--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/23

セリエB第16節ノヴァーラ×レッジーナ 清々しい完敗

ノヴァーラ3-1レッジーナ
得点者:前半6分 スカヴォーネ、後半4分 ベルターニ、後半34分 コセンツァ、後半46分 ゴンザレス

NOVARA (4-3-1-2): Ujkani; Morganella, Centurioni, Ludi, Gemiti; Marianini, Porcari, Scavone (79' Shala); Rigoni (55' Gigliotti); Bertani (65' Ventola), Gonzalez. Panchina: Fontana, Gheller, Rubino, E. Gigliotti All.: Tesser
REGGINA (3-5-2): Puggioni; Adejo, Costa (20′Cosenza), Acerbi; Colombo, Rizzo, Viola (66' G.Tedesco), Missiroli, Rizzato; Campagnacci, Sy (66' Adlyah). Panchina: Kovacsik, Laverone, Montiel, Catiglia . All:. Atzori
Marcatori: 6' Scavone (Nov), 49' Bertani (Nov), 81' Cosenza (Reg), 91' Gonzalez (Nov)
Arbitro: Tozzi di Ostia
Ammoniti: Ludi (Nov), Adejo, Colombo (Reg)
Recupero: 1' pt, 3 st

この試合の動画:
ノヴァーラ公式のハイライト動画←高画質だけど再生までに時間かかります
Tifosi della Reggina al Piola ←アウェイ席のアマラント・ティフォージ
Arrivo Reggina al Piola ←スタジアム入りするレッジーナのバス

この試合の写真:
Novara Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6.5, Costa s.v., Cosenza 6, Acerbi 7, Colombo 5.5, Viola 6, Rizzo 6.5, Missiroli 6.5, Rizzato 6, Campagnacci 6, Sy 5.5, Adiyah s.v.
Datasport
Puggioni 6.5, Adejo 5, Cosombo 5.5, Costa s.v., Cosenza 6.5, Acerbi 6.5, Viola 6, Tedesco 6.5, Rizzato 6.5, Rizzo 5.5, Adiyah 5.5, Missiroli 6, Campagnacci 6, Sy 5, Atzori 6
Gazzetta del Sud
Puggioni 6, Adejo 5.5, Costa 5.5, Cosenza 6.5, Acerbi 5.5, Colombo 5.5, Rizzo 6, Viola 6.5, Tedesco 6.5, Missiroli 6, Rizzato 6.5, Compagnacci 5, Sy 5, Adiyiah 6

試合後の監督、選手のコメント:
■アッツォーリ監督
実に苦々しいね。残念だよ。あれだけ多くのチャンスを作り上げたのだから、当然私はゲームの流れを引き戻すことを望んでした。我々はビッグなパフォーマンスを披露したが、結果は受け入れないといけない。首位のチームを大変な困難に陥れたんだ。頭を高く上げてここから出て行き、前を見据えるよ。
前半我々は追いついてもおかしくなかったんだが、後半が始まると理解不可能なエラーを犯してしまった。そのシーンを選手たちに1500回見せてやるさ。その手のアドバンテージを相手に与えてはいけないんだ。それら全てのミスにもかかわらず、我々は再び軌道修正し、ミッシローリと共に同点にするためのリスクを冒した。うちの選手たちは、最終的にはドローに相応しかった。3失点目の際には明らかなファールがあったのだが、まあ我慢しよう。あれで止めを刺されたよ。
うちの選手たちは若い。もっと成長しないといけない。彼らは20歳そこそこなので待ってあげないといけないんだ。我々の目標は変わらないよ。
我々には素晴らしい個性がある。これからフィオレンティーナ戦のことを考えるが、この試合は我々が勝ち抜いて得たものだ。今度も最大限のものをゲームで出したい。その後我々にはカンピオナートで3連戦が待っている。ヴァレーゼ、アルビノレッフェ、そしてグロッセート。どうなるか見てみようじゃないか。
このレッジーナはカルチョをしている。ゲームを重ねて28ポイントを獲得し、(引きこもらないで?)相手ゴールまで攻撃する。今日まで我々がやってきたことをノヴァーラ相手にもやってみせたよ。
■ヴィオラ
僕らはビッグゲームをした。首位のチームのフィールドでいかにして自分たちのカルチョを貫けばいいか分かっているということを示したよ。今日は僕らがグランデなチームだということを示したんだ。レッジーナがそうであったと僕は言いたい。いいプレーをしたし、成長しているし、重要なチームだ。
人工芝?言い訳にならないし、僕らは自分たちのゲームをしてみせた。
僕らはゴールできなかった?アタッカンテに問題があるわけじゃないよ。今夜は特別な仕事をしてのけた。僕もリッツァートも何度もゴールに迫ったでしょ。でもフィニッシュではもっと冷静にならないといけないね。これだけはちょっと後悔している。だけど、このレッジーナは本当に決して諦めないんだ。


