--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/31

このタイミングでカチア加入 パドヴァ戦直前情報

9月2日から親孝行で母をハワイ(マウイ島)に連れて行くことになっているのですが、狙いすましたように台風が接近中であります。去年も遅めの夏休みに母を那須の温泉に連れて行ってあげるはずだったのに直前で急性腎盂腎炎で入院。
毎年5月にイタリアで遊びまくっている奴に夏休みは必要ないという神様のお告げでしょうか。
お願いだから9月2日に飛行機が飛んでくれますように。

さて、セリエAはストの最中だというのにセリエBはもう第2節ですよ!こんなに試合間隔が短いと遠征記の続きを書く暇がなくて困るんですけど。

開幕戦で4ゴールもしたのでレッジーナ現在単独首位です。勝ち点3仲間はたくさんいますが、得失点差で単独首位です。もう二度とないかもしれないので(←おい)記念に画像保存しておきました。

皆さ~ん、レッジーナが首位ですよ~!

第1節終了時の順位表

えー、本日の対戦相手はパドヴァです。昨季昇格プレーオフの準決勝でノヴァーラに破れたレッジーナと、決勝でノヴァーラに敗れたパドヴァ。夢を目前に涙を呑んだ者同士の対戦です。昨季からいるメンバーはいろいろ思うところある、、のかなぁ?ノヴァーラと戦うわけじゃないし、あんま関係ないか?

パドヴァは8月29日にカチアを獲得しました。しっかり招集メンバーにも入っております。

カチア入団会見@パドヴァ

どうせならレッジーナ戦後に獲得すりゃいいのに、このタイミングって嫌がらせかよ。こいつはディジェ以上にレッジーナ相手に燃えそうで嫌だわ。昨季ボナちゃんと同じくらいゴールしてやがるし。ダルカント監督、カチアはずっとベンチに置いといてくださいませ。

今宵のパドヴァ戦に召集された20名の皆さんは以下の通りです。
PORTIERI: Kovacsik, P.Marino;
DIFENSORI: Adejo, Carroccio, Cosenza, Emerson, A.Marino;
CENTROCAMPISTI: Barillà, Castiglia, Colombo, De Rose, Missiroli, Rizzo, Rizzato;
ATTACCANTI: Bombagi, Bonazzoli, Campagnacci, Ceravolo, Sarno, Sy.


ノヴァーラとのプレーオフで女優テデスコを巡るバトルに巻き込まれ、退場喰らって各方面から戦犯扱いされてしまった気の毒な強面コロンボさんですが、出場停止が明けてやっと戻ってきました。おかえりなさ~い!
すぐにでも使いたいところですが、試合勘の問題があるのでベンチスタートの予想です。
移籍間近と見られているジョーザ、カミッレーリ、テデスコが外れております。
フィジカルの問題で召集されなかったのはヴィオラ兄弟、ルッジェーリ、ラグーサ、ブルジゴッティですが、ルッジェーリは次の試合辺りから使えそうです。

予想スタメン:
REGGINA/ La probabile formazione anti-Padova

パドヴァ×レッジーナよそスタ

前節リッツォではなくバリッラが先発しましたが今日はどうなるでしょうか。
いつもお世話になっていたMyP2Pのサイトにアクセスすると「Twitterをフォローしてね」と出てくるのですが、試合時間になるとどこ見ればいいか告知してくれるんでしょうか?時間が時間なので(キックオフ日本時間AM3:45)わたしゃ今夜も寝ますけど。←え?

選手の皆さん、別に前節みたいに大量ゴールしなくてもいいから、得点はPKのみとか地味でもいいから、できることなら勝ってね♪
朝起きたときに勝ち点3が積み上がっていますように☆

Forza Reggina!!!

スポンサーサイト
11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/29

セリエB第1節レッジーナ×モデナ 開幕戦でゴールラッシュ!

レッジーナ4-1モデナ
得点者:前半21分&42分 カンパニャッチ、後半7分 ミッシローリ、後半12分 ディ・ジェンナーロ、後半29分 リッツァート

REGGINA (3-5-2):Kovacsik, Cosenza, Emerson, A.Marino, Adejo, Missiroli, De Rose, Barillà (dal 22' s.t. Castiglia), Rizzato, Campagnacci (dal 26's.t. Ceravolo), Bonazzoli (dal 26' s.t. Rizzo) . A disposizione: P.Marino, Carroccio, Bombagi, Sy. Allenatore: R. Breda
MODENA (4-3-3): Caglioni, Turati, Perna, Carini, Rullo, Giampà, Petre (dal 10' s.t. Ciaramitaro), Dalla Bona (10's.t. De Vitis) , Di Gennaro, Fabinho (30' s.t. Bernacci), Greco. A disposizione: Guardalben, Bassoli, Milani, Spezzani. Allenatore C. Bergodi.
Arbitro: Ostinelli di Como
Ammoniti: 20' Petre (M), 23' Perna (M), 37' De Rose (R), 36' s.t. Rizzo (R), 45's.t. Giampà
Marcatori: 21' Campagnacci (R), 42' Campagnacci (R), 7's.t. Missiroli (R), 12' s.t. Di Gennaro (M), 29's.t. Rizzato (R)

この試合の動画:
Reggina - Modena 4 - 1 Serie B Win Full HD
Serie Bwin公式サイトで各自見てちょうだいな

この試合の写真:
Reggina Calcio v Modena FC

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Kovacsic 6.5, Cosenza 6.5, Emeruson 7, Marino A. 6, Adejo 5.5, De Rose 6.5, Barillà 6.5, Missiroli 6.5, Rizzato 6.5, Campagnacci 7.5, Bonazzoli 6.5, Castiglia 6, Rizzo 5.5, Ceravolo 6.5
Datasport
Kovacsik 6.5, Adejo 5, Cosenza 6, Emerson 6.5, Marino A. 6, Barillà 6, De Rose 6, Rizzato 6.5, Bonazzoli 6.5, Campagnacci 7.5, Missiroli 7, Castiglia 6, Rizzo 5.5, Ceravolo 6.5, All. Breda 6.5

