--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/06

セリエB第17節アスコリ×レッジーナ 今季初めての連勝!

アスコリ1-3レッジーナ
得点者:前半14分 アンテヌッチ、前半19分 パガーノ、後半28分 ボナッツォーリ、後半36分 バリッラ

Ascoli (4-4-2): Frezzolini, Gazzola, Portin, Silvestri, Giallombardo, Sommese (30'st Lupoli), Luci, Amoroso, Giorgi (24'st Potenza), Bernacci, Antenucci. All.: Pillon
Reggina (3-4-3): Cassano, Adejo, Valdez (20' Santos), Costa, Morosini, Carmona, Barillà, Rizzato, Pagano (33'st Buscè), Missiroli (28' Capelli), Bonazzoli. All.: Iaconi
Arbitro: Sig. Pinzani di Empoli
Ammoniti: Silvestri, Portin, Cassano
Espulsi: 15' Costa
Recupero: 7' pt; 2' st

この試合の動画:
Ascoli vs Reggina 1 - 3. Serie B 17^ giornata del 5 dicembre 2009

この試合の選手の評価:
CORRIERE DELLO SPORT
Cassano 7.5, Adejo 6.5, Valdez s.v. (20' Santos 6.5), Costa 6, Morosini 6.5, Carmona 6.5, Barillà 7.5, Rizzato 6.5, Pagano 6.5 (33'st Buscè s.v.), Missiroli s.v. (28' Capelli 6.5), Bonazzoli 7
Calabria Ora←地元紙にしては辛目の採点。他の地元紙は8~7点だった(笑)
Cassano 6.5, Adejo 6, Valdez s.v. (20' Santos 6.5), Costa 4, Morosini 6.5, Carmona 6, Barillà 6.5, Rizzato 6.5, Pagano 6 (33'st Buscè s.v.), Missiroli s.v. (28' Capelli 6.5), Bonazzoli 6.5

試合後の両監督のコメント:
■ピッロン監督
レッジーナに同点にさせてあげるという決定は、監督と選手全員で下した。ソメーゼはヴァルデスのアクシデントに気づかなかったんだ。結果としてその選択のツケを払うことになったが、そんなことは重要ではない。まったく奇妙なゲームだった。私は言い訳をしたくないので11対11で戦いたかったよ。チームは穏やかな状況にはない。我々は同じミスを犯し続けている。責任は全員にある。ポゼッションにおいて苦しんでいるが、クオリティはあるし、カンピオナートはまだ長いよ。
■イアコーニ監督
特に攻撃面で優れているチーム相手に素晴らしいゲームをした。数的不利にもかかわらず我々はコンパクトで守備面も申し分なく、決定機に於いていも非情だった。この試合にいかにして取り組んできたかを考えれば、実に相応しい重要な勝利といえる。結果をイーブンにするためにパガーノにゴールさせてくれた対戦相手の完璧なフェアプレーの意図についてだが、あれは正しいことだったのではないだろうか。ソメーゼはあの状況(ヴァルデスの筋肉トラブル)に気づかなかったのだと思う。
ここまでプレー機会の少なかったカペッリを褒めてあげたい。今日は投入されるや否や素晴らしい試合をしてくれた。
火曜日のサッスオーロ戦も勝つ義務がある。しかしアウェイに非常に強いチームの一つと対戦するのだということを忘れてはいない。いずれにせよ、賢く、注意深く、バランスの取れたゲームが出来るよう努力するよ。




