--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/03

セリエB第38節レッジーナ×アスコリ 久しぶりの敗戦

レッジーナ1-2アスコリ
得点者:後半6分 ブリエンツァ、後半20分&47分 アンテヌッチ

REGGINA (3-5-2): Marino, Adejo, Lanzaro, Valdez, Vigiani(76' Barilla'), Carmona, Tedesco, Missiroli, Rizzato, Pagano(66' Costa), Brienza(87' Bonazzoli). All. Breda
ASCOLI (4-4-2): Guarna, Gazzola, Silvestri, Micolucci, Giallombardo, Pesce(86' Margarita), Di Donato(80' Luci), Amoroso, Giorgi, Antenucci, Lupoli(91' Bernacci). All.:Pillon
ARBITRO: Sig. Nasca di Bari
AMMONITI: Silvestri, Di Donato, Lanzaro, Tedesco, Pesce, Giorgi, Lupoli, Gazzola
ESPULSI: 64' Valdez
RECUPERO: 2';4'

この試合の動画:
REGGINA-ASCOLI 1-2 01/05/2010 HIGHLIGHTS RAI SPORT HD
Reggina-Ascoli
REGGINA ASCOLI 1 - 2 ←素人の撮影?スタジアムの雰囲気がよく伝わってきます。

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Marino 6, Adejo 6, Valdez 5.5, Lanzaro 6, Vigiani 6, Carmona 6, Tedesco 6, Missiroli 6, Rizzato 6, Brienza 7, Pagano 5
途中出場のコスタ、バリッラ、ボナちゃんには点数が付いていませんでした。

試合後の監督と選手のコメント:
■ブレダ監督
前半我々はあまりいいスタートを切れなかったし、いつもと比べるとコンパクトじゃなかった。 その代わり後半はいいスタートをしてリードを奪うことができた。PKと退場のエピソードが決定的だったよ。我々が終盤の危機に走らず、ブリエンツァのビッグチャンスをペッシェがライン上で奇跡のクリアをしたとしてもだ。結局は何かが上手くいかなかった。コメントする前に選手たちとその件について話し合いたい。我々は自分たちが得たチャンスを活かせずに、最後にそのツケを払うことになった。まだまだ困難が続くこと、金曜の対戦は苦しむであろうことを理解すべきだ。トリエスティーナ戦は最高の準備をしないと。もう一度確信を見出さないといけないんだ。
■ヴィジャーニ
パフォーマンスに関しては、そんなに悪い試合じゃなかったんじゃないかな。後半にリードを奪い、ゲームを手中に収めたと思ったけど、退場が俺たちのプランを狂わせてしまった。あれで決まってしまったね。勝ち点1あれば順位表を上がれたし、問題の継続性の点でも十分だったのに。満足できるはずだったし、ずっと自信を持ってゴールを目指していたんだ。でも最後には悪いジョークが待っていた。今季のトレンドを繰り返してしまったというわけさ。金曜の夕方の試合は一筋縄じゃ行かないだろう。相手は最後のチャンスであるかのようにプレーしてくるだろうね。俺たち頑張って踏ん張って、デンジャラスな方法で再出発しなくちゃ。

ヴィジャーニが負け試合の後とか危機的状況でインタに応えることが多いのは、単にベテランだからというだけでなく、「トスカーナ弁で場を和ませてこい!」という指令が飛んでいるような気がしてならない。



ま、そろそろ負けるんじゃないかなと思っていました。だってレッジーナの皆さんの集中力がそんなに長く続くわけないですもんね。←ひどい
5試合負けていなかったんだから、ここらで1回くらい負けたっていいんじゃない?
と、無理やりポジティブシンキングをしてみる。

今節はMyP2Pで単独チャンネルがありませんでしたし、Tutto Regginaでクロナカもありませんでしたし、負け試合でテンションも低いですし、そんでもって旅の準備も忙しいので、超簡単に試合を振り返ることにします。



