--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/08

サンジョヴァネーゼ戦6-1で快勝

8月7日にサンジョヴァネーゼと練習試合が組まれました。前半は3-5-2、後半は3-4-3で戦い、スコアは6-1で大勝でした。

得点者:シィ×2、カルデリーニ(サンジョヴァネーゼ)、ヴィオラ弟、ジッザーリ、カルモナ

レッジーナ公式の得点者は、Sy (2), Campagnacci (2), Zizzari e N.Viola.になっていて実況と食い違うんですけど、どっちが合っているのかしら?
とりあえずTutto Regginaのクロナカを元に試合を振り返りましょう。
REGGINA-SANGIOVANNESE: risultato finale 6-1

PRIMO TEMPO (3-5-2):
Kovacsik;
Cosenza, Burzigotti, Acerbi;
Laverone, Rizzo, N.Viola, Missiroli, Barillà;
Sy, Bonazzoli.

In panchina:
Puggioni, Adejo, Verruschi, Camilleri, A.Rizzo, Montiel, Carmona, Zizzari, Campagnacci.

SECONDO TEMPO (3-4-3):
Kovacsik;
Adejo, Camilleri, Acerbi;
Laverone, N.Viola, Rizzo, Rizzato;
A.Viola, Zizzari, Campagnacci.

3-1になった後半16分にヴェルスキ、モンティ、カルモナを投入。並びは以下に変更。
Kovacsik;
Verruschi, Camilleri, Adejo;
Laverone, Carmona, Montiel, Rizzato;
A.Viola, Zizzari, Campagnacci.

4-1になった後半31分にラヴェローネOUT、同じ位置にアントニオ・リッツォIN

前半ボナちゃんとシィのコンビはかなり良かったようです。シィはドッピエッタでレギュラー堅そうですね。中盤はリッツォが相手ボールをいくつも奪い、ヴィオラ兄がレジスタの役割を果たしたとのこと。
後半16分のヴィオラ弟のヘディングゴールはジッザーリのクロスから。これで3-1。
後半31分のゴールはジッザーリ。これで4-1。
後半33分のカンパニャッチのゴールはスーパーゴールだった模様。これで5-1。
最後のダメ押しはカルモナ。これで6-1。
大変よく出来ました。

以下、アッツォーリさんのコメントです。

REGGINA-SANGIOVANNESE, Atzori: "Oltre le mie aspettative"
アッツォーリ『期待以上の出来だった』
選手たちのパフォーマンスには本当に喜んでいるんだ。私の期待以上のものだった。
8月3日にモンテプルチャーノに到着したとき、選手たちに重い練習をさせたから、疲労が足に来ていると考えていたんだ。私が予想していた通り順調だよ。このやり方で正しいということだ。しかし謝った期待を持ったりはしない。唯一の目的は8月22日に可能な限りベストなコンディションへ到達することだ。


REGGINA-SANGIOVANNESE, Atzori: "Positivo l'esperimento del 3-4-3"
アッツォーリ『3-4-3のテストは上々』
ボナッツォーリとシィが十分にやれることは分かっていたが、同じことがジッザーリ、アレッシオ・ヴィオラ、カンパニャッチにも言える。5人のアタッカンテに関しては非常に満足だ。テクニカルな天賦の才能とフィジカルの強さが結びついている。いい感じだよ。
後半はアタッカンテ一人(カンパニャッチ)にアレッシオ・ヴィオラとジッザーリの二人を2列目にワイドに配した3-4-3を試したが、ポジティヴな結果を得られた。


REGGINA-SANGIOVANNESE, Atzori: "Qualche sbavatura di troppo in difesa"
アッツォーリ『守備面でちょっとしたミスが多過ぎる』
ここのところコセンツァ、ブルジゴッティ、アチェルビらの3バックで臨んでいるが、上手くいっていることもあるが、そうでないこともあると言わざるを得ない。ちょっとうるさい事を言うなら、最終ラインで小さなミスが多過ぎる。私が時代遅れだと思っている問題だ。8月22日から我々が相手の攻撃に直面することを考えれば、それらを見過ごすわけにはいかない。自分たちのミスを減らすためのゲームのイメージを確認することになるだろう。練習あるのみ。成長し続けないといけないんだ。


プッジョーニは脛の裂傷のため、ブリエンツァは筋肉トラブルでプレーしなかったそうです。

動画と写真がアップされたら追記します。
 ↓
一日以上経過しても動画も写真もアップされないのはどうしたことでしょう。
そんなことより、サントスが・・・。ショックがでかいので不貞寝します。

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
こんばんは( ̄0 ̄)/
なんか知らない選手がたくさんいますが(汗)、点も決めてコンビネーションもこの時期ではいい方なので早く名前とか覚えていきたいです(笑)。 まぁ去年みたいに期待しすぎると痛い目みるのでほどほどに期待しましょう。 フランコさんもどうなるか見物ですね。レッジョの調子と同じく勉強もはかどったらなぁ(°Д°)

ヤス君、こんばんは( ̄0 ̄)/
ほんと知らない選手だらけなんですよね・・・。
去年みたいなスーパーBにする必要はないけど、やたら地味だな~、今季のニューフェース(汗)
私も名前と顔は全然一致しないので、徐々に覚えていこうと思います。

先ほどサントスのギリシャ上陸記事が出てました。ついに受け入れることにしたのかしら。土壇場で拒否したらフォーティ会長憤死しそうだわ。

ヴィジャーニもルカレッリ兄のもとへ交渉に行ってしまいました。レッジーナに残留してくれるかどうか、もうすぐわかるそうです。

なんか今の時点では夏休みを利用してイタリアへ行く気力が湧いてきません。やっぱり9月1日のメルカート終了を待って25日のアタランタ戦を観にいくかどうか決めます。せめてフランコさんが残っていれば・・・。

> レッジョの調子と同じく勉強もはかどったらなぁ(°Д°)
ヤス君、夏休みなのに勉強してるのね、感心だわ~。って、私も大学のレポートの一つも書かねば。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。