--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/11/04

3日目①:いつもの仲間と新しい友だち@サンタガタ

2010年5月10日(月)

このホテルはバールを併設していて、朝食はホテル内の朝食スペースかバールのどちらか好きな方で取ることができる。隣のバールからは若い男女が大声で何やら盛り上がっているのが聞こえてきて喧しそうだったので、誰もいないホテル内の朝食スペースを選択した。
バリスタ風の黒いベストを着たオジサンが用意してくれたのは、ブリオッシュとカプチーノのみのシンプルな朝食。ま、安いホテルはどこも似たようなもんだけどね。

朝食後にアントネッロに電話した。
「チャオ、アントネッロ!リーメイだよ~!」
するといつものように「どこや?!」という切り返し。
今年の宿名を告げると一発で分かってくれた。去年もそうだったけど、どんな小さなホテルでも知っている。アントネッロは見掛けによらず優秀なタクシードライバーだね。そして、一人かどうか今年も執拗に尋ねてくる。
一人だよ!板貫さんが一緒じゃなくて残念でしたね!
3時にサンタガタまで送って欲しいとお願いして電話を切った。

午前中はレッジーナのユニを探して街中のスポーツショップを訪ね歩いた。例によって在庫が少ない若しくは無い。なかなかヤス君の第一希望の色とサイズがなかった。ガリバルディ大通りとその周辺はアウトだったので、あとでサンタガタの近くにあるスポーツショップを探してみよう。

午後3時。テデスコへのお土産や選手との2ショット写真を収めたミニアルバムを詰め込んだトートバッグを抱えてホテルのエントランスでアントネッロを待っていたら、ホテルの従業員二人が私の元へやってきた。片言の英語を話す兄ちゃんと30代後半くらいの女性従業員が瓶詰のカラブリア名産品を私に差し出す。なにやら唐辛子がたくさん入った真っ赤なペースト状のものだ。ラベルには“NDUJA”と書いてあるけど、何て発音するんだ?
女性従業員曰く、パンに塗っても美味しいし、パスタソースとして使っても美味しいらしい。売りつけられるのかと思って警戒したが、このホテルからのプレゼントだと言う。なんてステキな人たちなのかしら。このホテルを選んでよかったと単純な私は大喜びするのであった。←本当に単純

15分遅れでアントネッロの車が到着。珍しく娘もマンマもアミーゴも乗っておらず、アントネッロ単体で迎えに来た。バーチで再会を喜んでから車に乗りこもうと後部座席のドアを開けたら「何やってんだ!友達なんだから助手席に座れ!」と説教された。ちょっと嬉しかった。

サンタガタに到着すると、ミケーレをはじめ今年もお馴染みのメンバーがたむろしていた。
「チャオ、ミケーレ!」
「チャオ、ベッラ!」
ミケーレとバーチしていると他の常連さんたちが集まってくる。初めて見る顔もたくさんいて、そのうちの何人かからは「日本人を生で見るのは初めてだから」と携帯で写真を撮られた。ほんまかいな?俊輔がいた頃はたくさん日本人がいたでしょ?

みんなにチヤホヤされて気分よく過ごしているところに一人の若い男性がやってきた。ラテン系だけど南イタリアの人とは顔のつくりがちょっと違う。なかなかキュートな男の子だ。
「コイツはパラグアイ人なんだ」とミケーレがその男性を紹介してくれた。ちょっと記憶が曖昧なんだけど、確か彼の名前はアレクシスだったと思う。レッジョで1ヶ月ほどバカンスを過ごすことになっていて、ほぼ毎日サンタガタに来ているらしい。イタリア語はほとんど理解していないアレクシスだったが、イタリア語とスペイン語は近いので、常連のオヤジたちとは何となく意思の疎通が図れていた。
「アブラ・イングレス?(英語しゃべる?)」
スペイン語で尋ねるとアレクシスは顔を輝かせて逆に私に尋ねてきた。
「アブラ・エスパニョル?(スペイン語しゃべるの?)」
しゃべらないから英語しゃべれるか聞いてんだよ!(笑)
たまたま私は『旅の指さし会話帳スペイン語』を持っていた。今年もカルモナがイタリア語を話せなかったら、これを使って会話しようと思ったのだ。この日会話帳を使って得た情報によると、明るい栗色の髪をしたアレクシスは18歳(いや、20歳だったっけ?)で、どうやらレッジーナの関係者の知り合いらしい。パラグアイ人なのでモンティエルの友だちかと思ったけど、選手の友だちではないという。でも、その割には毎日ヴァルデスの車でモンティやカルモナと一緒に帰っていた。ま、会話帳を介しての拙いコミュニケーションなので、互いに自分の情報がどれだけ相手に正確に伝わったか定かじゃないけど。
今年のサンタガタは常連のレッジョの民に加え、毎日アレクシスに会えて楽しかった。

南イタリア遠征記2010 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
nduja
ンドゥジャ?

言葉なしでのコミュニケーションは、おもしろいやら難しいやら。
本当に簡単なことがうまく伝わらないことってありますよね。先週ありましたよ。タイの方と。
年末年始、けっこう休めそうなので、海外旅行ができないか改めて検討を始めました。急がないと、時間がない・・・
reoさん、こんばんは。
> ンドゥジャ?
ですかねえ?イタリア語はアルファベット読みなので。
日本に持ち帰ってトーストに載せて食べましたけど美味しかったですよ。

> 本当に簡単なことがうまく伝わらないことってありますよね。
そんなんばっかでした。アレクシスとの間では。互いに「この本には必要な言葉が載ってない!」とヒステリー起こしかけたり(笑)

> 先週ありましたよ。タイの方と。
タイ人はきれいな男性多いですよね。研修生がタイ人と聞くと通訳に立候補しちゃったりして。たまに外れがいますけど(爆)

> 年末年始、けっこう休めそうなので、海外旅行ができないか改めて検討を始めました。急がないと、時間がない・・・
おお!それは結構じゃないですか。急がないといいツアーは埋まっちゃいますよ!
今はドルが安いのでアメリカ方面いいかもしれませんね。
行先決まったら教えてください。(^・^)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。