--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/30

セリエB第24節グロッセート×レッジーナ 急造DFだけど無失点

グロッセート0-0レッジーナ
得点者:いましぇーん

GROSSETO (4-3-3): Narciso; Petras, Antei, Iorio, Giallombardo; Consonni (63' Keko), Ronaldo, Crimi; Alfageme (79' Sciacca), Sforzini (83' Lupoli), Caridi. A disp. Lanni, Asante, Calderoni, Mancino. All. Viviani.
REGGINA (3-5-2): Zandrini; Freddi (54' Cosenza), Emerson, Angella; Colombo (76' De Rose), Rizzo, Viola N., Barillà, Rizzato; Bonazzoli, Ceravolo (63' Campagnacci). A disp. Leone, Marino A., Viola A., Ragusa. All. Greguccci.
ARBITRO: Baratta di Salerno.
AMMONITI: Crimi (G), Consonni (G), Viola N. (R).
NOTE: angoli 3-7; recupero 0'-3'.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
US Grosseto FC v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Zandrini 6, Freddi 5.5, Cosenza 6, Emerson 5.5, Angella 6.5, 5.5, De Rose s.v., Rizzo 5.5, Viola N. 6, Barillà 6, Rizzato 6, Bonazzoli 6, Ceravolo 5.5, Campagnacci 5.5
Datasport
Zandrini 6, angella 7, Colombo 5, De Rose s.v., Emerson 6, Freddi 6.5, Cosenza 6, Barillà 5.5, Rizzato 6, Rizzo 6.5, Viola N. 6.5, Bonazzoli 6, Ceravolo 5.5 Campagnacci 5. All,: Gregucci 6, Arbitro: Baratta 5.5

試合後の監督と選手のコメント:

■グレグッチ監督
我々はもっと戦略のプラン面を向上させる必要がある。特に相手ペナルティエリアの後方でだ。ここ数試合と比較するといいプレーが出来ていたが、まだ十分ではない。ポイントの点で我々はグロッセートよりも多くに値したはずなのに、ピッチ上ではそれが起こらなかった。今からパーソナリティ向上のために精神面での仕事をたくさんこなすことになるだろう。
ティフォージ?もし問題があるのなら彼らは抗議する権利がある。ピッチ上でのパフォーマンスで彼らを納得させる時が来た。それ相応のパフォーマンスをすればティフォージがサポートしてくれるという確信がある。グラニッロは再び燃料庫となるだろう。
■リッツァート
前半は良かった。終盤もっと何か出来たかもしれないね。だけど前節の敗北を考えたら素晴らしい1ポイントだよ。火曜日の試合は決定的なものになる。今日俺たちはパドヴァ戦後の答えを出さなくてはならなかったわけだけど、早速無失点という結果を出したことが重要だ。今日からいい準備を始めるよ。
新しい仲間?クラブが彼らを選んだということは彼らが効果的な選手であるということだ。今日からシーズン終了まで俺たちに手を貸してくれるだろう。
他の補強?選択するのはクラブだから。メルカートがいい結果に終わるといいね。
俺が残留するかって?もちろんだよ。俺たち確実性を見出さないと。そうすれば昨季の終盤にしていたプレーが再び見られるだろう。自分自身を取り戻し、勝利も取り戻すんだ。
■コロンボ
まず最初に俺たちは失点しなかった。あとは現状打破なんだよな。ゴールの前で上手くいかないんだ。でもたくさんのチャンスを作り上げたし、とてもポジティヴな側面もあるんだ。もっと向上しないといけないけどな。
ザンドリーニ?あいつは俺のハートを掴んだぜ。いいゲームをしたし、とても落ち着いていた。
俺たちここから勝ち続けないといけないな。だって、それがノーマルな状態なんだから。いま足りないのはそれなんだ。
■ザンドリーニ
落ち着いてピッチに立つことができた。強いチームが相手だったけど今日はそれほどデンジャラスじゃなかったね。これを続けて成長したいと思う。
アマラントへの移籍?水曜の朝に知って夕方にはもうレッジョにいた。フォリーニョから逃げてきたんだ(笑)。ここレッジーナにいられるなんて名誉なことだ。
ベラルディの到着?僕にとって間違いなく大事なことだ。選手として彼から学ぶことが出来るだろう。まだ夢みたいだよ。
■アンジェッラ
長いことフル出場から遠ざかっていたから最高のコンディションではなかったんだ。今日僕らは精神面で重要な引き分けという結果を得えられた。もしかしたら3ポイント獲得する事だって出来たかもしれない。
レッジョに来られて嬉しいよ。グッビオでいい試合ができるよう僕らはこの姿勢を維持しないといけない。会長のため、そしてティフォージのためにね。このグループは成功したい、自分の価値を示したいという大きな情熱を持っている。今日僕らはゲーム大部分を支配できていた。ベストな方法でグッビオと対戦するために自分たちを体系化できるよう努力するよ。




マルチキャスト・ディレッタ・ゴールではグロッセート×レッジーナにあまり映像が飛ばなかったので、見所の少ないしょっぱい試合だったのかと思いきや、監督も選手も手応えを掴んだようですね。まあ、守備陣に関して言えば、エメルソン以外の3人(ザンドリーニ、アンジェッラ、フレッディ)は加入直後の出場。連携もへったくれもない状況で失点しなかったのですから大いに評価しないといけないのかも知れません。

シエナで出番の無かったアンジェッラは久々のフル出場にもかかわらず、この試合で誰よりも高い評価を受けました。プレーへの飢えがコンディション不足を補って余りあるものだったのでしょう。

レガプロのフォリーニョから来た22歳の若きGKザンドリーニは加入即スタメンだったのに及第点の出来でした。ルックスに関しては及第点なんてもんじゃなく、とんでもないカワイコちゃんです。この試合の翌日からベラルディが練習に参加するので、しばらくザンドリーニのスタメンはないでしょうが、大きな自信になったと思います。
って、一緒に練習までしながらベラルディ獲得消滅という大どんでん返しが待っていたりして…

このまま行ったら果たして今季何ゴール取っちゃうのかしら♪とワクワクさせてくれた攻撃陣が一斉に不振に陥ったのは何が原因なんでしょうねえ。グレグッチさんのメンタル面でのお仕事に期待したいと思います。
どうでもいいけどグレグッチさんは監督というより教師っぽい風貌ですよね~。ピッチサイドより教壇のほうが似合いそう(笑)

グレグッチさん@グロッセート戦

アウェイでポジティブな勝ち点1を積み上げたものの、ブレシアにも抜かれて順位は下降の一途をたどっております。シーズン序盤の貯金は使い果たしました。そろそろアタッカンテの皆さん目を覚ましてください。

なんかもうメルカートは動きが激しすぎて追いきれません。ボナちゃんがレッチェの話を受け入れるのかどうか近日中に決定しそうです。ウィークデーに余裕があったらメルカート情報更新します。


現在の順位:8位(勝ち点33)
最多得点者:チェラヴォロ(7ゴール)

スポンサーサイト
11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/28

グロッセート×レッジーナを眺めながら呟いてみる

こんばんは。
本日は大宮に現実逃避していたので直前情報を準備しておりませぬ。試合を観ながら呟こうと思います。って、ストリーミングの単独チャンネルなさそうだわ…。

とりあえず招集メンバーは以下の通り。
Portieri: Leone (19), Zandrini (27);
Difensori: Angella, Cosenza, Emerson, Freddi, A. Marino;
Centrocampisti: Barillà, Castiglia, Colombo, De Rose, Montiel, Rizzato, Rizzo, N. Viola;
Attaccanti: Bonazzoli, Campagnacci, Ceravolo, Ragusa, A. Viola.