何やらエピソード満載の試合だったようで。
では、文字実況とハイライト映像を元に簡単に試合を振り返ってみましょう。

この試合のカピターノはミッシローリ君。で、ミッシが下げられた後はなんとバリッラが引き継いだ模様。ノヴェッリーノ体制時の正副カピターノ(ヴォルピとボナちゃん)は結果を出せなかった責任を取って二人揃って退いたってことなのかしら。でもって、新カピターノのランザーロがいないときは、どんなに若かろうとサンタガタ出身の選手が責任を持ってチームをまとめるってことなのかしら。
 ↓
最初のチャンスはレッジーナ。リッツァートが誰かのクロスに飛び込んで頭で合わせたけどポスト左。悔しがり方がなかなか熱い。リッツァートもかなり気が強そうだ。
 ↓
前半14分、問題のアスコリの先制点。
板前さんヴァルデスが筋肉トラブルを起こしてベンチにSOSの合図。ボールを出すようコスタが要請し、レッジーナの選手がプレーを止めたにもかかわらず、アスコリのソメーゼが右サイド深い位置までボールを運び、ゴール前に走りこんできたアンテヌッチへ折り返しのパス⇒アデヨ君が慌てて走ってきたものの間に合わずにアンテヌッチにゴールを決められる。
 ↓
激怒したカッサーノ、リッツァート、コスタがゴールにはしゃぐソメーゼとアンテヌッチを追いかける。瞬間湯沸かし器パガーノも参戦。火消し係のバリッラとカルモナが消火活動に駆けつけるが、両チーム入り乱れた状態からアスコリの2選手が転倒。蹴りを入れたように見えるコスタに赤紙提示。「なんで俺が退場なんだよ!」と激昂するコスタ。怒りが収まらずピッロンさんに食ってかかるコスタに「いい加減に下がれ!」と諭すレッジーナのスタッフ。Q&Aで自分の性格を「すっげえ短気」と評していたけど、本当に短気な奴だ。もっとカルシウムを摂れ、コスタ。
しばらくしてから少し離れた場所で場外戦を繰り広げていた人もいたらしい。
レッジーナは失点し、しかも一人退場になるという最悪の展開。
 ↓
試合が再開された前半19分、アスコリの選手が全員棒立ちで無抵抗の中、パガーノがゴールして1-1の同点。アスコリの選手と監督が話し合ってレッジーナに1点決めさせてあげようという結論に達したらしい。
 ↓
プレー続行が不可能なヴァルデスに代えてサントス投入。
更にDFが一人減ってしまったので、戦術的な理由からミッシが下げられカペッリ投入。
 ↓
前半36分、アンテヌッチのシュートをカッサーノがミラクルセーブ。その後ベルナッチのシュートも止めたらしい。記事のタイトルには「スーペル・カッサーノ」の文字が躍っていた。
 ↓
後半28分、リッツァートのスルーパスを走りながら受けたボナちゃんが、左足でダイアゴナル・シュート!ボールはゴール右端に吸い込まれ、一人少ないレッジーナが逆転!
ボナちゃん、今季初めての流れからのゴールおめでとう!!!
 ↓
後半36分、ボナちゃんから(?)ボールを貰ったバリッラがDF二人に挟まれながらも右足でゴール右隅に突き刺しダメ押しゴール。
Justinが全く映らなかったので諦めてラヂオを聴いていたのだが、「ニーーーノォォォォ」と叫ぶ実況のオッサンの声が完全に裏返っていた。
何度も何度もアマラントユニにキスをするバリッラ。今季初ゴールおめでとう!
 ↓
10人のレッジーナが超苦手なアウェイで逆転勝利!素晴らしい!素晴らし過ぎるぞ君たち!



アスコリのフェアプレーは勝っていたら最高の美談としてティフォージに受け入れられたんでしょうが、そうはならなかったので反発が激しいようです。レッジーナのティフォージも過去に同じような思いをしたことがありますので気持ちは分かります。昨季ブリエンツァのパレルモに対するフェアプレー事件は大きな波紋を呼びましたよね。こういうのって難しいなぁ・・・。

