--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/06

セリエB第13節レッジーナ×ポルトグルアーロ 終了間際のミッシ弾で勝利!

レッジーナ1-0ポルトグルアーロ
得点者:後半43分 ミッシローリ

REGGINA (3-5-2): Puggioni, Adejo, Costa, Acerbi, Colombo, Rizzo, Viola (dal 62' Tedesco), Missiroli, Rizzato (dal 67' Barillà), Campagnacci, Zizzari (dal 71' Sy). A disposizione: Kovacsik, Burzigotti, Montiel, Adiyiah. Allenatore: Atzori.
PORTOGRUARO (4-4-1-1): Rossi, Lanzoni, Cristante, Madaschi, Cardin, Tarana, Amodio (dal 66' Mattielig), Schiavon, Espinal, Cunico, Gerardi (dal 78' Bocalon). A disposione: Marcato, Gargiulo, Scozzarella, Altinier, Giacobbe. Allenatore: Viviani.
Arbitro: Sig. Massa di Imperia
Ammoniti: Rizzo (R), Cardin (P), Cristante (P), Cunico (P), Schiavon (P), Mattielig (P)
Marcatore: 87' Missiroli (R)

この試合の動画:
Reggina-Portogruaro 1-0 05/11/2010 da seriebwin.it
Reggina - Portogruaro 1 - 0 ←試合終盤~終了時の歓喜@バックスタンド

この試合の写真:
Reggina Calcio v Calcio Portogruaro Summaga

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6, Costa 6, Acerbi 6.5, Colombo 6, Rizzo 6, Viola 5.5, Tedesco s.v., Missiroli 6.5, Rizzato 6, Barillà s.v., Campagnacci 5.5, Zizzari 5, Sy s.v.
Datasport
Puggioni 6, Colombo 6.5, Costa 6, Acerbi 6, Adejo 6, Rizzo 5.5, Viola 5, Barillà 6, Zizzari 5, Tedesco 5.5, Rizzato 6, Campagnacci 6.5, Missiroli 7, Sy 5, Atzori 5
Gazzetta del Sud
Puggioni 6.5, Adejo 6.5, Costa 6.5, Acerbi 6.5, Colombo 6.5, Rizzo 6, Viola 6, Tedesco 6.5, Missiroli 6.5, Rizzato 6, Barillà 6, Campagnacci 6, Zizzari 5.5, Sy 5.5

試合後の監督と選手のコメント:

■アッツォーリ監督
彼らのような守り方をするチームとやるときに苦労するのは当たり前だよ。パスコースを探すのが難しかった。しかし最終的にはこの結果が間違いなく妥当だと思っている。相手は全然枠に打ってこなかったんだ。私はうちの選手が最後まで自分たちを信じたという事実を強調したい。
土壇場でエミリアーノ(ボナッツォーリ)を欠くという特殊な週だった。いくつかアイディアがあったんだが、それは止めにして今までのやり方を通した。
(リヴォルノ戦後のモンティエルとシィへの批判について)
私の選手たちの脆さは分かっている。だからこそ私は彼らを擁護した。こういう若いチームをあんなやり方で非難するなんて間違っている。私が批判される分には問題ないが、もし選手たちに言及するなら私は彼らを守る。このチームの強さはグループにある。だから行き過ぎた批判は彼らをプレッシャーの下に晒してしまうことになるんだ。選手を攻撃しているような場合じゃなかったのは確かだ。
今日の対戦相手の態度が異なっていたことは間違いない。彼らは我々を恐れていた。我々がここまで辿り着けたのは、選手たちが上手くなりたい、成長したいと感じているからだよ。
ボナッツォーリが火曜日に間に合うかって?どうかな。この何日間で見極めることになるだろう。彼は今日までに回復しているとはいえ、火曜にプレーできるかは疑問だ。用心してかからないと。
ミッシローリの強みは、背後から飛び出してきたときに圧倒的なプレーが出来ることにある。もし彼をアタッカンテとしてプレーさせれば前線の基点となるだろうが、それほど強い影響力はないだろう。もし2トップの背後から始めれば彼はサプライズとなる。
バリッラは中央でもサイドでもどちらでも心地いいようだ。リッツァートはたくさん押し上げたが、クロスをあげる段階で常に精度があるわけではないことに気が付いた。少々バテているサインが見て取れたので彼を替えることを決めたんだ。よりエネルギーを持っているバリッラとね。
我々は日曜日に練習を再開する。私は十分な戦力を持っているし、同じ選手を酷使したくない。チッタデッラ戦は重要なステップとなる。最善を尽くすよ。
■ミッシローリ
リヴォルノの3-0の後で僕らは挽回したかった。袖を捲り上げて再出発しなくちゃいけないって言ったけど、僕らそれをやったんだ。僕らは継続的に90分走った。フィジカルコンディションは絶好調だと思うよ。エミリアーノの不在を感じたのは本当だけど、プレーした仲間たちは彼らがやれるということを示して見せた。
試合の入り方?試合に入るのも順応するのも簡単じゃなかった。始まってすぐに難しいと分かったよ。彼らはCから昇格してきた選手たちだけど素晴らしいクオリティを持っている。だけど僕ら全員が成長しないといけないね。
どこでプレーするのが好きかって?チームにとって有効でありたい。もしチームに手を貸さないとけないなら僕はそうする。結局は真ん中かな。中盤と攻撃の間を繋ごうと努力しているよ。