ダレッサンドロは累積警告で出場停止、累積リーチはアデジョ、コセンツァ、コロンボです。

つーか、昨日二人しかいなかったGKが二人とも放出されちゃいましてね。わたしゃ新宿で美味しい地鶏を食していたんですが、携帯で移籍情報をチェックした際に思わず叫びましたわよ。グロッセート戦の前日にマリーノとコヴァチク二人とも出しちゃうって、やること極点過ぎません?
以上のような理由から、今日の試合はコヴァチクとトレードでやってきた22歳のザンドリーニとプリマヴェーラのレオーネ君が招集されるという恐ろしい事態となっています。

ああ、あたいのアダムちゃんがいなくなっちゃった

数日前にはレッジーナのヴィジュアル系ヴィオラ兄がパレルモにお買い上げされました。どうやって立ち直ったらいいのか分からんほどショックを受けております。まあ今季終了まではレッジーナでプレーさせてくれるそうなので次の遠征では会えるけど

で、スタメンはこうなってます。
REGGINA:(3-5-2) Zandrini; Freddi, Emerson, Angella; Colombo, Rizzo, N.Viola, Barillà, Rizzato; Campagnacci, Ceravolo. A disposizione: Leone, Cosenza, A. Marino, De Rose, A. Viola, Ragusa, Bonazzoli.

カワイコちゃんアンジェッラがスタメンですね。ベテランのエメルソンが上手く最終ラインを統率してくれるといいんだけど。
 ↓
しかしまあ、冬メルは余剰戦力の放出のみと言っていたのに、なんなのこのダイナミックなオペレーションは
ボナちゃんが先発じゃないのは噂どおりレッチェに行ってしまうのかしら…。
 ↓
Tutto Regginaの文字実況によるとレッジーナの守備はよろよろらしい。そりゃGK+DF3枚のうち3人が新入りなんだから連携もへったくれもないわさ…。
 ↓
レッジーナ公式のスタメン発表間違ってるわ。ボナちゃんピッチにいるじゃないの。
 ↓
ほとんど画面がグロッセートに切り替わらないで前半が終わってしもうた。
レッジーナの2トップはボナちゃん&チェラヴォロらしい。
 ↓
53分にフレッディOUT、コセンツァIN
フレッディに何かトラブルがあった模様。
 ↓
62分、チェラヴォロOUT、カンパニャッチIN
交代くらいしか書くこと無いわー。ほとんど映らないしー。
 ↓
75分、コロンボOUT、デローゼIN
 ↓
やっとチャンスらしいチャンスが訪れたわ~。
リッツァートのクロス⇒ボナちゃんヘッド⇒GKナルチーゾ辛うじてセーブ
ボナちゃん、その調子で頑張れ!つーか、点取って!お願い!
 ↓
何度も映像が飛ぶようになったぞ!レッジーナの時間帯。ここで1点取ろう!
 ↓
ヴァレーゼ×トリノは雪の中。めっちゃ寒そうなんですけど。
 ↓
スコアレスドローで試合終了。
まあ急造DFで失点しなかっただけでも御の字と考えるべき?
 ↓
順位はブレシアに抜かされて8位になっちゃいました。あーあ。
いつになったらグレグッチ体制初勝利となるのかしらん。
11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/28

大宮のファンフェスティバルに行ってきた

本来なら先日の大雪の日に開催されるはずだったファンフェスが土曜に延期されたため行ってまいりました!

ファンフェスその1

たいぶ出送れちゃいまして、オープニングにも新加入選手トークショーにも間に合わなかったんですが、バックスタンドで子供たちとピッチで触れ合う選手たちを眺めているときに下平君が偶然目の前を通過しましてね、ちゃっかり握手していただいちゃいました♪
「頑張ってください!」と声をかけると「はい、頑張ります」と答えてくれましたのよ♪

下平君やばいくらいイケメンでした

深谷選手も手を振ってくれたのよ~♪

ファンフェスその2

選手との子供たちのミニゲーム。水色のユニを着ているのは誰よりも楽しそうだった北野守護神様。

ファンフェスその3

意味も無くスタジアム内をフラフラしていたら偶然ラファエルと遭遇!!!

私のラファエルとも握手しちゃいましたヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

ラファエルにも「頑張ってください!」と声をかけたらにっこり笑ってくれました。今季も貴方様についていきます。よろしくお願いします大天使様♪

初めて参加しましたが楽しかったです。昨夜レッジョ方面でショックな出来事があって落ち込んでおりましたが少し気持ちがまぎれました。

その他サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/25

セリエB第23節レッジーナ×パドヴァ ホームで4失点

レッジーナ1-4パドヴァ
得点者:前半26分&後半25分 ルオーポロ、前半45分 クッファ、前半ロスタイム2分 ヴィオラ兄、後半35分 ハレニウス

REGGINA (3-5-2): Marino P.; Freddi, Cosenza, Marino A.; D'Alessandro, De Rose (60' Montiel), Viola N., Rizzo (71' Ragusa), Rizzato; Campagnacci (78' Viola A.), Ceravolo.
A disp. Kovacsik, Angella, Colombo, Castiglia, Montiel, Ragusa. All. Gregucci.
PADOVA (4-3-3): Pelizzoli; Donati, Trevisan, Legati, Renzetti; Jidayi, Marcolini, Cuffa (82' Osuji); Hallenius (83' Cutolo), Ruopolo, Drame (64' Lazarevic).
A disp. Perin, Schiavi, Franco, Portin. All. Dal Canto.
ARBITRO: Candussio di Cervignano.
RETI: 26', 70' Ruopolo (P), 45' Cuffa (P), 45'+2' Viola N. (R), 80' Hallenius (P).
AMMONITI: D'Alessandro (R), Cosenza (R), Drame (P), Freddi (R), Montiel (R).
NOTE: angoli 6-4; recupero 2'-3'.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
Reggina Calcio v Calcio Padova

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
P. Marino 4, Freddi 4.5, Cosenza 4.5, A. Marino 4.5, D'Alessandro 5.5, Rizzo 5, De Rose 5.5, N. Viola 5, Rizzato 5, Campagnacci 5, Ceravolo 5, Montiel 5, Ragusa 5, A. Viola s.v.
Datasport
Marino P. 4.5, Cosenza 5.5, Freddi 5, Marino A. 5, D'Alessandro 6, De Rose 5.5, Montiel 5.5, Rizzato 5.5, Rizzo 5.5, Ragusa 5.5, Viola N. 6, Campagnacci 5.5, Viola A. s.v., Ceravolo 5. All.: Gregucci 5. Arbitro: Candussio 6

試合後の会長のコメント:

■フォーティ会長
「どいつもこいつももっと現実を見て謙虚になりやがれ!」
とお怒りでございます。怒りの対象は、気の抜けたプレーをしている選手、多くを求めすぎるティフォージ(マスコミも?)でございます。気分が乗らないので今節はコメント全文訳はございません。監督と選手は会長命令でプレスルームに姿を現さなかったとのこと。



いやー、清々しいほどすっかすかな守備ですな。

雨天のナイトゲームにもかかわらずグラニッロに来てくれたティフォージの神経を、これでもかってくらい逆撫でしちゃったようで…

気分が乗らないのでゴールシーンのみ簡単に。

●パドヴァの1点目
左からのレンツェッティのクロスにマリーノPが釣り出され、ファーに詰めたルオーポロが無人のゴールにダイレクトボレーを叩き込む。

●パドヴァの2点目
右CKをマルコリーニが頭で落とし、落ち際のボールをゴール前で左足を目一杯伸ばしてきたクッファに押し込まれる。

●レッジーナの1点目
(つーか唯一のゴール)
ヴィオラ兄の惚れ惚れする直接FK。元レッジーナのペリッツォーリ触ることもできず。このゴールでティフォージは「レッジーナ行けるんじゃないか?」と夢を見てしまったらしい。罪な左足だ。

●パドヴァの3点目

ペナルティエリア内左サイドからルオーポロにほぼフリーで打たれ、右足シュートはクロスバーの角に当たってゴールの中に吸い込まれた。これはマリーノP、ノーチャンス。

●パドヴァの4点目

ハレニウスというスウェーデンのカワイコちゃんにフレッディが簡単に入れ替わられ、コセンツァはスピードで置いていかれ、最後マリーノAがスライディングするも止められず。トップスピードのままペナルティエリア内左で放った左足シュートはファーポストを叩いてゴールの中に。

試合終了後はブーイングと口笛の嵐となったわけですが(対象は主にマリーノPだったらしい)、ジャッケッタがこういうティフォージの姿勢をガゼッタ・デル・スッド紙上で批判しておりました。曰く「危機に陥っているチームにとって何の助けにもならない。若いチームに必要なのは支持であって批判ではない。我々のカンピオナートはパドヴァ戦で終わるわけじゃない。」

次節は出場停止だったボナちゃんとエメルソンの三十路コンビが戻ってきます。ベテラン二人がチームに活を入れて引っ張ってくれるんじゃないかと期待しましょう。


現在の順位:7位(勝ち点32)
最多得点者:チェラヴォロ(7ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
2012/01/24

グレグッチ監督の初ホーム試合を勝利で飾れ!パドヴァ戦直前情報

関東地方は雪が積もってます。大雪で視界が悪い中、地元駅から自宅まで泣きながら運転して帰ってきました。怖かったよぉ
果たして明日私は出社できるんでしょうか。早起きして雪掻きしないとダメ?