試合後の監督と選手のコメント:
■ブレダ監督
素晴らしいゲームだ。ミスもあったが大事なのは我々の仕事に確信を与えたこと。利点は既に確認されていたが、結果だけが出ていなかったんだ。我々は疲れが出たときに耐える力を持ってるようになった。リスタートを上手く利用できた。若干ミスもあったが、このやり方で問題ないだろう。うちには別々の素晴らしいベースがある。カンパニャッチとボナッツォーリは異なるタイプのゴールを決めてきた。私は満足しないチームを、容赦ないチームを求めている。時にありふれた試合になることもあるだろう。常に4ゴールできるわけではない。しかし、姿勢は正しい。ゴールを作り出す者は、チームを助けるために、バランスを維持するために、他の者のためにプレーし続けなければいけない。チェラヴォロは投入されて素晴らしい仕事をした。4ゴール目のアシストのことだ。私はこの姿勢を全員に求める。
~中略~
メルカート?パドヴァ戦のことだけ考えているよ。パドヴァでも上手くやりたい。こんな選手たちを持てて私は幸せだ。
■コヴァチク
いいスタートを切れたことと、いいパフォーマンスが出来たことが大事。僕たちもっと成長できるし、もっと成長したいんだ。正しいプロセスの上にいると思う。僕は自分の仕事をした。全てのDFたちが彼らの仕事をしたようにね。コッパイタリアと比べたら、全然気温が違ったよね(笑)。相手を上手く抑えられた。前半はやることがなかったよ。3-1になってからはちょっとスローになったけど、でも残りの時間も僕たちいいプレーができていた。
エメルソン?コッパイタリアでも凄いゲームをしていたね。仲間たちは試合の前に、僕が自分でどうすべきか理解しているとおりにやれるよう、手助けしてくれたんだ。これが僕にとってセリエBリーグ戦初先発だったけど、僕は「10年前からサッカーをしているんだから、それを続ければいいんだ」って考えていた。ホームの観客の前に立つのは初めての経験で、南クルヴァの下でスタートを切った。僕もっと上手くなれるよ。昨季よりも上手くなりたい。次のパドヴァ戦でも結果を出していいゲームをしたい。
マリーノとの競争?僕にとって彼は偉大なGKだ。失点しなければ先発でいられるかな。残念ながら今日1点取られちゃったけど。でも決めるのは監督だから僕らは練習するのみ。それだけだよ。僕の欠点はジェノヴァの監督(アッツォーリさんのこと?)もいつも言っていたけど、あまりしゃべらないこと。自分でもわかっているんだ。この点についても努力するよ。
■リッツァート
正しい姿勢だった。こういうスタートは期待していなかったよ。
エメルソン?素晴らしい獲得。素晴らしい足だ。
メルカートの噂?オファーは貰っていないよ。レッジーナのことだけ考えている。
俺らは強いチームを困難に陥れた。コッパイタリアでは酷暑という極端な条件下でのプレーだったんだ。
ゴールできて幸せだ。両親と今日観客席にいた恋人に捧げる。アレッシオ・カンパニャッチのゴールも嬉しいよ。昨季は不運だったからね。




大宮もレッジーナも快勝して非常に清々しい日曜日でございました。
開幕戦で4ゴールというのは私がレッジーナの試合を観るようになった02-03シーズン以来記憶に無いです。恐らく初めてではないでしょうか。

1点目は最終ラインのコセンツァのロングフィード⇒ワンバウンドでタイミングを合わせたカンパニャッチが左足を降り抜き、クロスバーの下を叩いてからゴールライン内側に落ちました。

2点目はボナちゃんのナイスな落としをトラップして前に運ぼうとしたのが流れて一度はボールを失う⇒幸運なことにぺルナがトロくさい対応をしてくれたので即座にボールを取り返し、GKの位置を見極めて今度は右足で冷静にゴール!
昨季は焦って闇雲にシュートしていたカンパニャッチとは思えないゴール前の落ち着き!もの凄く成長しましたね。

3点目はミッシがハーフウェーライン手前から一人でゴール前までスルスルとボールを運んでゴール。やはりモノが違います。Bではずば抜けてます。
ミッシのガッツポーズってかわいいんですよね

ミッシ@11-12 First goal vs. Modena

失点シーンは左サイドでアデジョがファビーニョの突破を止められず、中央に折り返されてディジェに押し込まれました。コッパイタリアに続きディジェはレッジーナ相手に連続ゴール。自分を信頼してくれなかったクラブにリベンジできて満足でしょうね。つーか、君を信頼しなかったのはレッジーナというよりもオルランディさんだけど。

4点目はお役御免のカンパニャッチと入れ替わりに入ったチェラヴォロがお膳立て。中央のデローゼが左サイドに展開したボールをチェラヴォロが深い位置までえぐってからマイナスの優しいクロス⇒リッツァートがGKカリョーニの左を抜くダメ押し弾。
自信は人の顔つきを変えますね。09-10シーズンと比べると別人のように頼もしくなりました。

リッツァート@11-12 First goal ver. Modena

85分にはモデナのCKをカリーニが頭で合わせた鋭いボールをコヴァチクが超スーパーセーブ!大きな自信になったことでしょう。

Datasportの記事のタイトルがいいです。
bum bum Campagnacci, Reggina a forza quattro
『ブンブン、カンパニャッチ!レッジーナ強烈4ゴール!』
こんな日本語でいいかしら?こんな訳でも雰囲気はつかめますよね?
カンパニャッチ各方面で大絶賛されております。今季8ゴール宣言は予想よりも早く達成されるかも?

なんか上手く行き過ぎて怖いくらいですな。いきなり次節この勢いがなくなっていないことを祈ります。

※追記
レッジーナ公式でモデナ戦のMVP投票が行われていますが、ぶっちぎりの一位がカンパニャッチなのは当然として、2位は新加入のDFエメルソンです。すっかりファンの心を掴んだようですね。

11-12レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
2011/08/28

セリエB開幕!モデナ戦直前情報

ようやく大宮がホームで勝ったじょー∩( ・ω・)∩

こうなったら意地でも今季ホーム初勝利を見届けてやると通い続けたNACK5、今夜やっと歓喜の瞬間を迎えることが出来ました。長かったよ~。
帰宅後ビールで祝杯あげて酔ってますが、そろそろアルディージャからレッジーナにスイッチしないといけませんね。

セリエAはストで開幕が遅れますが、セリエBは予定通り開幕します。つーか、既に一昨日アンティチポのサンプ2-2パドヴァが、昨日エラス・ヴェローナ1-2ペスカーラが行われました。現時点で勝ち点3を獲得したペスカーラが首位でございます。
レッジーナの対戦相手はつい先日コッパ・イタリアで当たったモデナです。今日はグラニッロでの対戦ですし、ぜひともリベンジしてやりましょう!

開幕を前にTutto Regginaが私のアモルーゾに独占インタビューしてきました。Good Job!!!
AMORUSO A TUTTOREGGINA/ "La Reggina ha qualcosa in più del Modena. Bonazzoli elemento chiave"
酔っ払っているので箇条書きで簡単に。
◎昨季アタランタは説明無しに僕を残留させた。奇妙で予想外の選択だった。監督の判断だったのではないだろうか。
◎もし昨季使ってもらえていたら現役を続けられていたと思う。フィジカル的にはまだまだ良好。
◎レッジーナとは深く結びついているから常に情報を追ってきた。
◎昨季のレッジーナはポジティブな驚きだった。チームは新化を続けている。監督が変わったがブレダは環境と要求を理解している。会長とジャッケッタは野心的な最終ゴールのために戦うことを求めている。
◎レッジーナはモデナよりも何かを持っている。ボナッツォーリが鍵となる。彼は昨季素晴らしかったが、今季も活躍するだろう。
◎フォーティ会長とは連絡を取り合っていて絆は深い。彼はチームをより競争的にするために働いており、セリエAに復帰したがっている。昨季レッジーナは昇格に値したが不運だった。
◎自分の将来を決める段階に来ている。監督にはなりたくないが、カルチョの世界と繋がっていられたらと思う。
◎レッジーナでの仕事?良好な関係だけど、そういう話はない。
◎残念なことにここ数年レッジーナのティフォージが離れてしまっている。チームにとってもクラブにとっても問題。
◎僕がいた頃は大事な試合では観客が僕らを後押ししてくれた。
◎レッジーナは何年も奇跡を起こしてきた。AでもBでもこういう小さなクラブが残留するのは容易ではない。
◎フォーティ会長はレッジーナを愛しており、セリエAへの復帰を望み続けている。多くの都市が、大都市でさえ、破産を経験し、今後も巻き返しは難しいだろう。フォーティ会長の偉大な仕事は報われなくてはいけない。


アモルーゾ現在は無所属です。このまま引退もあるのかもしれません。

大宮に来ればいいのに!←おい

さて、モデナ戦に召集された19名の皆さんは以下の通りです。
REGGINA/ I convocati per il Modena
PORTIERI: Kovacsik, P.Marino;
DIFENSORI: Adejo, Carroccio, Cosenza, Emerson, A.Marino;
CENTROCAMPISTI: Barillà, Castiglia, De Rose, Missiroli, Rizzo, Rizzato;
ATTACCANTI: Bombagi, Bonazzoli, Campagnacci, Ceravolo, Sarno, Sy

技術的選択により召集されなかったのは、ジョーザ、カミッレーリ、テデスコの3人。
フィジカルの問題で召集されなかったのはヴィオラ兄弟、ルッジェーリ、ラグーサ、ブルジゴッティの5人。
出場停止はコロンボです。

予想スタメン:
REGGINA/ La probabile formazione anti-Modena
なんてステキな予想フォーメーションを作ってくれたんでしょう。Tutto Reggina, Good job!!!

