--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/10/18

セリエB第10節トリエスティーナ×レッジーナ パーフェクトな試合

トリエスティーナ0-4レッジーナ
得点者:前半35分&後半21分 ボナッツォーリ、後半30分 ミッシローリ、後半31分 ヴィオラ

TRIESTINA (4-4-2): Colombo; D'Ambrosio, Brosco, Scurto, Malagò (dal 13' Sabato); Antonelli, Matute (dal 54' Longoni), Filkor, Testini; Godeas, Marchi. A disposizione: Viotti, D'Aiello, Gissi, Gherardi, Della Rocca. Allenatore: Ivo Iaconi.
REGGINA (3-5-2): Puggioni, Adejo, Cosenza, Acerbi; Laverone(dal 72' Burzigotti), Rizzo, Viola, Missiroli, Rizzato; Campagnacci(dal 79' Sy), Bonazzoli(dal 72' Zizzari). A disposizione: Marino, Costa, Burzigotti, Barillà, Tedesco, Zizzari. Allenatore: Gianluca Atzori
Arbitro: Velotto di Grosseto
Marcatori: 35', 66' Bonazzoli, 75' Missiroli, 76' Viola
Ammoniti: Matute (T), Bonazzoli (R)
Recupero: 1',0'

この試合の動画:
Triestina - Reggina 0 - 4 (16.10.2010) All Goals & Highlights [High Quality] ←得点シーンのみ
Triestina-Reggina 0-4 HD sky calcio 16/10/10

この試合の写真:
US Triestina Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6.5, Cosenza 6.5, Acerbi 6.5, Laverone 6.5, Viola 7, Rizzo 7, Missiroli 6, Rizzato 7, Campagnacci 6, Bonazzoli 7.5
Datasport
Puggioni 6.5, Burzigotti 6, Acerbi 7, Laverone 7, Adejo 6.5, Cosenza 6.5, Zizzari 6, Rizzato 7, Viola 7, Rizzo 6.5, Sy 6, Bonazzoli 8, Campagnacci 6.5, Missiroli 7.5, Atzori 7

試合後の監督と選手のコメント:

■アッツォーリ監督
二度と繰り返せないかもしれないくらい完璧だった。素晴らしかったよ。今日はここまでで最も美しいパフォーマンスだった。選手たちのためにも嬉しい。当初から私が彼らに伝えていたのは自分自身を信じんることだったのだから。彼らはまだまだ多くの成長する伸びしろを有している。この謙虚さの側面とこの仕事を維持していくのは私の役目だ。
前半私は心の底から怒った。ゲームを手中に収め、勝負を決めることが出来たはずなのにできなかったらだ。ロッカールームで怒りを爆発させたので、明らかにそのメッセージが届いたようだ。
我々は月曜日から練習を再開する。チームはまたしても安心感と個性を持って素晴らしい反応をしてくれた。満足しているし、選手たちを誇りに思う。私は彼らを変えたくない。週の練習で私に与えてくれるものを何一つね。彼らを鍛えることは喜びだ。その喜びを秤にかけたら、私はこの組織を他のものに変えたりはできないだろう。ボナッツォーリは偉大なプレーヤーだが、このことは強調しておきたい。エミリアーノが9ゴールできたのは、彼が何でも出来る状況に置いてやり、彼の並外れたクオリティを安定させているチームメイトたちの価値でもある。夏の合宿で初めてチームと対面したときに我々は長い話し合いを持った。今季の目標について話し合い、私は彼らに我々の目標は個人が成長すること、我々のファンをスタジアムに連れてくることだと話して聞かせた。もし再び満員になったグラニッロを当てにできるなら、我々はより強力な力を持つことになるだろう。
■イアコーニ監督
私は今季のレッジーナは、彼らの歴史の翼に酷似したチームを構築してきたと思うんだ。彼らのカルチョの歴史の中で常に有してきたあの哲学だよ。正しく会長はゼロから出発しなくてはならなかった。優秀な新進気鋭の監督を連れてきて、名の知れた年棒の高い選手からなる戦力とその他の状況をリセットし、正しい道を請け負った。彼らがこんなにすぐに結果を得ることになろうとは予想していなかったよ。私は会長のためにも嬉しい。(悲惨だった)昨シーズンの後で笑顔に戻るに値する人だから。
(昨季の)私の解任は未だに残念に思うが、会長のことは大いにリスペクトしている。彼は違った道の保証を求めていたんだ。