話変わって、1月20日は我等がカピターノの33歳のお誕生日でした。

ボナちゃん33歳の誕生日

お誕生日おめでとうボナちゃん!今夜は4日遅れのバースデーゴールを決めちゃってね!
と思ったら、ボナちゃん今節は出場停止なのね…

さて、レッジーナ×パドヴァはポスティチポのため月曜夜の開催です。いくらイタリア半島南端のレッジョとはいえ、この時期のナイトゲームは辛いだろうなぁ。グレグッチさん就任後初めてのホーム試合なんだけど、ティフォージはクソ寒い夜のスタジアムに来てくれるかしら。

今宵のパドヴァ戦に招集された19名の皆さんは以下の通りです。新加入のフレッディとアンジェッラが早速呼ばれました。
Portieri: Kovacsik, P. Marino;
Difensori: Angella (6), Bini, Cosenza, Freddi (5), A. Marino;
Centrocampisti: Castiglia, Colombo, D'Alessandro, De Rose, Montiel, Rizzato, Rizzo, N. Viola;
Attaccanti: Campagnacci, Ceravolo, Ragusa, A. Viola.

怪我人はアデジョ、累積警告で出場停止なのがボナッツォーリとエメルソン、戦術的選択で外れたのはバリッラ、ルッジェーリ、サルノの3人。
ボナちゃんとエメルソンのベテラン二人がいないのが不安ですな…。

Tutto Regginaの予想スタメン:
REGGINA/ Rizzo-De Rose in mediana, dietro c'è Freddi. Pietro Marino per la porta
REGGINA (3-5-2):
Marino P.
Freddi, Cosenza, Marino A.
D'Alessandro, De Rose, Viola N., Rizzo, Rizzato
Campagnacci, Ceravolo


フレッディ先発予想に入ってます。つーか、アデジョもエメルソンもいないという危機的状況なので入らざるを得ません。来たばかりだけどフィットしてくれますように。

パドヴァは勝ち点38でレッジーナよりも上にいます。でも絶対に負けるわけには行きません。土曜の試合でヴァレーゼが勝ちやがったのでレッジーナは暫定7位とプレーオフ圏から落ちてしまいました。何が何でも勝って6位に戻らないといけないんです!
キックオフ4時45分という非常に辛い時間ですが根性で起きるつもりです。努力します。
仮に私が起きられなくても(←え?)レッジーナの皆さん、超久々の勝利目指して奮起するのよ!

Forza Reggina!!!

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/23

11-12年冬メル情報第2弾 DF2人とFW1人を放出してDF2人を獲得

金曜日にTutto Regginaで移籍情報を漁っていたら、いきなりナカムーラさんの記事がアップされました。何事かと思ったら、正月の特番で披露した神業FKの紹介の記事でした。この話題イングランド方面だけじゃなく、イタリア方面にもしっかり上陸しております。
VIDEO/ Nakamura spopola in rete facendo gol nei finestrini dei bus in movimento
ナカムーラが置いていったベンケイ君で日々FKの練習をしているレッジーナの選手の皆さん、最終目標は走っているバスの窓にボールを入れられるだけの精度を習得ですぞ!

話は変わりますが、昨日コスタのFBにチェラヴォロがレッジョ時代の思い出話を書き込んで、それにフランコさん(ブリエンツァ)がコメントして、3人ですげえ盛り上がってました。移籍しても仲のいい様子に嬉しくなるやら切なくなるやら。コスタ戻ってこないかなぁ…。

さて、今週のメルカートの結果報告でございます。

◆ 放 出 ◆

ここまで出場機会に恵まれなかった3選手がレンタルで放出されました。

ロレンツォ・ブルジゴッティ

UFFICIALE: Burzigotti al Latina
UFFICIALE: Burzigotti al Latina
ブルジゴッティはレッジーナと契約延長してからラティーナへのレンタル移籍を受け入れたそうです。昨季は大怪我でシーズンをほぼ棒に振り、今季途中で長いリハビリから復帰したもののスペースを見出すことは出来ませんでした。試合勘を取り戻すためにも継続的に試合に出られる環境が必要です。ラティーナでいっぱい試合に出て来季こそレッジーナの戦力として活躍してください。待ってるよブルジゴッティ!
前回遠征で彼はむちゃくちゃ感じ良かったんですよ。今年の遠征で会えないのが残念です。


フィラデルフィオ・カロッキオ@2011

UFFICIALE/ Carroccio al Foligno
UFFICIALE: Foligno, Carroccio ha firmato

昨季レンタル先のレッコで修行を積み今季レッジーナのトップチームに選手登録されていた19歳のDFカロッキオ君ですが、この度フォリーニョにレンタル移籍することとなりました。大きく成長して戻っておいでー。


フランチェスコ・ボンバーギ@2011

UFFICIALE: Bombagi a Piacenza

UFFICIALE: Francesco Bombagi al Piacenza
今夏レッジーナに加入した22歳のFWボンバーギはピアチェンツァへレンタル移籍することとなりました。トップチームでは出番が無く、プリマヴェーラでプレーすることが多かったと記憶しています。君も大きく成長して戻っておいでー。


◆ 獲 得 ◆

ブルジゴッティとカロッキオをレンタルで放出。更にアデジョが全治1ヶ月の怪我。プッジョーニ、アチェルビ、コスタが抜けた守備の穴が埋まらないまま冬になってしまったこともあり、フロントは二人のDFを補強しました。

いらっしゃいませフレッディ

UFFICIALE: Freddi alla Reggina
UFFICIALE: Reggina, dal Grosseto arriva Freddi
グロッセートからDFジャンルカ・フレッディ24歳を完全移籍で獲得しました。背番号は5を選択。いい補強だと思います。即戦力として大いに期待しておりますぞ!
文字になったフレッディのコメントをまだ発見できません。見つけたら訳します。


アンジェッラ@シエナ

UFFICIALE: Angella alla Reggina
UFFICIALE: Siena, Angella passa alla Reggina
もう一人、シエナからDFガブリエーレ・アンジェッラ22歳をローンで獲得。パスはウディネーゼとエンポリが半分ずつ持っております。

元エンポリの飛び切りのカワイコちゃんがキタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

これでコスタ移籍後の最終ラインの顔面偏差値がめでたく補われることとなりました♪しかも板貫さんとLukaさんの情報によると顔だけじゃなくて性格も超かわゆいそうです♪わーい♪
シエナではスペースを見つけられなかったアンジェッラ君、喜んでレッジョに来てくれました。お披露目会見が行われてから後日じっくり紹介したいと思います。

スポーツディレクターのジャッケッタによると、パレルモGKベヌッシの獲得話がまとまりそうだとのこと。移籍情報第3弾で紹介できるかしら?
あと、リッツォのカリアリ移籍が決まったかに見えましたが、土壇場で破談になった模様。
最後の最後にビックリ放出があるのかなぁ。

11-12レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
2012/01/22

ミラノ編3日目①:パルマ練習場潜入レポその1

4月29日(金)曇り時々晴れ

朝目覚めて窓を開けると日が差していた。とりあえずミラノの天気は大丈夫。パルマも晴れているといいんだけど…。
遠征仲間のmagoさんから教えられたパルマ情報によると、金曜日は午後練習で非公開らしい。ということで入待ちをするために昼前にミラノ中央駅を出発することにした。自動券売機で11時20分発のRV(各駅のローカル列車)の2等を購入。8.7ユーロなり。因みに1等は13.55ユーロ。
ベルガモ方面へ向かう列車は空いていたのに、パルマ方面へ向かう列車は結構混んでいた。そして約1時間40分後、パルマに到着。曇っているけど雨は降っていない。どうかこのまま降りませんように。
改修工事中のパルマ駅を出てバッグから取り出したのは紙ナプキン。出発前の遠征仲間の集まり@ベトナム料理レストランで、Kちゃんとakiさんが店の紙ナプキンにパルマ駅前の詳細地図を書いてくれたのだ。この地図のお陰で私は迷わずにパルマ練習場へ行くことができた。感謝。