頑張って1500回ミスしたシーンを見るのだぞ(笑)



4時半起床でノヴァーラ×レッジーナ⇒2時から名古屋×FC東京⇒5時から大宮×神戸⇒後半からアジア大会日本×イランとサッカー三昧な一日でした。
今度の土曜はNACK5で大宮残留の瞬間を見届ける予定です。

早起きした甲斐が無かった負け試合ですが、クロナカとハイライトとあやふやな記憶を元に振り返ってみましょう。

               

“スタディオ・シルヴィオ・ピオラ”は超満員。平日の夜のBの試合なのに超満員ですよ奥さん!まあ、チームがこれだけ好調なら客も入るよねー。
 ↓
ボナちゃんもジッザーリも怪我で緊急事態だった前線の面子はシィとカンパニャッチの軽量級2トップ。CBは絶好調コスタがコセンツァに代わってスタメン。両サイドはコロンボとリッツァートのベテラン組というか中堅組。それ以外はいつもと同じ。
 ↓
前半6分、いきなり先制パンチを喰らう。マリアニーニの鋭い右からのクロスがスカヴォーネの頭にドンピシャヒット!これはプッジョーニもノーチャンス。さすがマリアニーニだよ。つーか、マリアニーニにドフリーでクロスあげさせちゃダメでしょ。
 ↓
前半17分、コスタが左腿の裏側(ハムストリングか?)を押さえて倒れこむ。相当痛いようで腕で顔を覆って苦しむコスタ。そのまま起き上がれず担架に載せられ、毛布を掛けられ、ベンチではない場所へ運ばれていった。担架で運ばれている最中も酷い痛がり方だった。そのまま病院送りだったのかな…。ここ数節絶好調だったのに。
大急ぎでコセンツァがアップして交替。古巣相手にいいプレーを見せてやれ!
 ↓
前半22分、中央のリッツォから左サイドのリッツァートへ美しいロングパス⇒リッツァート中央へ切れ込んで右足シュートを放つもウイカニのファインセーブに阻まれる。惜しい!
 ↓
前半30分、ヴィオラの左CK⇒アチェルビのヘッド⇒ゲミティがライン上でギリギリクリア!惜しい!
レッジーナなかなかいい攻めをしているんだけどなぁ。
 ↓
前半35分、リゴーニ(キエーヴォのリゴーニと関係あるの?)の強烈なミドルを神様仏様プッジョーニ様が好セーブでCKに逃れる。
 ↓
前半37分、そのお返しにシィが強烈なショットをエリアの外側からお見舞いするもウイカニが辛うじてパンチング⇒転がったボールがあと少しで左ポストの内側に吸い込まれるところだった。惜しい!惜し過ぎる!!!
 ↓
前半40分、カンパニャッチがドリブルで右サイドを持ち上がり、エリア内で中央へ優しい横パス⇒中央を駆け上がってきたリッツァートが思い切り右足を振りぬくけどウイカニが横っ飛びでミラクルセーブ!CKに逃れる!惜しい!超惜しい!
そのCKをアチェルビがヘッドでジャストミート!⇒ウイカニ片手でセーブ!また止めやがった!
 ↓
前半41分、エリア外側からのコセンツァのパワフルなミドルをウイカニまたしても片手で奇跡のセーブ!本日のノヴァーラの守護神は当たりまくりだ、コノヤロー
 ↓
1-0で前半終了。これだけ攻め続けてゴールを割れないレッジーナ。流れが自分たちにあるときに決めておかないと後で痛い目に遭うぞー。
 ↓
後半3分、ゲミティのクロスにベルターニがフリーでキレイに頭に合わせてノヴァーラ追加点。これもプッジョーニはノーチャンス。レッジーナのDFの皆さん、プッジョーニに見せ場を作ってやろうとしなくていいのよ。なんでこんなにドフリーで打たせてんだよ、おい!
 ↓
後半開始からノヴァーラに攻め込まれてアタフタするレッジーナ。前半と打って変わってプッジョーニの仕事が増え始める。
 ↓
後半18分、ベルターニがコスタと同じ場所を押さえて倒れ、交替を余儀なくされる。交替で色男ヴェントラ投入。目の保養には最高。や、楽しんでいる余裕は無いけど。
 ↓
後半20分、レッジーナ2枚交替。ヴィオラOUT、テデスコIN。シィOUT、アディアーIN。二人でこの嫌な流れを変えてくれ~!
 ↓
後半21分、カンパニャッチのバイシクルシュートはほんのわずかに右に逸れた。決まってたら超かっちょよかったのに~。

