FC2ブログ
2010/05/17

セリエB第40節レッジーナ×ガッリポリ 私が生観戦すればグラニッロでは負けないのさ

レッジーナ2-1ガッリポリ
得点者:前半11分 バリッラ、後半13分 ボナッツォーリ、後半17分 ラッツァーリ

Reggina (3-5-2): Marino, Lanzaro, Valdez, Costa(53'Adejo), Barillà, Carmona(62'Cascione), Tedesco, Missiroli, Rizzato, Bonazzoli(69'Vigiani), Brienza.
Gallipoli (4-3-2-1): Garavano, Sosa, Galeotti(82'Tarantino), Tagliani, Pallante, Della Penna(56'Mancini), Filkor, Viana, Lazzari, De Petris(69' Di Carmine), Artistico.
Arbitro: Sig. Baracani di Firenze
Ammoniti: Carmona, Costa, Artistico, Lanzaro
Recupero: 0';3'

この試合の動画:
Reggina-Gallipoli 2-1 Gol HQ sky sport 15/05/10
Highlights Reggina-Gallipoli 2-1 40°giornata 2009/2010
Reggina-Gallipoli 2-1 Ampia sintesi
Reggina Gallipoli 2-1 Flash

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Marino 6.5, Lanzaro 5, Valdez 6, Costa 5, Barillà 6, Carmona 5.5, Tedesco 5.5, Missiroli 6, Rizzato 5.5, Bonazzoli 6, Brienza 6.
Gazzetta del Sud
Marino 6, Lanzaro 5.5, Valdez 5.5, Costa 5.5 (53'Adejo 5.5), Barillà 6.5, Carmona 6(62'Cascione s.v.), Tedesco 6, Missiroli 5, Rizzato 5.5, Bonazzoli 6 (69'Vigiani 6), Brienza 6.5.
Gazzetta dello Sport
Marino 6, Lanzaro 6, Valdez 5.5, Costa 6 (53'Adejo 6), Barillà 6.5, Carmona 5.5 (62'Cascione 5.5), Tedesco 6, Missiroli 6, Rizzato 5.5, Bonazzoli 6 (69'Vigiani 6), Brienza 6.
Corriere dello Sport
Marino 5.5, Lanzaro 6, Valdez 6, Costa 5 (53'Adejo 5.5), Barillà 6.5, Carmona 5.5(62'Cascione s.v.), Tedesco 6, Missiroli 5.5, Rizzato 6, Bonazzoli 6 (69'Vigiani 6), Brienza 6.
Datasport
Marino 6.5, Lanzaro 5.5, Valdez 5.5, Costa 5.5 (53’Adejo 5.5), Barillà 6.5, Carmona 6 (62’ Cascione 5.5), Tedesco 6.5, Missiroli 5.5, Rizzato 6, Brienza 6, Bonazzoli 6 (69’ Vigiani 6)


朝はにわか雨が降っていたけど午後は天気が安定。気持ちいい風の中で試合開始のホイッスル。グラニッロの客の入りは半分くらい。初めてVIP席で観戦したけど、「なんでチーノがいるのよ」と眉をひそめる意地悪なイタリア女が一人、フレンドリーに挨拶してくれたイタリア男が5人、その他の人たちからは特に相手にされず。椅子が上質なので快適だった。

本日のスタメン(3-5-2)は最終ラインにアデジョ(アデヨじゃなくてアデジョが正しい発音らしい)ではなくコスタが入ったくらいで、後はいつものメンバー。ブリエンツァの相棒はボナちゃんだった。

試合序盤、相手選手2人に挟まれて体勢を崩してもボールを失わずに味方にナイスパスを出したカルモナに大きな拍手。私の後ろにいただみ声姉ちゃんはカルモナがお気に入りらしく、何かにつけてカルモナを褒めまくっていた。

ミッシやカルモナが次々シュートを放ち、なかなか積極的なスタート。そして前半11分、バリッラの素晴らしいゴールが決まる。カルモナの縦パスがカットされたボールを拾うと、エリアの外側から左足インサイドでシュート。ブレながら弧を描いたボールはゴール左上に突き刺さった。翌日の新聞には「ユーロゴール!」「フェノーメノ!」の文字が躍っていた。
バリッラの先制ゴールにお上品なはずのVIP席の人たちが立ち上がって一斉に雄たけびを上げる。グランデ・ニーノの大合唱。よかった。みんな大人しく座っていて詰まらないんじゃないかと心配していたのだが、金持ちの皆さんもカルチョを愛する気持ちは一緒みたいだ。
この時のカルモナのバッリラへの飛びつきっぷりが凄かった。いつもバリッラのゴールの際にはカルモナが真っ先に飛びつくけど、この日もえらい勢いで一目散にジャンプ!カルモナの体重を支えきれなくてバリッラが倒れこむといういつものパターン。(爆)
この二人、今日は積極的にゴールを狙っていて強引にシュートに持ち込む場面が多かった。「今ボール欲しかったのに!」と互いに要求しあうシーンが微笑ましい。自分は強引に打つくせに相手にはパスを要求する。うん、それでいいんだよ(笑)
とにかくシュートを打たないと何も始まらないもんね。<どこかの国の代表の皆さん。

