--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/09/27

セリエB第6節アタランタ×レッジーナ 引き分け上等!

アタランタ1-1レッジーナ
得点者:前半20分 ルオーポロ、前半24分 ボナッツォーリ

REGGINA (3-5-2): Puggioni; Adejo, Cosenza, Acerbi; Colombo(dal 76' Barillà), Rizzo, Viola, Missiroli, Rizzato; Campagnacci(dal 57' Adiyiah), Bonazzoli (dall 84' Sy). A disposizione: Kovacsik, Burzigotti, Tedesco, Montiel. Allenatore: Gianluca Atzori.
ATALANTA (4-3-1-2): Consigli; Raimondi, Talamonti, Peluso, Bellini; Padoin, Carmona, Barreto; Doni(dal 64' Troest); Ruopolo (dal 74' Ceravolo), Ardemagni (dall 88' Bonaventura). A disposizione: Frezzolini, Capelli, Basha, Ceravolo, Pettinari. Allenatore: Stefano Colantuono (squalificato, in panchina Armenise)
Arbitro: Sig. Gallione di Alessandria, assistito dai Sigg. Melloni di Modena e Vuoto di Livorno; quarto uomo il Sig. Barbeno di Brescia.
Marcatori: 20' Ruopolo, 24' Bonazzoli
Ammoniti: Colombo, Doni, Cosenza, Bonaventura, Acerbi
Espulso: Raimondi (doppia ammonizione)
Recupero: 1',5'

この試合の動画:
06 Atalanta Reggina 1-1 serie Bwin 25.09.2010 Servizio Sportitalia

この試合の写真:
Atalanta BC v Reggina Calcio - Serie B
Atalanta-Reggina 1-1 [Serie B 2010-2011]←バレート&カルモナの写真がいっぱい!

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 7.5, Adejo 6, Cosenza 6.5, Acerbi 7, Colombo 6, Viola 6, Rizzo 6, Missiroli 5.5, Rizzato 6, Campagnacci 5.5, Adiyah 5.5, Bonazzoli 7, Sy s.v.
Datasport
Puggioni 7.5, Rizzo 6.5, Colombo 6.5, Cosenza 6, Acerbi 6.5, Adejo 5.5, Rizzato 6.5, Viola 6.5, Barillà 6, Campagnacci 6, Bonazzoli 7, Missiroli 6.5, Sy 6, Adiyah 6, Atzori 7

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
大胆不敵なゲームだった。前半我々は相手の突破とクオリティにいいようにやられてしまった。そこで押し込まれてしまったよ。私が望むプレーができたのは最初の15分だけだった。幸運にも失点した後にボナッツォーリが素晴らしいゴールを決めてくれたがね。
後半は本当に勝利することも可能だった。チームは常に至る所で勝負していた。また今日は我々を押し込んでいたアタランタの巧妙さを越えることができた。
エミリアーノ(ボナッツォーリ)に関しては、彼はテデスコら他の選手たちと同様、最初の目標と強く結びついてきたのだと言うべきだろう。
退場について?恐らくライモンディの最初の警告は少々急ぎ過ぎたかもしれない。とはいえ、ゴールへ向かっていったミッシローリへのファールの際、2枚目の警告だったのに審判は提示しなかった。その代わりリッツァートに対するファールがイエローになった。
我々のボール保持時にとても多くのミスを確認した。相手はただでさえ優れているのだからミスで助けてやることはない。もっと賢くならなくてはいけないんだ。月曜の練習再開では確実にビデオを通してミスの修正を行うよ。

■アチェルビ
前半はアタランタにとんでもなく苦しめられた。バランスを保つことができなかったよ。後半は良かったけどね。最終的にドローは妥当でしょう。後半相手はほとんど何もできなかったから。
僕らは満足だよ。アウェイ2試合で6失点食らった後で、難しいフィールドで結果を出した。僕らいつだってこれが最終戦だと思ってプレーしているんだ。全ての試合に勝ってやるんだっていう精神を常に持っている。
すごく難しいカンピオナートだね。パフォーマンスで多くの継続性を示した選手が満足を得ることができる。僕らは頑張ってスタジアムにファンを連れ戻すよ。さて、月曜からはヴィチェンツァ戦のことを考えなくちゃ。
■コセンツァ
難しい試合だった。アタランタはカンピオナートで優勝するために装備されたチームだ。物凄く苦しめられたよ。終盤はシィのお陰でより多くのチャンスを得られた。勝つことも可能だったね。でもこの結果は上出来だよ。
シーズン開始時は全てが難しかった。自分たちのテンポを見出さないといけなかったから。それから対策を講じて、最小限の信頼を得るに至ったんだ。
~中略~
パドヴァで打ちのめされた後だったから、なによりもポジティヴな結果となった。個人的にとても幸せだよ。だって全てのレッジョ出身者にとってはアマラントユニをまとうことが夢だから。
このレッジーナはどこに辿り着くかって?今そうしているように、とにかく練習を続けなくちゃいけない。評価は最後にやればいい。でもさ、本当に素晴らしいグループなんだよ。とりあえず今は可能な限り早く残留を決めないと。
エミリアーノはチームのために尽くしてくれる。彼、若返ったように見えるよね。僕らにとって信じられないくらい大事な人なんだ。




