--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/11

南アフリカW杯どうでもいい覚書その5

誰か一年中年度末状態の私の仕事量を何とかしてください。
各方面の皆様、7月も飲みに行くのは難しそうです。8月になったら誘ってください。
つーか、8月になったら疲労の蓄積と熱帯夜のダブルパンチで倒れそうな予感。今でさえ毎日フラフラしてて、いろんなものにぶつかりながら生きているのに。もうあっちこっちアザだらけですよ。
つーか、自分が怪我するならまだしも、最近車の運転中に意識が飛ぶことが多くて、うっかり誰かをはねちまいそうで怖いっす。
そんな状況でも意地でもW杯の試合は観てますけど。リアルタイムは不可能なので週末にまとめて。

■オランダ×ブラジル 2-1
まさかブラジルがここで敗退するとは!
前半終了時点でもブラジル優勝は堅いと思ってましたよ私は。いやー、サッカーってのは本当に分からないもんです。
チビッ子スナイデルが頭で決めて、自分のデコをバンバン叩いている姿に萌えました。

■ウルグアイ×ガーナ 1-1(PK4-2)

なにこのステキなネタ試合!

私とツボが似ているFillipoさんの楽しい試合レポを参照くださいませ。誰が何と言おうとQuarter Finalの中で一番楽しいゲームでした。
10-S.Africa-Quarter-Final ガーナvsウルグアイ

スタンドの9割はアフリカ勢最後の生き残りガーナを応援する人々で埋め尽くされ、ウルグアイにとっては完全アウェイ状態。
ムンタリのゴールも私のフォルランのゴールも素晴らしかったけど、延長戦終了間際に本当のドラマがスタート。
ゴールライン上でスアレスがガーナのシュートを手で防いで一発レッド。スアレスは完全に競技を間違えていましたな。
 ↓
PKキッカーは私のお気に入りアサモア・ギャン。しかし、クロスバー直撃!
 ↓
この世の終わりみたいな顔でロッカールームに引き上げる途中だったスアレス、それを見て小躍り(爆)
赤ちゃん顔のムスレラはクロスバーに何度も投げキッス。カワイイわぁ
 ↓
そのまま勝負はPK戦へ。ガーナ最初のキッカーはなんと先ほど外したアサモア・ギャン!
あえてそこでおまえが蹴るかwww
相当なプレッシャーだったと思うけど、今度はキッチリ決めた。すげえ気持ちが強い人だ!
 ↓
ムスレラが3人目、4人目を連続セーブ!
ウルグアイはペレイラが外しただけでドラマチックな接戦を制することに成功。あーん、ウルグアイは大好きだけどガーナも今大会お気に入りだったので超寂しいよぉ。

■アルゼンチン×ドイツ 0-4
まさかアルゼンチンがここで敗退するとは!負けるときはあっさり負けるもんですね。マラドーナの面白リアクションも見納め。ミリートをもっとたくさん見たかったなぁ。
ドイツは若い子ちゃんパワー炸裂ですっげえ楽しい!カイル・マクラクランにちょっと似ているレーブ監督、本当にいいチームを作ってきましたね。

■パラグアイ×スペイン 0-1

わーい、バレートがスタメンだー♪

そして、この試合もPKのドラマが・・・。
後半カルドーソが自ら倒されて得たPKを蹴るもカシージャスがセーブ!あんたら流れから点取れないんだからPKは決めとかないと・・・。
 ↓
その直後、今度はスペインがPKゲット!蹴るのはシャビ・アロンソ。確実に決めてきてスペイン先制かと思いきや、ペナルティ・アークの中にスペインの選手が入っていたためやり直しに。そのやり直しのPKをなんとビジャールがセーブ!!!この時は天はまだパラグアイを見捨ててないと思ったけど・・・。
 ↓
後半19分には、まだフル出場するほどコンディションが戻っていないバレートがヴェラと交替。君がベストコンディションだったら必殺ミドルを期待できたのにね。
 ↓
後半27分、燃料切れのヴァルデスに代えてサンタクルスを投入。駒野との約束を果たせなかったヴァルデスであった。
 ↓
日本との120分の死闘を繰り広げた後で疲労困憊のパラグアイは、それでも必死に走っていたけど、後半38分ポストに当たったペドロのシュートの跳ね返りをビジャに決められて(それも反対側のポストに当たってゴールイン)万事休す。そのまま無念のタイムアップ。

今大会もサンタクルスは顔がいいだけのFWで終了いたしました。やっぱり堅守速攻型のチームには仲間のハードワークに報いてくれるストライカーがいないと辛い。ああ、カヴァニャスが頭を撃たれるなんて悲劇さえなければ・・・
試合後PKを外したカルドーソが泣いていて、それをスペインの選手たちが次々と慰めに行くんだけど、カルドーソは「慰めなんていらねーや!」と拒否。素直に対戦相手に慰められていたカルモナや駒野とは大違いでした。つーか、もらい泣きしちゃいましたわ。

ピルロのイタリアが去り、カルモナのチリが去り、バレートのパラグアイも去ったので、アマラントサポにとってのW杯はこれにて終了。ここから先はいつも美味しいネタを提供してくれるウルグアイを全力で応援することに決定。

---準決勝---

■オランダ×ウルグアイ 3-2

これも物凄く面白い試合でした。が、なんかもう疲れて力尽きそうなので、またFillipoさんの素晴らしい試合レポを張って誤魔化すことにします。←おい
10-S.Africa-Semi-Final オランダvsウルグアイ

とにかくウルグアイの試合は面白過ぎる!
とにかくフォルランがステキすぎる!
おでこがアモルーゾに似ているし!←何だよそれ?
この試合フォルランは試合出場が危ぶまれるくらい足が痛かったので途中交替になったそうです。それでもあんなゴールを決められるなんて本当になんて人なんでしょう!

