--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/02

セント・クリストフ合宿終了

アオスタ渓谷の近くにあるセント・クリストフでの合宿中の出来事を順不同で簡単にまとめておきます。

今季のカピターノはミッシに決まったようです。
「誇りに思うよ。とっても嬉しい♪」と本人も大満足。カピターノに任命したということは、オファーが届いているカリアリにもキエーヴォにも渡しませんよね、フォーティ会長?

アマラント・ファンの投票でカピターノに望む声が一番多かったテデスコは、減給を受け入れないためにクラブから反体制派の代表格として扱われ、当然ながらカピターノに選ばれませんでした。
テデスコの代理人が「ジャコモはレッジーナを出て行くべきだ。何故ならクラブは彼のような選手全員を放出しようとしているのだから」とベテラン勢に対するクラブの扱いを非難し、テデスコがそれ相応のサラリーを受け取るに値する選手だと主張しております。
TEDESCO, Le dichiarazioni del procuratore
この泥沼、まだまだ続きそうですな。

W杯後たっぷり休暇を与えられたカルモナが7月23日から合宿に参加しています。チリでの凱旋パレード等のイベントをこなしていたから、正味20日くらいのヴァカンスだったのかな?今頃大好きなアルヴァレスと再会して思い切り甘えていることでしょう。ああ、二人の萌えショットを撮影しに今すぐイタリアへ行きた~い!

合宿の途中で足を負傷し、レッジョに戻って治療を続けていたジョーザが戻ってきました。幸い大事には至らなかったようです。また大怪我してシーズン棒に振るのかと青ざめましたよ。

合宿には全然関係ありませんが、レッジーナ奇跡のシーズン最強の潰し屋だったタコ社長ことダニエレ・アメリーニが引退して代理人になりました。
代理人て馬鹿じゃなれないですよね?タコ社長、賢い人だったんだ!
...con Amerini



さて、7月29日に今季3回目のフレンドリー・マッチが行われました。相手はPro Belvedere VercelliというセリエC2のチームです。翌30日にはセリエBアルビノレッフェとの試合が組まれているので、この試合は反体制派と放出確定組のガス抜き試合という位置付けだったようです。反体制派と放出確定組だけでは面子が足りないのでリッツァートやアデジョ君が先発してますが。つーか、この試合にも出ていないヴァルデスは怪我でもしているんでしょうか?まさか出場拒否?

Reggina 1-1 Pro Belvedere Vercelli
得点者:ジョエルソン、カルモナ(オウンゴール)

Primo tempo:
Kovacsic;
Adejo, Camilleri, Santos;
Alvarez, Carmona, Tedesco, Halfredsson, Rizzato;
Joelson, Bonazzoli.

Secondo tempo:
Kovacsic;
Cosenza, Camilleri, Acerbi;
Alvarez (Laverone), Vigiani, Montiel, Tedesco, Rizzato (Barillà);
Brienza, Bonazzoli (Sy, A.Viola).

写真はこちら↓
Reggina Calcio v Pro Belvedere Vercelli

前半終了時の速報では得点も失点もカルモナ、直接FKを決めて先制した1分後に不運なオウンゴールと報じていたんですが、試合終了後には得点者はジョエルソンに訂正されていました。カルモナとジョエルソンて似てないと思うんですけど、何で間違えるんでしょ?
失点は相手の長距離砲が思いがけずカルモナに当たってコースが変わりゴールとなってしまったとのこと。気にすんなカルモナ。
前半20分までは酷い内容だったようです。相手に決定機作られまくりだったそうで。明らかな調整不足だと書かれていましたが、みんなクラブから露骨に「いらない子」扱いされていて、やる気を出すのも集中するのも難しかったのでは?特にハルフレッドソンがダメダメだったみたいですね・・・。
後半大幅にメンバーを変えてからはしっかりプレスをかけて、チャンスもたくさん生まれ、ゴールはなかったけれども満足のいくゲームとなった模様。
アッツォーリさんは「試合に出た選手の多くが去ることは確かだが、それでも彼らはクラブの財産だ」とコメントしていましたけど、なんか聞いてて虚しいっす。反体制派と放出確定組の皆さんは監督の言葉をどう受け止めたのかしら。



翌日のアルビノレッフェ戦はスコアレスドローでした。

Puggioni;
Cosenza (63'Adejo), Burzigotti (63' Camilleri), Acerbi;
Barillà (63'Rizzato), N.Viola (63'Montiel), Missiroli (71'Tedesco), Rizzo 71'Halfredsson), Laverone (55'Vigiani);
A.Viola (71'Bonazzoli), Zizzari (71'Joelson)

写真はこちら↓
Reggina Calcio v AC Albinoleffe
※途中から昨季のカンピオナートでのアルビノレッフェ戦になっちゃいますけど気にしないでくださ~い。

双方枠直撃の惜しいシュートを1本ずつ放っただけで終わったようですが(レッジーナはヴィオラ兄、アルビノレッフェはクリスチャーノ)、アッツォーリさんは選手たちのパフォーマンスに満足とのこと。反体制派のプッジョーニがフル出場したことから、クラブと給料面で合意に近いのではないか見られています。だといいな~。



7月30日のアルビノレッフェ戦をもってセント・クリストフ合宿は終了しました。二日間の休みを挟んで今度はトスカーナのモンテプルチャーノで合宿第2弾(8月3日~8月12日)がスタートします。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。