--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2013/01/27

極寒のファンフェス@NACK5スタジアム大宮

今年も大宮アルディージャのファンフェスティバルに行ってまいりました。去年も寒かったけど、今年はもっと寒かったわぁ。このあいだの熊谷より寒かったわぁ

アルディとミーヤ

「選手の写真をたくさん撮るぞ!」と意気込んで望遠付きのデジカメを持参したものの、途中でバッテリー切れしちゃいましてね
数少ない写真の中から更に数少ない比較的まともな写真をピックアップいたしました。

まずはステージに上がるのを待っている選手たち。皆さん寒そうでした。

ステージに上がるのを待っている選手の皆さん

この程度の寒さは寒いうちに入らないであろうベルデニック監督。

ステージに上がるのを待っている監督

ステージ上の挨拶を終えた選手たち。誰もこっち向いてないし、イマイチな写真でございます。

イマイチな写真ですな

本日のベストショット。タイトルは『上田きゅんとコーン』。
上田きゅん、髪染めすぎると地肌が痛んで早く禿げるぞ。

上田きゅんとコーン

去年は下平君とラファエルに握手してもらいましたが、今年は渡部きゅん、村上さん、ヨンチョルと握手し、ズィライオ様とハイタッチしてきました。
渡部きゅんはラテンの血が少し混じってそうな濃い目のイケメンですね。イタリア好きな私のツボにストレートにはまりました
ヨンチョルはいきなりふらっと現れて私の近くの席に腰掛けたのですよ。で、直後に村上さんがやってきてヨンチョルの後ろに着席。これは握手してもらわねばと誰よりも早く突撃!
先に村上さんと握手。その後「ほら、ここにチョもいるし!」とヨンチョルの背中をバンバン叩く村上さん。で、「あ、俺の持ち場ここじゃないんだよね」と立ち上がって消えてしまいました。面白い人だ
ヨンチョルは噂どおり色白でつるんとしたお肌でした。女の私より遥かに肌がキレイ。羨ましい…。
大人気のズラタンとはハイタッチするのが精一杯。スターのオーラを漂わせていてステキでした

今日一番盛り上がったのは鈴木社長の挨拶の中で「ノヴァコヴィッチとほぼ契約に至った」と告げられた瞬間でした。

いや~今年の大宮、本当にACL狙えるかも?

と、せいぜい今のうちに浮かれておこうと思います。や、でも、このメンバーで残留争いはないよね?大丈夫だよね?

スポンサーサイト
その他サッカー | Comments(2) | Trackback(0)
2013/01/21

ペナルティ軽減とか親善試合シオン戦とか

今季レッジーナはカルチョ賭博関係で-3のペナルティを食らっておりましたが、有難いことに控訴審で-2に軽減された模様です。お陰さまで勝ち点が22から23に増え、順位が15位に浮上しました。ラッキー♪
これで調子付いて中断開けのシーズン後半、大宮並みの快進撃を続ければプレーオフも夢じゃありません。
いっそのことペナルティを無かったことにしてくれたら(以下自粛)

さて、1月18日に中断期間を利用してグラニッロでスイスのシオンと親善試合が行われました。レッジーナが3-0で快勝しとります

REGGINA 3-0 SION
Marcatori: 12'st Di Michele, 21'st rig. Fischnaller, 27'st Bombagi
Reggina: Baiocco (1’st Facchin); Adejo, Freddi (15’st Bergamelli), Lucioni (15’st Di Bari), D’Alessandro (33’st Viola), Armellino (26’st Giannattasio), Barillà (15’st Hetemaj), Rizzato, Bombagi (33’st Sarno), Di Michele (15’st Fischnaller), Campagnacci (15’st Comi). Allenatore: Dionigi.
Sion: Vanins (33’st Deana);Vanczak,Lottici,Dingsdag, Marques (20’st Melo); Wuthrich (10’st Karlen), Gattuso (1’st Fernandes), Basha (35'st Darragi), Crettenand; Itaperuna (17’st Mrdja), Ndjen. A disposizione: Joaquim, Adailton, Fickentscher, Margairaz, Zambrella, Buhler, Lafferty, Elmer, Lacroix, Yoda, Sauthier. Allenatore: Munoz.
Arbitro: Catona di Reggio Calabria (Ieracitano e Turiano di Reggio Calabria)

