--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/04

セリエB第33節サレルニターナ×レッジーナ アウェイで快勝ほっと一息

サレルニターナ0-2レッジーナ
得点者:前半16分 ミッシローリ、前半39分 ブリエンツァ

Salernitana (4-3-2-1): Iuliano, Bastrini(12'st Pepe), Jadid, Merino, Pippa, Peccarisi(16'pt Fusco), Montervino, Caputo, Soligo, Capone, Balestri. A disp. Polito, Galasso, Tricarico, Brunetti. All.:Sig. Cerone
Reggina (3-5-2): Marino, Adejo, Valdez, Lanzaro, Carmona, Tedesco(45'st Viola), Vigiani, Rizzato, Missiroli, Brienza(31'st Castiglia), Cacia. A disp. Fiorillo, Bonazzoli, Santos, Cascione, Pagano. All.: Sig. Breda
Arbitro: Emiliano Gallione
Ammoniti: Montervino
Recupero: 1'; 3'

この試合の動画:
Salernitana - Reggina 0-2 | Sky HD Highlights Ampia Sintensi Serie B 33^ Giornata 3/04/2010
SERIE B Salernitana-Reggina 0-2 90°MINUTO←画質のいいのがあったら差し替えます
Serie B 33a: Salernitana-Reggina 0-2 Piacenza-Crotone 1-0

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Marino sv; Lanzaro 6, Valdez 6.5, Adejo 6; Vigiani 6, Carmona 6, Tedesco 6.5, Missiroli 6.5, Rizzato 6; Brienza 6.5, Cacia 5.5
Datasport
Marino sv; Lanzaro 6, Valdez 6, Adejo 6; Vigiani 6, Tedesco 6 (44' st Viola sv) ,Carmona 6, Missiroli 6.5, Rizzato 6; Brienza 6.5 (32' st Castiglia 6), Cacia 6.5

試合後のコメント:
■サレルノ氏(サレルニターナのDS)
今となってはモチベーションがもうないんだ。せめて面目を保つために戦いに戻らないといけないな。
■ミッシローリ
今日の3ポイントで残留へ向けて前進できた。まだ道は長くて険しいけどね。僕たち、今日見せたみたいな強さと怒りを持っていつもプレーしないといけないね。




元レッジーナの皆さんが温かいメッセージを寄せてくださった甲斐ありまして、無事勝ち点3を積むことが出来ました。感謝です。m(_ _)m
スンタン、メッセージの効果あったよ!マリノスは負けちゃったけど。
5月のイタリア遠征ではテデスコ辺りがナカのメッセージをネタに私をからかってくれるのではないかと期待しています。私を見て「ヘーイ、ナッカムーラ!」と声をかけてくる唯一のジョカトーレですから。

それにしてもサレルニターナのスタジアム、悲しいくらいガラガラなんですけど・・・。ぶっちぎりの最下位でもスタジアムで応援してあげようよ。<サレルニターナのティフォージの皆さん
レッジーナ公式の長いハイライトには、試合前に行われた両クラブのティフォージの心温まる交流シーンがありました。こういうのいいですね。レッジーナと仲がいいのってサレルニターナだけなのかしら。メッシーナとはムチャクチャ仲が悪いって事は、よーく知ってますますけど。
また、選手時代にサレルニターナでプレーしていたブレダ監督(実況がサレルニターナの元バンディエラと呼んでいました)はティフォージから心からの歓迎を受けたそうです。

えー、本日の対戦相手のサレルニターナは既に残留を諦めてモチベーションがない上に、主力選手が4人ぐらい不在でして、レッジーナの皆さん、もうやりたい放題だったようです。快勝しましたけど、あまり参考にならない試合なので得点シーン中心に簡単に振り返りますね。