ちょいと温泉で1泊してリフレッシュしてきました。ご心配をおかけした皆様、お陰さまで順調に回復しております。たくさんの激励メール、激励コメント、激励拍手をありがとうございました。本当に嬉しかったです。
皆様の励ましもさることながら、レッジーナが負けないっていうのが一番大きな励みになりますね。スーパーBと謳われる戦力を有しながらブレダさんが指揮を執るシーズン後半までグダグダだった昨季と比べ、涙が出るくらい戦力はショボイけど早くもチームになってきた今季の若造軍団。かつてのマッツァーリレッジーナみたいに「この戦力だってこんなステキなサッカーができるんだ!」ってところをシーズン通して証明して欲しいです。

では、アタランタ戦を簡単に振り返っていきましょう。

               
「勝ったチームはいじるな」の鉄則に則り、レッジーナのスタメンは大勝したモデナ戦と全く同じ。
年間パスがたくさん売れているという言葉通り観客席の7割が埋まっているスタディオ・アトレティ・アッズーリ・ディターリア。いいなー。
 ↓
前半7分、アルデマーニが左サイドでアデジョをフェイントで抜いて一気にエリア内に進入。角度のないところから放ったシュートをプッジョーニが足でセーブ!⇒跳ね返りをルオーポロが素早く左足で叩きつけるも、プッジョーニ倒れたままの姿勢から今度は手で弾く!
ミラクルセーブ2連発!何という反応の早さ!今日もまた惚れ直してしまった
 ↓
前半14分、押されっぱなしのレッジーナ、アタランタの皆さんに易々とエリア内でのパス回しから崩され、ルオーポロがゴール正面至近距離から強烈なシュート!⇒直前にニアに釣り出されていたプッジョーニ、またしても体勢が整っていなかったのに有り得ない反応の良さでボールに手を当てたー!!!
勢いが殺がれて力なくゴールライン直前に落ちたボールをリッツァートがクリアし、レッジーナがギリギリでピンチを免れる。
ぞわっと鳥肌が立った。神様仏様プッジョーニ様に本日2度目の惚れ直し
 ↓
前半18分、リッツァートのクロス⇒ボナちゃんのヘッドはゴール左へ逸れた。
 ↓
前半20分、バレートがルオーポロとワンツーを試みるが、ルオーポロはエリア内に進入したバレートにパスを返さず、エリアちょい外側から右足を振りぬきダイアゴナルシュート!アタランタ先制。
 ↓
直後にライモンディがカンパニャッチを削って黄紙ゲット。
 ↓
前半24分、先制された後に大崩れしたアウェイのパドヴァ戦の悪夢が蘇るが、半額のボナッツォーリ(←Fillipoさんのパクリ)が窮地を救う。
ミッシの優しいインサイドパス⇒ゴールに背を向けて受けたボナちゃん、反転しながらそれはそれは美しいループをゴール右隅に沈めてレッジーナ同点。
ボナちゃん今季4点目おめでとう!覚醒は本物ですよ奥さん!!!
 ↓
同点に追いついたものの、その後も押し込められるレッジーナ。青色吐息の時間が続く。
 ↓
前半38分、再びバレートがルオーポロとワンツーを試みるが、今度もルオーポロからはリターンは返ってこない(笑)⇒左からのルオーポロのダイアゴナルシュートをプッジョーニが辛うじて弾く⇒詰めていたバレートがこぼれ球を流し込もうとするも左ポスト直撃⇒レッジーナ命拾い
お母さ~ん、バレートが怖いよ~。攻撃で効きまくってるよ~
つーか、バレートの前に体を投げ出してブロックしたコロンボ偉い!
つーか、強面コロンボさん、優男バレートとバトルを繰り広げておりましたねえ。この試合のベストショットはこれ(←この四角をクリックして)
空手?テコンドー?背後のアタランタの皆さんの「うひゃ~」という表情もナイスですが、やけくそ気味のコロンボさんの腕の動きが秀逸でございます。私の期待を裏切らない暴力課のコロンボさん、今後も益々のネタ提供をお願いいたします☆
 ↓
アタランタの猛攻を凌いで1-1のまま前半終了。いいよ、いいよ~♪
 ↓
後半4分、またしてもプッジョーニがルオーポロのシュートをファンセーブ!
神様仏様プッジョーニ様に本日3度目の惚れ直し