レッジーナ×モデナよそスタ

カンパニャッチは今季は8ゴールすると宣言していました。や、宣言というよりジャッケッタから8ゴールしろと指令が飛んだようです。頑張りましょう(笑)

メルカートがラストスパートの火花を散らしておりまして選手も監督も心穏やかではいられないと思いますが、ここはモデナ戦に集中しましょう。もしかしたらモデナ戦がレッジーナ最後の試合になる選手もいるかもしれません。悔いのないように全てを出し切るのじゃー!

Forza Reggina!!!

11-12レッジーナ | Comments(4) | Trackback(0)
2011/08/26

コッパイタリア敗退

だる~い、だる~い、死ぬほどだる~い。

夏バテ真っ盛りの管理人ですが、皆様いかがお過ごしでしょう。
大宮は相変らず勝てないし、レッジーナもプレシーズンマッチは冴えない成績で終わったし、明るい話題に乏しゅうございますねぇ。
とりあえずコッパイタリア3回戦の結果を記しておきます。



モデナ2-1レッジーナ
得点者:前半4分 グレコ、前半14分 エメルソン、後半38分 ディ・ジェンナーロ

MODENA: Caglioni, Turati, Perna, Diagouraga (1' s.t. Carini), Rullo, Giampà, Petre, Dalla Bona, Fabinho, Greco (34' s.t. Bernacci), Di Gennaro (43' s.t. Spezzani). A disposizione: Fortunato, Bassoli, De Vitis, Carraro. Allenatore: Bergodi.
REGGINA: Kovacsik, Adejo, Emerson, A.Marino, Barillà (22' s.t. Ceravolo), Rizzo, De Rose, Rizzato, Missiroli, Campagnacci (39' s.t. A.Viola), Bonazzoli (27' s.t. Castiglia). A disposizione: P. Marino, Carroccio, N.Viola, Bombagi. Allenatore: Breda.
Arbitro: Sig. Giannoccaro di Lecce
Ammoniti: De Rose (R)
Marcatori: 4' Greco (M), 14' Emerson (R), 38' s.t. Di Gennaro (M)

この試合の動画:
Modena-Reggina 2-1 coppa Italia

ブレダ監督の予告どおりアダム・コヴァチク@期待のカワイコちゃんGKが本日トップチームで初先発を果たしました。
前半4分にエリア内でファビーニョと交錯してPK献上 ⇒左に蹴ったグレコのPKを素晴らしい反応で阻止 ⇒弾いたボールをグレコに押し込まれて結局失点 という一人芝居を展開し、なかなか印象深いデビューを飾った模様。
フロントは新しいGKは獲得しない方向らしく、この試合を観てコヴァチクで行けると判断したようです。ハンガリーU20代表正GKですからポテンシャルは高いはず。アダムちゃんガンバレ~!←今年の遠征でめっちゃ可愛かったのでお気に入り♪
 ↓
新加入のエメルソンがいきなり先発!しかも前半14分に直接FKを決めて同点弾!プレースキックの名手というのは本当でした。移籍後初の公式戦で初ゴールとは何か持っている選手かも?レッジーナいい買い物をしたようです。
 ↓
試合後の選手のコメント読むと、前半はよかったけど後半はグダグダ。枠を叩くシュートが何本もあって、決定機がありながら決められないジリジリな展開だったようで。
 ↓
後半38分に元レッジーナのディジェに美しいループシュートをお見舞いされてジ・エンド。ディジェは流れ流れてモデナに辿り着いたのね。
 ↓
つーことで、今季は早々にコッパイタリア敗退いたしました。ちゃんちゃん。
 ↓
メルカートで大人気のコセンツァが出場しなかったので「すわ移籍か!」と騒然⇒「ただの筋肉トラブルですよ!」とブレダさんとジャッケッタが沈静化に大忙しな試合後の風景でした~。

まあGKは先発デビュー戦、DFは新加入の選手2名から成る急造3バック。これで失点しない方が難しいですよね。
奇しくもカンピオナート初戦もモデナとの対戦です。開幕前のいいウォーミングアップになったに違いありません。カップ戦なんて負けてもいいんですよ、リーグ戦で勝ちさえすれば!
・・・勝てるといいなぁ。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/24

7日目①:やっと伝えた言葉

2010年5月14日(金)曇り時々晴れ

ミケーレから今日の練習は非公開で9時スタートだと聞いたけど、そんな早い時間から始まるわけがない。イタリアだよ?しかも南だよ?
選手の入待ちが目的の場合は9時練習開始なら8時にスタンバイしていないと遅いのだが、ミケーレの情報を全く信じていなかったので9時10分前にサンタガタに到着。入口周辺には人っ子一人いない。下部組織の子どもたちすら見かけない。練習場開いてるよね?
入口の門をくぐって坂道を降りていくと携帯電話でお話中のスタッフと目が合った。「ちょっと待ちなさい」という風に右手を挙げて私を制す。まさか非公開なだけじゃなくて入待ちも禁止なわけ?
私を制したのはいいけれど電話がなかなか終わらなくて、男性スタッフは携帯片手に「行っていいよ」と練習グランドの方面を指差す。なんだ、問題ないのね?
トップチームの練習グランドへ行っても誰もいない。やはり9時スタートというのは嘘だった。信じなくて良かったわ。
しばらくすると先ほどの男性スタッフがやって来て英語で私に告げた。
「残念ですが今日の練習は非公開です」
「知っています。選手に挨拶だけしたいんですけど。練習が始まる前には帰ります」
「日本のジャーナリストですか?」
「いいえ、ただのファンです」
「わかりました。いいでしょう」
やった!追い返されるのかと思ってドキドキしちゃったよ。
「なぜレッジーナを応援してくれるんですか?ナカムラがいたから?」
心底不思議そうに尋ねる男性スタッフ。ミランやインテルやユヴェントスみたいなビッグクラブならいざ知らず、こんなプロヴィンチャの弱小クラブに外国人ファンがいることが信じられないらしい。まあ気持ちは分かる。
「昔ナカムラが所属していたから日本にはレッジーナファンがたくさんいるんですよ」
喜ばせてあげたくてついつい「たくさん」なんて言ってしまったら答えに窮する質問が返ってきた。

「どのくらい?何万人もいる?」

…いや、そんなにいないよ。100人いるかどうかだって怪しいもんだ。
「何万もはいないけど、でもたくさんいますよ」
困ったときのジャパニーズスマイルを浮かべながら、曖昧な表現で必死に取り繕う私であった。
「ガッリポリ戦のチケットは明日朝9時からここサンタガタで販売します。日本に帰る前にぜひ観戦していってください」
「もちろんです。ありがとうございます!」
チケット販促活動を済ませたスタッフは満足気にオフィスの方向に戻っていった。

               

最初にやってきたのはヴィオラだった。時計を見ると9時45分。こりゃ練習は10時半開始だな。
私をチラチラ見ながら「チャオ」とはにかむヴィオラ。か~わ~い~い~!!!
レッジーナのハニカミ王子が自分から挨拶してくれて朝からテンション急上昇だったのに、次に来た野郎が一気にテンションを下げてくれた。

「おまえ何でいつもいるんだ?」

私にストレートに問うてくるカチア。悪いか?ああん?
突然予想外のことを問われ、イタリア語が不自由なこともあって答えられずにまごついていると、「話しかけても無駄か」みたいなことを言いながらサッサと中に入っていった。
やっぱりコイツだけは絶対にかわいいと思えん。
コノヤローいつかイタリア語がベラベラになったら絶対にリベンジしてやる!←そんな日は来るのか?

