちょっと時間がかかるかな?
ま、コセンツァの言うとおり、降格圏にいるわけじゃないんだからそんなに落胆することないですよね。負けたわけでもないし。イライラしないでポジティブ・シンキングしなくちゃ~♪

本日勝ち点1を積み上げたので32ポイント、順位は7位キープです。
この試合を持って対戦カードが一巡しました。次節からシーズン折り返しに入ります。シーズン前半決して悪くなかったので、後半も失速しないで行きましょう。

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
あけおめでございます
最初に退場になったタックルは最悪でしたよ。
ぶつかり方からいって、グロイことになったかと思いましたもん。

アモルーゾとはまた懐かしい名前がw
ぴのさん、明けましておめでとうございます。
いつも呟き見ているし、いつも板貫さんとの会話に上ってくるから、既にご挨拶した気でいましたけどまだでしたね。失礼しました(^^;)

> 最初に退場になったタックルは最悪でしたよ。
> ぶつかり方からいって、グロイことになったかと思いましたもん。

ですよねー。足首があらぬ方向に曲がっていたりするんじゃないかとマジ怖かったです(>_<)
次の試合に影響ないといいんですけど…

> アモルーゾとはまた懐かしい名前がw

私の王子様はシエナでも不幸のずんどこでしたからねぇ。レッジョに帰還してもう一度輝いて欲しいです。


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。