まずは駅前ターミナルにあるホテルの手前に位置するチケットオフィスで「コープに行きたいのですが」と窓口の男性に告げる。パルマ練習場は道を挟んでコープのお向かいにあり、コープの前にバス停があるので、何事もコープを基準に据えると間違いがない。
「イタリア語は話せますか?」
「ほんの少しだけ」
すると窓口の男性は英語でバス停の番号と乗るべきバスの番号を丁寧に教えてくれた。むちゃくちゃ親切な人だった。イタリア男は本当に優しい。
ちょうどコレッキオ行きのバスが出たばかりで、次のバスが来るまで30分待った。バスもそれなりに混んでいたけど、町の中心から外れるにつれて空いてくるので途中で座れる。そして約30分後、コープが見えてきたので降車のベルを押したがバスのスピードが落ちない。「どうして?違うバスに乗っちゃった?」と一瞬パニックに陥ったが、角を曲がってコープの別の側面にちゃんと停まった。焦ったぜ。
バス停からパルマの練習場『チェントロ・スポルティーヴォ・ディ・コレッキオ』のエントランスまではせいぜい2分。ちょっと戻る形だ。迷う人はまずいないと思う。目の前にコープがあるから水や食料を調達できるし、トイレもコープで済ませればよい。練習見学のファンにとってなかなか良い環境だと思う。
パルマ練習場への行き方はこちらのサイトに書かれているので参照のこと。
■パルマへ行こう!

パルマ練習場

初めての練習場は勝手が分からないので少し緊張する。敷地内に足を踏み入れると、パルマのジャージを着たスタッフのおじさんがいたので「ボンジョルノ!」と大きな声で挨拶してみた。アタランタ練習場の小太りおじちゃんスタッフと違って、痩せ型の一見神経質そうなタイプ。挨拶は返してくれたが笑顔はくれない。や、でも、アタランタのおじちゃんスタッフも最後は仲良くなれたんだから、きっとこの人とも仲良しになれるはず。頑張ってイタリア語でコミュニケーションを取ろう。
「あの~、今日は練習を見ることができますか?」
事前に非公開という情報を得ていたがダメ元で尋ねてみると「Si」という思いがけない返事が返ってきた。わーお、超ラッキー!
「練習は3時からだよ」
ぶっきらぼうにそう告げるとおじちゃんは姿を消した。現在2時。とりあえず建物の入口は一つしかないので、その前で待ち構えていれば選手を捕まえられるだろう。

かわいいパルマ仕様の車

しばらくすると車が一台入ってきた。降りてきたのは選手と思われるイケメン君。パルマの選手は半分くらいしか判別できないので、誰であろうと来た人は片っ端から写真を撮ることにする。

フェルチャー

ちょっとバレエダンサーみたいな風貌のロルフ・フェルチャー。ベネズエラ人らしい。遠目に見たときは髪形からアマウリかと思ってしまった。

元レッジーナのパヴァリーニ

元レッジーナ遭遇第1号はGKパヴァリーニ。不思議なことにレッジョ時代は常にタイミングが悪くて彼と話したことも無ければ写真を撮ったこともない。故にパヴァリーニには覚えてもらっていないので写真だけ撮って満足した。相変わらず優しそうな笑顔。
気がつくと先程のスタッフのおじちゃんが私の斜め後に立って選手とのやり取りを眺めていた。現時点で入待ちしているのは私一人。ずっと監視されちゃうのかしら?

カンドレーヴァ

この写真を撮った後に「一緒に撮ろうよ」と言ってくれたカンドレーヴァ。しかし、帰国後いくら探しても2ショットが見当たらない。どうやらスタッフのおじちゃんが撮影に失敗した模様。カンドレーヴァは終始ニコニコ。初対面なのに有り得ないくらい優しくて感激してしまった。2ショットが失敗していたのが実に悔やまれる。

そのあと車が2台一緒にやってきた。1台はシエナでバーチをした仲であるガロッパ。ってakiさんの付き添いで行ったら、ついでに私にもバーチしてくれただけなんだけど。当然私のことなんて覚えちゃいない。
もう1台はエンポリであまりの小ささに驚愕したジョヴィンコちゃん。あれから何年も経ったのにまだ大きくなれないのね。←おい
二人は並んで歩いてきた。じゃあ一緒に撮るとするか。
「写真撮ってもいいですか?」
そう尋ねるとガロッパは自信満々の笑みを浮かべ、何故かジョヴィンコちゃんは「どうせ僕は関係ないんでしょ?」とでも言いたげにガロッパの隣からすっと離れた。え、なんで?
「ジョヴィンコ、インシエーメ!(一緒に!)」と声をかけると、ジョヴィンコちゃんはパッと顔を輝かせてガロッパの隣に駆け戻っきた。一方のガロッパは「インシエーメ?俺様の単独ショットでもなく、俺様との2ショットでもなく、ジョヴィンコとの2ショットだと?」と明らかにショックを受けていた。ジャポネーゼはみんな自分のファンだと信じて疑っていないようだけど、ごめんね私は違うのよ。

ガロッパ&ジョヴィンコ

足が切れてしまったので二人とも短足に見えてしまって申し訳ない。や、元から短足という噂もあるけど。←二人のファンの方ごめんなさい
「グラッチェ」と言う私にジョヴィンコちゃんは無邪気な笑顔で「プレーゴ!」と返し、ガロッパは単独ショットも2ショットもサインも申し出てこない私を納得いかな気に振り返りながらクラブハウス内に消えた。ガロッパさん、相変わらず期待を裏切らないすけこましキャラだわね。

次の選手の登場を待っていたら、いきなり30代くらいのイタリア人男性に話しかけられ「写真を撮らせて欲しい」と頼まれた。まあ断る理由も無いので被写体になってあげた。後日パルマ練習場を訪れたakiさんも同じ人に写真を撮られたそうな。この人はパルマファンだったらしい。で、帰国後akiさんは彼のサイトに写真をアップされ、私はスルーされた。この扱いの差はなんだ?年齢制限か?

南北イタリア遠征記2011 | Comments(2) | Trackback(0)
2012/01/15

セリエB第22節モデナ×レッジーナ 数的優位を活かせず辛うじてドロー

モデナ3-3レッジーナ
得点者:前半5分 アデジョ(オウンゴール)、前半13分 ヴィオラ兄、後半10分 チェラヴォロ(PK)、後半14分 スタンコ、後半23分 カリーニ、後半48分 ダレッサンドロ

MODENA (4-3-1-2): Guardalben; Milani, Carini, Perna, Rullo (51’ Bassoli); Nardini, Petre, Signori; Di Gennaro (83’ Di Gennaro); Stanco, Ardemagni (79’ Diagouraga). A disp. Fortunato, Trombetta, Ricchi, Ansaloni. All. Cuttone.
REGGINA (3-4-3): Marino P.; Adejo (15’ Marino A.), Emerson, Cosenza (76’ Ragusa); Colombo (69’ D’Alessandro), Rizzo, Viola N., Rizzato; Ceravolo, Bonazzoli, Campagnacci. A disp. Kovacsik, Barillà, De Rose, Viola A.. All. Gregucci.
ARBITRO: Giancola di Vasto.
AMMONITI: Ardemagni (M), Ceravolo (R), Bonazzoli (R), Rullo (M), Viola N. (R), Emerson (R), Signori (M).
ESPULSI: 52’ Perna (M), 84’ Signori (M).
NOTE: corner 2-9; recupero 2’-5’..