               

本日のミッションの対象であるヴァルデスがカルモナら6人と連れ立ってやって来た。南米組だけじゃなくてランザーロやカッショーネといったイタリア勢も一緒だ。
ダメだ、こいつらの前で口で伝えるなんて絶対に無理!なんで大人数で来るのよ!しかもなんで先頭を切って歩いてくるのよ!一番後ろにいてくれたら、まだコッソリ伝えられたかもしれないのに…。
早々に口で伝えるのは諦めてメッセージを書いたメモを握りしめる。しかし、話しかけられないままヴァルデスが門の前に辿り着いてしまった。ああ、どうしよう!
「チャオ!」と私に挨拶して門の中に入ろうとするヴァルデスを慌てて呼び止めた。
「ヴァルデス!」
「うん?」と首を傾げながら立ち止まるヴァルデスにメモ用紙を差し出した。するとランザーロたちが「ヒューヒュー!」と一斉に冷やかす。やだもう顔から火が出そうだ。
皆が冷やかす中ヴァルデスはメモ用紙を受け取ると、私の短いメッセージに目を通した。

Mi dispiace molto per i Mondiali, ma lo so benissimo che tu sei un grande difensore!
ワールドカップのことはとても残念だったけど、でも、私は貴方が素晴らしいディフェンソーレだってことを知っているから!

ヴァルデスがメモ用紙に視線を落としていたのはせいぜい10秒だったけど、もの凄く長い時間に感じられた。どんなリアクションをするのか心配で心配で、息を止めて板前さんの表情を見つめていた。
フッと板前さんの口元が緩み、次いでメモ用紙から目を上げて「グラッチェ」と微笑む。この時のシーンは今日まで数え切れないくらい私の脳内でスローモーション再生されている。言葉で表せないくらい優しい笑顔だった。
「プレーゴ」
やっとのことで言葉を返した私に軽く挙手して門の中に入るヴァルデス。門をくぐった後で、もう一度じっくりとメモに目を通していた。
このとき誰かが私に話しかけたのだが、ヴァルデスのリアクションが気になってずっと目で追っていた私は一人別世界にいた。はっと我に返って声の主に目をやったときには、既にその選手は背中をショボンと丸めて門の内側に入った後だった。
ご、ごめんカルモナ!悪気はなかったの!
他の選手が私のメモを読みたがると板前さんは素直にメモを渡していた。読んだ選手は皆「ワーオ!」と声をあげる。ちょっと得意気な板前さん。これでガッリポリ戦張り切ってくれるかな?
喜んでもらえてよかった。思いきって伝えてよかった。板貫さん、Lukaさん本当にありがとう!

               

その後残りの第2集団が一斉にやって来た。先頭を歩いているブリエンツァが笑顔で挨拶してくれる。私服じゃなくてジャージを着ているので無事召集されたようだ。よかった。
168cmのブリエンツァの後を嫌がらせのように202cmマリーノが歩いているのに笑ってしまった。同じ生き物とは思えん。

選手全員が出勤し、すっかり仲良しになったDr.ファバスリにも挨拶が済んだので、スタッフとの約束どおり帰ることにした。自分に出来ることは一応全部やれたと思う。後は明日グラニッロで声援を送るだけ。清々しい達成感を胸にサンタガタを後にした。

南イタリア遠征記2010 | Comments(4) | Trackback(0)
2011/08/21

11-12夏のメルカート情報第7弾 プッジョーニ、キエーヴォへ/ストゥアニ、ラシンへ/エメルソン獲得

沈みきったテンションを引き上げるためにNACK5スタジアムへ行ったのですが、更に落ち込んで帰ってまいりました。ホーム初勝利は今日もお預けかよ………
あの~大宮の選手の皆さん、山形に勝てなくてこの先いつどこに勝つつもりですか?

そんなことより、、、

ああああああプッジョーニ様ぁぁぁ

コスタ移籍ショックから立ち直っていないに、追い討ちをかけるようにヴィジャーニ引退⇒プッジョーニ移籍って神様これはいったい何の試練ですか?もう心の中大出血です。
Puggioni al Chievo Verona
UFFICIALE/ Puggioni al Chievo

プッジョーニ様ちょっとだけドンキーコングみたい

ファンのプッジョーニ移籍ショックを鎮めるために、公式発表後すぐにブレダ監督の会見が行われました。
Breda:"Fiducia in questa Reggina" - Guarda il VIDEO
「譲渡不可能な選手」という概念は今では時代遅れで、最早そんなものは存在しない。クリスティアン(プッジョーニ)にとってキエーヴォは大きなチャンスだ。彼は素晴らしいGKであり、セリエAの相応しいクラブに辿り着いた。こうなることが正しかったんだ。
常々言ってきたように我々は大きな将来性と才能を持った解決策をチーム内に有している。彼らに信頼を与えるのは正当であるし、今の彼らはその信頼に値する。例を挙げよう。昨季序盤は誰もアチェルビ、ヴィオラ、リッツォを知らなかった。だがその後、彼らの素晴らしさがレッジーナだけではなくカンピオナート全体で明らかにされた。我々のGKコヴァチクとマリーノついても同じことになると確信しているんだ。
ピエトロ・マリーノのことはよく知っている。私のレッジョ初年度は彼が正GKで非常によくやっていた。彼が私に何を与えてくれるかは分かっている。
一方アダム・コヴァチクは練習でしか見たことがない。彼に関しては明確なアイディアがあるが公式戦での彼を確認する必要がある。ということで、日曜日のモデナ戦でコヴァチクはプレーする。要するに結論を出すまでにもう少し時間がかかるということだ。


一昨年ノヴェッリーノ一派にプッジョーニ様が追い出され、冬メルでカッサーノがサンプに逃亡。レッジョにはマリーノ(23歳)、フィオリッロ(21歳)、コヴァチク(19歳)しかGKがいなくなったという状況と似ているような似ていないような。あれから1年以上経ってマリーノもコヴァチクも成長したから何も心配することはないのかしら。………いや、やっぱり心配だわ
顔面偏差値的にはラブリーなコヴァチク希望です。←こら

