--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/06/24

ミラノ編4日目②:ベルガモの気まぐれな天気に泣く その2

山の天気は変わりやすい。朝から晴れ渡っていたのに選手入場と共にポツリポツリと降り始める。

雨の中で両カピターノがフラッグ交換

そして試合開始のホイッスルと共に土砂降りに。文字通りバケツをひっくり返したような降り方だ。しかも雷のオマケ付き。スタジアム上空に稲妻が走る。

前半12分、凄まじい雷鳴と共にレッジーナ失点。

ミンガッツィーニのシュートをコセンツァがクリアミスしてコースが変わり、レッジョの偉大な守護神プッジョーニ様でもどうにもできず…。
コセンツァは雷にびびっちゃったのね?そうなのね?
まあでも挽回する時間はたっぷりあるさ!そう気を持ち直したもののピッチが田んぼと化して前半15分で試合中断。マジですか!
VIP席のレッジーナの重鎮たちが一斉に立ち上がってどこかに消えた。行き先は恐らくロッカールーム。「雨天中止」の文字が私とakiさんの頭の中をよぎる。
50ユーロ払って15分の観戦になったら笑うしかないな!
レッジーナの重鎮たちがVIP席に戻ってきた。20分の中断の後、雨の勢いが弱まったところで審判団と選手がピッチに戻ってきた。あちこちでボールを転がして試合続行可能かどうかを話し合っている。

水浸しのピッチ

しばらくしてホイッスルが3回鳴った。
なんてこったい。50ユーロ払って本当に15分の観戦になっちまったぜ…。
レッジーナの重鎮たちが引き上げ始める。じっと見つめていると視線を感じたのかコッツァがこちらを向いた。顔を覚えられている自信は全く無かったが、思い切って小さく手を振ってみた。すると驚いた表情で大きく目を見開き、次いで笑顔で手を振り返してくれた。
きゃー、コッツァが私を覚えていたー!
「まあ50ユーロはコッツァ拝観料ということで」とakiさん。ずいぶん高い拝観料だなぁ。レッジョに来れば無料で拝み放題なのよ?

ゲートの外に出るとアルビノレッフェのスタッフが私たちを追いかけてきた。何かと思ったら明日アルビノレッフェの公式サイトで再試合の情報が載ることを告げに来てくれたのだった。イタリア語が読めなかったらホテルのフロントで尋ねなさいとか、今日のチケットを持ってくれば再試合を見らるとか、むちゃくちゃ親切に英語で教えてくれるんだけど、、、
問題はね、再試合の日にベルガモ(イタリア)にいるかどうかなのよ。
ドイツ人と思われるオジサンたちも別のスタッフに呼び止められて説明を受けていた。このゲートから入った外国人が何人いたかをちゃんと把握しているようだ。外国人観客に対するフォローに抜かりはない。感心だなぁ。これがレッジーナだったらスタッフは走り回って外国人観客を探してくれるだろうか。
・・・外国人は私くらいしかいないし、毎日練習場に通っているから探す必要もないか
笑えることに往路の列車の中にいたイギリス人青年二人もスタジアムの外にいた。アルビノレッフェは弱小クラブなのにインターナショナルな知名度を誇っているのね?や、単にミラノ滞在の観光客が「今日どこかでサッカーやってない?」とホテルのフロントに尋ね、ミラノから一番近いこの試合を勧められただけだろうけど。

せめてレッジーナの選手たちを出待ちしようとメインスタンドのゲート近くの駐車場の脇でスタンバイ。しかし一向に選手たちが出てくる気配は無い。出待ちポイントはここじゃないんだろうか。akiさんとスタジアムの外周をぐるりと一周したが、アウェイの選手がどこから出てくるのかサッパリ分からんかった。akiさんをレッジーナの選手たちと対面させたかったのに残念。とっても残念。
因みに試合中止後すぐに青空が顔を出して私たちの無力感が倍増。女心とベルガモの空は変わりやすいものよのう

晴れ間ののぞくベルガモ市内

ベルガモ駅まで徒歩で戻り、列車が来るまで駅前のショッピングセンター1階のバールで一休み。akiさんがスプレムータを注文してくれて、生オレンジをたっぷり絞ったジュースでカラカラの喉を潤した。大変美味しゅうございました。

笑えることに復路の列車にも件のイギリス人青年二人がいてミラノで降りた。向こうも「あのアジア人またいる!」と思っているだろうな。

夜は私が泊まっているホテルの通りの並びにある店でakiさんと夕食を取った。確か、リストランテ・ピッツェリア・リモーネとかそんな名前だったと。店の外壁か看板にレモンの絵が描いてあったと記憶している。

団体客で賑わう店内

間口は広くないのに奥行きがえらい長いウナギの寝床みたいな構造。そしてピアノの弾き語りでカンツォーネを聞かせるおっさんピアニストの向こうの壁にはマトリックスのパネルという実にシュールな空間。このおっさんが演奏しながらウィンクしてくる。うん、正しいイタリア男だ。

マトリックスとおっさんピアニスト

この日コッツァに笑顔で手を振ってもらった私は迷わずムール貝(コッツァ)を注文。イタリアに来たら絶対にムール貝は外せない。日本じゃ倍の値段で半分の量だもの!

