--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/12/09

五日目⑥:今宵も陽性スケベのトルコ人

はちきれそうなお腹を抱えてホテルに戻る途中、薄暗い路地で能天気な声がこだました。

ハロ~!マイ・ジャパニ~ズ・フレンズ!!!

だ、誰だよ?!たじろぐ私たちの目に飛び込んできたのは、昨日の陽気なトルコ人の笑顔。あらら、また会っちゃったよ。昨夜とは違うドイツ人男性と、どこの国の人か分からないけど白人のお姉さん2人を引き連れていた。「僕たちこれから飲みに行くんだ~♪」と昨日にも増してハイテンション。毎晩本当に楽しそうだね。

「ねえねえ、君のアイドルの時計を見せてよ」とリカルデントの俊輔腕時計をおねだりするトルコ人。バッグから外して渡すと、またしても凝視した後にプッと噴出す。おいおい。
「この日本人選手、レッジーナでプレーしているんだよ」とトルコ人がドイツ人男性に時計を手渡した。なんと今日のドイツ人はブンデスリーガの某チームでトレーナーをしているそうだ。既にバカンスに突入しているなんて、ブンデスリーガはもうリーグ戦終了したの?

「レッジーナって、こんなユニホームだったっけ?」と首をかしげるドイツ人。
「あ、それはCMのためのユニだから架空のチームだよ」と教えてあげると、彼は俊輔腕時計を真面目な顔でジッと見つめている。おお!この時計を見ても笑わない人がいたぞ!
「名前は?」
「シュンスケ・ナカムラ。日本代表の選手だよ」
「ナカムラか・・・。それは日本人の名前だ」
だから最初から日本人だって言ってるじゃん。なにボケてんだよ、このドイツ人。
「タカハラも日本人の名前だ」

・・・・・・これってドイツ流のジョークか何かなの???

結局彼も俊輔のことは知らなかった。レッジーナの存在は知っていたけど、セリエAの試合は見ないらしい。でも、きっと6月のコンフェデで「これがシュンスケ・ナカムラか!あの腕時計の選手だな!」って思ってくれたはずだよね。今会ったら絶対に俊輔の話題で盛り上がれるのにな。

「ねえ、君たちも一緒に飲みに行かない?」
例によって異常に私に接近してくるトルコ人。こらこら、それ以上近づくでない。
「ごめん。私たち超満腹で、固体も液体もこれ以上入らないの」
そう言うとトルコ人はまたしてもスコーンと抜ける笑顔で「オッケー!バーイ!」と手を振って去っていった。なんか憎めないタイプの面白い奴だったな。トルコも遊びに行ったら楽しそうだわ。(笑)
南イタリア遠征記2005 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。