本日プッジョーニがさよならのコメントを出しました。
A tutti voi, grazie...
4年の歳月の後にレッジーナを去ることになりました。喜びと痛みからなる4年間でした。真の深い感動からなる激しい4年間でした。深い真の感動というのは、実のところ、極限に存在します。アマラントのユニフォームを着て、そのユニフォームのために戦った者だけが持ちえる感情で、僕の意味するところを理解してもらえますよね…。
忘れることの出来ない親友たちとお別れです。
アマラントの観客のチームに対する愛情には常に驚かされました。彼らは握りこぶしとして僕らの体の内側に入り込み呼吸を奪います。
レッジーナのファミリー(スタッフ)は裏方の仕事でしたが、彼ら無しには僕のパフォーマンスはなかったでしょう…。
全てのチームメイトは、全ての試合の戦いで、全てのピッチで、僕の傍らにいてくれました。彼らと共にいられたのは名誉なことです…。
会長はレッジョの町にプロサッカーを与えた人であり、レッジーナのために生きています。会長がイタリアのレッジョという町に相応しいステージを取り戻すために全てを懸けると断言できます…。
全ての人たちに感謝を。
皆さんの背番号1プッジョより。


キエーヴォでの挨拶は当然ですが訳しません。動画見ましたけど表情固いですね。単に緊張しているだけかもしれないけど…。
キエーヴォ公式動画:Un portiere senza paura

プッジョーニ様@キエーヴォ

ファンフォーラムの嘆きは相当なものです。皆からプッジョと呼ばれて愛されていました。こっちでも書きましたけど、ファンの投票による昨季のMVPに圧倒的な得票数で選ばれています。
11-12夏のメルカート情報第5弾 ジッザーリ、シラクーサへ/親善試合の結果など
完全移籍なので完全にお別れです。コスタのように買取オプションを行使されずにレッジーナに返却されるかも知れないという淡い期待を抱くことも出来ません。
移籍金はガゼッタ・デル・スッドによると200万ユーロとのこと。コスタとプッジョーニの移籍金の合計で今季クラブはやりくりしていけるのかしら。まだ資金が足りなくて他にも売らなくちゃいけないのかしら。レッジーナから出たがっていた選手だったらともかく、二人ともレッジョに深い愛着を示していただけに辛いです。ああ、貧乏って悲しいわ…
売却先がセリエBのライバルチームではなくセリエAのキエーヴォなのがせめてもの救いです。素直に応援できますもの。ジェノアからレンタルされてきたアチェルビもいます。元レッジーナの二人がキエーヴォで活躍してくれたら嬉しいです。
さよなら。そして今まで本当にありがとう。プッジョーニ様の今後のサッカー人生に幸あれ。



ストゥアニのラシン・サンタンデール移籍が正式に決まりました。
UFFICIALE: Stuani al Racing Santander

ストゥアニ@ラシン

まあ嬉しそうな顔で写っていること(笑)
破産寸前のラシンということで移籍金は一切取れずにレンタルとなりました。ストゥアニは入団会見でリーガでプレーしたいという願いを叶えてくれたレッジーナに感謝の意を表したそうです。移籍金の取れる金持ちチームから声が掛かるよう大活躍してレッジーナに恩返ししてね☆



DFが多少不安定でもスーパーセーブの連続で危機を救ってくれたプッジョーニが去り、セリエB初挑戦だったのに高いクオリティを見せて即レギュラーに定着したアチェルビが去り、アッツォーリさんの思いつきでCBにコンバートしたら大当たりだったコスタも去り、さすがに守備のてこ入れをしないと不味いと危機感を持ったフロントが探してきたのが、レガプロ(旧セリエC1)のルメッツァーネでカピターノを務める31歳のブラジル人DFラモス・ボルゲス・エメルソンです。
UFFICIALE/ La Reggina prende Ramos Emerson

エメルソン@入団会見

ラモス・ボルゲス・エメルソン
生年月日:1980年8月16日
出身地:ジョインヴィレ
国籍:ブラジル
ポジション:CB
身長:187cm
体重:81kg


出身はブラジル南部のサンタカタリーナ州ジョインヴィレ。昔レッジーナにいたモザルトに似ている?いやあ彼は偉大なレジスタだよ。俺も最初は左サイドハーフのMFとしてプレーしていたけど、その後CBになったんだ。イタリアでのキャリアはカリアリのアトレチコからスタートした。それから同じサルディーニャ島のヌオレーゼに移籍し、セリエC2で快進撃を続けた。その後はターラント、そしてルメッツァーネで長い満足のいく経験を積んだんだ。今やイタリアは俺の故郷みたいなものになって自分でも驚いている。
何年もの間プレースキックを任されてきた。ヌオレーゼでは(プレースキックで?)12ゴール決めているのは本当だよ。当時は3-5-2の左サイドハーフとしてプレーしていた。ここまでのキャリアで結構な数のゴール(40ゴール以上)を決めてきている。
レッジーナからの興味を知らされたのはいつかって?ほんの数日前なんだ。彼らは俺に全てを隠してきたからね。で、話を聞かされたときは冗談だと思った(笑)。会長から直々に電話を貰ってアマラントのユニをまとうことに興味があるかどうか尋ねられたよ。返事は決まっていた。レッジーナが俺を追っていたことを既に知らされていて、誇らしい気持ちでいっぱいだった。このチャンスを逃がすなんて出来なかったよ。だから今ここにいる。
ティフォージに何かを約束したくない。この名門のユニフォームのために持てる全てを与え、自分に向けられた信頼に応えるだけだよ。


経験豊富なブラジル人DFなら何も他から獲らなくてもサントスでいいじゃんと思わないでもありませんが、プレースキックの名手なんですね。左サイドのMFでありCBも出来るというコスタと同じキャラクターを備えた選手ということで、背番号もコスタの3番を引き継ぎました。昨季から若造レッジーナの守備陣に30代は一人もいませんから、精神的支柱としてチームに貢献してくれることでしょう。大いに期待しております。
でもさあ、モザちゃんには似てないよね?親友としてどう思います中村さん?(笑)



ここから先は不確定事項です。

ジェノアからレンタルで獲得した若きウルグアイ人DFポレンタですが、一度はレッジーナ移籍を拒否したものの、やっとレッジョに姿を現してメディカルチェックを済ませました。しかし、バルセロナからオファーが届き、パスを持っているジェノアがそれにGOサインを出したとか?それに対してフォーティ会長が「たわけー!ポレンタはうちの選手じゃー!」と主張して譲らないとか?もうグチャグチャで訳わかりません。結論が出るまで静観します。

               

さて、私が一番気にかかっているのはボナちゃんとテデスコの減給問題です。
はい、今年もやってまいりました!レッジーナ給料半額キャンペーン月間が!
昨季ベテラン二人の年棒は半分に減らされましたが、どうやら減額は1シーズンだけという契約だったみたいですね。再び高給取りに戻った二人の給料を払うだけの資金力が今のレッジーナにはないため、このまま二人が減給を受け入れなければクラブは放出も辞さない構えです。現にテデスコは今夜のコッパイタリアの召集メンバーから外されております。
因みにチーム一の高給取りのボナちゃんの年棒は60万ユーロなんですが、それを半額にしないと払えないレッジーナ。ああ、貧乏って悲しいわ…
ボナちゃんにはパドヴァが興味を示しておりますが、パドヴァは60万ユーロの給料が払えるということなんでしょうか?同じセリエBなのに何故パドヴァは金持ちなの?北のクラブだから?