年間シート保持者の家族は1ユーロで観戦できるという謳い文句はそれ程魅力的ではなかったらしくスタジアムの客の入りはイマイチ。いや、イマサンか。メインスタンドはガラガラだが、クルヴァでは相変らず熱い人たちがたくさんいてホッとする。
 ↓
再会を喜ぶブレダさんとピッロンさん。
 ↓
前半4分、カルモナ(?)のスルーパス⇒エリア内右の深い位置からヴァルデスのクロスという珍しい光景。⇒ゴール前至近距離からのミッシのシュートはGKグアルナに弾かれる。板前さん、いいクロス入れたのに残念。
 ↓
前半8分、後方からのロングボールのこぼれ球を拾ったブリエンツァが中央のパガーノに横パス⇒パガーノのシュートはグアルナが横っ飛びセーブ
 ↓
前半25分、左サイドのミッシから中央のブリエンツァにパスが渡る⇒迷いなく振りぬいたブリエンツァの左足から放たれたシュートをグアルナがこれまた横っ飛びでスーパーセーブ。今日もフランコさんのプレーには切れがある。
 ↓
前半28分、アスコリの攻撃。ルーポリのシュートはマリーノが好セーブ。
 ↓
0-0で前半終了
 ↓
後半6分、レッジーナ先制。
右からのクロスをブリエンツァが懸命に左足を前に伸ばしてトラップ。あの短い足でよく届いた!そこからは圧巻の個人技。フェイントでDFを翻弄しまくり、最後はファーのサイドネットにぶち込んだ。モルト・ブラーボー!と、実況と一緒に私も絶叫。
今季11ゴールを決めたフランコさんが長い舌を出しながら向かった先は集音マイク。ベンチから飛び出してきたカッショーネらに抱きしめられながらもマイクを離さないフランコさん。歓喜の歌でも歌うつもりだったんだろうか?

マイクで何かしゃべったんでしょうか?
 ↓
後半19分、ヴァルデスがエリア内でルーポリに足をかけたということで赤紙ゲット&PK献上

板前さん、久々にやっちゃったー。

ビデオをよく見るとルーポリは接触がないのに倒れているという意見もあり、レッジーナにとってかなり微妙な判定だったらしい。ランザーロが主審に喰らい付くが判定覆らず。次節板前さんが出られないのが一番痛い。W杯最終メンバー発表前の大事な試合に出場停止となり板前さんは落ち込んでいることだろう。この退場が選考に響かなきゃいいけど…。
このPKをアンテヌッチがキッチリ決めてアスコリが同点に追いつく。
 ↓
後半27分、エリア内に右側から進入してきたブリエンツァが再びキレキレのフェイントでDF陣を翻弄⇒角度のないところからシュートを放ち、ニアを予想していたグアルナ逆を衝かれて触れず⇒ところがゴールライン上でペッシェが奇跡のクリア⇒頭を抱えて飛び跳ねるフランコさん
これが決まっていたら違う結果になっていただろうに。
 ↓
後半47分、ハーフライン付近からのロングパスの落しをアンテヌッチがキープ⇒周りはレッジーナの選手だらけだったのにゴール右隅に流し込まれる。
どうして誰も止められなかったのかな?
まさかのアスコリ逆転。アンテヌッチはこれで今季24ゴールですってよ、奥さん。
 ↓
後半48分、右からのクロスの競り合いのボールが流れた先にいたリッツァートがドリブルでエリア内を突き進み左足シュート⇒スコーンと勢いよく枠を叩く。あうっ。
リッツァートが頭を抱えたところでゲームオーバー。1-2の痛い敗戦。これでまた観客が減るんじゃ?



本日よかった人、悪かった人、それぞれ寸評をテキトーに訳してみました。

ヴァルデス:
退場が試合の運命を危機に陥れたのは確かだ。たとえウルグアイ人DFが足を伸ばしておらず、ルーポリが接触無しに倒れたことがビデオで確認されたとしても。それ以外は申し分のないパフォーマンスを披露した。
評価5.5

パガーノ:
今季レッジーナの組織の欠如の象徴。FWの役割を強いられた攻撃的MF。他の状況では結果を残してきたという解決案。しかし今日彼は彼の矛盾の全てを証明した。残念なことに、今日ビアージョはいっぱい犠牲になっただけで、鋭さは全く鳴りを潜めてしまった。
評価5