怪我から復帰したベイビー・フィオリッロが先発かと思いきや、ピッチに立っていたのは前節敗戦の責任の全てを背負わされたマリーノ。ティフォージからかなりブーイングされたようで精神面が心配だったが、ブレダさんはマリーノに挽回のチャンスを与えた。ま、全体練習に復帰したばかりのベイビーをいきなり使うのも賭けだし、どっちを起用しても不安はある。
 ↓
試合開始から一方的にレッジーナが押す展開。ブリエンツァが2本シュートを放ち、近いうちに点が決まりそうな予感が漂う。
 ↓
前半16分、レッジーナ先制。
CK(コーナーにカルモナとブリエンツァがいたので、お得意の二人のショートコーナーだったのかも)のボールが予想よりも伸びたのか、ファーにいたヴィジャーニが体を投げ出しながら不器用に頭で折り返す⇒ワンバウンドしたボールをミッシが中央でバイシクルシュート⇒これが左隅に見事に決まった。わーお!
ミッシ、今季5ゴールおめでとう!このポーズ、カワイイ
アシストしてくれたヴィジャーニと抱き合った後、ミッシは反対側のエンドまで走ってマリーノをハグ。試合後ミッシは「ゴールはピエトロ・マリーノに捧げる」とコメント。ゴールを捧げなくちゃいけないくらいマリーノの落ち込みは激しかった模様。マリーノ元気になったかな?
それにしてもミッシはなんていい子なんだろう。ミッシの性格の良さについては板貫さんとの会話の話題によく上るのだけど、年齢国籍関係なくチームの誰とでも満遍なく仲よくできる潤滑油的な存在なんだよね。このままずっとレッジーナでプレーして、いづれコッツァとはまた違うタイプのバンディエラになってくれるんじゃないかと密かに期待している。
 ↓
前半23分、テデスコがボールを奪ってスペースに走りこんだミッシにスルーパス⇒ちょいとミッシのトラップが長くてGKユリアーノにキャッチされる
 ↓
前半35分、レッジーナのFK。カチアが蹴ったグラウンダーのボールは壁の下を潜ってギリギリ枠の左隅を捉えていたが、ユリアーノが横っ飛びでコーナーに逃れる。ブリエンツァは囮になるだけで他の選手に蹴らせてあげるところが大人の余裕だ。
 ↓
前半39分、レッジーナ追加点。ピッチ中央でジャディドからボールを掻っ攫ったブリエンツァは、そのままドリブルで突進。エリア内でバストリーニを華麗なフェイントでかわすと左足でゴール左隅に流し込んだ。巧い。5回くらい再生したけど何度見ても巧い
今季7ゴールおめでとう!今年もジャポネーゼから英語でお守りを渡されたくなかったら、この調子でゴールを量産してね☆
相手は降格決定的、しかも友好関係にあるチーム、オマケに監督の古巣という理由からか、ピッチ上では大喜びしなかったフランコさんだが、ベンチで腐らずチームを支える仲間を抱きしめに走る。私はこの人のこういうところが好きだ。強烈なキャプテンシーでチームをぐいぐい引っ張るタイプじゃないけど、メルカートが開くたびに脱出を試みるけど、それでも彼なりにこのクラブを十分愛してくれていると思う。
 ↓
前半終了間際、ブリエンツァ⇒ヴィジャーニのクロス⇒カチアは、フスコに邪魔されてカチアシュート打てず。
 ↓
今節はロッカールームの出入りを禁止されちゃったので、ハーフタイムもこんな風にスタンドで葉巻をくゆらしていたと思われるフォーティ会長
 ↓
後半いきなりレッジーナのチャンス。ミッシがペナルティエリアちょい左でFKゲット⇒カルモナとブリエンツァがスタンバイしていたが蹴ったのはカルモナ⇒右足の強烈なキックは落ちきらずにスコーンとクロスバーを叩く。また枠かよ。うーん、本当に初ゴールまでもう少しなんだけどなぁ。次こそ枠に当てないで中に入れようね、カルモナ。フランコさんにも頭をポンと叩かれ慰められていた。つーか、カチアとかカルモナとか若い衆に率先して蹴らせてあげて大人だなぁフランコさん。
 ↓
後半12分、テデスコとバストリーニが正面から交錯。二人してもんどりうって倒れるけどテデスコは女優なので心配なし。バストリーニはそのまま負傷交替。
 ↓
後半23分、ハイライトには映っていないが、ヴァルデスが明らかなレイトタックルでPK臭いのがあったらしい。いつものようにしれっとしらばっくれて主審に見逃してもらった模様。
 ↓
後半32分、レッジーナ選手交替。ブリエンツァOUT⇒カスティーリャIN
この交替の直後にレッジーナのFK。少し距離のあるテデスコのFKに「目指せ2節連続ゴール!」と頭から突っ込んでいったヴァルデスだったが、強引に合わせたヘディングは枠の左へ逸れていった。板前さん残念だったね。
 ↓
後半44分、レッジーナ選手交替。テデスコOUT⇒ヴィオラ兄IN
 ↓
後半通してサレルニターナの鋭い反撃はなく、レッジーナは省エネモードで試合を上手にコントロール。危なげなく0-2で試合を終えましたとさ。