それにしても、何故シオン?と思ったら元ミランのガットゥーゾが所属しているんですね。確かミラン時代に視神経のマヒで長期離脱してましたが、今はすっかり元気なんでしょうか。
カラブリア出身のガッちゃんは試合後サンタガタ練習場を訪問。プリマヴェーラちゃんたち大喜びでした。

ガットゥーゾ&アマラントティフォージ

冬メルで結構動きがありました。私の2004年イタリア初遠征で昇り龍に真紅の牡丹という派手なトレーナーを着ていたあのお方がレッジョに帰還しております。シオン戦でもしっかりゴールしております。ま、メルカートの話はまた後日。

明日目覚めたら一面の銀世界ではありませんように。もう雪かき疲れたよー。

12-13レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2013/01/15

レッジョ編1日目①:円高なので四ツ星ホテルで贅沢してみた

5月2日(月)晴れ時々曇り

10時40分リナーテ空港発のフライトでミラノを離れ、12時20分定刻どおりにレッジョに到着した。北部の大都会ミラノから一転、緩い南国ムードが漂うレッジョの空気を思い切り吸い込む。アウェイからホームに戻ってきたぞ!や、ミラノはいいところだったけどね。

空港からタクシーで今年のレッジョの宿その1のAlbanuova Hotelへ。土日はこのホテルが満室のため、別のホテルへ移ることになっている。イタリア遠征開始以来、未だかつてない円高ということもあって、今年は奮発して四ツ星ホテルを予約してみた。たまには贅沢してもいいよね。
ブルーを基調とした品のあるインテリアが今までの安宿とはちょっと違うでしょ?広いし清潔だし居心地はすこぶる良かった。

Albanuova Hotel 1

Albanuova Hotel 2

Albanuova Hotel 3

Albanuova Hotel 4

ホテルは中央駅から徒歩5分以内という便利な立地。とりあえず駅前のバールでパニーノとドリンクを調達して胃袋を満たしてからレッジョのお抱え運転手のアントネッロに電話した。
「ドヴェ?!(どこや?!)」というお決まりの第一声に大笑いしながらレッジョにいることを告げる。例によってなぜ事前に教えないのかと延々と怒られるが、途中で話を遮ってサンタガタ練習場へ行きたいから1時間後にピックアップして欲しいとお願いした。

スーツケースを開けて選手へのお土産を紙袋へ詰め込んだりして、あれこれ慌しく準備しているうちに1時間が経過。ホテルのエントランスを出ると、少し離れたところに駐車していたアントネッロが両手を広げて待っていて、熱烈なハグをされた。今年も送り迎えよろしくね!

南北イタリア遠征記2011 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/01/06

ミラノ編5日目②パルマ×パレルモ観戦記 その2

降格の危機にあるパルマを鼓舞しようとゴール裏では試合前から熱い応援が繰り広げられていた。

ゴール裏のパルマティフォージ

この日私はデジカメを持参するのを忘れた。故に望遠の利かない携帯電話で遠目の写真しか撮れなかったことが非常に心残りである。しかし、こんな遠目の写真でも、左から2番目のチビがジョヴィンコちゃんで、左端のお団子ヘアがバルザレッティであることは容易に判別できると思う。

試合前の両チームの選手たち

「そういえばパストーレいないですよね?」とakiさん。
「ウソだ~、パストーレがいないわけないじゃん」と目を凝らすけど見つけられない私。10列ほど後ろにいるmagoさんも巻き込んで3人で必死にピッチ上にいるはずのパストーレを探すこと数分。

やだー!パストーレが短髪になってるーーー!!!

くりんくりんの黒いロン毛が愛らしかったパストーレはバッサリ髪を切っていた。そりゃあ見つからないわけだ…。どうしたのパストーレちゃん、失恋でもしたの?

一年半という長い時間が経過したため試合内容は曖昧であるが、1点目がとんでもない面白ゴールだったことは何となく記憶している。シリグがやらかしたんだっけ?どう面白かったのか詳細は覚えていないのだけど。←え?
いや、もう、試合経過どうこうよりも、ルカレッリ先発とか、ミランテが負傷退場してパヴァリーニと交替とか、モデストがゴールとか、まるで私のための試合としか思えない展開に狂喜乱舞。神様、元レッジーナの選手を全員ピッチに送り出してくれてありがとう!きっと昨日15分しか試合を見られなかった分を埋め合わせてくれたのね?