もう少しだったね
 ↓
後半34分、テデスコの山なりのCK⇒後からスルスルと上がっていったコセンツァが頭でゴール左隅に叩き込み、レッジーナ1点返して2-1に!

コセンツァは今季2ゴール目

コスタにポジションを奪われ気味だったコセンツァがコスタの怪我で得たチャンスを見事モノにし、古巣相手に意地を見せた。よく決めたコセンツァ!テデスコもいいボールだったぞ!
 ↓
リアルタイム観戦していた板貫さん、ぴのさんと共に、残り10分で攻めまくるぞー!と盛り上がったんだけど………
 ↓
後半40分、ピッチ中央左からのFK⇒ゴール正面でGKと1対1だったミッシのヘディングはミートせずorz
 ↓
ロスタイム1分、ゴンザレスが自分で出したスルーパスにアチェルビを吹っ飛ばして自分が追いつき、そのままエリア内に持ち込んで強烈な左足シュートをファーにぶち込んだ。これもプッジョーニはノーチャンス。レッジーナ同点の夢潰える………

アルゼンチン人なのね

このゴール、DFをなぎ倒して決めていたセルティック時代のハートソンをちょっと思い出したわ。
ゴンザレスは冬にとっととビッグクラブに貰われていけ!←こら
 ↓
ロスタイム3分を消化して3-1で試合終了。
試合後ミッシが審判に食ってかかっていたのは、ゴンザレスがアチェルビを吹っ飛ばしたのがファールだと訴えていたのかしら。

               

初めてノヴァーラの試合を見ましたけど、なんてソリッドなチームなんでしょうか。腹が立つくらい完成度が高いです。チームコンセプトが明確で全員に徹底されていてプレーに迷いがないですよね。それにまあ団結力の強いこと!観客の後押しも素晴らしい!チームが一つになるってどういうことかを教えられた気がします。や、もう本当に参りました。完敗です。顔洗って出直してきます。
とはいえ、じゃあレッジーナが全然ダメだったかというとそんなこともなく、超満員のアウェイで、初めての人工芝のピッチで、ボナちゃん抜きで、コスタの早い時間の怪我で予定外のカードを切らざるを得ない不運があったにもかかわらず、多くのチャンスを作って首位のチームを苦しめる時間帯もあったもあったわけですよ。実際点も取っているし、健闘したといえるでしょう。でも、どう頑張っても引き分けが精一杯だったでしょうね。勝てる気は全くしませんでした。あれだけのチャンスを決め切れない勝負弱さも含めて、これがボナちゃん抜きの今のレッジーナの嘘偽りない実力なんだと思います。
ノヴァーラみたいに無名の選手だけでもあんなとんでもなく強いチームを作れる、、、ということで、君たちにも出来るよはずだよレッジーナの若造諸君。つーか、きっと皆そう思って今頃メラメラ燃えているよね。「もっと巧くなりたい。もっと成長しないと」が口癖の君たちのことだから。
ノヴァーラの皆さん、グラニッロでの対戦のときは今よりも大きく成長したレッジーナがお出迎えいたしますので覚悟していてくださいね☆

今節は勝ち点を積み上げられなかったので28のまま。アタランタとシエナが勝ったので、順位は4位に落ちました。
次節シエナがノヴァーラを倒せるかどうか大いに注目しています。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。