--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/17

セリエB第22節レッジーナ×チェゼーナ 泥沼の連敗

レッジーナ1-3チェゼーナ
得点者:前半9分 ランザーロ、後半2分 パローロ、後半21分 ド・プラード、後半48分 ブッキ

Reggina (3-4-3 or 3-5-2): Fiorillo, Lanzaro, Cascione, Costa, Adejo(67' Carmona), Morosini (79' Cacia), Tedesco, Rizzato, Barillà (62' Missiroli), Pagano, Bonazzoli.All.: Sig. Iaconi
Cesena (4-2-3-1): Antonioli, Segarelli (82' Pedrelli), Biasi, Volta, Lauro, Parolo, De Feudis, Schelotto (48' Petras), Do Prado, Giaccherini, Bucchi. All.: Sig. Bisoli
Arbitro: Sig. Rocchi di Firenze
Ammoniti: Lanzaro, De Feudis, Volta, Lauro, Costa
Note: 74' Pagano (rig sbag)

あまり見たくないけどこの試合の動画:
Reggina - Cesena - Goal - 1° Giornata - Ritorno (16/01/2010)
Reggina - CESENA 1-3 SERIE B 22° giornata 16/01/10 (rai 3)

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Fiorillo 5, Lanzaro 6.5, Cascione 5, Costa 5, Adejo 5 (67' Carmona 5.5), Morosini 6 (79' Cacia s.v.), Tedesco 7, Rizzato 6, Barillà 5.5 (62' Missiroli 6), Pagano 5, Bonazzoli 6.5. Iaconi 5.5
相変らず極端な採点ですなぁ。テデスコの活躍で勝利したり、同点に追いついたのならともかく、この試合で7点付けるってどうなの?確かにチームで一番良かったとは思うけど、1-3で負けたこの試合で7点に値する選手がいたかしら?と、すこぶる機嫌が悪い私であった。
Corriere dello Sport
Fiorillo 5, Lanzaro 5.5, Cascione 5, Costa 5, Adejo 5 (67' Carmona s.v.), Morosini 5 (79' Cacia s.v.), Tedesco 5.5, Rizzato 5.5, Barillà 5 (62' Missiroli s.v.), Pagano 5, Bonazzoli 5.5. Iaconi 5
私の評価はこっちに近いです。

試合後の両監督のコメント:
■イアコーニ監督ではなく何故かフォーティ会長
こういう時に会長が公の場に出てきて自分たちの困難な状況を分析するのは正しいことだ。責任を取るのは私なんだから。いまやレッジーナの目的は残留になってしまった。選手たちは背後に迫る恐怖を取り払わなければならない。私は彼らの傍にいる。我々このシチュエーションから脱出しないといけないんだ。セリエBは犠牲の精神の心構えが出来ている人間を求めてくる。イアコーニでは我々が待ち望んでいた好転が訪れなかった。これから話し合うことになるだろう。このチームはレッチェのように勝ち点39であるべきだったのではない。40~41でないといけなかったんだ。
■ビソーリ監督
パドヴァでの不運を今日埋め合わせることができたよ。今日もPKがあったけど、アントニオーリのスーパーセーブの数々が我々を救ってくれた。レッジーナを困らせるためにガツガツした試合をしなくちゃいけないと分かっていた。レッジーナは力強いスターを切ったが、その後様々な理由から我々は再びゲームに入ることに成功した。前半終了後には動揺していたけど、もう一度私のチームを見ることができたよ。レッジーナは今の状況から抜け出すには落ち着かないといけないだろう。




私がネット観戦していると負けちゃうのかしら?(T-T)

それにしてもイアコーニさん、相当なタヌキですな。先発させないと断言したフィオリッロ君が先発。また、攻撃はいつもの面子と言ったのにミッシを外してバリッラ先発。毎節プレカンで予告した面子とは違うメンバーを送り込んでおります。これは敵を欺くための情報戦?
直前で気が変わるなんて珍しくないことでしょうが、先発できると思っていたマリーノの気持ちを思うと複雑です。普通に「スタメンは試合当日決める」と答えれば良いのでは?