■ドイツ×スペイン 0-1
思い切りドイツに期待して観たのに、恐ろしく退屈な試合でした。なんでドイツはスペイン相手に自分たちのサッカーを貫かなかったんでしょうか。
スペインも今大会ビミョーなゲームばかりで、もう少しワクワクさせろっつーの!フェルナンド・トーレスは全然ゴールできないし、容姿も劣化始まってますよね?←ファンの人ごめんなさい
スペイン代表にツボにはまるイケメンがいないのもスペインのゲームに入れ込めない大きな要因の一つとなっています。強いて言うならセルジオ・ラモスのちょっとアホっぽい容貌(←ファンの人ごめんなさい)が私のセンサーに引っかかるくらいかしら。ホワンとした雰囲気がカッショーネに似ているのよね。←レッジーナファンにしか分からんネタだ

---三位決定戦---

■ウルグアイ×ドイツ 2-3
はい、これも疲れたのでFillipoさんの試合レポ貼って誤魔化します。
10-S.Africa-3rd place-Play off ウルグアイvsドイツ

決勝の組み合せがスペイン×オランダ、3位決定戦の組み合せがウルグアイ×ドイツに決まった瞬間、「こりゃ決勝より3位決定戦の方が面白そうだな」と言っていた人が私の周りに非常に多かったのですが、その期待を裏切らない素晴らしいゲームでした。お疲れの選手たちには申し訳ないけど、両チームとも延長戦まで見たくなる戦いぶりでした。双方持ち味を出しての点の取り合いって最高ですよね。最後フォルランのFKがクロスバーを叩いて試合終了のホイッスルって、もうエンディングまでカッコよすぎて痺れました。
変な笛もなく、試合後両チームが健闘を称え合う姿も美しく、とても後味が良くて何度も録画を見返したく試合でしたが、結局時間がなくて録画を見返すことはないんだろうなぁ。←おい

誰が何と言おうと今大会最高の背番号10はフォルランです。

決勝?一応録画して観ますけど、そんなに期待してません。悔しかったら一度でも楽しい試合をしてみろ!<スペイン
一応セリエファンなのでスナイデルがいるオランダを応援しまーす。

その他サッカー | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
お疲れ様
です。
あのね。仕事はですね。
やらないわけにはいきませんよね。
だから、
時間で区切るといいですよ。
私、それで今生きています(笑)
さて、準備をそろそろ始めなくては。
reoさんもお疲れ様です。
時間で区切るというのは、終わっても終わらなくても、一定の時間が来たら切り上げるってことですか?
それだと締め切りに間に合わなかったりしません?
や、私の要領が悪いだけかもしれませんが。(^^;)

>さて、準備をそろそろ始めなくては。

そうですね。そろそろ準備しないとダメですよ。
つーか、メールの返事滞っててすみません(汗)
今週中に返事出しますので。
No title
私の試合レポ(?)が不思議と役に立っているようで何よりです(笑)

>ベストコンディションだったら
バレート、良い状態だったらリーメイさんがカターニアで目撃した「決死の突っ込み」でPKもう一本もらえていたんじゃないかなぁと。

つーかこの試合(ESP×PAR)は、内容的にもパラグアイ勝つ流れでしたよね。。

>おでこがアモルーゾに似ているし!
どんだけpartialな共通点なんですかw
フォルランの大会MVP獲得は嬉しかった。
Fillipoさん、こんばんは。
> 私の試合レポ(?)が不思議と役に立っているようで何よりです(笑)
すみません。本当は自分の言葉で全部書きたいんですけど、今は時間がなさ過ぎて。Fillipoさんとはツボが似ているので甘えさせていただきました。(^^;)

> カターニアで目撃した「決死の突っ込み」
よく覚えてますね。私、言われて思い出しました。←おい
で、ゲットしたPKはカルドーソには絶対蹴らせないぞと(笑)

> つーかこの試合(ESP×PAR)は、内容的にもパラグアイ勝つ流れでしたよね。
カルドーソのPKさえ決まっていれば、パラグアイは日本戦での死闘の疲労を忘れて守りきれたかもしれませんね。たらればの話ですけど。
スペインは得点シーンだけは、やたらキレイにパスが繋がったなぁ。

> どんだけpartialな共通点なんですかw
うちの母も同意してくれました。間違いなくフォルランとアモルーゾのおでこの形は同種です。

> フォルランの大会MVP獲得は嬉しかった。
4位のチームからの選出は初らしいですね。FIFAもなかなか見る目あるなと嬉しくなりました。
確かフォルランは事故で下半身不随になったお姉さんの治療代を稼ぐためにサッカー選手になったんですよね。
「もう一度姉が歩けるようになるなら、富も名誉も何もいらない」という言葉を読んで涙しました。いつかフォルランのお姉さんが歩けるようになりますように。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。