--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/19

メルカート情報第1弾 共同保有の行方/その他諸々

さ~、溜めに溜めたメルカート情報を一気に行きます!まずは共同保有の行方から。

■話し合いで決着した選手たち
Castiglia (Reggina-Cittadella)⇒Reggina
Pettinari (Reggina-Cittadella)⇒Cittadella
Ungaro (Reggina-Cosenza)⇒共同保有延長
Saraò (Reggina-Paganese)⇒Reggina
Verruschi(Reggina-Giulianova)⇒Reggina
Montiel (Reggina-Udinese)⇒Reggina

■入札に持ち込まれた選手たち
Pagano (Reggina-Rimini)⇒Rimini
Cosenza (Reggina-Ancona)⇒Reggina
Santos (Reggina-Genoa)⇒Reggina
Kras (Reggina-Lucchese)⇒Reggina
Gatto (Reggina-Vibonese)⇒申し込みがなかったのでVibonese残留?意味不明
Romeo (Reggina-Cancels)⇒Reggina
Toscano (Reggina-Lucchese)⇒Reggina
Veron (Reggina-Siena)⇒Nessun Deposito←どちらにも買い取ってもらえなかったということ?

カスティーリャとモンティが完全にうちの子になったのは喜ばしいことです。
チッタデッラに持っていかれたペッティナーリは、その後アタランタへ移籍しました。今頃チェラヴォロと仲良くしてるかな。
サントスは完全にレッジーナの選手になったもののアッツォーリ監督の構想には入っておらず合宿にも召集されていません。
ショックなのはパガーノでして、まさかリミニに持っていかれるとは!
しかし破産寸前のリミニが今季のリーグ戦参戦の登録を未だに行っておらず、去年のセストゥと同じケースでレッジーナにパスが戻ってくるのではと思われていましたが、7月14日にリヴォルノに売られていきました。パガーノを売った金でリミニは破産を免れるのでしょうか?
仮にパガーノのパスがレッジーナに戻ったところで「俺は3-5-2じゃプレーできないぜ!」と宣言していたパガーノはレッジーナに残留する気はなかったようです。フォーティ会長もパガーノを取り戻したとしてもアマラントのユニを着ることはないだろうと発言していました。
まあリヴォルノで元気でやってくださいな。昨季11ゴールしてチームに貢献してくれたことは忘れません。レッジーナ戦でゴールしても喜ばないでね。



続いて決定事項を時系列順にお知らせしましょう。

2010年6月でレッジーナとの契約が切れたランザーロはレッジョを去りました。
レッジーナで過ごした月日は5年。昨季はシーズン後半からカピターノとして奮闘してくれました。サンタガタに行けば必ず会える選手だったのに超寂しいです。
1年でAに戻れなかったことで貧乏に拍車がかかったレッジーナは、もうランザーロの給料を払う余裕がないみたいです。ああ、貧乏が憎い。
「2006年に歴史的残留を果たした記憶をずっと胸に持ち続けるよ」という言葉を残してくれたランザーロ。私たちアマラントファンもあの奇跡のシーズンに貴方が最終ラインを守っていた記憶をずっと胸に持ち続けるから。絶対に忘れないよ。ありがとう。本当にありがとう。早く次の職場が見つかりますように。

6月21日、カッサーノとのトレードで買取オプション付レンタルでピアチェンツァに放出されたプッジョーニが戻ってきました。ピアチェンツァ側は「残念ながら買取オプションを行使する経済的余裕がありません」とのこと。フォーティ会長、プッジョーニを手放したくなくて買取額を高く設定したわね?
しかし昨季の有り得ない仕打ちでクラブとプッジョーニの関係は修復不可能となってしまったようです。当然ですよね。プッジョーニにもプライドがありますから。現在プッジョーニにはチェゼーナとサンプドリアが興味を示しています。ジェノヴァ出身のプッジョーニはサンプ行きを希望しておりますが、さて、どうなりますか。サンプに移籍したら会いに行ってあげるよ!

6月30日下部組織出身のジョーザがレッジーナに戻ってきました!
昨季ヴィチェンツァに完全移籍で放出されてレッジーナとの縁が切れてしまったかに見えたジョーザでしたが、完全移籍5年契約で再びアマラントのユニを着ることに合意しました。ヴィチェンツァはジョーザとの契約を更新するつもりだったそうで、放出したり連れ戻したりお騒がせして申し訳ありません。
レッジョに戻ってこられて本人大喜びです。おかえりジョーザ!