疲れたのでコメントの後半は割愛しました。イアコーニさん、ごめんなさい。
■ボナッツォーリ
俺たち完璧だった。90分を通してコンパクトだった。俺がゴールして、ニコラス(ヴィオラ)とミッシもゴールして、プッジョーニはほとんど仕事がなかった。全ての面でパーフェクトだったよ。俺の頭にボールを置いてくれたシモーネ(ミッシローリ)は巧かったね。本当に単に強く当てるだけでよかったんだから。正直に言うと、最初から俺にパスしてくれるって思っていた。
たった1回左サイドを突破しただけゴールが生まれ、その後ゲームはスローダウンした。2点目が入ると相手は脱力状態になって、それで勝負が付いてしまったね。
10試合で9ゴールは全く期待していなかった戦利品だよ。俺たちは自分の中にある全てを出し続けないといけない。この道を進み続けるんだ。
これら一連の結果とパフォーマンスの後で、俺たちを応援するために、俺たちを支えるために、観客が大挙して押し寄せてくれるといいな。既に水曜日にはいつも以上に人々の熱を感じることができたんだ。




昼間に大宮が無様な負け方をしやがったので「レッジーナでお口直しするぞー!」と気合を入れて、というか、「負けてこれ以上私のメンタル下げたら許さねー!」な若干怒りモードで観戦開始。ストリーミングが途切れずに無事90分通して見ることができたんですけどね、まあ画質の悪いこと。とりあえずポジションと背格好で選手の判別は出来ましたが、表情とかは全然分かりません。萌えシーンとかネタポイントを沢山見逃しているような気がして悲しいです。早くAに戻ってジャポネーゼに大きなテレビ画面で試合を見させてください。

では、いつものようにクロナカとハイライトを元に試合を振り返ってみましょう。

               

滲んだ画面にスタジアムが映った瞬間「うわ~、スタジアム満員じゃん!」と驚愕したけど、なんか変よ?あ、ここはロッコ・ディ・トリエステだっけ。これがぴのさんのブログに書いてあった絵に描いた観客ね。
「バックスタンドがガラガラだとテレビ写り悪いから人の絵でも描いておこうぜ」 ←え、マジ?
 ↓
審判&選手と一緒に入場してきた子供たちが超カワユイ。特に審判服を着た金髪の坊やの笑顔が悶えそうなくらいカワユイ。ついでにうちのラヴェローネもカワユイ次の遠征で会うのが楽しみだ。
 ↓
前半6分、レッジーナのFK。キッカーはヴィオラ。コセンツァが頭で合わせたけど枠から逸れる。ちょいと威力に欠けたので枠に飛んでも止められたと思われ。
 ↓
前半12分、ラヴェローネが個人技で中央に切れ込んでエリアの外側から左足シュート⇒GKコロンボが横っ飛びで阻止。
 ↓
前半35分、中央のヴィオラから左にワイドに開いたリッツァートへ⇒中央へ折り返したグラウンダーのクロスをミッシがひょいとまたいでスルー⇒左ポスト前方で待ち構えていたボナちゃんが、これまたひょいと左足インサイドキックで流し込んでレッジーナ先制!キレイな流れだったぞー!
まるで自分が決めたみたいに前屈姿勢で拳を震わせ雄叫びを上げるラヴェローネが面白い(笑)

ボナちゃん、これで8点目!もぉど~にも止まらない♪

今の君はピカピカに光って~♪

すげえ幸せそうな顔してて、こっちまで頬が緩んでくるわん♪
 ↓
前半43分にミッシ⇒カンパニャッチ⇒ボナちゃんでレッジーナあわや2点目か!というチャンスシーンがあったみたいだけどハイライトには映っていない。
 ↓
0-1で前半終了。レッジーナはアウェイだから慎重になっているのか比較的スローな攻撃で、この時点では大勝するとは思わなかった。
 ↓
後半17分、マルキのシュートをアチェルビがエリア内で腕で止めたとトリエスティーナが抗議するけど認められず。まあ故意じゃないけど確かにハンドだわね。これにはイアコーニさんも激怒していた。PKが認められていれば試合の流れが変わっていたかも。
 ↓
後半20分、ボナちゃん黄紙ゲット。おっと、累積警告リーチだわ。
 ↓
後半21分、レッジーナがトリエスティーナのエリア内を支配。中央のボナちゃんから左サイドのリッツァート⇒グラウンダーのクロスをゴールを背に受けたミッシ、いったん左の深い位置に流れてからゴール前のボナちゃんへマイナスのクロス⇒ボナちゃんヘッドでゴール右隅に叩き込みレッジーナ追加点!ミッシ、いいクロスだったぞ!