ブリエンツァ:
他の誰よりも上を行く。ブリエンツァがいなかったらレッジーナはどうなってしまうのだろう?ちょっと考えてみよう。チームメイトたちは様々な方法で頑張っているが、最後は彼の鋭い一撃なのだ。ペッシェの神がかりなクリアでシュートを阻止されたのは、まことに不運であった。もう一つの魔法になりえたのに。
評価7


最近フランコさんの個人技意外で点を取れていないのが気がかりです。一時期ゴールする気満々だったカルモナはどうしたのかな?早く点を取らないとシーズン終わっちゃうぞ。って、ボナちゃんやカチアよりもカルモナのゴールに期待してしまう自分が悲しい・・・。

ここ5試合ポジティブな結果が続いていたので、暑さと共に気の緩みが出ちゃったんでしょうね、まったくもう。今節負けたことで次のトリエスティーナ戦はまた危機感を持って戦ってくれることでしょう。つーか、そうじゃなかったらお仕置きだ。

現在の順位:15位
現在の勝ち点:47
最多得点者:ブリエンツァ 11ゴール

09-10レッジーナ | Comments(7) | Trackback(0)
Comment
お久です(^o^)/
最近調子よかったヴァルデスは可哀想でしたね。 試合は負けたけど、まぁブリエンツァもいい調子をキープしてるし、次に切り替えてほしいですね。 リーメイさんもイタリア行くまで、仕事頑張って下さいね(^-^)b
ヤス君、こんばんは~
帰宅して、メシ食って、風呂浴びてきました。
明日と明後日は仕事しません。もう知らん。なるようになれ!

板前さんの退場はビミョーな判定だったようですね。寸評でも同情的でした。記事内で訳しておきます。
フランコさん、ビックリするくらいキレキレですよね。しかしフランコさん意外の攻撃陣が点を取れないのが問題だ・・・(汗)
パガーノに「あなたのゴールを見たいの!グラニッロで見せて!」とか言ったら張り切ってくれるかしら。どうもイマイチ掴めない性格ですよね。取り扱いが難しそうだ。(^^;)

明日にでもお土産リクエスト専用エントリー立てますね~。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ひみつのコメント様
おはようございます!
了解しました。このご時勢ですから、いろいろ厳しいですよね。(^^;)
今年も何かちょっとしたものをお土産に持ち帰ってきます。楽しみにしていてください♪
No title
アンテヌッチってどっかで聞いた事あるな~と思ったら自分のブログでアスコリの試合の記事で見たんですね。
その時も

>周りはレッジーナの選手だらけだったのにゴール右隅に流し込まれる

こういう感じでそれなりに人数がいた中をスルスルと抜けて落ち着いたフィニッシュでした。
そういう感覚を持った選手なんですねぇ。

バレートの代表復帰は味な事しますよね~代表監督さんも。
どこぞの国のダメな奴とは大違いです。

本日、仕事となった私のストレスをこれからマジョルカ×白い銀行にぶつけたいと思います。
No title
言うまでもない事ですが、↑のコメントは私です。
Fillipoさん、こんばんは。
アスコリはアンテヌッチというゴールランキング上位の選手がいながら順位はイマイチですね。コンスタントに点が取れるFWが複数いるというのがチームにとって一番好ましいのかも。今季のレッジーナは好調といえるFWが前半パガーノ、後半ブリエンツァしかいなくて、特典の少なさがそのまま順位に直結しちゃいました。ま、ブレダさんが就任するまで失点も多かったですけど。(^^;)

> バレートの代表復帰は味な事しますよね~代表監督さんも。
> どこぞの国のダメな奴とは大違いです。

バレートは今季ほとんど試合に出ていないので絶対に無理だと思っていました。最終メンバーに残れるかどうかはまた別の話ですけど、パラグアイ国民と代表監督の信頼は厚いようです。
どこぞの国の代表監督さんは、いったいどんな選択をするんでしょうねえ。サプライズがあるとか何とか報道されていますけど、なんかもうスンタンさえ選ばれればどうでもイイや、な扱いです。<私にとっての代表の位置付け

> 本日、仕事となった私のストレスをこれからマジョルカ×白い銀行にぶつけたいと思います。
休日出勤お疲れ様でした。すっきりストレス解消!とは行きませんでしたね。(^^;)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。