               

すぐにでも話がまとまりそうだったモンティとシィの件は案の定進展なし。さすがイタリアです。気長に待ちましょう。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/15

暑いからシャンプーしましょ♪

世間はお盆休みのようですが、海外相手の仕事ゆえお盆は関係ありません。カレンダー通りに出勤している管理人です。
今日は思ったほど電車が空いていなくてガッカリでした。特に帰りは行楽帰りの人たちで込み合っていて全然座れませんでしたことよ。

それにしても暑いですね~
22時過ぎても気温が30℃以下にならないってどういうことでしょう
もう首都圏は温帯ではなく亜熱帯に近くなっているのではないでしょうか。冬もそんなに寒くないし。
9月いっぱい暑い日が続くそうです。あと1ヶ月以上も猛暑との戦いが続くのね…。
涼しくなった途端に疲れがドッと出て倒れないように気をつけなきゃ。←9月に入院する確率が高い人

ちょいと涼しげな写真を載せておきましょう。
先週末ナナちゃんをシャンプーしました。犬のクセに濡れるのが大嫌いという奴でしてね。4人がかりで押さえつけながらやっと洗いましたよ。

撮ってんじゃねーよ。水嫌いなんだよ。助けろよコノヤロー

とでも言いたげな反抗的なこの目!

お前はネコか! ニャー

前世は猫?

途中からは観念して多少大人しくなりました。
キレイに洗ってあげたんだから感謝しろっつーの!

シャンプー大嫌いなのさ

どうすればシャンプーが好きになってくれるのでしょうか。頭が痛いわ~。

未分類 | Comments(4) | Trackback(0)
2011/08/15

コッパイタリア2回戦カッラレーゼに辛勝

昨日コッパイタリア2回戦対カッラレーゼ戦がグラニッロで行われました。なんか知らんけど1回戦はシード扱いだったようです。

レッジーナ1-0カッラレーゼ
得点者:前半18分 ミッシローリ

REGGINA: Puggioni; Adejo, Cosenza, Marino A., Barillà (69' Castiglia), Rizzo (67' Viola N), De Rose, Rizzato; Missiroli; Campagnacci(76' Ceravolo), Bonazzoli. A disposizione: Marino P., Carroccio, Bombagi, Viola A. Allenatore: R.Breda.
CARRARESE: Gazzoli, Bregliano(80' Bagnai), Vannucci, Pacciardi, Benassi, Pasini, Orlandi, Corrent, Cori (19'' Merini), Gaeta, Giovinco (69' Ballardini). A disposizione: Nocchi, Bagnai, Trocar, Taddei, Conti. Allenatore: S.Sottili
Arbitro: Sig. Velotto di Grosseto
Ammoniti: Vannucci (C), Pacciardi (C)
Marcatori: 18' Missiroli su rig.

クルヴァのティフォージが撮影したミッシのPK成功シーン:
Reggina - Carrarese, il gol di Missiroli

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6.5, Adejo 6, Cosenza 6, Marino 5.5, Barillà 6.5, Rizzo 6, De Rose 6, Missiroli 7, Rizzato 6.5, Campagnacci 6, Bonazzoli 6.5, N. Viola 6, Castiglia 6, Ceravolo s.v.



ブレダさん最初は4-3-3でやるつもりでしたが、結局3-5-2に戻したようです。もう長いことレッジーナは3-5-2もしくは3-4-3でやってますので、3バックが身体に染み付いていて今更4バックには馴染めないのかも。
試合はミッシがPKで決めた虎の子の1点を守りきって何とか勝利。無事3回戦に駒を進めることが出来ました。
ミッシが違いを見せ付けるプレーを連発して眩いばかりに輝いていたとのこと。ミッシ-リッツァートのラインが非常に良かったみたいです。二人とも9月1日になってもレッジョにいてくれるといいんですけど。
強面コロンボさんが負傷中なのでバリッラが急遽右サイドハーフで先発しましたが、例によって器用なバリッラはそつなくこなしたようです。今季もどこでも出来る便利屋として活躍するのかしらん。

■カンパニャッチ
僕ら勝利を喜んでいるよ。もっと上手くやれたに違いないというのはあるけどね。先制した後はちょっと調子が下がってしまった。何かが少し欠けているのは確かだけど、(先日の親善試合の)グロッセート戦に比べるとカッラレーゼ戦は遥かに良かったと思うんだ。
フィジカルが下降した?前半45分以降はそうだったかもしれない。ちょっと危なかったけど、でもホームで結果を出したことが重要だよ。
チェラヴォロじゃなくて僕が選ばれたこと?僕はいつも全力で練習している。そして監督が僕を選んだ。
僕の考えだけど、ここのところ僕らはかなり調子を落としていて、フィジカルはまだまだ100%になっていない。フィジカルが上向いたときにいいリズムが出てくるんじゃないかな。
ブレダの指示はアッツォーリの指示と酷似している。ミッシがトップ下でエミ(ボナッツォーリ)と僕で攻撃するんだ。


カンパニャッチはボナちゃんのことをエミって呼んでいるんですね。
チェラヴォロは相当走らないとカンパニャッチからポジション奪うのは難しいと思います。この子の運動量はマジ驚異的ですから。競争があるのはいいことです。皆で切磋琢磨して凌ぎを削ってくださいませ♪

眠くなったのでブレダさんのコメントは気になったところだけ抜粋します。

■ブレダ監督
◎まだやるべきことがたくさんある。
◎試合へのインパクトとアプローチはポジティヴだけど足がまだ追いつかない。
◎私が欲しいのは常時アクション、常時アグレッシヴなチーム。
◎これからも3バックがベースになるだろう。
◎今日はテデスコが出場停止だったけど我々の中盤はたくさんの選択肢がある。
◎リッツォとヴィオラ兄は同じ役割が出来るので、コンディションによって選択することになる。今日はリッツォだった。
◎3トップも試したい。
◎メルカートの不安が選手の無意識に存在するがピッチ上では集中しなければいけない。


とりあえず勝ててよかったです。ひとまず悪い流れを断ち切れました。
今は合宿の疲れが出ているので、開幕までにフィジカルが上向けば大丈夫ですかね?あと2週間いい準備をしてください。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/14

グロッセートに大敗して合宿終了/今季ユニフォームお披露目/ヴィジャーニ引退

8月9日に行われた親善試合グロッセート戦は4-1の大敗でした。しかも前半で4失点しております

今季のグロッセートはタスキユニなのね?

Grosseto Vs. Reggina 4-1 (Primo tempo 4-1)
Grosseto (4-4-2): Narciso; Formiconi, Bruscagin, Federici (63' Iorio), Bianco (83' Mancini); Mancino (46' Asante), Crimi (70' Ronaldo), Consonni (46' Allegretti), Caridi (Cap.) (58' Alfageme); Sforzini (46' Lupoli), Gerardi (60° Guidone). A disposizione: Lanni, Soncin, Giovio. All. Guido Ugolotti
Reggina (4-4-2): Reggina (3-4-2-1): Puggioni; Adejo, Giosa (46' Cosenza), Marino; Castiglia (68' Barillà), N. Viola, Rizzo (46' De Rose), Rizzato; Ceravolo (46' Campagnacci), Missiroli (74' Bombagi); Bonazzoli (cap.). A disposizione: Kovacsik, Carroccio, A. Viola, Ruggeri. All. Roberto Breda
Arbitro: sig. Mangialardi Mirko di Pistoia. Assistenti: sig. Pignone Antonio di Empoli e sig. Palazzoni Claudio di Lucca.
Marcatori: 9' Gerardi, 19' Sforzini, 27' Viola N., 38' Caridi, 44' Mancino
Angoli: Grosseto 4, Reggina 6.
Recupero: 0 minuti nel primo tempo, 0 minuti nel secondo tempo.
Ammonizioni: 30' pt. Rizzo (Re), 7' st Gerardi (Gr)
Spettatori: 1000 circa.