ボナちゃんドッピエッタ!これで9点目ですよ奥さん!!!

へっへっへ~、誰か止めてみやがれ~♪←調子に乗りすぎ

 ↓
後半27分、レッジーナ2枚交替。ラヴェローネ⇒ブルジゴッティ、ボナちゃん⇒ジッザーリ
ボナちゃん、エンポリ戦に備えてゆっくり休んでね!
クロナカには“il super bomber Bonazzoli”と書かれていた。はい、その通りでございます。
 ↓
後半30分、ヴィオラのCK⇒ミッシのヘッドでレッジーナ3点目!ミッシは思い切りフリーだった(笑)

なんて強いんだレッジーナ!!!
 ↓
後半31分、ミッシのゴールの興奮冷めやらぬうちにレッジーナ追加点。
ヴィオラが個人技で持ち上がり、ど真ん中から強烈な左足ミドルをゴール右隅に突き刺す。完全に事切れているトリエスティーナの皆さん。ご愁傷様です。

ひゃ~~~、笑いが止まんね~!!!

二人とも爽やかな白が似合います♪

サンタガタ育ちのイケメンMF二人が大活躍!
この後ヴィオラはチームメイトからビシバシ頭を叩かれまくっていた。ミッシもボナちゃんもバシバシやられていたっけ。どうやら今季のチームは手荒な頭叩きの儀式で得点者を祝福するらしい。
 ↓
後半34分、カンパニャッチOUT、シィIN
ジッザーリとシィはゴールしようと張り切っていたけど、残念ながらいいところを見せられず。
 ↓
プッジョーニが恐ろしく暇を持て余したままロスタイム無しで試合終了。
試合後に抱き合う両監督の姿が美しかった。

               

昨季ノヴェッリーノ体制が崩壊した後に尽力したけど立て直せなかったレッジーナが、こんなに魅力的なチームに生まれ変わって自分のチームを叩きのめす・・・。イアコーニさん、いろんな思いが胸中を巡ったでしょうね。私も感慨深かったです。

今節もMVPはボナちゃんです♪
彼は既に9ゴールをマークした。これは文字になっていないカルチョのルールである:『アタッカンテが自由な心を持っていると、ゴールが量産されチームは勝利する。』
評価8


ほんまにそんなルールあるのかいな?
現在9ゴールのボナちゃんは得点ランキング首位に躍り出ました!
二桁ゴールは目の前です。ぜひとも次節エンポリ戦で二桁に載せていただきましょう。

レッジーナは本日も勝ち点3を積み上げ、トータル20ポイントで3位キープ。こんなに順位表を見るのが楽しいシーズンは、アマラント・ティフォージになって以来初めてじゃないかしら♪シーズン終了までニマニマ順位表を眺めていられるといいなぁ。

10-11レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
おめでとうございます。
いやあ、きっとうれしいことでしょう。
私もうれしいです。最高です。
首位のチームをけちょんけちょんにする試合。気持ちいい。
しかも、新潟の勝ちを生観戦したのは、昨年10月の天皇杯2回戦以来です。
涙。
reoさん、こんばんは。
私の前でJの話題はご法度ですよ!
というのは冗談です。新潟やりましたね!別に首位のチームじゃなくていいから、大宮もどっかのチームをけちょんけちょんにして欲しいです(泣)
ま、私はレッジーナの勝利で十分過ぎるくらい救われましたけど。贔屓のチームが勝つのって最高ですよね♪

> しかも、新潟の勝ちを生観戦したのは、昨年10月の天皇杯2回戦以来です。
> 涙。

おめでとうございます。
私、大宮の勝ちを生観戦したこと何回あるかしら・・・(遠い目)
3 Fisso
SerieBの主役に返り咲き何よりです。

大宮の周囲が何やら騒がしいようですが... こちらは週末,新潟にINTER戦とチャレンジさせていただきます,お手柔らかに。 forza Ragazzi♪♪
Mattiaさん、こんばんは。
シーズン終了まで主役でいたいです。一度でいいから1位になりたいなぁ。

> 大宮の周囲が何やら騒がしいようですが...

レッジーナ奇跡のシーズン並のペナルティを科されちゃったりするのかしら。ちょっとビクビクしています。
大宮サポ的にはそちらが新潟に負けてくださると非常に助かります。てか、負けてください。←こらっ
INTERは前節グダグダでしたから、もしかしたらもしかするかも知れませんよ?


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。