バリッラの先制点でイケイケになるかと思いきや、なんだか攻撃がちぐはぐで追加点の匂いがしない。ボナちゃんが相変わらず役に立っていないし、ミッシが今日はダメダメでらしくないミスを連発。後ろのだみ声姉ちゃんが「いつものミッシじゃない!」と何度も叫んでいた。因みに前半VIP席の皆さんから容赦ない罵声を浴びていたのはボナちゃん(何をしてもブーイングの嵐)、リッツァート(前節彼のミスで失点したから評価が厳しい)、ミッシ(ミス多し)、テデスコ(ミス多し)、時々危うい守備をする最終ラインの皆さん。今日のレッジーナの守備は全然鉄壁ではなかった。文句も言われなければ賞賛もされない、要するに目立っていなかったのがブリエンツァ。やっぱりほとんど練習できていないから、コンディションが上がっていないのだろう。ただブーイングされまくりだった昨季と違って、今季はフランコ@俺たちのエルフにみんな甘い。カルモナはレッジョの民に可愛がられている。よく走ってあちこちに顔を出し、上手にボールを奪ってくる。前半一番たくさん拍手してもらえていた。バリッラは波が激しい。1試合の中でも結構な波がある。もう少し安定感が出てきたらシーズン通して使ってもらえるようになるし、とんでもない選手に成長する可能性を秘めていると思うんだけど。前半終了間際のさすがのブリエンツァのキープからスルーパス⇒バリッラのオフサイドになった幻の追加点も惜しかった。

リードしているもののグダグダ感が漂う前半終了時にはブーイングが起こっていた。私もイライラをメールでヤス君にぶつける。(笑)
勝ってても内容が伴わないからレッジョの民はお怒りなのかと思ったら、何が原因かよく分からなかったんだけど、すわ乱闘という小競り合いが勃発。このトラブルの原因に対するブーイングだったのかしら。そういやコスタと相手選手がやたら熱くなって審判に諌められていたっけ。あの時からずっとやり合っていたんだろうか。コスタはキレイな顔をしているのに本当に気が短い。

後半は気合を入れなおしてきたのか、少し動きがシャキッとしていたように思えた。
後半8分、コスタ⇒アデジョの交代。アデジョ君の方が最終ラインの連携が取れているというブレダさんの判断だったのかな。

そんな中、後半13分にブリエンツァの直接FKを相手GKが必死に掻き出したボールをボナちゃんが押し込む幸運なゴール。ごっつぁんゴールのボナちゃん、久しぶりのゴールに大喜び。

やっと、やっと、やっと決まったよ!神様ありがとう!!

そんな声が聞こえてきそうなボナのパフォーマンスに、VIP席の皆さんは拍手しながら大爆笑。や、笑いたくなる気持ちもわかる。前半のボナちゃんは絶対に点を取りそうもなかったもん(笑)
ゴールしたボナちゃんを祝福しに走ったのはブリエンツァだったが、ボナの弟分のフィオリッロに先を越されてハグの権利は彼に譲る。何故かカルモナはボナちゃんじゃなくて先にブリエンツァにタッチしにきた。「半分はフランコのゴールだからね」ってことか?(笑)
皆の祝福が終わって開放されたボナちゃんの上半身に最後ブリエンツァがピョーンと飛びついたのが可愛かった。ボナちゃんはフランコさんの体重を難なく受け止める。

まさに大木にセミ。

このまま2-0で勝てれば、たとえ内容がイマイチでも最高の気分で終われたのだが、失点シーンは守備がカオス状態。左右に見事に振られて「こりゃやられるな」と思ったら本当にやられた。あっさりと。お上品なはずのVIP席に汚い罵声が飛び交う。いいぞー。(笑)

失点直後の後半17分、カルモナ⇒カッショーネの交代にはざわめきが起こった。だみ声姉ちゃん、カルモナの交代に大激怒。VIP席の皆さんはカルモナではなく本日ミス連発のミッシと交替すべきだと考えていたようだ。
でも、よく考えたらコスタもカルモナも今日は警告一枚ずつ貰っていて、しかも二人とも今日は張り切りすぎていて、もう一枚貰いそうな雰囲気を漂わせていた。だから二人とも替えられたのかも。

