--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/14

セリエB第29節レッジーナ×モデナ 完全に支配したのにノーゴール

レッジーナ0-1モデナ
得点者:前半13分 トロイアーノ

Reggina (3-4-2-1): Marino, Adejo, Valdez, Costa(64' Cacia), Vigiani(62' Montiel), Carmona, Tedesco, Pagano(77' Missiroli), Rizzato, Brienza, Bonazzoli. All.: Breda
Modena (3-5-1-1): Narciso, Perna, Diagouraga, Gozzi(77' Ricchi), Giampà, Tamburini, Bianco(92' Spezzani), Troiano, Colucci, Pinardi(47' Catellani), Bruno. All.: Apolloni
Arbitro: Sig. Tozzi di Ostia Lido
Ammoniti: Carmona, Valdez, Troiano, Giampà, Tamburini

この試合の動画:
Reggina-Modena 0-1 13/03/2010 Highlights & Goals RAI SPORT HD
Reggina Modena 0-1 13-03-2010
Serie B29a Padova-Crotone 2-0: Reggina-Modena 0-1
※コメンテーターがカーニさんだ!お元気そうですね。

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Marino s.v., Adejo 7, Valdez 6, Costa 6, Carmona 6, Tedesco 6, Vigiani 6, Rizzato 6, Pagano 5.5, Brienza 6, Bonazzoli 5.5, Cacia 5, Missiroli s.v.
LE PAGELLE AMARANTO DEI GIORNALI LOCALI E NAZIONALI
なんとTutto Regginaで各紙の採点を全て掲載してくれています。感謝。

試合後の選手、監督のコメント:
■ブレダ監督
矛盾しているように感じるかもしれないが、この試合は情熱と激しさという点で私がこのチームの指揮を執って以来レッジーナのベストパフォーマンスだった。最初から最後までグループの熱意とスピリットをどれだけマックスで出力していたことか。残念ながら何かが足りなかった。もっと確実にもっと冷徹にならないといけない。とても多くのチャンスを作り上げたのに残念だよ。でもこの激しさを維持できたら、我々は上手くやれると信じているんだ。順位が低かろうと、大きな確実性を見出さないといけない。我々の怒りをエネルギーに変えるためにもね。我々の道を突き進むために自分たちがしていることを信じ続けることが必要だ。
金曜日はレッチェと対戦する。レッチェはカンピオナートの主役なので、謙虚さとリスペクトを持って対峙する試合になるが、同時にこの激しさを持ってすれば我々は何処が相手だろうとやれるんだということも自覚している。今のシチュエーションから脱出するために、あらゆることをしたいし、しなくちゃいけない。
■パガーノ
この試合をどう説明したらいいのか分からない。敵陣に一つのチームが85分いたのにゴールできなかった。もう一方のチームはたった一度のシュートがネットを揺らして完璧な結果を持ち帰った。何かが上手く行かなかったってことでいいんじゃないかな。じゃないと誰かが悪く言われそうだ。今日は一つのチームしかピッチにいなかったんだぜ。それなのに俺たちは枠の中にシュートを入れられなかった。ちょっとした俺たちのミスだったり、ちょっと相手GKがクレバーだったり、ちょっと不運だったり。今季の前回対戦でも上手く行かなかったんだよな。審判については話したくない。たとえ俺が受け入れられない異なる判定だったとしてもね。言い訳はしない。最初から出られて嬉しかったよ。残念ながら結果が付いてこなかったけど。俺たち金曜日のレッチェ戦で修正するから。