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
Modena FC v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:

Tutto Reggina
Marino P. 5, Adejo 5, Marino A. 5, Emerson 5, Cosenza 5, Ragusa s.v., Colombo 6, D'Alessandro 6, Rizzo 6, Viola N. 6.5, Rizzato 5.5, Ceravolo 6.5, Bonazzoli 6, Campagnacci 5.5
Datasport
Marino P. 5, Adejo 5, Marino A. 5.5, Ragusa s.v., Emerson 5, Rizzato 5.5, Rizzo 6.5, Viola 7, Bonazzoli 6, Campagnacci 5, Ceravolo 6. All.: Gregucchi 5.5, Arbitro: Giancola 4.5

試合後の監督と選手のコメント:
■グレグッチ監督
我々はいくつかミスを犯し、リードした際のチームの姿勢は好ましいものではなかった。モデナはありたっけの気持ちを込めてきたが、我々も最後はプライドをかけたリアクションを見せた。ミスについて考えなければいけない。何故ならモデナは同点に追いついただけではなく、結果を手にしたかに見えた時間帯もあったのだから。もし重要なカンピオナートを送りたいのであれば、大きな決意と集中力を持たなくてはいけないんだ。気に入ったところはたくさんあるが、全く評価できないところもある。ポゼッションしていない場面であまりに多くの間違いがあった。姿勢についての話には最後のシーンも含まれている。
PK?わからない。私の場所からは距離があったから。
うちはサイドにスピードがあるチームなのだから、この特徴を活かさないといけない。このチームにはポテンシャルがあるが、試合を読む力を向上させる必要がある。必死に練習しないと。非常に忙しい週になるだろう。
■ダレッサンドロ
僕のゴール?洒落にならない状況になるところだったから重要なゴールになったよね。残念なゲームだった。僕らは数的優位にあったのだから二人多いアドバンテージをもっと上手く活かすべきだった。
ゴールを誰に捧げるか?家族と恋人に。僕ら勝利に戻りたかったのにギリギリのドローになっちゃったよ。
監督の交代?新監督と一緒に1週間練習したところで、良いシーズン後半戦を送るためにみんな落ち着こうとしている。僕らはリードを維持できないという欠点を露呈した。こういうシチュエーションでは試合を上手く支配する必要があったのに。もっと頭を使って、もっと冷静にならないと。個人的にハッピーだけど、それ以上にレッジーナのためになれてハッピーだ。
■ミッシローリ
メインスタンドで観戦していたんだ。すぐ近くに住んでいるから仲間に会えて便利だった。
試合はちょっとリラックスしているところがあったかな。避けられる2ゴールを喫してしまったね。
ピア監督が僕がブルーになっていると言っていた?みんな僕が馴染めるように努力してくれるし、チームメイトも僕が気楽になれるようにしてくれる。出て行きたくなかったのは確かだけど、でもクラブも個人的にも満足している。
レッジーナファンの皆さん、こんにちは。いつだってレッジーナをフォローしているよ。

ミッシ…(´;ω;`)ウッ…



モデナサイドは盛大なクソ審判祭りとなっている模様。

とりあえずゴールシーンのみ振り返ってみましょうか。

●モデナ1点目
右サイドのナルディーニのクロスをクリアしようとアデジョが足を出したところ、マリーノPのニアを抜く見事なオウンゴールとなって自陣ゴールネットを揺らしましたとさ。お粗末さまでした。

●レッジーナ1点目
右サイドのチェラヴォロからマイナスのスルーパス⇒ペナルティエリア手前でヴィオラ兄が走りながら放った左足ミドルは、鋭く外巻きにカーブして左サイドネットに突き刺さりましたとさ。素晴らしい。

●レッジーナ2点目
エメルソンのFK⇒ゴール前に走りこんできたボナちゃんが倒されてPKゲット⇒少し前に同じようなシチュエーションがあったのにPKもらえなかったモデナは怒り爆発⇒かつてのアモルーゾを髣髴とさせる小刻みな足踏みモーションからチェラヴォロがしっかりPKを決めましたとさ。よしよし。

チェラヴォロは冬メルで出しちゃダメよ!

チェラヴォロは今季7ゴール。チーム内トップスコアラーに。

●モデナ2点目
ディジェの精度の高いロングパス⇒「疲れた」なんていうフザケタ名前のスタンコが上手いことバウンドに右足を合わせる⇒マリーノPが触ったにもかかわらず、ボールは左ポストに当たって内側に吸い込まれましたとさ。敵ながら天晴れ。

●モデナ3点目
CKをマリーノPがダイレクトでキャッチしたかに見えたのに、まさかのポロリ⇒ゴール前混戦の中カリーニに押し込まれましたとさ。アデジョといいマリーノといい今日に限って何故やらかす。

●レッジーナ3点目
2人退場になったモデナ相手にこのまま負けるのかと諦めかけたロスタイム3分、リッツォが独特のリズムでペナルティエリア内に切れ込む⇒リッツォの放ったシュートはモデナの4選手の足元をすり抜け、ゴール前のダレッサンドロの元へ⇒これをダレッサンドロが落ち着いて流し込み、パトちゃんみたいなゴールパフォを披露しましたとさ。よくぞ決めてくれた!

●モデナ幻の4点目
スルーパスに抜け出したスタンコがぼんやりしているレッジーナ守備陣を置き去りにしてニアに決めたけどオフサイドの判定。リプレイ見たけど微妙なジャッジ。モデナの怒りは頂点に達しましたとさ。後味の悪い引き分けだにゃー。

まあスコアレスドローの試合よりはハラハラドキドキできて楽しかったけどさ、9人の相手に青色吐息でやっとドローに持ち込むってどうなのよ?

なんとも評価の難しいこの試合、伊紙の見出しは以下のようになっております。

■ガゼッタ・デッロ・スポルト
ハートを持ったレッジーナ
モデナは激怒
グレグッチのデビュー戦はクレイジーな引き分け
クットーネはまともなゴールを取り消され、二人が退場

■カラブリア・オラ
レッジーナ敗北を回避
二人多いアマラントは93分にモデナに追いつく

■ガゼッタ・デル・スッド
混乱したレッジーナ、ロスタイムに引き分けただけ

果たして監督交代した意味があったんでしょうか。もう少し様子を見るとしますか。

現在の順位:6位(勝ち点32)
最多得点者:チェラヴォロ(7ゴール)


11-12レッジーナ | Comments(6) | Trackback(0)
2012/01/14

モデナ×レッジーナを眺めながら呟いてみる

こんばんは。
単独チャンネルを探している最中にいきなりアデジョのオウンゴールで失点。心が折れそうになりましたが、ヴィオラ兄のそれはそれは美しいゴールで追いつきました。引き続き単独チャンネル捜索中。とりあえずマルチキャスト・ディレッタ・ゴールで観てます。
 ↓
うーん、今宵は単独チャンネルないのかしらー。
モデナの元レッジーナはディ・ジェンナーロとナルディーニ。いつの間にナルドはモデナに流れ着いたんだ?開幕時にはいなかったぞ?
 ↓
いまだに12月の疲れを引きずっておりまして、己の老化の凄まじさに戦慄している今日この頃でございます。やることいっぱいあるのに何もする気が起こらん…。
 ↓
グレグッチさんは3-4-3を選択したのね。1-1で前半終了した模様。
 ↓
ハーフタイムの前半のハイライトを鑑賞中。アデジョのオウンゴールを誘ったのはナルドのクロスだったのね。
ヴィオラのゴールは本当に美しいわぁ。つーか、指をくるくる回すヴィオラのゴールパフォが超かわゆい
サンプはポッツィ君のゴールで先制。コスタがベンチにもいないのは何故?
 ↓
後半6分、エメルソンのFKに頭で合わせようとしたボナちゃんが倒されてPKゲット!
PKを蹴るのはチェラヴォロ。お願いだから決めてね。ドキドキ…
決めた!レッジーナ逆転!☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
 ↓
あっという間に追いつかれやがって
 ↓
ありゃりゃ、マリーノPがポロリと落としたボールをカリーニに押し込まれて逆転されちまいました。マリーノやっちまったなぁ
 ↓
これで冬メルでのGK獲得に拍車がかかるのかしら…。
キエーヴォはプッジョーニ様を返せ!
 ↓
モデナはシニョーリが2枚目の警告で退場して9人に。二人少ない相手に負けたら笑い話だなぁ。
 ↓
ストリーミングが途切れた間に追いついてたーーー
ダレッサンドロのゴールみたいだけどハイライト待ちだわ。
 ↓
3-3で試合終了。二人少ない相手に辛うじてドローというのは少々情けないけど、負けなくて良かったわん♪
ハイライトまだー?
 ↓
レッジーナのハイライトが来る前にストリーミングが終了してしまいました。ダレッサンドロのゴール見たかったよぉ
3点取れたのは明るい材料だけど、守備陣が足引っ張っちゃいました。いったいどう評価すればいいんでしょうねえ、この試合?今節もモタモタしていたのに6位キープなのさ。
とりあえず寝ます。(つ∀-)オヤスミー

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/09

ブレダ監督解任、後任はグレグッチ監督

今日は久しぶりに遠征記の続きを書こうと思っていたのに、朝起きたらとんでもないニュースが待ち構えていました。

ブレダ監督解任ですと?!

ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

負けたわけでもないし、プレーオフ圏内をキープしているのに意味わかんねー。フォーティ会長の堪え性のなさが改善されたと思っていたのは気のせいだったのね…
いつも会長を思いとどまらせてくれたSDジャッケッタも今回ばかりは止められなかったばかりか、一時はジャッケッタも一緒に解任されるのではないかという報道までありまして。とりあえず会長はジャックの解任はないと明言したみたいですけど。
ESCLUSIVA TUTTOREGGINA/ Giacchetta e Breda al passo d'addio
ESCLUSIVA TUTTOREGGINA/ Foti: «Domani la presentazione di Gregucci. Giacchetta? Non è in discussione»

今のレッジーナを支えている生え抜きの選手たちはプリマヴェーラ時代にブレダさんに育てられたわけで、みんな何かにつけて「ブレダと一緒にAに行く」と発言していました。選手の動揺が心配です。ブレダさんに連れられてサレルニターナからやってきたラグーサもショックを受けているだろうなぁ。シーズン序盤の好調さを継続できなかったことを、今頃皆で悔やんでいるんじゃないかしら。つーか、

選手に継続性を求める前に会長に継続性を身につけさせるのが先では?


後任はグレグッチさんでして、現在グレグッチさんのお披露目会見が行われています。レッジーナ公式で早速ビデオが紹介されました。誰か私のために全文聞き取って日本文に訳してください。
VIDEO - Gregucci: 'Obiettivo? Portare con orgoglio lo stendardo amaranto in giro per l'Italia'

グレグッチ監督@レッジーナ

レッジーナの新監督就任はプライドをくすぐられる。これは素晴らしいチャンスだ。サンタガタ練習場には監督に必要なもの全てが揃っているからね。私は仕事に対する大きな情熱をもっている。イタリア中に最高のレッジョとレッジーナを表現するべく努力するよ。スローガン?熱意とモチベーションだ。

どうもアタランタを降格させた人というイメージが強んですが…。昨季はサッスオーロを指揮していましたが5月頭に解任されていますよね。うーん、どうなんでしょう
まあレッジーナの監督になったからには応援しますけど。監督解任がショック療法となってチームが目を覚ますことを切に願っております。GWに私がサンタガタを訪問した時には、また監督がブレダさんに戻っていたとか無しでお願いしますよ。や、それでもいいけど。←おい

11-12レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
2012/01/09

11-12年冬メル情報第1弾 ミッシローリ完全移籍でサッスオーロへ

今年の冬もやっぱりいなくなっちゃうのね…

ミッシローリ@アマラントユニ最後の姿

1月3日にミッシのサッスオーロへの完全移籍が公式発表されました。
Comunicato Ufficiale Reggina Calcio
レッジーナ公式に掲載されたミッシのさよならの挨拶は以下のとおりです。
Missiroli: 'La Reggina sara' per sempre casa mia'
心の中にレッジーナを連れて行きます。何年もの間このユニフォームをまとってこられたことを誇りに思います。レッジョで生まれ育ち、レッジーナには感謝の気持ちしかありません。お陰で今日こうやって高いレベルでプレーできています。公式には今日からサッスオーロの選手ですが、レッジョには多くの友達がいます。レッジーナで僕は選手として人間として成長してきました。生まれた町のチームでキャプテンマークを巻くのは名誉なことであり、最善の方法でレッジーナを表現するためにピッチの中でも外でも全力を尽くしてきたつもりです。レッジーナは永遠に僕の故郷であり続けるでしょう。

年末から移籍ほぼ確実と報道されていたので覚悟はできていましたし、昨冬もカリアリに電撃移籍したので免疫はできていました。それでも完全移籍となると、やはり寂しいですね
サッスオーロでのお披露目会見では「難しい選択だったけど、避けられなかった」と答えていました。サッスオーロのティフォージは「魅力的なクラブからのオファーで断れなかった」と受け取り、レッジーナのティフォージは「クラブの財政を考えると断れなかった」と受け取ったのではないでしょうか。
昨今のユーロの下落からも察せられるようにイタリアの景気は冷え切っています。カルモナもコスタも夏にそれぞれアタランタとサンプドリアから買い取ってもらえないかもしれません。そう考えると高値で売れるときにミッシを売っておかないとクラブの存続が危うくなるわけで、クラブにとってもミッシにとっても仕方のない決断だったのだと思います。因みに移籍金は350万ユーロだそうです。
ミッシは移籍後すぐにスタメン出場していましたね。実力を考えれば当然のことですけど。
さよならミッシ。昇格争いのライバルチームに持っていかれたのは痛いけど、でも君の幸せをずっと祈っています。初めてレッジーナで試合に出た時から今日まで、ずっと君の成長を見守ってこられて幸せでした。今まで本当にありがとう。

               

同じく1月3日、レッジーナは今季戦力外扱いだったモンティエルと2013年6月30日まで契約を更新しました。
Reggina, rinnovo per Montiel
最初は冬メルでどこかに高く売りつけるために契約更新したのかと思ったのですが、どうやらクラブは真剣にモンティをミッシの代役と考えているようです。現在ブレダさんがミッシの代役と考えているのはヴィオラ兄とモンティの二人。共にレジスタもこなせます。どちらかというと、ヴィオラ兄はレジスタが本職で(レッジョのピルロと呼ばれていますから)、モンティは攻撃的MF(トップ下)が本職なんじゃないかな?この先この二人がどのポジションでどんな風に起用されていくのか興味津々です。半年間全くプレーしていなかったモンティは大急ぎでコンディションを上げていかないといけませんね!
同じくプレシーズンからずっと戦力外だったサントスとアルヴァレスの南米組は10月に契約解除となっています。二人とも大宮に来ればいいのに。←かなり本気
REGGINA/ Santos rescinde
REGGINA/ Via anche Alvarez
モンティも契約解除になるか、何処か海外にでも売られちゃうんだろうなと半ば諦めていたけど、思いがけずクラブから必要とされることになりました。何が何でもこのチャンスを掴んで欲しいです。頑張れモンティ!

               

メルカートの噂として今もっともホットなのは、プッジョーニかベラルディがレッジーナに復帰して、代わりにコヴァチクがレンタルで修行に出されるというもの。どっちが戻ってきても嬉しいけど、お気に入りのアダムちゃんが出されちゃうのは切ないわ…。って、まだ単なる噂の段階ですけど。
アチェルビも出戻りの噂が出ています。実現したら大歓迎です。

放出ではチェゼーナがリッツァートを気に入っているそうで…。ネタで終わってくれますように。
コセンツァ、ブルジゴッティも放出の噂がありますが、もう少し信憑性が出てきてから取り上げようと思います。
ガゼッタ・デル・スッドによると、あと6人放出される可能性があるとかないとか。うーん、実のところどうなんでしょう。

ということで、いつか分からないけど冬メル情報第2弾に続く。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/08

セリエB第21節ヴィチェンツァ×レッジーナ ポスト・ミッシローリの形を模索中

ヴィチェンツァ0-0レッジーナ
得点者:いましぇーん

VICENZA (4-4-2): Frison, Tonucci, Augustyn, Martinelli, Giani (69' Pisano), Bariti, Rigoni, Soligo, Misuraca (90' Paro), Abbruscato, Paolucci (46' Maiorino). A disposizione: Acerbis, Minieri, Bastrini, Maritato. Allenatore: Sig. Cagni.
REGGINA (3-5-2): P. Marino, Cosenza, Emerson, A. Marino, D'Alessandro, Rizzo, Castiglia (63' De Rose), N. Viola (85' Montiel), Rizzato, Campagnacci (72' Ragusa), Bonazzoli. A disposizione: Kovacsik, Adejo, Barillà, A. Viola. Allenatore: Sig. Breda.
ARBITRO: Calvarese (Teramo)
AMMONITI: Castiglia (Reggina), Augustyn, Rigoni (Vicenza)

