--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/11

セリエB第14節チッタデッラ×レッジーナ 土砂降りの中10人でつかんだ勝利

チッタデッラ1-2レッジーナ
得点者:前半37分 ダッラボーナ、前半40分&後半9分 ヴィオラ(両方PK)

CITTADELLA (4-3-1-2): Villanova, Manucci, Scardina, Gorini, Marchesan, Dalla Bona, Musso, Perna (dal 14's.t. Gabbialdini), Volpe (dal 31's.t. Job), De Gasperi (dal 40' Bellazzini), Piovaccari. A disposizione: Pierobon, Carteri, Gasparetto, Semenzato. Allenatore: Sig. Foscarini.
REGGINA (3-5-2): Puggioni, Adejo, Costa, Acerbi, Colombo, Missiroli, Viola, Tedesco (dal 23's.t. Cosenza), Barillà, Campagnacci (dal 29's.t. Sy), Zizzari (dal 39' s.t. Castiglia). A disposizione: Kovacsick, Rizzato, Montiel, Adiyiah. Allenatore: Sig. Atzori
Arbitro: Sig.Nasca di Bari
Ammoniti: Scardina, Viola, Gorini
Espulso: Colombo (R)
Marcatori: 37' Dalla Bona (C), 40' rig. Viola (R), 9's.t. rig. Viola (R)
Recupero: 1',4'

この試合の動画:
Cittadella-Reggina 1-2 Frosinone-Crotone 2-3
Cittadella - Reggina del 09.11.2010 serie Bwin←高画質

この試合の写真:
AS Cittadella v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6.5, Costa 7.5, Acerbi 7, Colombo 6, Viola 6, Tedesco 6, Missiroli 6.5, Barillà 6.5, Campagnacci 6+, Zizzari 5.5, Cosenza 6, Sy 6
Datasport
Puggioni 6.5, Acerbi 6.5, Colombo 5.5, Costa 7, Cosenza 6, Adejo 7, Castiglia s.v., Zizzari 6.5, Tedesco 5, Viola 6.5, Barillà 6, Campagnacci 6.5, Sy 6, Missiroli 7, Atzori 6.5
Gazzetta del Sud
Puggioni 6.5, Adejo 6, Costa 6.5, Acerbi 6.5, Colombo 6, Viola 7, Tedesco 6.5, Cosenza 6, Missirolli 6.5, Barillà 6, Campagnacci 6, Zizzari 5.5, Atzori 6.5

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
チームはコロンボ退場後に凄まじいプレッシャーに晒されても持ち堪えた。我々は10人で踏みとどまり、歯を食いしばった。選手たちに拍手を送るよ。特別なパフォーマンスを披露したことにお礼を言いたい。あの瞬間から彼らはほぼ完璧なやり方でゲームの局面を解釈してみせた。試合前夜に既に我々はバトルになるであろうことを理解していた。更に私を喜ばせたのは、ホームに結果を持ち帰るんだという情熱を95分まで持ち続けたことだ。我々は自分たちの歩みを、自分たちのカンピオナートを継続させる。レッジーナの目標は変わらない。勝利と賞賛と見事な順位があろうとも。
私は物事が順調なときは褒め称えたくないし、不調なときは嘆きたくない。まずは大地にしっかりと足を着けていないといけないんだ。私の選手たちはまだとても若く、期待通りの成果を挙げられないかもしれない。裏を返すと、正にこれが我々の秘密なんだ。このチームの強さはグループにある。各々の選手の個人の成長が世界的なレッジーナの成長をもたらすんだ。今この瞬間を楽しもう。しかし明日の午後にはトリノのことを考える。この2戦の勝利は自己形成に必要不可欠だった。選手たちが生み出す自信のためにね。自分たちが辿っているこの道は正しいという信念を強めてくれたよ。
■ヴィオラ
大事な結果を出した。2ゴールできて嬉しいよ。チッタデッラは重要なステージだった。ピッチはとんでもなく重かったけどレッジーナは魂を投入した。僕ら勝ち点3が欲しくて、それを拾い上げたんだ。スタートから素晴らしいリアクションをしたけど、ちょっとトーンが落ちて、ゴールが僕たちを揺さぶった。10人になって依然として苦しんだけど、ホームに結果を持ち帰るために力を発揮した。僕らに信頼を与えてくれる勝ち点3だよ。




またまたレッジーナも大宮も勝利!

喉痛くて辛いんですけど、愛するチームに励まされ今週いっぱい乗りきれそうです。頑張ります。
朝起きて真っ先にタッベリーノを確認して口をついた言葉は、

PK2本かよ!ずいぶん渋い勝ち方だな、おい!