レベル的にほぼ同等の相手にボコられちゃってチームの仕上がり具合は大丈夫なんでしょうか。ミスが多くてブレダさん激怒したそうです。
敗因は「あまりに多くのメルカートの噂に振り回されて選手が動揺しているから」なんて書かれていました。だって明日は自分が売られちまうかもしれないわけだし、選手の皆さん気が気じゃないわよね。あんなに「ここで幸せだ」とアピールしていたコスタだって売られちゃったし。ボナちゃん放出の噂もあって私も動揺してるわさ。

親善試合でビミョーな結果しか出していないせいか、あんなに楽しげだった合宿第一弾@ブルッソンと違って合宿第2弾の様子はほとんど伝えられませんでした。合宿の舞台裏を暴露する選手のブログ楽しかったのに、ブルッソン後はついに一度も更新されず。知らない間に合宿は終了して、選手の皆さんレッジョに戻ってまいりました。

               

8月11日には新チームお披露目イベントが海岸通りのアリーナで行われました。フォーティ会長ご機嫌ですな。

あと何人売る予定なんですか(汗)

この日今季のユニが発表されています。モデルはホームがボナちゃん、アウェイがコセンツァ、サードがヴィオラ兄、GKユニはプッジョーニ様でございます。

これはカッコイイのだろうか?

ホームユニがボーダー柄というのは初めてじゃないでしょうか。今までになかった斬新なデザインとなっております。
4人別々の詳細写真はレッジーナ公式でご覧ください。因みにファンの投票で一番人気なのはアウェイの白ユニです。
Tutti i dettagli della nostra nuova pelle

しかしボーダーの入れ方の斬新さという点ではシエナに遥か及びません。これ凄いですよね。「腹巻って言うな」言われても無理ですわ、ぴのさん(笑)
シエナ 新シーズンのユニフォームを発表(腹巻って言うな)

Tutto Regginaによるとプレゼンテーションでプッジョーニ、リッツァート、テデスコ、ボナちゃんはティフォージから特に大きな拍手で迎えられたそうです。若造レッジーナを牽引した彼らの功績をファンはよく分かっています。
新加入のマリーノ、ルッジェーリ、ボンバーギの3人は見るからにエキサイトしていたそうです。ファンの熱気に触れていっそうやる気が増したことでしょう。
バリッラ、アデジョ、ヴィオラ兄弟、出戻りのチェラヴォロとミッシも温かい拍手で迎えられたとのこと。アデジョはダンスを披露したそうで。どこかに動画が挙がってないかなぁ。
PRESENTAZIONE REGGINA 2011-2012/ Bonazzoli e Tedesco acclamati

               

最後にヴィジャーニ引退の話題を。

監督修行ガンバレ!

EX AMARANTO/ Vigiani si ritira, farà l'allenatore
昨季カッラレーゼにレンタル移籍して1年で戻ってくるはずだったヴィジャーニですが、レッジョ入りした形跡が全くないのでずっと気になっていました。まだ34歳なのに引退を決意しちゃったんですね。
セカンド・キャリアは指導者と決まっているようで、既にナポリに渡ってマッツァーリ監督の元で修行を始めたそうです。現役時代の半分はマッツァーリ監督のお気に入りとして同じチームを渡り歩き、引退後もマッツァーリ監督の傍にいるのね。なんかすげえ羨ましいんですけど(笑)
アマラントユニを着て117試合に出場し8ゴールを決めました。試合の局面を決めるような印象的なゴールが多かったですね。一度スイッチが入ると驚異的なパフォを見せてくれる選手でした。奇跡のシーズンの立役者の一人であり、ロッカールームでの選手のまとめ役としても活躍。優しく穏やかな性格なのでティフォージからも好かれていて、よくサンタガタでは常連さんたちと長話していました。彼の間の抜けたトスカーナ弁にみんな癒されるんですよ。私の貢物に対するリアクションも素晴らしく(彼は“あしたのジョー”の大ファン)本当に大好きな選手でした。もう一度選手のヴィジャーニと会えると思っていたのに寂しいです。
でも、将来優秀な監督になってコッツァと監督対決したりするんじゃないかとか別の楽しみが出来ました。ヴィジャーニの指導者としての未来がどうか明るいものでありますように。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/13

6日目⑤:これが今年の最重要ミッション?

遅くなってゴメン!渋滞が凄くって!

いつもの言い訳と共にアントネッロが到着。助手席には今日もリーノが乗っていて、私にオレンジの入ったビニール袋を二つ手渡す。
「このあいだ美味しいって言ってたから」とニコニコのリーノ。
えっ、前回貰ったの食べ終わってないんですけど…。
「………グラッチェ」
いらないとは言えずに笑顔で受け取る。こりゃ1日最低3個食べないと帰国までに食べ終わらんぞ。頑張らねば。

               

出待ちしている間に私のイタリア語の師匠その2のLukaさんからメールの返信が届いていた。実はLukaさんにもW杯落選のヴァルデスを励まそうかどうか悩んでいることを相談していたのだ。Lukaさんの答えはズバリ「絶対に伝えるべき」だった。そう言われるとどんどんその気になる私。

そうだよね。せっかくレッジョにいるのに、直接励ましてあげられる状況にあるのに、私はいったい何を迷っているんだろう。選手を激励するために日本から来たんでしょ?私がやらなくて誰がやるのよ!板前さんを励まそうなんて物好きは私一人しかいないんだから!←失礼な

今日ヴァルデス嫁の邪魔が入って気持ちが萎えかけていたけど、ここにきて一気にボルテージが急上昇。板前さんを激励することが今年度遠征の最重要ミッションのような気さえしてきた。我ながら何て単純な性格なんだろう。
しかもLukaさんはイタリア語で様々なパターンの激励の言葉を考えてくれた。ああ、ありがたい。本当に涙が出るほどありがたい。私のイタリア語の師匠その1の板貫さんから既に教えてもらった文章も参考にして、今の私のレベルで覚えられるシンプルな言い回しを選んだ。この時点では板前さんに直接言葉で告げる気でいたのだ。

Mi dispiace molto per i Mondiali, ma lo so benissimo che tu sei un grande difensore!
ワールドカップのことはとても残念だったけど、でも、私は貴方が素晴らしいディフェンソーレだってことを知っているから!

「だからこれからも頑張って」まで言わなくても私の気持ちは十分に察してもらえるだろう。つーか、頼むから察してくれ。これ以上長い文章は覚えられん。
空で言えるようになるまで呪文のように繰り返し、万が一直接口で伝えられない状況に陥った場合に備えて、同じ文章をメモ用紙に丁寧に書き記した。いざというときには、このメモを板前さんに渡せばいい。

明日するべきことを明確にしてスッキリすると急激に腹が減ってきた。今年はまだ大好物のムール貝を食べていないので、海岸通りのレストラン『Le Palme』で死ぬほどムール貝を頬張ろうとしたのだが…。

何これ?まるでビニールハウスじゃん。

ビニールハウスと化したLe Palme

海風を受けながら食事するのが最高に気持ちよかったのに、テラス席は一面透明のビニールシートで覆われていた。
ヤダヤダ、こんなのヤダ!こんなところで食事したくない!
お気に入りのレストランの変貌にショックを受けて、泣きながら宿に帰った私であった。

               

余談だが、初めてあのレストランで食事をした2005年、あの店で飲んだシチリアワインがむちゃくちゃ美味しくて帰国後に日本で探し回ったが見つからなかった。イタリアでしか飲めないのだと諦めていたのだが、ドンナ・フガータのワインが日本でも飲めるようになったことを最近知る。
しかし、値段を見てビックリ仰天。私の好きな赤ワイン“Mille e Una Notte”は日本じゃ気軽に飲めないわ…。

ラベルもステキでしょ?

