--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/12

レッジョ編vol.10【練習風景】

5月13日(水)晴れ

午前練習のない日の午前中の過ごし方はいつも同じで大した事はしていない。故に後日どこかで午前中の過ごし方をまとめて書こうと思う。

この日は前日の教訓を生かして早めにホテルを出なくてはと朝から思っていたのに、ネットに夢中になっている間に時間が経過。気が付くと2時半を過ぎていた。キャー、大変!
慌ててバッグを手にしてホテルを飛び出した。懲りもせずに今日もサンタガタまで歩く気でいたが、一夜明けても脚の疲労が癒えずにふくらはぎがパンパンだったため、中央駅前のタクシー乗り場で足が止まってしまった。すぐにドライバーが近寄ってきて「タクシー?」と声をかけてくる。「サンタガタまで幾ら?」と尋ねると20ユーロだと言う。返事をしないでいたら15ユーロに値下がりした。えーい、乗ってしまえ!他のタクシーを利用したことはお抱え運転手のアントネッロには絶対内緒。

そんなわけで、3時過ぎにサンタガタに到着。どうせ今日も非公開練習だと思い込んでいた私は、どうやって練習終了時まで暇を潰そうか考えを巡らせていたのだが、トップチームの練習グランドの前にバリケードが設置されていないことに驚いた。ここまでずっと非公開練習を貫いていたオルランディさんが、今更だけどファンのサポートを得るために今週から練習を公開していたのだ。私、なんてラッキーなんだろう!
つーか、昨日も早く来ていれば練習見学できたのか。明日から毎日練習開始前に来なくちゃ!

今年はハイレグ率が低いサンタガタであった。そんな中、今年も自慢の脚線美を惜しげもなく晒すヴィジャーニ。

ヴィジャーニの脚線美もこれで見納め?

コッラーディまで・・・。

やりそうもない人がやってしまいます

例年レッジーナでは30代の選手ほど脚を見せたがる傾向にあるようだ。

4日間練習を見学したけど(土曜日は非公開だった)、今季のレッジーナの練習は大体こんな感じ。

■ランニング
いつもバリッラが私の前を通過するときに嬉しそうに笑顔をくれた。手紙やプレゼントをあげたこともないのに、何故この子がこんなに私に懐いてくれるのか未だに理由が分からない。

■柔軟体操

柔軟体操
 ↓
■戦術練習
パスカットからサイドを駆け上がる選手にロングボールを入れて、ゴール前に走りこんだアタッカンテに素早くクロスをあげるというカウンターの練習とか、他にもいろいろやっていたけど忘れた。←おい
 ↓
■セットプレーの練習

コスタのFKを一度試合で見てみたい

フリーキックのキッカーの練習をしていたのは、コッツァ、カルモナ、バレート、コスタ、ブリエンツァの5人。今季のレッジーナでは彼らがプレースキッカーを任されているらしい。
上の写真はキッカーがバレート、バレートのためにボールをセットしてあげているのがコッツァ、コッツァの正面がカルモナ、ベンケイ君の手前にいるのがコスタとブリエンツァ、ついでにオルランディ監督。俊輔の置き土産のベンケイ君はいまだに重宝されている。
 ↓
■ミニゲームor紅白戦

オルランディさん、スタメンは誰なんですか?

普通はビブスの有無でスタメンか否かが分かるんだけど、スタメン組みと思われるチームのFWがストゥアニだったりして、次節カリアリ戦のスタメンが誰なのか全く予想できなかった。これは相手を撹乱させるオルランディさんの情報戦の一環なんだろうか。
 ↓
■オルランディさんとトレーニングコーチの練習の総括(?)を聞いた後に解散
 ↓
■各自勝手に居残り練習

カルモナはPK練習しなくていいの?

居残りPK練習はほぼ毎日行われていた。参加していたのは奥からチェラヴォロ、アデヨ、バリッラ、ストゥアニ、コスタ、ヴィオラ、ブリエンツァ。蹴っているのはコッラーディ。
ベンチで居残り練習を眺めながら南米組の皆さんがまったり談笑しているのは毎年恒例の図。左からヴァルデス、アルヴァレス、カルモナ。手前にしゃがんでいるのが誰か不明。

カンパは居残り練習に参加していなかった

GKはプッジョーニとマリーノが交互に務めていた。
居残り練習なのに、GKコーチの奥で練習を見守るオルランディさん。監督が見ているので選手は皆えらい真剣に取り組んでいた。
レッジーナは居残り練習を制限されることもないし、割とその辺は自由だなと思う。

南イタリア遠征記2009 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。