--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/18

レッジーナ×ガッリポリ 翌日の新聞など

ガッリポリ戦翌日に購入した新聞をちょっと紹介します。

■Corriere dello Sport

なんと一面にレッジーナの写真が載ってますよ。さすがカラブリア版。

コリエレ-1

中身はニーノ・バリッラ@ソフトモヒカンでワイルドな男を目指してますの写真と共に試合評、ブレダ監督のコメント等。

コリエレ-2

■La Gazzetta Sportiva (La Gazzetta dello Sportの月曜版)

記事構成はとんでもゴールを決めたバリッラとブレダ監督のコメント。
バリッラがフランコさんとテデスコにいい子いい子されている写真がいいです♪

ガゼッタ-1

■Gazzetta del Sud

カラブリアの新聞なので一面扱いです。
上の写真はバリッラを抱きしめるカルモナの上に重なるボナちゃん、ランザーロ。バリッラとカルモナの間に挟まりたい。
下の写真はごっつぁんゴールに歓喜するボナちゃん。あの浮かれっぷりは笑えました。

スッド-1

中身も充実しています。まずは試合評。写真は上がバリッラ、下がボナちゃん。

スッド-2

ブレダ監督のコメント。選手の寸評。
右の写真はブレダ監督。左の写真は最低点を付けられちゃったミッシ。この日のミッシは本当に「いつもと違うミッシ」で「いったいどうしちゃったの?!」な出来だったんですけど、そのことに触れているのはこのGazzetta del Sudだけで、他の新聞では合格点なのにビックラこきました。ま、確かに後半途中からは持ち直しましたが。

スッド-3

左の記事はマリーノのセーブが決定的だったという記事で、私、この記事を書いた記者さんに試合後デートに誘われて断るのに苦労しました。
右の記事はVIP席の皆さんのコメント。まだ読んでません。
左の写真はカルモナ。恐らく序盤の二人掛かりでプレスを受けてもボールを失わなかったときの写真ではないかと。
右の写真はリッツァート。また叩かれているのかしら?

スッド-4

この試合、私が選ぶMVPは誰だろう・・・。こういうチーム全体が低調気味の試合だと、やはり結果を出した人ということで、バリッラになるのかしら。とにかく「うぉぉぉぉ!」と声が出ちゃうゴールでした。ただサイドの仕事はあんまり出来ていなかったような・・・。まあでも、ガッリポリのプレスが効いてて中盤の選手は全員苦しんでいたからMFはドングリの背比べだな、うん。
鉄壁に程遠かった最終ラインの皆さんは論外(笑)。
FWはゴールを決めたとはいえボナちゃん前半役立たず過ぎたし(←酷い)、ブリエンツァがゴールしていればブリエンツァだったかも。ブリエンツァはこの日カルモナに何度もCKやFKを蹴らせてあげていてベテランの余裕を感じました。パガーノがいればパガーノにも蹴らせてあげるし、フランコさん心が広いですよね。そういや最近テデスコがあんまりプレースキック蹴ってないような?(笑)
マリーノは確かに見ててちょっと危なっかしいんですよ。マリーノにボールが行くとドキドキして両手で顔を覆っちゃうレッジョの民の気持ちはよく理解できました。私もちょっとドキドキしたから。 安定感が大事なポジションですから若いというのは何かと不利ですね。でも今のこの貴重な体験を活かして「最後は絶対にマリーノが何とかしてくれる!」ってティフォージから絶対的な信頼を得られるGKに成長して欲しいです。

この日のグラニッロの客の入りはせいぜい半分だったでしょうか。スタジアムへ足を運ぶ人の数は減ったけど、それでもスタジアムにいる人たちは熱く熱くレッジーナを応援していました。まだ大丈夫、まだ完全に火は消えていません。得点時に雄叫びを上げ、失点時に悪態をつき、チャンスシーンに興奮して立ち上がり、チャンスが潰れたときには地団駄踏んで悔しがる。いつもの光景にちょっと安心しちゃいました。Bで泣きたくなるほど情けないシーズンを送ったのに、それでもまだスタジアムに来てチームのパフォーマンスに一喜一憂してくれるティフォージがいる。彼、彼女らのためにも来季こそAに昇格しないとね、選手の皆さん。
あ、その前に残留決めなきゃ。次勝てば最終節を待たずに残留決定です。勝ちましょうね、絶対に。

09-10レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。