パレルモは先制された後はやる気ナッシングという通常運転だった。本当に波が激しいチームだよね。今日は波に乗れない日だったらしい。
パレルモで一番印象に残っているのが、前半私たちの目の前を何度も駆け上がっていったバルザレッティ。湯上り姉さんみたいなうなじからフェロモンをプンプン発散させいて、むせ返るような色香にお腹いっぱいでございましたわ。因みにああいうセクシー系長髪男子は結構好みである。←誰も聞いてない

パルマ快勝でエンニオ・タルディーニの雰囲気はすこぶる良かった。出口に向かっているときに一昨日パルマ練習場で世話になったスタッフのおじちゃんを発見。私を覚えていたらしく満面の笑みで手を振ってくれた。

パルマは試合後の出待ちが簡単である。残念ながらアウェイチームの選手とは接触できないが、パルマの選手は至近距離で拝み放題だ。そこら辺で普通にファンと選手がおしゃべりしている。垣根の低さはレッジーナやエンポリと同じレベルかも知れない。
magoさんはサンプドリア時代から顔を覚えられているミランテにウィンク付の挨拶をされていた。そういや私はレッジーナの選手からウィンクされたことないな…。と思ったら、後日レッジョで思いがけない人からウィンクされて卒倒しそうになるのであった。まあ、その話は置いといて、隠し撮りした選手の写真を何枚かご覧くだされ。
まずは笑っちゃうくらい無防備にあちこちふらついていたザッカルドさん。

いつもゆるゆるのザッカルドさん

大人気だったクレスポ。一気に老けたよね…。

淡々とファンサするクレスポ

同じく人気者のスケコマシガロッパ。

南イタリア2011 239s

こちらはモッローネ。

南イタリア2011 240s

試合後は家族と帰る選手がほとんどで嫁&子どもウォッチングを楽しめるのだが、モデちゃんの子沢山振りには驚いてしまった。4人だっけ、5人だっけ?レッジーナ時代は1人しかいなかったのに、その後ずいぶん子作りに励んだんだね。←余計なお世話だ

なぜかジェノアのアントネッリがいてakiさん大喜び。ジェノアの試合は土曜開催だったので今日はパルマに遊びに来たっぽい。
akiさんにアントネッリとの2ショット撮影を頼まれてカメラを構えたのだが、このときザッカルドが私の横に立っていたそうな。思わずakiさんは自分がカメラを構えようかと思ったくらいザッカルドは私に密着していたらしい。全然気付かなかったわ。ザッカルドさん、私に何か御用でしたの?

レストランが開くまで時間がだいぶあったのでmagoさんとakiさんにパルマの街中を案内してもらった。

南イタリア2011 245s

南イタリア2011 246s

南イタリア2011 251s

南イタリア2011 252s

ディナーはパルマで一番美味しいと評判のコッリエーリでいただいた。パルマといえば生ハムとはいえ、メニューに魚介類が皆無なのに軽く驚く。まあパルマに海はないから当然か。
3人で胃袋がはち切れそうなくらい食べてから私とakiさんはミラノ行きの列車に乗り込んだ。悲しいことにICのチケットが買えず、各駅停車でえらい時間がかかったわさ。

明日私はレッジョへ飛ぶため、akiさんとはミラノ中央駅でお別れ。akiさん、お疲れ様でした!

南北イタリア遠征記2011 | Comments(0) | Trackback(0)
2013/01/02

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます

蟹で新年を祝うの巻

いつも新年のご挨拶は南イタリアの美しい海と共にお届けしていたのですが、去年は仕事オンリーで一度も海外へ行かなかったため蟹の写真にしてみました。深い意味はありません。我家は今夜蟹パーティーだったという、それだけの理由であります。

必死に蟹と格闘している最中にぴのさんから「日テレに俊さん出てるよ!」とメールが来まして、お陰さまでキノコ王子のお姿を見逃さずに済みました。ぴのさんサンキュー♪
今年の王子は動いている船の上から民家の窓にボールを蹴りいれるという非常に難易度の高い挑戦をされていました。残念ながら制限時間内に成功しませんでしたが、王子の凹み具合に大いに笑わせていただきましたわ。スンタンまた来年がんばれ~

クソ忙しかった昨年の疲れが全然癒えないため、明日は近場の日帰り温泉でのんびりしてきます。
明後日辺りからレッジーナ関係や遠征記を更新する予定でございます。

今年は去年ほど忙しくありませんように。GWにレッジョへ行けますように。

こんなささやかな願いが叶う一年でありますように。
それでは皆様、楽しいお正月をお過ごしください。
本年もよろしくお願いいたします。

未分類 | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。