ムール貝大好き♪

時間が経ちすぎて何のパスタか全く覚えていないが味は悪くなかった。

なんの味だったっけ?

共にウワバミ女な私たち、白ワインをがぶ飲みしながら美味しいイタリアンを満喫。ちょいと高かったけど(トータル109ユーロ)楽しいディナーだった。酔った勢いでチップを弾みすぎてしまったけど

明日はパルマでmagoさんと合流して3人でパルマ×パレルモを観戦する。どうか天気に恵まれますように。

スポンサーサイト
南北イタリア遠征記2011 | Comments(2) | Trackback(0)
2012/06/20

ミラノ編4日目①:ベルガモの気まぐれな天気に泣く その1

4月30日(土)晴れ一時豪雨

身支度を済ませて朝食スペースへ行くと満席だった。待っている人までいる。こりゃテーブルに着くまで時間がかかりそうだ。ということで、さっさと諦めてミラノ中央駅へ。駅構内にあるバールというかファストフードみたいな店でブリオッシュとオレンジジュースの朝食セットを取った。店内は比較的空いていて、ゆったり食べることができた。余計な金を使ってしまったけど、まあいいか。
因みにこの時点のミラノの天気は晴れだった。

ミラノ中央駅巨大電光掲示板

11時半にミラノ中央駅の巨大電光掲示板前で昨夜ミラノに到着したakiさんと待ち合わせ。若いので長旅の疲れも無いらしく元気だった。20代っていいなぁ。一方、若くない私は昨夜のいんちき日本食レストランで食べたチラシ寿司がいけなかったのか腹の調子がすこぶる悪かった。
とりあえず自動券売機でベルガモ行きのレジョナーレ(各駅停車)の切符を購入してから昼食用のパニーノと水を調達。列車に乗り込む前に駅の有料トイレ(1ユーロ)で用を足した。

列車は定刻に発車。まもなく聖書の教えを説きながら小銭をせびる物乞いがやってくるが完全無視。こんなんで金を恵んでくれる人がいるんだろうか?
私たちの近くに若い兄ちゃんが二人座っていて、英語でおしゃべりしているのが聞こえてきた。コックニー訛の英語。イギリス人か。この二人もベルガモで降りた。

ミラノ中央駅で用を足してきたものの、腹の調子が悪い私はベルガモ到着と同時にまたトイレに行きたくなる。駅前に小規模なショッピングセンターがあったので入ってみると、2階にそこそこのレベルの有料トイレ(30セント)を発見。ここは使える。

駅前でタクシーを拾い、akiさんがドライバーにスタジアム名を告げるが分かってくれない。『スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア』と何度繰り返しても首をひねるばかり。私が「カルチョ!」と言うと「ああ!カルチョを観にいくのか!」と分かってくれた。このドライバーはイタリア人なのにサッカーに全く興味がないそうだ。興味なくてもタクシードライバーとしてスタジアムの名前くらい覚えておけっつーの。プロ失格だぞ。
因みにこの時点のベルガモの天気は雲が多いものの晴れていた。

スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア外観

このスタジアムを訪れるのが二度目のakiさんは迷うことなくチケットブースへ直行。ちょうど5~6人の赤ら顔のオジサンたち(ドイツ人かしら?)が英語でチケットを購入してるところだった。アルビノレッフェ対レッジーナなどという超マイナーな試合を観戦する外国人が私たち以外にいることに軽く驚く。
チケットブースのお兄さんは英語がペラペラだった。奮発してメインスタンドの一番高い席をゲット。80ユーロの席が女性割引で50ユーロだった。この50ユーロのチケットが思いのほか高い買い物となることを、このときの私たちはまだ知らない。