レッジーナも大宮も勝って、とっても清々しい週末でございます。

Footballista最新号で豊福さんが強烈なネタを投下してくださったのですが、その話題は後日別エントリにーにて。ヤス君、わらぴーさん、Footballista手に入りそうですか?ダメなら連絡ください。

さてさて、やはり爆睡していて目覚めなかったので(ダメファンで申し訳ない)、ハイライトとクロナカを元に試合を振り返ってみます。

               

怪我で急遽外れたボナちゃんの位置にはジッザーリ。出場停止のコセンツァの位置にはコスタ。右サイドはラヴェローネを押しのけてコロンボ復帰。前節スタンド送りだったヴィオラが戻って、それ以外はいつもの面子。
 ↓
平日7時のキックオフが原因なのか、バックスタンドはいつにも増してスッカスカ。それでもクルヴァのティフォージの歌声は聞こえてくる。
 ↓
試合前の選手の整列。ミッシとアチェルビに挟まれたカンパニャッチの小ささが際立つ。超ミニサイズのブリエンツァとヴィオラ弟(共に170cm未満)がいなくなったので、今季のレッジーナのチビッ子代表は173cmのカンパニャッチとモンティになるのね。
 ↓
前半4分、左からのカンパニャッチのクロス⇒ジッザーリのヘッドは右に逸れる。
 ↓
前半15分、アデジョから右サイドを駆け上がるコロンボへロングパス一発⇒コロンボのグラウンダーのクロス⇒中央を駆け上がってきたカンパニャッチが右足でミートさせたけどGKロッシが足で阻止。これはロッシのファインセーブを褒めるしかない。クリアボールを拾ったリッツォのミドルは枠に飛ばず。
 ↓
前半18分、ポルトグルアーロのエスピナルの強烈なミドルを神様仏様プッジョーニ様が横っ飛びセーブでCKに逃れる。因みにこの日のプッジョーニ様のお仕事らしいお仕事はこれだけだったらしい。
 ↓
前半23分、左CKからミッシのヘッドはほんのわずかに枠の左。
 ↓
レッジーナはゲームの組み立ての時点でミスが目立ち、決定的なシーンを作れないもどかしい時間帯だったそうな。
 ↓
前半39分、ジッザーリがドリブルで左サイドを持ち上がり、エリア手前で待ち構えていた相手DF陣をフェイントでかわして右足でシュート!⇒決まれば最高に格好良かったけど左に逸れた。ファーに詰めていたミッシにパスしても良かったのでは?
 ↓
0-0で前半終了。
ボナちゃん不在の穴は大きく、エリア内に切れ込んでいけないレッジーナの攻撃陣。ゴール前を組織的に固めたポルトグルアーロの前に多くのチャンスを作れず。
 ↓
後半3分、右からのコロンボのクロスにファーで頭で合わせたのはリッツァート!残念ながら少々大きかったけど、クロスをあげるんじゃなくてクロスに合わせるリッツァートを見たのは初めてかも?
 ↓
後半6分、カンパニャッチが左から個人技でエリア内に進入して放ったシュートはGK正面。前半に引き続き効果的な攻めが出来ないレッジーナ。
 ↓
後半19分、ヴィオラOUT、テデスコIN
ポルトグルアーロの鬼プレスに苦しみ、スペースがなくて横パスに終始し、ゲームのリズムを変えられなかったヴィオラには各紙厳しい評価。頑張って一皮剥けろ!
 ↓
後半22分、燃料切れのリッツァートOUT、バリッラIN
 ↓
後半25分、ジッザーリがドリブルで左側からエリア内に侵入。フェイントで相手DFをかわして放ったシュートはあまり威力が無くGK正面。ファーでカンパニャッチがフリーだったのになぁ。
 ↓
後半26分、ジッザーリOUT、シィIN
ボナちゃんの怪我で巡ってきたチャンスをモノにしようと焦ったのか、エゴイスティックなプレーに終始したジッザーリには交代時にスタンドから口笛が。それとも前節モンティと共に敗戦の責任を負わされたシィ投入への抗議の口笛だったのかしら。
 ↓
後半ここまで守り倒していたポルトグルアーロ、ちょっと攻める気になったようで続け様に打ってきたけど全然枠に飛ばず。
レッジーナも相変らず得点の匂いが漂ってこず、このままスコアレスドローになるのかと誰もが諦めていたそうな。
 ↓
後半43分、最終ラインのコスタ(左足で蹴っているので多分コスタではないかと)のロングフィード⇒右サイドでコロンボが見事な落し⇒上手いタイミングで飛び出してきたミッシが左足の先でちょんと蹴りこんだボールは左隅のネットを揺らした。レッジーナ土壇場でゴール!!!