出場機会が減って悔しい気持ちで一杯でしょうに、気持ちのいいコメントじゃないですか。久しぶりの先発だったのに残念だったね。次チャンスをもらえたら頑張ろう。



今節もMyP2Pのお陰でフル観戦できました。もうスカパーなんて用なしだよねー。
はい、では今節も簡単に試合を振り返ってみましょう。

大雨のオレステ・グラニッロはまるで田んぼみたい。水飛沫が飛び交い、パスは減速して途中で止まっちゃったりする非常に重いピッチ。これじゃブリエンツァがファンタジーを発揮するのはかなり難しそうだ。
ランザーロが累積警告で出場停止なので本日のカピターノはテデスコ。
 ↓
試合開始直後、ヴァルデスのロングパス⇒ボナちゃんの落とし⇒テデスコのセンタリング⇒ペナルティエリア内に突進したパガーノとモデナのジャンパがGKナルキーソにすっ飛ばされる。パガーノがPKをアピールするけど認められず。
 ↓
前半3分、再びヴァルデスからのロングボール⇒落下地点でブリエンツァが足を滑らせてでんぐり返し⇒すぐに起き上がって前に転がったボールを追いかけ弱々しいシュート⇒さしてパワーがなかったように見えたがナルキーソがいったん弾いてから必死にキャッチ。こぼれ球に詰めてきたパガーノ間に合わず。カルモナも詰めていた。チリの小僧はほんとゴール前に当たり前のように顔を出すようになった。
 ↓
前半12分、カルモナがピナルディを後ろから削ったとして黄紙ゲット。明らかにボールに行っているのに、この審判はさっきからどこに目を付けているんだ?あまり抗議せずにしゅんとするカルモナ
 ↓
誤審で与えられたFKからモデナのゴール。ピナルディのFKをトロイアーノが頭で後ろに擦らしてゴール右隅に吸い込まれる。おーい、どうしてトロイアーノはフリーなんだよー。これはマリーノはノーチャンス。
失点までは重いピッチに制限されながらもレッジーナ優勢だったのに、エリアの外でのモデナ選手のハンドに笛が吹かれなかったあたりからゲームの行方は雲行きがおかしくなっていた。
 ↓
前半21分、ブリエンツァがエリア内でキープしたボールを体制を崩しながらパガーノにパス⇒パガーノのシュートは僅かにポスト左。惜しい。
 ↓
前半21分、エリアちょい外側でブリエンツァがリフティングでDFを抜いて(名古屋時代のピクシーみたいなボールコントロールだった!)素敵なシュート。ナルキーソはCKに逃れるのが精一杯。
 ↓
カルモナが中央で持ち上がって思い切ってミドルを打つが枠の左⇒スルーパスを期待していたボナちゃんから「俺に出せよ!」と抗議の視線が送られる⇒「シュート打ったのに怒られちゃった」と不満そうなカルモナ
 ↓
前半32分、ヴァルデスがいらんファールで黄紙ゲット。累積警告で次節レッチェ戦に欠場決定。
 ↓
前半36分、なりふり構わずチャレンジするレッジーナ。右サイドのパガーノのクロス⇒中央でブリエンツァがワンバウンドさせた山なりシュートはゴール前でゴッツィが辛うじてヘディングでクリア。頭を抱えるフランコさん。あー、もう少しだったのに決まらねー。フランコさん大雨でも頑張ってファンタジーを発揮するが報われない。
 ↓
前半41分、ヴィジャーニのミドルはGK正面。
 ↓
前半45分、エリア内密集地帯でヴィジャーニがクルリと反転しながら放ったシュートは惜しくもクロスバーを越えた。
 ↓
攻めまくっているのに追いつけないまま前半終了。
 ↓
後半もモデナ守備陣に襲い掛かるレッジーナ、失点するものかと更に踏み留まるモデナという構図が続く。レッジーナとってもいい動き。
 ↓
後半8分、パガーノ⇒ヴィジャーニの美しいコンビネーションから中央にマイナス気味のクロス⇒カルモナが勢いよく走り込みながら右足に当てたがナルキーソが阻止。「また決まらないー」とうつ伏せになって悔しがるカルモナ。
 ↓
後半9分、パガーノのCK⇒テデスコのシュートはまたまたナルキーソが阻止。
 ↓
後半17分、レッジーナ最初の選手交替。ヴィジャーニOUT、モンティエルIN
 ↓
カテッラーニが飛び出してきたマリーノをかわしてエリア内に進入。がら空きのゴールになぜかシュートせずにもたついている間に板前さんとマリーノがゴール前に到着。対峙したコスタがボールカット。危ないシーンだった。
 ↓
後半19分、レッジーナ選手交替。コスタOUT、カチアIN
超攻撃的な布陣になるレッジーナ。リッツァートが最終ラインに入る。
 ↓
後半23分、レッジーナのFK。蹴るのはテデスコではなくモンティエル。モンティの直接FKはなかなかいいボールだったが左に逸れた。
 ↓
後半30分、パガーノがエンドラインぎりぎりからマイナスのクロス⇒ナルキーソが触れずにこぼれたボールがカチアの足元に落ちるが決められず⇒クルヴァのティフォージからカチアへ容赦ない怒声
レッジーナ怒涛の攻撃を仕掛けるも正確性に欠け、疲れが見え始める。
 ↓
後半31分、レッジーナ選手交替。パガーノOUT、ミッシローリIN
 ↓
後半32分、カテッラーニのループシュートに肝を冷やすが、ほんの少しクロスバーを越えた。
 ↓
モンティのミドル、カチアのヘッド、ボナちゃんのヘッドといろいろ攻めるもゴールが遠いレッジーナ。最後まで走り、最後まで諦めずに点を取りにいったけど、最後までゴールを割れずに0-1で試合終了



