--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/01/05

今のマリノスと昨季のレッジーナが被る件について

おとそ気分がまだまだ抜けない皆様こんばんは。
今宵はシーズン終了を待たずにマリノスが松田直樹、坂田大輔、清水範久、河合竜二、山瀬功治ら計8選手と来季の契約を結ばないことを発表したことによる一連の騒動に関して、あくまでもレッジーナサポとして感じたことをつらつらと書こうかなと思います。昔はライトなマリサポでしたが今は違うので、痛烈なフロント批判とかは期待しないでください。批判できるほど内情を深く知りませんので。

マリサポではありませんが俊輔ファンなので、今回の件に関するニュースは追っていました。そりゃ気になりますよ。だってスンタンがNumberで語った代表引退の理由がマリノスに専念することでしたから。

「率直に言えば、マリノスでのプレーに専念したいということ。年齢が上になるにつれて、いい状態を保つのが段々難しくなってくる。代表でプレーしていると、疲れた状態でチームに帰ってくることになってしまうし、これからは年齢のことも考えてやらないといけない。マリノスのために自分の時間を費やしたいと思ったのが大きな理由だね。」

残りのサッカー人生をマリノスだけに捧げようとした矢先の騒動ですから、スンタンの試練を呼ぶ星回りに悲しくなるやら苦笑するやらですわ。
ソースが東スポなんで信用していいのかどうか迷うところですが、一応括弧書きでスンタンのコメントを載せているのでリンク貼っておきます。

フロントのチーム改革に疑問を投げかけた中村俊輔

この記事の中のスンタンの言葉「外国人選手もあの時みたいならまずい」を読んで、私の脳裏に2001年に在籍していた助っ人外国人の名前がすぐさま蘇りました。あの時の外国人選手というのは忘れもしないビミョー過ぎたあの二人。10年経っても記憶から抹消できないくらい使えなさ過ぎたあの二人。常にセットで思い出されるあの二人。

リパティンとレアンドロ

流石にこの二人より酷いのはもう来ないんじゃないかと思いますが。
って、そんなことはどうでもよくて、スンタンもクラブのやり方に対して強い危機感を抱いているわけですよ。2001年当時は私もマリサポでしたから胃に穴が開きそうなくらい苦しかったわけで、あの時の再現は本当に勘弁して欲しいです。
そんなふうにスンタンの来季を心配しつつ、「これに近い状況を最近経験したなぁ」とデジャヴを感じる私。そうよ、これって昨季のレッジーナと被るじゃないですか。因みに昨季のレッジーナは以下のような迷走ぶりでした。

セリエB降格が決まった08-09シーズン終了後に「若手と共に再出発する」とベテラン勢を一気に放出。その中にはチームのバンディエラのコッツァも含まれていた。
 ↓
昇格請負人のノヴェッリーノ監督を迎え、新監督の意向を反映した補強を開始。「若手と共に再出発する」はずが、35歳のヴォルピを筆頭にベテランを次々獲得。全然若返ってないじゃん?
 ↓
それでも勝てれば良かったけどチームとしてまったく機能せず。10月にノヴェッリーノ監督解任。
 ↓
ノヴェッリーノ監督を慕ってやってきた選手たちが冬メルで脱出。慌ててヴィジャーニ、テデスコを呼び戻す。
 ↓
後任のイアコーニ監督もチームを立て直せず2月に解任。プリマヴェーラのブレダ監督が内部昇格。
 ↓
一時はレガプロ降格もあり得る順位だったものの、若いブレダ監督を中心にチームが一致団結して持ち直し、最後は12位でフィニッシュ。しかし、迷走し続けたチームに愛想をつかして多くのファンが離れてしまった。
 ↓
どうしようもないシーズンを送ってしまったクラブはしっかり反省し、10-11シーズンは「若手と共に再出発する」という公約をやっと実行に移して平均年齢23.4歳の若造レッジーナ誕生。
 ↓
若さ故の甘さが時に出ちゃうものの、昨季よりも数倍魅力的なチームの元に離れていったファンが少しずつ戻りつつある。


マリノスとレッジーナが被っているのはまだ初期段階だけですけど、補強の内容によっては第二段階も似ちゃったりして?
この初期段階において両チーム非常に似通っているのが『ここでキャリアを終えると誰もが信じていた選手が放出されたこと』ではないかと。マリノスは松田直樹、レッジーナはフランチェスコ・コッツァ。二人ともチームを象徴する選手で、ファンから熱烈に愛されていました。
いや、もう、マツの最後の言葉は涙なくしては読めませんでしたよ。