でした。や、何だっていいんです、勝てば。←きっぱり
とはいえ、今節のイケメン主審ナスカさんの判定は怪しいことこの上なしだったようで。チッタデッラは判定に不服みたいです。
では、いつものようにハイライトとクロナカを元に簡単に試合を振り返りましょう。

               

チッタデッラの今夜の天気は土砂降り。選手と一緒に入場したチビッ子たちは風邪ひかなかったかな?
アッツォーリさんもベンチで寒そう。
 ↓
レッジーナは完璧な守備。一方、攻撃は深みが足りなくて決定打には繋がらない。レッジーナ最初のビッグチャンスは前半33分、エリア左でカンパニャッチがキープ⇒中央にボールを送るけどジッザーリの到着が少々遅れ、チッタデッラGKヴィッラノーヴァにキャッチされる。
 ↓
前半35分、チッタデッラのFK。蹴るのはダッラボーナ。絶対に止められない凄いのを右隅に直接ぶち込みやがってチッタデッラ先制。さすがの神様仏様プッジョーニ様もミラクルセーブならず、網にかかったお魚状態に。このFKはテデスコのピオヴァッカーリに対するファールに対して与えられたのだけど、そもそもその判定がかなり微妙だったらしくアマラントの皆さんは抗議した模様。
 ↓
前半40分、ミッシがエリア内でゴリーニにユニを引っ張られて転倒⇒PKゲット!よっしゃー!
リゴリスタは水も滴るイケメンMFヴィオラ。ずぶ濡れで吐く息が真っ白!落ち着いてGKの逆を衝き、レッジーナ同点!
 ↓
前半48分、強面コロンボ一枚目の黄紙ゲット。
 ↓
1-1で前半終了。
まったく雨が止む気配の無いまま後半スタート。
 ↓
後半9分、今度はエリア内をドリブルで疾走中のカンパニャッチが同じくゴリーニに倒されてPKゲット。ゴリーニには黄紙が提示される。
再び白い息を吐きながらヴィオラが冷静にPKを決め、レッジーナ逆転!

ヴィオラ、ドッピエッタおめでとう! 両方PKだけど。

顔が半分見えるカンパニャッチがなんかカワイイ

ヴィオラとデコをつき合わせているのはジッザーリ。点を取れなくて批判されて焦りもあるだろうに、真っ先にヴィオラのゴールを喜んであげられるいい人。
 ↓
後半12分、ダッラボーナのCKがスリッピーなピッチ上でバウンドしてエリア内に滑り込み、あわやゴールという大ピンチ!そこにコスタがファーサイドから飛び込んできて、今節もドラマチックなライン上のクリア劇を敢行。よく止めた!ありがとうコスタ!
 ↓
後半20分、強面コロンボさんはムッソに対するハードタックルで2枚目の黄紙を提示され退場。ちゃんとボールに行っているんだけどね。不運だわ。納得いかない暴力課のコロンボさんは、いつまでも倒れているムッソを恫喝しておられました。残り25分をアマラント戦士は10人で戦うことに。
 ↓
後半29分、カンパニャッチOUT、シィIN
試合間隔が短いからカンパニャッチを休ませないとね。
 ↓
後半33分、テデスコOUT、コセンツァIN。テデスコお疲れ!
一人減ったことだし、時間も時間だし、アッツォーリさん、そろそろ守備固めに入ったのかな?
 ↓
ここからレッジーナ我慢の時間帯。チッタデッラに立て続けにシュートを打たれて苦しむものの、神様仏様プッジョーニ様がゴールを死守。しかしまあ凄い降り方ですこと!

雪かと思っちゃったよ!

 ↓
後半38分、シィが個人技でキープして放ったミドルはヴィッラノーヴァの好セーブでCKに。うーん、もう少しだったね。
 ↓
後半39分、ジッザーリOUT、カスティーリャIN
元チッタデッラのカスティーリャ、出番があって良かったね!
 ↓
1-2で試合終了。抱き合って喜ぶレッジーナの選手たち。PK2つの判定に納得がいかないのか、スタジアムはブーイングの嵐。うん、気持ちは分かるよ。

               

今節メディアの評価平均点が一番高かったのはコスタ。Datasportでは「守備の城壁。誰も彼から逃れられない」と大絶賛。フォーティ会長も「コスタがレッジーナにとって重要な選手であることを再確認できて嬉しい」とコメントしていました。私も嬉しいです。またサンタガタにコスタギャルが出没し始めるかしら。

ボナちゃん抜きで、しかも10人で勝ち取った貴重な勝ち点3を積み上げてトータル27ポイント。シエナが一試合少ないので暫定3位になりました。アタランタも渋い勝ち方したようです。
今節ノヴァーラはホームでエンポリに足止めされてドローだったため勝ち点は30。ふっふっふ、背中が見えてきましたぞ。つーか、今季一度も負けていないエンポリのドロー力は凄いわ!

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。