--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/24

セリエB第1節レッジーナ×クロトーネ ポジティブなドロー発進

レッジーナ0-0クロトーネ
得点者:いましぇーん

REGGINA (3-5-2): Puggioni, Adejo, Cosenza, Acerbi; Laverone, Missiroli ('88 A.Viola), N.Viola, G.Rizzo, Barillà, Zizzari ('70 Campagnacci), Barillà. Allenatore: Gianluca Atzori
CROTONE (4-2-3-1): Concetti, Cabeccia ('57 Crescenzi), Viviani, Abruzzese, Migliore, Beati, Galardo, Degano ('63 Napoli), Cutolo ('71 Curiale), De Giorgio, Ginestra. Allenatore: Leonardo Menichini
Arbitro: Maurizio Ciampi
Ammoniti: Abruzzese, Ginestra, Campagnacci, Napoli

この試合の動画:
Reggina-Crotone 0-0 Serie Bwin

この試合の写真:
Reggina Calcio v FC Crotone

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6, Cosenza 6, Acerbi 6.5, Laverone 7, G.Rizzo 6, N.Viola 6, Missiroli 7, Barillà 6, Zizzari 6.5, Bonazzoli 6.5
Corriere dello Sport
Puggioni 6; Adejo 6, Cosenza 7, Acerbi 6,5; Laverone 7, N.Viola 6, Rizzo 6, Missiroli 6 (A.Viola sv), Barillà 6; Bonazzoli 6,5, Zizzari 6,5 (Campagnacci sv). Atzori 7
Quotidiano della Calabria
Puggioni 6; Adejo 6, Cosenza 6,5, Acerbi 6,5; Laverone 6,5, N.Viola 6, Rizzo 6, Missiroli 5,5(A.Viola sv), Barillà 5,5; Bonazzoli 6, Zizzari 6 (Campagnacci 5)
Datasport
Puggioni 6, Cosenza 6, Acerbi 6.5, Laverone 7, Adejo 6, Viola 6.5, Rizzo 6.5, Barilla' 6.5,
Zizzari 6.5, Missiroli 6.5, Campagnacci 6, Viola s.v., Bonazzoli 6

試合後のアッツォーリ監督のコメント:
ポストとクロスバーが我々に味方しなかったが、今夜選手たちは最大限のものを与えてくれた。足りないのは結果だけだ。今夜人々がレッジーナの素晴らしいゲームを、これらの選手たちの価値を、評価してくれたと信じている。我々は最初のメッセージをコッパイタリアで送った。このグループはロッカールームの中で生まれた。私がファンの皆さんに約束できる唯一のことは、我々は絶対に諦めないということだ。我々がやり遂げる前の小さな一歩、まだ始まりに過ぎない。観客は徐々に戻ってくるだろう。
多くのチャンスを作り上げたのにホームに勝利をもたらせなくて残念だよ。あらゆる方法でチャレンジしたのに。パフォーマンスは非常に実り多いものだった。
ゴール前で我々がもっと非情にならないといけないことは疑いようもない。後半の失速には怒っている。このチームに力を抜く余裕なんてないのだから。後半開始から20分はクロトーネのリズムに自分たちを適応させようと慌ててしまっていた。
プッジョーニはギネストラのヘディング以外は決定的なセーブが一度もなかったように思う。
止まったボールを蹴るのが酷かった?それは真実じゃない。アチェルビはクロスバーを叩き、常に素晴らしいチャンスを作り上げていた。相手もあることだ。
前半ほど上手くやれなかったが、後半に失望しているわけじゃない。あれはよくある後半だった。我々がリズムを下げるべきではなかったということに尽きるが、あのレベルで45分戦った後にフィジカルが落ちるのは普通のことだ。我々は前半も後半も優れていた。いくつか欠点があるのは当たり前のことだよ。
私がクロトーネ就任間近だった?それは本当のことだ。私とオーナーの間で話し合いが持たれたが、他のオファーもあり時間がかかった。クロトーネの健闘を祈っているよ。しかし私は今いる場所に満足だ。レッジョ・カラブリアは重要な都市だからね。




監督のコメント読む限り、パフォーマンスは良かったみたいですね。パジェッレ見ても各選手の点数高いですし、若き新生レッジーナの船出は非常にポジティヴなものだったようです。新カピターノの点数が5.5~7とえらい開きがあるのが謎ですが。
この試合のキーワードは監督の言葉通り「素晴らしい前半」「後半ちょっと失速」「プッジョーニが暇」「チャンスで枠叩きまくり」だった模様。因みに枠に当てた人はアチェルビ、ラヴェローネ、リッツォ、ボナちゃんの4人でいいのかな?皆さん次は枠の中に入れましょう。

早く選手の特徴を覚えるためにDatasportの寸評を訳してみました。短かったので。

プッジョーニ 6: ほとんど仕事なし。
コセンツァ 6: 大きな問題はなし。
アチェルビ 6.5: 先制点をマークするところだった。アンラッキー。
ラヴェローネ 7: 鮮やかな新製品。強烈な個性で右サイドを占拠。
アデジョ 6: 未だ成熟の途上。
ヴィオラ兄 6.5: 前半の中盤の偉大なフィルター。
リッツォ 6.5: 余分な飾りがなく、常に生き生き。
バリッラ 6.5: 前半ヒールで黄金のボールをジッザーリに送る。
ジッザーリ 6.5: レッジョの観客への申し分のない名刺。しかし33分のミスは重い。
ミッシローリ 6.5: 左サイドで素晴らしい序盤。
カンパニャッチ 6: 野心的。
ヴィオラ弟 s.v.: 途中投入。
ボナッツォーリ 6: 惜しみなく与える奴。彼の周りを動き回るジッザーリと共に前線のトーテムポール。

ボナちゃんは要するに電柱ということね?
ジッザーリの33分のミスとはバリッラの黄金のヒールパスを無駄にしたことでございます。
右サイドのラヴェローネが大絶賛されておりますが、彼で行けるとクラブが確信を持ったからヴィジャーニのカッラレーゼ移籍にGOサインが出たようです。非常に楽しみな選手ですね。
この前途有望な若いグループにあと2人くらい経験豊富な選手が加われば、かなり期待できるんじゃないかなと思います。
ということで、メルカートが閉まるまであと1週間、フォーティ会長いいお仕事してくださいね。お願いしますよ~。

※下のメルカート情報追記しておきます。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。