ミッシ愛してるーーー!!!

ミッシ、いつも言っているけどもう少し太ろう。

ベンチの皆さんに祝福されるミッシ。笑顔のモンティがカワユイわぁ。
 ↓
1-0で試合終了。
ピッピッピーの笛と共にガッツポーズするアッツォーリさん。
全員で手を繋いでクルヴァに走っていくレッジーナの選手たち。
よくやった!最後まで諦めないでよく点を取った!この勝ち点3は大きいぞ!

               

本日のMVPはもちろんミッシ!
●Tutto Reggina 評価6.5
彼は断続的に火をつける。ポルトグルアーロが張ったクモの巣から唯一自由になれた選手であり、相手をかわして優位を創造するが、彼がそれをするのは散発的。しかしながら試合を決めた彼のゴールは重要である。今日レッジーナが勝てたのはカピターノのお陰。
●Gazzetta del Sud 評価6.5
カピターノはあらゆる機会に対応できる能力でもって自分の評価をアップさせた。ゴールは彼の嗅覚の明白な証明。


あとコスタも褒められていました。
●Tutto Reggina 評価6
CBの役割で起用されたが、経験と決意を持って対処した。タックルは常に果敢でタイムリー。
●Gazzetta del Sud 評価6.5
守備陣の中で最高の出来。この役割で彼は役に立たないと思われていたが、素晴らしい注意力と集中力を見せた。空中戦でスキルを発揮。

レッジーナで一番美しい選手ですので、出番増やして目の保養をさせてください。

火曜日にはチッタデッラとの試合が待ってます。今日頑張ってポジティヴな流れに軌道修正したので、このまま上位集団に居座り続けましょう。ボナちゃんがすぐに戻れなくても踏ん張るのよ!
本日の勝利で勝ち点3を積み上げトータルで24ポイント。シエナもアタランタも勝ったので(シエナはすげえネタ試合でした)順位は4位のままです。
なんと最下位アスコリが首位ノヴァーラと引き分けまして、首位との差(ノヴァーラは29ポイント)が少しだけ縮まりました。アスコリ偉い!エンポリさん次節ノヴァーラをやっつけてくださいね!

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。