後半24分、ボナ⇒ヴィジャーニの交代でボナちゃんに大きな拍手。こんな拍手に送られて交代するの本当に久しぶりだよね。超ご機嫌なボナちゃんであった。あとまだ20分もあるのに守備固め満々の交代ですな、ブレダさん。

しかし、これで守備が安定したわけじゃなかった。何とか最後に持ち堪えてくれるのはやはりヴァルデス。普通は最後の砦はGKなんだけど、VIP席の皆さんはマリーノを信頼していない。マリーノがセーブしないといけなさそうな場面にると、「ヴァルデース!!!(何とかして!の意)」と悲鳴が上がる。板前さんが相手FWをブロックしてマリーノを守ると皆が胸を撫で下ろす。とにかくマリーノがボールに触るたびに、皆さん両手で顔を覆って隙間から試合を見ているのだ。
そんなヒヨッコ扱いのマリーノだが、終盤に決定的なシュートを神セーブして見せた。一瞬心臓が止まりそうだったVIP席の皆さん「わーお!マリーノが止めたよ!うひゃひゃひゃ!」と笑い出す。緊張が極限になると笑ってしまう気持ち、何となく分かる気がする。

ボナちゃんの1点だけだったけど、後半の方がゴールの匂いがした。ブリエンツァの調子が上がってきたらしく、得意のドリブルで相手を切り裂いてからの際どいシュートが2本。思い切り地団太を踏ませてくれた。
そして本日最もガックリ来たのが後半32分のヴィジャーニの単独突破。ガッリポリの選手がわらわらいる中をスルスルと持ち上がって、ゴール前まで突破したのだ。後はボールをコールに入れるだけ。私を含めた観客がバンザイの用意をして立ち上がったが、ヴィジャーニは力ないシュートをGK正面に蹴ってしまった。

ノォォォォォォォ!!!

VIP席の皆さん仰け反りまくり。バンザイしようと途中まで上げた両手をどうすりゃいいのか持て余して怒りまくっている。おーい、ヴィジャーニー。

ま、そんなこんなでスペクタクルとは程遠いゲームだったけど、とにかく今は勝てばいいのだ。これで貴重な勝ち点3ゲット。VIP席の皆さんは特に大喜びするでもなく、「はいはい、勝った~!」と短く拍手するとあっという間に引き上げる。試合終了のホイッスルから1分もしないうちにVIP席はもぬけの殻に。えらい引き際が早かった。ま、結構楽しかったけどさ。

現在の順位:14位
現在の勝ち点:50
最多得点者:ブリエンツァ 11ゴール

☆オマケ☆
試合後の出待ちの風景:
モンティが1才くらいの赤ちゃんを抱いていて、天地がひっくり返る程ビックリした。あんな誰よりも子どもみたいな顔をしていて子持ちなのか?それとも板前さんの子供を抱いていただけ?今日はカルモナも一緒に帰っていたけど、ま、まさかカルモナの子どもとか?誰の子どもなのか、すっげえ気になる~!子どものことばかり気になって、肝心の選手の皆さんに声をかけるのを忘れた。←アホ
テデスコ、アデジョ、バリッラ(すごいゴールを決めたのでニコニコだった)、ミッシ(今年の遠征を通して元気じゃなかった気がする)、マリーノ、カッショーネ、フィオリッロ、ブレダ監督が私に気がついて挨拶してくれた。
テデスコ嫁には「ピッコロ・ペッシェの人ね」と笑われた。私が旦那にプレゼントした釣りキチ三平ルアーコレクションのことだと思われる。
かなり遠くの方にいたのに、それでも気付いて手を振ってくれたアデジョ君に感謝。
勝ってご機嫌なブレダさんはお茶目な笑顔で2回も手を振ってくれた。いつも優しくしてくれてマツ監督から乗り換えようかとマジで心が揺れている。←おい

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
おかえりなさい
こんばんは。お疲れ様です。
きっと今ごろ、たまった仕事を機械的に、脳みそを動かさずにこなしていることでしょう。日曜夕方、きのう、そして今日夕方までの私がそうでした。
また、少しずつお話を読ませてもらえればと思います。
ではでは。
reoさん、ただいま!
こんばんは。はい、むちゃくちゃ疲れてます。
職場に行ったら、とんでもない仕事量が待ってました。自業自得だけど。(^^;)
そちらもお忙しかったんですね。って、当たり前か(笑)
週末あたりにお土産発送します。去年と同じ住所で大丈夫ですか?

管理者のみに表示