マリノス一筋の16年、松田直樹が示した本気のクラブ愛とサッカーへの思い


それでもファンに挨拶する機会も与えられずに引退してしまったコッツァと比べたら、多くのファンに労ってもらえたマツは幸せなんじゃないかと思ったんですが、コッツァは今季レッジーナのフロントに迎え入れられたわけで、どういう形にしろ愛するクラブへ戻れたコッツァはある意味幸せなのかもしれないなと思ったり…。まあ結局は幸せなんていうものは他人が推し量れるものではないのだという結論に落ち着くわけですが。

マリサポではありませんが、俊輔ファンとして、マリノスが昨季のレッジーナと同じ道を辿らないことを祈っております。チームの中心選手たちが放出されても、それでもマリノスを応援している健気なファンが大勢いると思うのですが、このあとレッジーナみたいにシーズン通してダメダメだとその健気なファンも離れてしまう恐れがあるわけで、一度離れちゃうとスタジアムに連れ戻すのは至難の業です。今のレッジーナが一番苦労しているのがこの点です。スンタンやボンバーら残された選手たちが必死にファンを引き止めないといけないわけで責任重大ですよね。
あまり慰めにはならないと思いますが、強制的にチームを若返らせた今季のレッジーナは一応成功しています。本当にマリノスが若返りを図るのかどうかわかりませんが、仮に若手メインになっちゃっても機能することもあるので、そんなに悲観しなくても大丈夫かなと。まあチームは水物なので何とも言えませんけど。

つーことで、クラブ一本に絞っても目の前に茨の道が続いているスンタンを、今年もまったり応援して行こうと思います。

※追記
マツはセレッソに決まりましたね。いいんじゃないですか。結構カラーが合っていると思います。マツ頑張れ~!

※訂正
マツはセレッソではなくJFL松本山雅FCへの加入が正式決定しました。日刊の飛ばし記事に踊らされてしまったわ。
松本J2昇格への原動力となれるといいですね。マツの今後のサッカー人生に幸あれ。

俊輔 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
どうか被りませんように!
試練の星周り、そろそろ地球の大気圏外にkick outしてほしいです!!!

良い時も良くない時も、相も変わらず心配ばかりが先立って、毎朝パソコン開くときは祈る様な気持です。
(ファンってみんなそうなんでしょうね?)
”サッカーを楽しむ”って、私にとっては結構修行がいるものです…

新年の抱負 今年は、前向きに、全て前向き思考にチェンジ~!
俊輔のくちゃくちゃ笑顔を一杯見たいです♪

俊輔がレジに移籍した時も、帰ってきた時も、誰より喜んでくれた松田。。。今季は、その松田がベンチでさえ見れない…残念で堪りません。
JFLに移籍になったようで、ぜひJ2昇格の原動力になってほしいです。

コッツアがフロント入りですか!
過ぎゆく年月を感じます。レジにとっても良いシーズンでありますように。
あいちゃんママさん、こんにちは!
スンタンはきっと試練を呼ぶ宿命を背負っているんですよ。ファンもそろそろマゾを極めて、次から次へと襲い掛かる試練を楽しめるようになれなくちゃいけません。私と一緒に究極のマゾを目指しませう。

> 俊輔のくちゃくちゃ笑顔を一杯見たいです♪
若手に頼りにされて幸せそうな今季のボナちゃんみたいになれるといいなって思います。私もくちゃくちゃ笑顔を一杯見たいです♪

マツはセレッソからオファーもらえなかったんですね。日刊め、ぬか喜びさせやがって。あとで本文に訂正入れておきます。
あの大胆なオーバーラップ大好きだったんですよ。おめえポジション何処だよ!?と突っ込みいれるのが楽しくて楽しくて。来るシーズンでマリノスでもJ1でもJ2でも見られないのが本当に寂しいですね…。

> コッツアがフロント入りですか!
コーチでございます。紅白戦では選手と一緒に試合に出て、直接体で教えてます。
今季リッツォとヴィオラの二人のMFがセリエAのクラブから望まれるほど大きく成長したのは、コッツァという優れたMFから直接指導されているのも大きいと思うのですよ。現役時代気に入らない監督(フィッカデンティさんとかフィッカデンティさんとか)の練習をボイコットして追い出しちゃったりしていたヤンチャ坊主が、チームをまとめる側に回って奮闘しています。将来俊輔と指導者として再会してほしいなぁ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。