えー、全く気が進みませんが簡単に試合を振り返ってみましょう。

前半9分、パガーノのCKのクリアボールをパガーノ自らが拾ってクロス⇒ランザーロのヘッドでレッジーナ先制。この時点では今日はいけるなと思った。
ランザーロの袖だけ残してユニを脱ぐという姑息なセレブレーションがロッキ主審の怒りを買い黄紙ゲット。次はもう少し考えよう。
 ↓
前半20分、ブッキのヘッドはクロスバーを越えていった。
 ↓
前半25分、ド・プラードのシュートはサイドに逸れる。枠に飛ばせないチェゼーナ。
 ↓
前半35分、テデスコがドリブルで中央を持ち上がり、スペースに走りこんだパガーノにラストパス⇒パガーノの左足シュートをアントニオーリがミラクルセーブ!追加点は貰ったと思ったのに!
 ↓
1-0で前半終了。レッジーナ優勢。試合内容は悪くなった。このままいけるとこの時点でも信じていた。
 ↓
後半2分、パローロに簡単に同点にされる。Tutto Regginaによると、例によってレッジーナのDF陣の皆さんが居眠りをしており、パローロを自由にしたカッショーネ、それとコスタに責任があるらしい。
 ↓
後半17分、レッジーナ選手交替。バリッラ⇒ミッシローリ。バリッラはあまりいいところを見せられなかった。Tutto Regginaの寸評によると、バリッラのポジションはここ(攻撃のトリデンテの一角)ではないらしい。イアコーニさんのサッカーにおけるバリッラの適正ポジションはどこなんだろう・・・。
 ↓
後半21分、ド・プラードがフェイントから対面のランザーロを嘲笑うスーペルなシュートを放ちチェゼーナ逆転。小刻みなステップを踏んで踊るデ・プラードにムカつく。この失点はデ・プラードを褒めるしかないと思う。
 ↓
後半22分、レッジーナ選手交替。アデヨ⇒カルモナ。モロジーニが右サイドへ移動してカルモナが中央に入ったのだろうか。中盤流動的で交替後のポジションがイマイチよく分からなかった。
 ↓
後半28分、エリア内でカッショーネが倒されたのにロッキさんが流し、ゴール前の混乱の中からボナちゃんシュート⇒またしてもアントニオーリがミラクルセーブ。この野郎。
コスタがロッキさんに食って掛かり黄紙ゲット。3試合出場停止から戻ったばかりなんだから少し大人しくしてろ、こら。
 ↓
後半29分、エリア内でランザーロが倒されてPKゲット。やった!これで追いつくぞ!と喜んだが、パガーノがPK失敗。前節のカチアに引き続き2試合連続PKを決められない呪われたレッジーナであった。
パガーノはこの失敗からメンタルを持ち直せなかった気がする。いや、パガーノだけでなくチーム全体が気落ちしてしまった。
 ↓
後半34分、レッジーナ選手交替。モロジーニ⇒カチア。カチアはバイシクルシュートを試みるなど気を吐いて見せたが結果に結びつかず。
 ↓
後半48分(ロスタイム3分)、チェゼーナ追加点。ブッキのゴールで1-3。
「もうどうせ負けだよねー」と足が止まりかけて気力ナッシングなレッジーナの皆さん。ブッキのシュートを防ごうと走ったのも、その前にブッキにパス出した選手にプレスかけに走ったのもカルモナだけ・・・。そりゃカルモナは途中出場でしかも前節出場停止で体力有り余ってるから走るの当然なんだけど、先発で疲れてても特にDFの皆さんは「これ以上失点するもんか!」って気迫を見せてちょうだいな。じゃないと応援する方の気力も萎えるわ。
 ↓
1-3で試合終了。本日も情けない試合をしたチームにグラニッロはブーイングの嵐。
一方、勝利したチェゼーナの選手たちはレッジョくんだりまで駆けつけてくれたティフォージの元へウィニングラン。



イアコーニさんは解任の危機だそうで、会長が長いこと記者の質問攻めになっておりました。
会長によると、とりあえずノヴェッリーノさんの復帰はないとこのこと。
地元紙の見出しでは、後任はソネッティさんかプリマヴェーラの監督のブレダさんらしい。

これって監督を交替したり、メルカートで選手を補強すれば解決する問題なんでしょうか。何かもっと別のところで、とても大切なものが欠けている気がするんですが。
他のチームにクオリティで負けているわけじゃないんです。どうにかして今いる選手たちに自信を持たせてあげてください。

現在の順位:19位
現在の勝ち点:23
最多得点者:パガーノ 8ゴール

※追記
レッジーナはイアコーニ監督に対する信頼を改めて表明しました。
Reggina, fiducia ad Ivo Iaconi
イアコーニさんの3-4-3をベースに補強を進めているのに、ここで監督交替したらまた迷走するだけです。これで落ち着いてパドヴァ戦の準備が出来ますね。

09-10レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
お久びりです。
コッツァがいればチームをまとめてくれそーなのに残念です!!
まだ、おそくないです。コッツァ、アモルーゾ、チームをたすけてくれ。
わらぴーさん、こんばんは。
毎日寒いですね。でも私は熱いよりも寒いほうがいいんですけど。(^^)

残念ながらコッツァのコの字もないメルカートです。復帰はなさそうですね・・・。
アモルーゾは現在パルマの主力なのでパルマが手放すわけがありません。これも諦めましょう。
とりあえず、期待できそうなのはヴィジャーニ復帰でしょうか。テデスコとヴィジャーニが揃えば、やたら諦めの早すぎる若い子ちゃんたちのフォローを任せられると思うんですよ。
ところがボローニャがヴォルピとのトレードを拒否してきたらしく、交渉は暗礁に乗り上げております。向こうが望んでいるバリッラは出したくないし、どうなりますか・・・。
フランコさんは残ると地元紙が書いておりましたが、これもどうなりますか・・・。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。