あんなに圧倒しながら1点も取れないなんて・・・orz

負けるはずのないゲーム内容で負けてしまったという悔しさはあるけれど、これだけやれるなら次は大丈夫だという安堵感もあり、そこまでの落ち込みはありません。
FWの皆さん、お願いだからレッチェ戦では誰か決めてよね。Tutto Regginaのコラムでは、今のチームにはアモルーゾみたいなカリスマを備えた絶対的なアタッカンテがいないと嘆いていました。ボナちゃんもカチアも確かにちょっと物足りないですよね。チビッ子のセカンドアタッカーたちはそれなりに点を取っているんですけど。

今季デビュー戦となったモンティはFKは期待できそうだけど、まだチームにフィットしていなくてピッチ上を彷徨っていました。もう少し役割を明確にしないと駄目ですな。

今節Tutto Regginaで最高評価(7点)を得たのはアデヨ君ですが、ごめん、何書いてあるのかイマイチよく分かりません。
最初の文は「最終ラインで驚異的だった」ということだと思うんだけど、それ以降が意味の通る英語に変換されないのですよ。イタリア語じゃなくて翻訳ソフトで変換された英語を訳している者の限界ですな。訳してあげられないけど、これからも順調に成長し続けてくださいませ。

勝てなかったから順位が下がっちゃったけど、下位は勝ち点団子状態だから連勝すれば一気に順位を上げられます。今のサッカーを続けられれば先は明るいと信じているぞ~。

現在の順位:19位
現在の勝ち点:33
最多得点者:パガーノ 9ゴール

09-10レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
contrstoってのは誤植かね。辞書でも見つからないです。contrastoだったらNon ha perso un contrastoで「ミスなーし」って感じかも。

その後は「リスキーなパスも無くて、味方も楽ちんでした。抑えるべきところはきっちり抑えて、自分の役割は果たしたのでMVPは彼。よって今すぐトスカーナ地方へプラタリさんのバックアップに向かうべき」かな。
親切な暇人様
どこのどなたか存じませんが、、、って、最後の一文で誰だかすぐ分かるっつーの!(爆)

さすがシエナに留学していた方は違いますねー。どうもありがとうございました。
でも、残念ながらうちの大事なアデヨ君はトスカーナへはやれませんw

No title
早朝に起きてインテルのCL見たので、今帰って来てとても眠いです・・・。
人徳の低い私が応援しても勝ったインテルは偉いですね。

レッジョのこの試合、お伝えした通り最後だけ少し見たんですが、確認できたのはピッチが水びたしだった事と、モデナの選手が怪我?か何かでもだえ苦しんで担架で運ばれて行ったシーン。
それとレッジーナがパワープレーに走りまくってアワアワしてるシーン・・・。

次節に首位とかで浮かれてるレッチェにブチかましてカンピオナートを面白くしてください。
Fillipoさん、こんばんは。
人徳のない低いなんて、そんな失礼なこと言ってませんわよ~、私(笑)

インテル勝ったんですか。そういや今CLやってるみたいですね。。。(遠い目)
今週末に再放送見る時間あるかしら・・・。本田が点取った試合も見たいし、マッカローネ禿の活躍も見たいし、でも3連休のうち1日くらいしか休めそうもないし・・・(泣)

レッジーナは最近雨の試合はよくないです。次は晴れるといいんですけど。
クロナカ見ても分かるとおり、後半32分以降は特筆すべきプレーがないんですよ。仰るとおり最後はパワープレーで何とかしようとアワアワしてました。でも最後まで足が止まらなかったのは褒めてあげたいです。
レッチェ戦は古巣相手にカチアが大爆発してくれるはずです。たぶん。(^^;)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。