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探してね~

この試合の写真:
Vicenza Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
P. Marino s.v., Cosenza 6.5, Emerson 6.5, A. Marino 6, D'Alessandro 6, Rizzo 5.5, Castiglia 6.5, N. Viola 6, Rizzato 6.5, Campagnacci 6, Bonazzoli 5.5, De Rose s.v., Ragusa 5.5, Montiel s.v.
Datasport
Marino P. 6, Cosenza 5.5, Emerson 7, Marino A. 6.5, Castiglia 6, De Rose 5.5, D'Alessandro 5, Rizzato 6.5, Rizzo 5.5, Viola 6.5, Montiel 6, Bonazzoli 5.5, Campagnacci 6, Ragusa 5.5. All.: Breda 6. Arbitro: Calvarese 5.5

試合後の両監督のコメント:
■ブレダ監督
我々は他所のチームのことではなく自分たちのパフォーマンスのことを考えないといけない。今日我々は好ゲームをしたと思っている。素晴らしいチャンスがありながら、それを活かすことができなかった。相手には何もさせていない。ライバルチームの試合結果は我々にとって好ましいものではなかったが、考え過ぎるのはよそうじゃないか。
メルカート?現実的になる必要がある。メルカートでは多くのトレードが行われるだろうが、予測するのは不可能だ。クオリティを維持したまま、もし可能なら更に上げつつ、言い訳を探すことなく(余剰)戦力を減らすことを考えている。収支は最後になされるものだ。現在我々は何も妨げない順位におり、シーズン前半よりも良い成績を収めることも可能だと知っている。満足感をもたらすことも可能だろう。
チェラヴォロを外したこと?週の練習で見たことを元にテクニカルな選択をした。
カスティーリャの交代?彼は非常によくやってくれた。彼は運動量の多い選手なので終盤は苦しそうだった。それに我々のベンチは素晴らしい個性を持った選手たちがいる。中盤にもっと活力を与えたかったんだ。
これがポスト・ミッシローリの形になるのか?そうなるかも知れないが、グループにはモンティエルという他の選択肢もある。今日よくやってくれたヴィオラと同様にね。
なぜボナッツォーリを使い続けるのか?エミリアーノは攻撃的なゲームを超越して重要だからだ。私は彼が常に上手くやれることを知っている。もし彼が輝きを失っているとしても、戦術的クオリティは増しているんだ。
■カーニ監督
ラスト30mでの機敏性と迅速性が少々欠けていた。この時期は重い練習をこなすので、その影響だな。我々が対戦したのは質的に非常に強力なチームだ。レッジーナは昇格争いに割って入れるだろう。真のカンピオナートは今始まったところだ。




カーニさん、お褒めの言葉ありがとうございます。最後まで昇格争いに参戦できるよう頑張ります!

さて、スコアレスドローの試合なんで特に書くこともないですなぁ。双方正月ボケが抜け切らず、ヴィチェンツァは後半えらい勢いで失速。それでもゴールできなかったレッジーナ。本当に盛り上がりに欠ける試合でございました。
ポスト・ミッシローリの形が見えたのかどうか私にはまだ判断がつきませんが、後半はボールが回るようになってきたし、ヴィオラ兄のパフォも決して悪くはありませんでした。ポテンシャルの高い選手なので試合を重ねるごとに良くなっていくんじゃないかな。
また、ブレダさんの言うようにモンティというオプションも残っています。半年間干されていたモンティは抑えきれないプレーへの渇望があることでしょう。ここで活躍できなかったら後がないという危機感も持っているはず。チームが勢いを取り戻すための起爆剤になってくれるんじゃないかと期待しています。

勝利に見放されてモタモタしている割には6位キープ。シーズン序盤の勝ち点及び得失点差の貯金が効いていますが、次勝てないとそろそろプレーオフ圏から脱落しそうです。一回勝てば若い子ちゃんたちが自信を取り戻して一気に駆け上がれそうな気がするんだけど。何か浮上するきっかけが欲しいにゃー。

現在の順位:6位(勝ち点31)
最多得点者:ミッシローリ(7ゴール)はいなくなっちゃったので、チェラヴォロ&ラグーサ(6ゴール)

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/06

ヴィチェンツァ×レッジーナを眺めながら呟いてみる

年が明けたら楽になるはずだったのに、相変わらずガッツリ残業しているのは何故なのかしら…。
でも3連休は休めるのよ~♪年末できなかった大掃除をやるぞー!!!

さて、今宵も早く帰宅できなかったので直前情報を諦めて実況もどきをいたします。
2012年最初の対戦相手はヴィチェンツァです。両チームのスタメンが発表されました。

VICENZA:
Frison; Tonucci, Augustyn, Martinelli, Giani; Bariti, Rigoni, Soligo, Misuraca; Abbruscato, Paolucci.
A disposizione: Acerbis, Minieri, Bastrini, Pisano, Paro, Maiorino, Maritato. Allenatore: Luigi Cagni.

REGGINA: P. Marino; Cosenza, Emerson, A. Marino; D'Alessandro, Rizzo, Castiglia, N. Viola, Rizzato; Campagnacci, Bonazzoli.
A disposizione: Kovacsik, Adejo, Barillà, De Rose, Montiel, A. Viola, Ragusa. Allenatore: Roberto Breda.

ヴィチェンツァは元エンポリのカーニさんが監督になってから浮上してまいりました。さすがカーニさん、いい仕事をしているようです。
レッジーナはミッシのサッスオーロ電撃移籍で激震が走りましたが、移籍関係については3連休中に別エントリーで詳細を書きます。ここまで戦力外扱いだったモンティエルが契約更新して戦力として復帰。ブレダさん練習ではミッシの代わりにトップ下にヴィオラ兄、レジスタにモンティ起用を試していた模様。今日モンティはスタメンじゃないけどベンチに入っています。後半途中からその形が見られるのかしら。とっても楽しみです♪
 ↓
ストリーミングがいきなり紙芝居状態だけど、ヴィチェンツァが押しているのは分かるわ…
 ↓
紙芝居にも程がある…
映像がかくかくだからレッジーナの攻撃がスムーズに見えないのかしら。映像のせいじゃなくて本当に攻撃がスムーズじゃないのかしら?
 ↓
前半21分、カスティーリャのミドルが惜しかった!
 ↓
ヴィチェンツァはミズラカとパオルッチが頑張っているけど、お互い決め手に欠ける状態。うーん。 
 ↓
サングラスをしたカーニさん、堅気の人には見えませんw
 ↓
アッブルスカートの名前が実況に頻繁に呼ばれるようになってきた…。しっかり守るのだぞー、レッジーナ諸君。
 ↓
前半32分、角度のないところからボナちゃん強引にシュート。どんどんボールに触って、どんどん調子を上げて欲しい。
 ↓
お互い正月ボケが残っているのかしらん(特にレッジーナ)。どうもピリッとしませんなぁ。
 ↓
前半39分、カスティーリャが腰を痛めて倒れていたけど起き上がりました~。
 ↓
前半40分、ヴィチェンツァのCKをボナちゃんブロック!
 ↓
レッジーナのアタッカンテにいいボールが入らないなぁ。
 ↓
前半45分、レッジーナ右サイドでFKゲット⇒エメルソンのFKにファーでヴィオラ兄が頭から突っ込んだけどヒットせず。
0-0で前半終了。ちょっと眠いぞー。
 ↓
後半になってレッジーナの動きが良くなってきたぞー。
 ↓
後半7分、カンパニャッチが巧みなコントロールからシュート!わずかに枠の右。
レッジーナに得点の匂いが漂い始めてまいりました。
 ↓
後半11分、リッツォの長距離砲をフリソン辛うじてCKに逃れる。
 ↓
後半15分、ヴィチェンツァのカウンターに肝を冷やしたけどセーフ。あー心臓に悪い
 ↓
後半16分、ボナちゃんを削ったアウグスティンに警告。うちのエースストライカーに何すんねん!
 ↓
後半19分、カスティーリャOUT、デローゼIN
 ↓
後半21分、エメルソンのFKがきわどい軌道を描いたけどゴールならず。誰か押し込んで欲しかったなぁ。
 ↓
レッジーナがチャンスを掴みかけるんだけどヴィチェンツァがしぶとく食らいついてくるのよねー。
 ↓
後半29分、ヴィオラ兄を背後から蹴ったリゴーニに警告。
 ↓
カーニさんが熱過ぎてカメラにブレダさんの存在が忘れ去られてる~。
 ↓
あら、映像がかくかくになっている隙にカンパニャッチOUT、ラグーサINしてたわ。
 ↓
後半は明らかにレッジーナが押しているのに、なかなか決定打が生まれない…
 ↓
後半39分、ヴィオラ兄OUT、モンティIN
モンティ頑張れ~!!!
 ↓
後半45分にヴィチェンツァは選手交代。ホームなのに引き分けOKで時間稼ぎ?
 ↓
ああ、今日のラグーサは点を取る気がしない…
 ↓
0-0で試合終了。
ミッシ抜きの形を確立するまでもう少しかかるかなぁ。モンティはブランク長すぎたから試合勘戻るまでしばらく苦労しそう。
 ↓
とりあえず6位キープ。アウェイで勝ち点1積み上げたんだから良しとしましょう。
11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/04