7月2日、レッジーナとヴォルピは双方合意の上契約を解除しました。レッジーナに戻ってきても居場所はありませから賢明な決断だったと思います。レッジョにいい思い出はないと思いますが、恨むならノヴェッリーノさんを恨んでね。自由の身になったヴォルピはピアチェンツァと契約したようです。ピアチェンツァにはカチアも辿り着き、マリオ・カッサーノも戻っています。どうぞ3人で「昨季はレッジョで酷い目に遭ったよな」と盛り上がってくださいませ。

7月3日、フランチェスコ・アチェルビ21歳DFをパヴィアから共同保有で獲得。

いらっしゃいませ、アチェルビ君

アチェルビ獲得の交渉の一部としてレッジーナからパヴィアへ若いGiannattasio(ジャンナタシオ?)とSquillace(スクイラース?)を差し出しました。

7月16日、レッジーナ-ペスカーラ間でカッショーネとフランチェスコ・ジッザーリFWのトレード成立。移籍形態は双方共同保有。

いらっしゃいませ、ジッザーリ君

同じく7月16日、クリス・サックレイDFをアンドリアへ放出。完全移籍?

7月17日、ロレンツォ・ブルジゴッティ23歳DFを獲得。完全移籍?
昨季はフォッジャで32試合出場3ゴールという成績です。

いらっしゃいませ、ブルジゴッティ君

日付は不明ですが、ラメンツァをポッギボンシへ放出。完全移籍?
トップチームでプレーしたことがない若い子ちゃんたちは顔と名前が一致しません。

とりあえず確定はここまで。噂レベルのお話はメルカート情報第2弾の方で。
10-11レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
お久し振りです
ジョーザやコッツァとかが戻ってきてくれたのは本当に嬉しいですね( ̄▽ ̄)b けど、ランツァーロの件はショックですね…。 間違いなくここ数年は彼に助けられたし、長い間おってくれてありがとうといいたいですね。 パガーノも今年が勝負だと思うので頑張ってほしいですね。 今年こそスタートダッシュできるように絶対的なストライカーがほしいですね。 ストゥアニがおってくれると有り難いんですけど。 カルモナも出ていくならその穴埋めもしないといけないし不安材料がいっぱいですが、この時期は楽しいですよね。 うまく監督と調和できますように。 ではまた( ´∀`)/~~
ヤス君、お久し振りです!
そろそろ出てくる頃だと思いました(笑)

コッツァは選手登録もしておけばいいのにね。で、若い子ちゃんたちがピッチ上で右往左往していたら「俺が出る!」とセカンド・コーチから選手に早代わり!(爆)

ランザーロは本当にショックですね。ずっといてくれるもんだと思っていました(泣)
最終ラインは総入れ替わりになりそうです。

>絶対的なストライカーがほしいですね。

ヴィオラ弟が練習試合でトリプレッタの大活躍でしたよ。うちのエースは彼でいいでしょう(笑)
ストゥアニはどうするつもりなのかな・・・。
同じウルグアイ組でも板前さんとアルヴァレスは早くから合流しているのに。

カルモナは市場で大人気なので間違いなく出て行きますね。つーか、大金残してくれないとクラブの経営が成り立ちません(汗)
カルモナの穴はカスティーリャが埋めるのかしら。まあバリッラもいるし、テデスコもいるし、ミッシもいるし、MFはなんとかなりそうな気がします。
問題はGKですよ。またマリーノが正GKなんだろうか・・・。(^^;)
No title
お久しぶりです。 
毎日暑いですね。ところで、コッツァもどったんですね
選手ではないんですね?
移籍情報も気になります。ランザーロの放出はかなしいです。チリッロ、モザルト、パレデスあたり戻ってこないでしょうか?FWも欲しいですね!じゃぁ、
ディミケーレでも。どうでしょうか?
わらぴーさん、お久しぶりです!
本当に毎日茹だるような暑さですね。もう人間としての昨日が停止しかかってますよ。

コッツァは残念ながらもう選手ではありません。でも彼は将来いい指導者になるかも知れませんよ?

レッジーナは金がないので給料が安い若手で凌ぐ算段みたいです。
だからチリッロもモザちゃんもパレデスもないですね・・・。
ディミケーレなんて給料高過ぎて雇えませんて。(^^;)
例え残ってくれたとしても、フランコさんの給料さえ払えないかもしれないのに。
あーあ、サマージャンボ1等に当選したら半分くらいレッジーナに寄付してあげるのになぁ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。