※どうでもいい補足※
小学生のとき同じクラスにコイツにそっくりな悪ガキがいたっけ。



相手がどこでも常にこういう試合運びが出来るようにしましょう。

何はともあれ、貴重な貴重な勝ち点3を積み上げることに成功しました。こういう勝って当然なシチュエーションでやらかしちゃう勝負弱さが最近のレッジーナにありましたが、今日はキッチリ勝ってみせました。小さいけれど大事な一歩です。

現在の順位:18位
現在の勝ち点:39
最多得点者:パガーノ 9ゴール

09-10レッジーナ | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
No title
ちょーお久しぶりです。
なかなか、安定しない戦いばかりですが、きっと残留してくれるとしんじてます。チリッロ戻ってこないかな?
わらぴーさん、お久しぶりでーす!
なんだかんだチームとしてまとまってきました。私も残留できると信じています。
コッツァは引退後にレッジョに戻ってくると宣言してますが、チリッロはどこでポルノ男優を目指すんでしょうね(爆)
現在PAOKサロニカはギリシャリーグ3位で、チリッロは32試合出場、警告13枚と非常にらしいシーズンを送っているようです。元気そうで何よりですね。(^・^)
クッキーが・・・
消えてました・・・そんなに此処に来るの、久しぶりですかね私。
そんないい子なミッシローリ君とは映画の話で私は盛り上がって見たいでございます。

お忙しい中、メールありがとうございました。
土曜も日曜も使い物にならない日々は続行しておりますが、リーメイさんの方は終了したのですね!う・ら・や・ま!
・・・いやもう頭働いてないんですスミマセン。

とりあえず、
エアチケットと宿以外、何もしてないという体たらくでございます。
akiさん、生きてましたか!
とりあえず報告書は提出しましたが、さっそく発注先に呼び出し喰らってます。どれだけの修正を求められるかで今後の忙しさが決まりそうです(汗)
akiさんは若いからいったん仕事の山を越えれば回復は早いと思いますが、いつになったら山を越えるやらですよね。連休前に何とか時間作って、皆で集まって発散いたしましょう。

ミッシは日本人にもとっても優しいので、下手糞なイタリア語でも喜んで映画の話に付き合ってくれると思いますよ。つーか、ミッシは背が高いのに(191cm)、やたら近くに接近して話するので首が疲れます(笑)

私もエアチケットとローマの宿しか決めていません。レッジョの宿はいまだに迷い中。
ついでに携帯買うかどうかも迷い中。(^^;)

No title
サレルノはどっか(たぶんかやさんち)で見かけたんですが、過去の八百長発覚で減点措置-6らしいですね。
はぁ・・・そんなそんな雑な仕事をするクラブにコッツァが行ってしまったかと思うと・・・残念です。
レッジーナにとって今節はボーナスステージを無難にクリアーした感じですね。
Fillipoさん、こんばんは。
> 過去の八百長発覚で減点措置-6らしいですね。
そうなんですよ。今季のセリエBはサレルニターナが-6、アンコーナとクロトーネが-2だったと思います。

> はぁ・・・そんなそんな雑な仕事をするクラブにコッツァが行ってしまったかと思うと・・・残念です。
や、うちはもっとでかいペナルティを貰ったことがあるんで人様のことは言えません。(^^;)
レッジーナの奇跡のシーズンにコッツァはレッジョに戻りたくても戻れなかった経緯があるんで、-6のペナルティがあっても自分の活躍でサレルニターナを残留させたいという気持ちがあったんじゃないかなと・・・。怪我がちでなかなか思うような貢献ができなくてコッツァにとってはもどかしいシーズンだったと思います。

> レッジーナにとって今節はボーナスステージを無難にクリアーした感じですね。
はい、お陰さまで。問題は次のエンポリ戦ですよ。ここのところホームで3連敗しているので超心配です(滝汗)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。