「レッジーナの選手はもうスタジアム入りしちゃったんでしょうかねえ」
二人してレッジーナのチームバスの進入ルートを探すが、どこからアウェイのチームバスがやってくるのかイマイチわからんスタジアム構造だった。とりあえず腹が減ったのでフェンスに寄りかかって立ったままパニーノを頬張る。食べ終わってもレッジーナのバスが来なかったので諦めてゲートに向かった。外国人の観客を親切に誘導してくれるアルビノレッフェのスタッフが好印象。弱小クラブだけど、こういうところはちゃんとしているのね。

私たちの席はVIP席のすぐ隣の見晴らしのいい2階席だった。ふと見上げると天井の柄が凝っている。

スタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリア天井

右側のブロックは水色のアルビノレッフェ・ティフォージの中にアマラント色のジャージを着たチビッ子たちが紛れていた。左のブロックはVIP席で、レッジーナの重鎮たちが座っている。フォーティ会長はもちろんのこと、副会長のレモさん、スポーツディレクターのジャッケッタ、今季テクニカルスタッフとしてフロント入りしたコッツァという錚々たるメンバー。その周囲もレッジーナのティフォージで埋め尽くされていた。アルビノレッフェの本拠地なのに、周囲がアマラント関係者ばかりという不思議席。なんだこりゃ。
人気者のコッツァはあちこちから「チッチョ!」と声が掛かり、その度に声の主の下へ走っていって談笑していた。見かけによらず社交的な人なのね。

社交的なチッチョ・コッツァ

因みにこの時点での天気は曇り。レッジーナの選手たち、爽やかな風を受けながら気持ち良さそうに試合前の練習に精を出していたのよ。

試合前の練習風景

まさかこの後あんな天気になるとはねえ…。

南北イタリア遠征記2011 | Comments(2) | Trackback(0)
2012/06/16

セリエB第42節レッジーナ×ヴィチェンツァ 締まらない最終戦

レッジーナ0-3ヴィチェンツァ
得点者:前半3分&42分 パオルッチ、後半10分 マイオリノ

REGGINA (3-5-2):
Zandrini; Freddi, Angella, Emerson (46’ Di Lorenzo); Melara (66' Maicon), Rizzo, Viola N., Barillà; Viola A., Ceravolo (66' Louzada). A disp. Leone, Armellino, D'Alessandro, Ragusa. All. Breda.
VICENZA (3-4-2-1): Pinsoglio (80' Acerbis); Brighenti (66' Tonucci), Pisano, Martinelli; Gavazzi, Botta, Soligo (56’ Paro), Giani; Maiorino, Pinardi; Paolucci. A disp. Zanchi, Abbruscato, Bariti, Bianco. All. Cagni.
ARBITRO: Nasca di Bari.
RETI: 3', 42' Paolucci, 55' Maiorino.

今更にも程がありますが結果だけでも残しておこうかなと
ホーム最終戦でもあったのに何とも締まらないゲームとなりました。昇格や降格がかかっている相手からしたら、モチベーションに乏しいレッジーナはイージーな相手だったことでしょう。第41節サッスオーロ戦然り、今節のヴィチェンツァ戦然り。ブレダさん後半は明日のレッジーナを担うプリマヴェーラちゃんを次々投入。この中に来季トップチームに上がってくる子がいるのかしら。
パレルモ移籍が決まっているヴィオラ兄にとってはレッジーナ最後のゲーム。ラストなんだからティフォージにいい所を見せたかったよね…。他にも去る選手がたくさんいるんだろうなぁ

ヴィチェンツァはレッジーナに勝利してプレーアウトの権利を得たものの、エンポリに敗れて結局はレガプロに降格してしまいました。勝負の世界は厳しいですなぁ。個人的には二度訪れたエンポリにはそれなりに愛着があるのでBに残留してくれて嬉しいですヽ(*´∀`)ノ

昇格はペスカーラとトリノが自動昇格。プレーオフを勝ち抜いたのがサンプドリア。サンプにはアッツォーリさんとコスタを持っていかれて(しかもアッツォーリさん切りやがるし)素直におめでとうは言いたくない気分だけど、FBでコスタが幸せそうなのはちょっと嬉しいっす。サンプはコスタの買取オプション行使するのかしら。

引き続き管理人は残業地獄で息も絶え絶えですが(地獄は7月末まで続く予定)、シーズンオフの間に少しずつでも遠征記の続きを書こうと思っております。多忙な夏になりそうなのでメルカート情報は決定事項を伝えるスタンスで行こうかなと。

ほいでは11-12シーズンのレッジーナを応援してきた皆さん、1年間お疲れ様でした。来季も気合入れて応援しましょう!

11-12シーズン最終順位:10位(勝ち点55)
11-12シーズン最多得点者:チェラヴォロ(11ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(3) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。