--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/07/05

ワールドカップという名の呪縛

2002年日韓W杯でトルシエに最終メンバーから外されなかったら、スンタンがこんなにも代表にこだわることはなかったでしょう。
失意のどん底でレッジーナ移籍を決め、ドイツW杯の舞台に立つことを目標にイタリアでの挑戦が始まりました。どうでもいい親善試合まで出場を志願し、ほぼ月1のペースでイタリアと日本を往復していたジーコ時代。クラブでの立場とコンディションを危惧するファンの心配をよそに、まるで強迫観念に囚われているかのように代表に執着するスンタン。全てはあの日から始まったんですよね・・・。

念願のW杯の舞台に背番号10を背負って立ったものの、コンディション不良から力を発揮できなかったドイツ大会。リベンジへの気持ちから更に代表への想いが強くなったものの、監督がオシムになると欧州組の無理な代表召集がなくなりクラブに専念させてくれました。ファンとして本当に有難かったです。スンタンの強過ぎる代表愛を上手くコントロールしてくれるオシムの存在に安堵したのも束の間、そのオシムが病魔に倒れて監督は岡ちゃんが引き継ぐことに。

念願のスペイン移籍を果たしたものの出場機会に恵まれず、W杯のために帰国してマリノスでプレーすることを選択。子どもの頃からの夢だったリーガエスパニョーラを諦めてまで臨んだ南アフリカ大会でしたが、今大会も最悪のコンディションで迎えることになってしまいました。
きっとスンタンのバイオリズムは、4年毎に6月に最低になるようになっているのでしょう。


南アW杯:俊輔、出場は26分間のみ 無念の思い、糧に

この記事の中のスンタンの言葉を抜粋します。

「プレーヤーとしては、グラウンドで何一つ示せず残念」

「02年の時は逆だった。選手としては良かったけれど、『人間としてベンチに置いておくのは難しい』というトルシエ(当時の日本代表監督)の判断があったと思う。(今回は)そこを『サッカーの神様』にテストされたと思う。ベンチでも必要とされるよう、気持ちを切り替えた」

「(出場機会が少なかったのは)実力がないから。戦い方が変わったから出られなかったとは思っていない。本田のように、左も中もできるいい選手は、どんなところでも出られる」

「あと何年、選手(を続けられる時間)があるか分からないが、この経験を生かしていきたい」



潔いですね。言い訳しないで「実力がないから」と本人が言い切ったのですから、私があれこれ擁護する必要もないですし、お門違いの怒りを爆発させる必要もありません。
悔しさをぐっと飲み込んで、チームメイトのために水を運んだり、対戦相手の特徴を伝えたり、ベンチで自分に出来ることを精一杯こなしたスンタン。すごく立派だったよ。ファンとして凄く誇らしかったよ。
別記事で見かけたこの言葉には、ちょっと胸が痛みましたけど。いえ、ちょっとなんてもんじゃなくて、胸をえぐられる想いでしたけど。

「一つの大会でずっとベンチだったのは初めてだった。自分は若いわけではないからつらい。つらさと悔しさしか残らなかった」

大会そのものに参加できなかった2002年大会とは、また別の悔しさですよね。それでも私は代表の一員として「その場」にいられた今大会の方が遥かに幸せだったと思っています。「その場」にいた者だけが経験できた一体感、興奮、喜び、様々な葛藤、そして辛さと悔しさ。この貴重な経験を今後どう生かすかはスンタン次第。

代表引退を宣言し、ようやくワールドカップという名の呪縛から解き放たれたスンタンはこの先どこへ向かって行くのかな・・・。
ドイツ大会から今日まで、使い切れないほど溜め込んだ悔しさのマイレージを、この先どこで使って爆発するのかな。もしかしたらそれは選手を引退して指導者になってからだったりするのかな・・・。

ずっと見ているよ。スンタンがサッカーに関っている限り、ずっと見ているからね。

俊輔 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
もう何と言っていいのか…
リーメイさん
こんばんは!
まだ、もやもやもやーんとしてるGEMINIです。
私には、まだすんすけに関する文章は書けそうにないなあ(涙…)。
楽しいドイツ代表に頭皮…じゃなかった逃避してる私がいます。
あれ?イニエスタのファンだったハズなのに、おかしいなあ?

一つだけ。私は中村俊輔のファンでよかった!楽しかった!
そして、ホントにお疲れさま!でした!と思っています。
こんなの自分のブログで書け!って感じですが、私、最初に俊輔を見たときは、「この子のメンタリティじゃ海外移籍なんて、夢のまた夢さー」と思ってたので、その後の成長ぶりにはホントに驚かされたのです。

パラグアイ戦の感想、ほぼ同じでした

あ、私の担当美容師さんとは、ヒデの頭皮&髪のお話にもなりましたよ。
でも、ほら、あのお方さまは人間じゃないですから!!!
無理に言葉にしなくても…
GEMINIさん、こんばんは!
私も書いたからすっきりしたかと言うとそうでもなく、、、
因みにこのエントリーはわんわん泣きながら打ってました(^^;)
無理に言葉にすることはないと思いますよ。

> 楽しいドイツ代表に頭皮…じゃなかった逃避してる私がいます。
> あれ?イニエスタのファンだったハズなのに、おかしいなあ?

アハハハ。や、分かります。スペイン代表よりドイツ代表の方が
勢いあって楽しいですもの。
と言いつつ、実はウルグアイの大穴優勝を夢見ている私です。←え?

> 私、最初に俊輔を見たときは、「この子のメンタリティじゃ海外移籍なんて、夢のまた夢さー」

ですよね。私も絶対無理!って思ってました。
だからイタリアへ渡ったときには、もう心配で心配で・・・。
でも予想以上にレッジーナがネタ満載のクラブで、皆で突っ込みいれながらスンタンの挑戦を
見守っていたあの頃、本当に楽しかったですね。
こんなに長くスンタンが海外で頑張ることになるなんて思いもしませんでした。
ましてや自分がこんなにレッジーナにはまることになるなんて!(笑)


> でも、ほら、あのお方さまは人間じゃないですから!!!

そうでした、そうでした。
そういえば、あのお方さま、未だに独身ですよ!
あの頃ヒデをネタにして盛り上がったのも懐かしい思い出です。(^・^)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。