--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/12/17

3日目⑥:テデスコ@レッジーナの元祖釣りバカ

私がセリエの試合を見るようになったのは俊輔がレッジーナに移籍した02-03シーズンから。それ以前のレッジーナの知識はほとんど無いに等しい。だからテデスコ以前にもレッジーナに釣りバカがいたのかもしれないが、私がレッジーナの試合を見始めて最初に知った釣りバカがテデスコなので元祖という言葉を使わせてもらう。因みにレッジーナの歴代ペッシェ(釣人)に名を連ねるのは、テデスコ、ルカレッリ弟、トニョッツィ、ヴィジャーニ、プッジョーニの5人。特にトニョッツィは私と板貫さんに「イオ・サンペイ(俺はサンペイだ)」と言い放った筋金入りのバカマニアである。

この日のサンタガタには10歳くらいの男の子と5歳位の男の子が出待ちの群れ(と言っても5人だけ)の外れにいた。選手にサインや2ショットをねだるわけでもなく、すごく自然にそこにいる。ああ、これは選手の子どもだな、と思ったら本当にそうだった。
「この二人はテデスコの息子なんだ」
頼まれもしないのにミケーレがテデスコJr.二人を紹介してくれた。
「へ~、テデスコの子どもなんだ~」
日本語で笑いかけると、上のお兄ちゃんが戸惑いがちに私の前に歩み出て右手を出してきた。え?握手してくれるの?
私も右手を差し出すと、Jr.は真っ直ぐ私の目を見てしっかり握手してくれた。きゃ~、小さいのになんてジェントルマンなのかしら!テデスコ、子どもにちゃんと躾しているのね。でも下の子は恥ずかしがって私の傍には来なかった。
小さなジェントルマンは栗色の巻き毛と大きな瞳がとってもキュート。この子、もっと小さかった頃にサンタガタで俊輔に遊んでもらっていたよね。当時のカルチョ2002に俊輔が子どもと遊んでいる写真が載っていて、記事にはモザルトの子どもと書いてあったんだけど、後に当時報知の通信員だった白田さんからテデスコの子どもだと教えられた。あの写真を見て可愛い顔しているからてっきり女の子だと思い込んでいたんだけど男の子だったんだ。君、俊輔に遊んでもらったこと覚えてる?覚えているから日本人の私に親切にしてくれるのかな?

俊輔とテデスコ息子その1

カルチョ2002 2005年4月号に掲載された俊輔とテデスコJr.の写真。デジカメ撮影なので酷い写りだけど、テデスコJr.が可愛いでしょ?もちろん俊輔も(笑)

俊輔とテデスコ息子その2

そこにパパが出てきた。テデスコお久しぶり!最後に会ったのはレッジーナが奇跡を起こしたシーズンだったね。もう3年前になるのか。
「これ、貴方に!」
日本から持ってきたお土産が入った白いビニールバッグを渡すと、テデスコはその場でビニールバッグに手を突っ込んで中をまさぐる。中に入っていたのは、釣りキチ三平ルアーコレクション、釣りキチ三平キャップ、釣りキチ三平ストラップ等々。
「全部俺に?」
「そう」
するとテデスコはえらい感激してくれて、「明日俺のユニホームをプレゼントする。明日もここで待っててくれ。いいな?」と思いがけないことを言ってくれた。
「キャーーー嬉しい!!!」←思い切り日本語
飛び上がって喜ぶ私を見て目を細めるテデスコ。そして大声でホペイロのミンモを呼ぶ。
「ミンモ!明日ジャポネーゼにマーリャをあげるから用意しておいてくれ!」
それを聞いたミンモは笑顔で私に親指を立ててきた。私も親指を立てて応える。ミケーレも「でかしたな!」と私のわき腹に肘を入れてくる。もうすっかり有頂天。だって選手からユニを貰うのって初めての経験なんだもん
大人たちが盛り上がっている傍でテデスコJr.二人もビニールバッグから三平グッズを取り出して盛り上がっていた。この子たちも三平が好きなのかな?パパと一緒に釣りに行ったりするのかな?テデスコ本人だけじゃなくて子どもたちにも喜んでもらえて本当に良かった。わざわざ日本から持ってきた甲斐があったよ。

帰り間際にテデスコがもう一度「いいか、明日ユニをあげるからな?」と念を押してくる。私のイタリア語があまりに下手糞なので、本当に状況を理解しているのか不安になるらしい。ごめんね、いつまで経ってもイタリア語が上達しなくて。
息子二人を車に乗せたテデスコは「チャオ!」と私に軽く挙手した後に「ナカムラ、ナンバーワン!」とイタズラっぽく微笑んだ。自分が褒められたわけじゃないのに「アリガトー!」と満面の笑みでお礼を言う私。パパと一緒に息子二人も窓から手を振ってくれた。

南イタリア遠征記2010 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
サンペーです
なんて。
いいですね。うらやましいな。プレゼントした甲斐があったというものですね。
reoさん、こんばんは~。
プレゼント持って行くときは選手の喜ぶ顔を見たいだけなんですが、いざ大きな見返りが返ってくると嬉しいものですね。
それにしても釣りキチ三平グッズがこんなに威力を発揮するのはイタリアだけでは?(^^;)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。