年末年始の中村さん

俊ファンの皆様、ご無沙汰しております。
や、試合は必ず観てるんですよ。だけど過去何度も言いましたように今は大宮サポなもので、リーグ戦に関しては書きにくいのなんのって。キノコ王子のステキなプレーを見れば嬉しいけど、大宮以外のチームの勝利はこれっぽっちも望んでおりませんので何をどう書けばいいのやら。ましてやマリノスのチーム状況についてなんて他サポが書くようなことじゃないですし。
つーことで、年末年始のリーグ戦以外の話題をまとめてどーんと放出いたします。

まずは12月10日ぐらいに放映したGet Sportsから。
これはですね、大宮期待の☆東きゅんを見るために録画したのですよ。五輪代表戦士の東きゅんとGK権田をスタジオに呼んで話を聞くという内容で、権田が東きゅんを「本当に上手い!」と褒めちぎってくれるのに気を良くしていたら(権田株急上昇↑)、思いがけない人がビデオレターで登場しまして…。

ちょっと奥さん、こんなところに中村さんが!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

例によって視線が上方を泳いでいるスンタンが、東きゅんに送ったメッセージは以下のとおり。

代表の10番というのは誇りに思っていましたし、僕が意識したのは点に絡んで勝敗を左右するようなプレーをしたりすること。(東が)点を取っていることは大事だと思うし、求められていくんじゃないですか。(五輪予選3試合2ゴール、Jリーグ8ゴールと結果を残しているのは)素晴らしいと思いますけど、やっぱり本大会が大事なので本大会で頑張って欲しいです。

長年代表で10番を背負ってきた憧れの俊輔先輩から激励されて東きゅん吃驚&大感激!
でも東きゅんより私の方が吃驚&大感激だった自信があるの。←そんなん競ってどうする
一方東きゅんにとってスンタンがどういう存在かというと「小学校の頃から10番を背負って代表で戦っている選手なので、すごく尊敬しています。見ていて楽しいですし、本当に何をするか分からないというところがすごい魅力を感じます」とのこと。いや、東きゅんマジ嬉しそうでした。二人は面識がないそうなので、Get Sportさん次はとっとと対談組んで東きゅん(と私)をもっと喜ばせてあげてください。
スンタンと東きゅんを一度に拝める一粒で二度美味しいこの番組、師走の残業地獄中で私の心の拠り所となりました。何度再生したかわかりません。Get Sportsありがとう!



リーグ戦は応援できないけど大宮敗退後のカップ戦ならマリノスを応援してあげてもいいわよ(←何様だよ)ということで、天皇杯はマリノスの優勝を心から願っていました。
準決勝の対京都戦はスンタンの絶対に勝ちたいという強い気持ちがヒシヒシと伝わってきて、さすが中村俊輔!と唸るプレーも多々あったのに残念ながら結果には繋がりませんでしたね。天皇杯優勝⇒ACL出場⇒ACL優勝⇒CWC出場⇒久しぶりに国際舞台で活躍するナカムーラをレッジョの民に拝ませてあげるというコースを思い描いていたのですが…。京都はヤングパワー炸裂なスピードのある好チームで、ちょっと今のレッジーナと似てるなって思いました。

天皇杯敗退後に木村和司監督が解任されたのには驚きました。後任は2008年に大宮で指揮を執っていた樋口さんだそうで。えーと、大宮時代の樋口さんは…。うーん、当時は今ほど大宮にはまっていなかったので樋口さんの手腕についてはよう分かりませーん。←逃げっ

初めてキャプテンとして送ったシーズンは無冠で終わりました。スンタンとしてはいろいろ無念だったんじゃないかなと。今ボナちゃんと再会したら「カピターノって本当に大変だよねー」と話が弾むことでしょう。ボナちゃんとの対談も誰か企画してー。



元旦は鉄腕ダッシュの正月特番で『走行中のバスの窓にサッカーボールを蹴り込めるか』という企画を楽しませていただきました。一本目は遅かったけど、二本目でいきなり窓枠に当ててきましたよ!録画しなかったので記憶が曖昧ですが、見事成功したのは四本目でしたっけ?窓の中にきれいに納まったときには絶叫&悶えました。

スンタンすげー!なんてかっこいいんだ!!!

鉄腕ダッシュの中の皆さん、来年もっと凄い企画を期待しています♪



元旦もう一つの番組は、TASUKI・つながる想い「日本サッカー挑戦の軌跡~レジェンドから若きサムライへ~」。これ、めっちゃ面白かったです。釜本、奥寺、風間、北沢キーちゃん、スンタンの豪華座談会に現日本代表海外組3人(岡崎、川島、阿部)の現地での暮らし振りを織り交ぜながら番組は進行。
幼少の頃に釜本サッカー教室に参加したスンタンは「ヘディングはおでこでやるんだ!」と釜本にボールをデコにぶつけられてヘディングが嫌いになったという番組序盤のエピソードに大爆笑しました。ずいぶん強烈なタスキを受け取っちゃったのね。

非常に見応えのある2時間番組だったので、特に印象に残った部分だけ書き記します。
やはりフランス大会で岡田監督に外されたキーちゃんのエピソード(監督からポジションがないと告げられたそうな)と南ア大会で戦力外扱いだったスンタンのエピソード(岡田監督は現地入りする前に阿部ちゃんを入れた4-1-4-1で行く決心をしたんじゃないかとスンタンは推測)が一番心に残りました。
納得できなくても受け入れるしかなかった互いの状況に大きく頷いて共感しまくっているスンタンとキーちゃんの姿が切ないこと切ないこと。番組収録後二人はそのまま飲みに行って『岡田監督被害者の会』を結成したんじゃないでしょうか。って、私と違って二人は出来た人間なのでそんなことはしないか。
南ア大会で生き地獄を味わったスンタンに出演者全員が「その経験がどこかで返ってくる」と言ってくれたことが嬉しかったです。うん、絶対に返ってくるよ。つーか、絶対に生かそうねスンタン。
番組終盤で風間さんの指導者論に真剣に聞き入っていましたけど、将来彼自身はどういう指導者論を語るようになるのかな…。むちゃくちゃ興味あります。

番組最後で今の目標を尋ねられたスンタンの答えは「もっと上手くなりたい」。33歳になっても変わらぬその姿勢に乾杯☆

俊輔 | Comments(6) | Trackback(0)
2012/01/01

今年は喪中なのさ

えー、今更なアナウンスですが、喪中につき新年のご挨拶は控えさせていただきます。
すみません、忙しすぎて事前にお知らせするのを忘れておりました
年賀状を頂いた方たちには、後日寒中見舞いを送らせていただきます。

ついでにFC東京天皇杯優勝おめでとうございます!
大熊さんの涙にもらい泣きしちゃいました。

未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。