神様仏様プッジョーニ様、愛してる~
 ↓
後半12分、レッジーナ選手交替。アディアーIN、カンパニャッチOUT
 ↓
後半16分、リッツァートの進路妨害をしたライモンディに2枚目の警告。さようなら~。
一人減っても戦力的にはまだまだレッジーナを上回るアタランタ。もう一人退場しない?←こら
 ↓
1分後にドーニがミッシに対するファールで黄紙ゲット。その後ドーニOUT、トロエストIN。ドーニがいなくなるのは有難い♪
 ↓
前半あんなに怖かったアタランタがそんなに怖くなくなってきた。攻めてはくるんだけど、グダグダ感が漂う。時折神様仏様プッジョーニ様が私を更に惚れさせつつゲームが進行。最終ラインではアチェルビが若いのに頼りになって好印象。この子いいわ~♪
 ↓
後半29分、ルオーポロOUT、チェラヴォロIN
わーい、ピッチ上に元レッジーナが一人増えた~♪
 ↓
後半31分、コロンボOUT、バリッラIN
 ↓
得点機がほとんどない潰し合いの時間帯。レッジーナの皆さんがファイトとしているのは好感持てるが、「君はいったい何をしたかったんだ?ああん?」と胸倉掴みたくなるようなパスミスが多くて脱力すること多数。
 ↓
後半39分、貴重な同点ゴールを決めたボナちゃんOUT、ウスマン・シィIN。プレシーズン点を量産したシィのデビューに胸が高鳴る。
交替を告げられたボナちゃん、カルモナの元に行き、下げたままのカルモナの手に優しくタッチ。何ともいえない表情のカルモナに涙腺が壊れる。ボナちゃん、カルモナに頷いてピッチを後にする。
共にプレシーズン長いこと反体制派に括られてしまっていた二人は、不安の中で深い絆を育んでいたんだろうなぁ、ベテランのボナちゃんは若いカルモナを気遣ってくれていたんだろうなぁと勝手に妄想して号泣する私であった。
 ↓
後半42分、右サイドから放ったミッシのクロスが思いのほか伸びてコンシッリが辛うじてセーブ⇒シィがファーにこぼれ球を詰めに行くものの、トロエストに邪魔されてゴールならず。これ決めていれば試合がひっくり返ったのにー!!!
 ↓
1-1のまま試合終了。ベルガマスキの大きなブーイングが鳴り響く中、大きな満足感で一杯のレッジーナの選手たち。
最前列と最後尾で大きな仕事をしたボナちゃんとプッジョーニが固い抱擁。二人とも素晴らしかった!
ミッシはユニを脱いだ後、キョロキョロ誰かを探していた。仲良しのカルモナとユニ交換したかったのかな。それともバレートかチェラヴォロかしら。誰とユニ交換したのか気になる・・・。
               

今日はプッジョーニが神モードじゃなかったら大量失点していてもおかしくなかった訳で、プッジョーニがゴールマウスの前にいてくれる幸せを噛み締めに噛み締めた90分でした。どこを見てもMVPはプッジョーニ。ベルガモ地元紙では8点付けているところもありました。どうかシーズン終了まで怪我なくいてくれますように。
試合後のプッジョーニのコメントの一部を抜粋します。
「俺たちの週の練習は己を向上させるためにやっている。自分たちの限界を引き上げようと努力しているんだ。カンピオナートは成長のプロセスとなるに違いない。今日の結果がこのチームがコッパイタリアのアレッサンドリア戦から既に示している姿勢---苦しみもがきたいという情熱、仲間に手を貸したいという情熱---に継続性をもたらしてくれると信じている。悲惨な試合展開をしてしまったパドヴァでの敗戦の後、俺たち猛練習を始めたんだ。それがモデナ戦での前半だけで4ゴールという結果に、今日のパフォーマンスにつながった。」
「レッジーナに残留して満足かって?もし満足していなかったら毎週土曜日にユニを汚すこともないだろう。」
「俺はレッジーナが最後にどこに辿り着くかわかっている。皆にもじきにわかるよ。」


一人少ない相手に勝てなかったのか?!なんて怒るアマラントティフォージは恐らくいないと思います。今季シエナと並んでスーパーBと呼ばれているアタランタ相手によくやりました。強敵相手にアウェイで勝ち点を持ち帰れたことは若造レッジーナにとって大きな自信となったことでしょう。
本日ポジティヴな勝ち点1を積み上げたのでトータル8ポイントになりました。順位は11位に落ちましたが勝ち点差はほとんどありません。次は得意のホーム戦。ここで勝てばグラニッロの観客が少しずつ増えてくると思うぞ~。スタジアム満員計画が達成されるかどうかも今季の楽しみの一つです♪

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。