☆本日の見出し☆
■GAZZETTA DEL SUD
アマラント、後半のボナッツォーリとバリッラのゴールと共にアスコリのピッチを通過し再起動
スーペル・レッジーナ:10人でエンタープライズを完了
前半ヴァルデスの負傷⇒乱闘(コスタ退場)⇒パガーノのゴールにおけるフェアプレイ
監督はホームチームのスポーツマン精神を賞賛:
「私はソメーゼをよく知っている。彼には負傷したヴァルデスが見えなかったのだろう。」
イアコーニ「アスコリの行いはカルチョにおいて素晴らしいものだ。我々は攻撃に特化した強いチーム相手にいい試合をした。カペッリとボナッツォーリがとても良かった」
■IL QUOTIDIANO
この種のエピソードはイタリア・カルチョで今までもあった
結局はアスコリの鮮やかな成功
レッジーナ、乱闘はフェアプレー
物議を醸すゴールの後、アスコリは足を止めてアマラントに同点にさせた
フォーティ会長「ポジティヴなイメージだ。昨季ブリエンツァにも起こった」
大勢の合唱「素晴らしいジェスチャー」
イアコーニとフォーティ「これぞ真のスポーツマンシップだ」
ピッロン「全員でこうすることに決めた」
■CALABRIA ORA
アマラント、アスコリを駆け抜ける
パガーノにゴールさせるビアンコネーリの素晴らしいフェアプレー
レッジーナ「ありがとう!」
試合後「彼らのフェアプレーは賞賛に値する」
ロッカールームでイアコーニ監督はアスコリの正しさを認識
■GAZZETTA DELLO SPORT
10人のイアコーニのチームは耐え、そして勝った
「アスコリに賛辞と感謝」
イアコーニ「情け容赦ないレッジーナ。1-1のパガーノのゴールはスポーツマン精神に則ったものだった」
■CORRIERE DELLO SPORT
フェアプレーでゴールを返したアスコリ
レッジーナは10人での勝利
ヴァルデスは負傷しボールを出そうとした⇒ソメーゼはインターセプトしてアンテヌッチがゴール⇒コスタ退場⇒ピッロンが同点を指示⇒1-3で終了
明確なエピソードによって特徴付けられたゲーム:ソメーゼの抜け目なさ、乱闘と退場、修正された同点ゴール
ゴールを返したアスコリ!
レッジーナは止まり、アスコリはプレーを続けゴールした
その後彼らは後悔し、1-1を与えてくれた
■TUTTOSPORT
アスコリはフェアプレーを勝ち取る
ヴァルデスの負傷:ビアンコネーリがゴール
そして彼らは1-1を与えた


Tuttoreggina.comではボナちゃんをMVPに選んでいました。べた褒めです。
アスコリ戦では彼がアマラントの攻撃の全権を握っていた。コスタ退場の後は彼もカバーの犠牲となる。ピッチ中を走り回り、ライオンのように闘い、貴重なファールを獲得し、ボールを守り、チームに一息つかせてくれる。アマラントの逆転ゴールは彼から生まれた。マルケ州の地で彼がいかに素晴らしい仕事をしたかを考えれば実に相応しいゴールだ。アタッカンテ発見。

同じくTuttoreggina.comの記事の一節に「重要な勝利。アウェイの勝利だから重要である。ついにこのチームのソウルを示して見せたのだから重要である。数的不利で苦しみながらも効果的に振る舞い、正しい瞬間にゴールした」とありました。やっとチームになってきましたね。勝利を重ねることで、もっともっと結束力が強まっていくことでしょう。
前節の勝利で勝ち点16となり降格圏を抜け出して17位になりました。今節も勝利して勝ち点を19に伸ばしましたが順位は17位のままです。でも火曜日に行われる延期していた第14節サッスオーロ戦で勝利できれば、勝ち点22仲間がたくさんいるので一気に順位が上がる可能性もあります。この勢いが消えないうちに少しでもたくさんポイントを稼げますように。

09-10レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ブラボ~
リーさん、こんばんは。
土曜日までこちらはとても持ちそうにありません・・ 笑"
どうぞ優しく接してくださいませ。 チリワインで一杯やろうかな・・ ではよい1週間を。 チャオ
>Tuttoreggina.comではボナちゃんをMVPに選んで

お、ビンゴ♪ やっぱそうですよね。
あのカウンターと(多分)アシストは良かったですもん。
Diretta Golで見てたので、アヒル口コスタが退場してたのには気付きませんでした。

次はサッスオーロ戦ですか。
ノゼッリとマスッチの飛び出しにお気をつけ下さいまし。
Mattiaさん、こんばんは。
だいぶ弱ってますね(笑)
レッジーナが火曜も勝てば土曜は余裕があるので優しくしてさし上げると思います。
でも、負けたらMattiaさんをいたぶって憂さ晴らしするので覚悟しておいてくださいませ~。

チリワイン安くて美味しいですよね。最近イタリアワインから浮気してチリワインばかり飲んでます。
akiさん、こんばんはー。
akiさんちで「今日のMVPはボナッツォーリの気がする」と書いてあるのを見て、さすがakiさんサッカー見る眼が鋭いと思いました。

私のパソはDiretta Golすら映らなかったんですよ(泣)
アヒル口コスタは何試合出場停止になるのかしら・・・(^^;)

サッスオーロ戦怖いです。ノゼッリとマスッチの飛び出しが怖いです。
ここで勢いが止まらないといいなぁ。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。