お手ごろ価格で超美味しい“Anthilia”と“Lighea”も日本だと1本2500円前後するらしい…。

レッジョでは水みたいにガブガブ飲んでいたんですけど。

ローマの免税店にもないのよね

やはりドンナ・フガータのワインはイタリアで飲もうと固く心に決めたのであった。
興味のある人はネットで検索かけて調べてみてくださいませ。

※ワインの写真は楽天からいただいてきました。

南イタリア遠征記2010 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/08/10

親善試合の結果/新背番号/11-12対戦カレンダー

脳ミソ沸騰しそうな暑さで何もやる気が起こりませんが(でも仕事だけは忙しい…)、気力を振り絞って更新いたします。

               

今更ですが7月31日に行われたラツィオ居残り組との親善試合は2-1でラツィオが勝利しました。一矢報いたのはカンパニャッチ。実に素晴らしいゴールだったそうです。
フォッジャは半分しか出なかった模様。フォッジャのコメントは探せませんでした。くすん。

Lazio-Reggina: 2-1
LAZIO: Bizzarri, Zauri, Diakitè, Stendardo, Garrido, Foggia, Cana, Brocchi, Sculli, Rocchi, Zarate. A disp.: Scarfagna, Stankevicius, Adeleke, Kozak, Ceccarelli, Capua, Rozzi. All. Lopez
REGGINA: Puggioni, Adejo, Rizzato, Viola N., Giosa, Cosenza, Viola A., Colombo, Campagnacci, Castiglia, Bonazzoli. A disp.: Kovacsik, Ruggeri, De Rose, Barillà, Bombagli, Carroccio, Khoris, Tedesco, Rizzo, Marino.
MARCATORI: 17' Diakitè, 29' Rocchi, 34' Campagnacci.

試合後のボナちゃんのコメントをぴのさんが訳してくださいました。ぴのさん感謝!
ボナッツォーリ「今シーズンのレッジーナは3-5-2と3-4-3がベース」

               

8月6日にはセリエDのヴィテルベーゼ(VITERBESE)と戦い、2-1で勝利しましたが内容は褒められたものではなかったようで。

VITERBESE (4-3-3): Scarsella (33' st Cima); Lenart (1' st Zagarella) , Fapperdue, Nocerino, Cascella (41' st Menci); Franzese (25' st Grandicelli), Cristiano, Vanacore; Morini, Aquino (1' st Mereu), Federici (36' st Pieri). A disposizione: Testa. Allenatore: Raffaele Sergio
REGGINA (3-4-3): Kovacsik (1' st Marino); Adejo, Giosa (1' st Cosenza), Marino; Rizzato (1' st Tedesco), De Rose (1' st Viola A.), Rizzo (1' st Viola N.), Barilla' (1' st Castiglia); Missiroli (25' st Carroccio), Ceravolo (1' st Bonazzoli), Campagnacci (1' st Bombagi). A disposizione: Sy Ousmane. Allenatore: Roberto Breda
Arbitro: Marco Minotti di Roma 2
Assistenti: Antonio Santoro di Roma 1 e Daniele Holweger di Aprilia.
Marcatori: 14' p.t. Ceravolo, 22' p.t. Vanacore, 44' p.t. Rizzo.
NOTE: Serata calda, terreno in ottime condizioni
Spettatori 300 circa, calci d'angolo 5-2 per la Reggina.
Ammoniti: De Rose e Tedesco
Espulso al 24' s.t. Adejo per gioco scorretto

アデジョが一発赤だった模様。プレシーズンから熱いわねえ君。
2試合ともあまり芳しくない結果でしたが、ブレダさんは気にしておりません。今は厳しいトレーニングを積んでフィジカルを作ることが大切で、まだ頭に足が追いつかないのは仕方ないとコメントしておりました。

               

今季の背番号が発表になりました。
ラグーサ(手術成功して退院しました)とサトマリはまだ決まってません。

1 PUGGIONI CHRISTIAN
2 ADEJO DANIEL
4 VIOLA BENITO NICOLAS
5 BURZIGOTTI LORENZO
6 GIOSA ANTONIO
7 SARNO VINCENZO
8 KHORIS JONIS
9 CERAVOLO GIOVANNI
10 VIOLA PASQUALE ALESSIO
12 KOVACSIK ADAM GERGELY
13 COSENZA FRANCESCO
15 MARINO ANTONIO
18 RIZZO GIUSEPPE
19 TEDESCO GIACOMO
22 BARILLA' ANTONINO
23 RUGGERI ALESSANDRO
25 CARROCCIO FILADELFIO
26 MARINO PIETRO DEMETRIO
27 BOMBAGI FRANCESCO
29 RIZZATO SIMONE
31 CASTIGLIA IVAN
32 COLOMBO RICCARDO
55 DE ROSE FRANCESCO
61 BONAZZOLI EMILIANO
70 MISSIROLI SIMONE
77 SY OUSMANE
87 CAMPAGNACCI ALESSIO
92 CAMILLERI VINCENZO
94 LOUZADA E SILVA ADRIANO


メルカートが締まる頃には、ここから何人もいなくなっているでしょうね…。
管理人はただ今二人のマリーノの区別をどうやってつけようか思案中でございます。PマリーノとAマリーノでいいかしら?それとも背番号でマリーノ26とマリーノ15とか?いいアイディアがありましたらお知らせください。

               

今季の対戦カレンダーも発表されました。

1^ GIORNATA (27 agosto 2011 – 14 gennaio 2012)
Reggina-Modena

2^ GIORNATA (30 agosto 2011 – 21 gennaio 2012)
Padova-Reggina

3^ GIORNATA (4 settembre 2011 – 28 gennaio 2012)
Reggina-Grosseto

4^ GIORNATA (10 settembre 2011 – 31 gennaio 2012)
Gubbio-Reggina

5^ GIORNATA (17 settembre 2011 – 4 febbraio 2012)
Reggina-Pescara

6^ GIORNATA (24 settembre 2011 – 11 febbraio 2012)
Empoli-Reggina

7^ GIORNATA (1 ottobre 2011 – 18 febbraio 2012)
Reggina-Juve Stabia

8^ GIORNATA (5 ottobre 2011 - 3 marzo 2012)
Ascoli-Reggina

9^ GIORNATA (9 ottobre 2011- 10 marzo 2012)
Reggina-Bari

10^ GIORNATA (15 ottobre 2011 – 17 marzo 2012)
Livorno-Reggina

11^ GIORNATA (22 ottobre 2011 – 24 marzo 2012)
Reggina-Varese

12^ GIORNATA (29 ottobre 2011 – 31 marzo 2012)
Brescia-Reggina

13^ GIORNATA (1 novembre 2011 – 6 aprile 2012)
Reggina-Torino

14^ GIORNATA (5 novembre 2011 – 14 aprile 2012)
Crotone-Reggina

15^ GIORNATA (13 novembre 2011 – 21 aprile 2012)
Reggina-Nocerina

16^ GIORNATA (19 novembre 2011 – 28 aprile 2012)
Albinoleffe-Reggina

17^ GIORNATA (26 novembre 2011 – 1 maggio 2011)
Verona-Reggina

18^ GIORNATA (3 dicembre 2011 – 5 maggio 2012)
Reggina-Sampdoria

19^ GIORNATA (10 dicembre 2011 – 12 maggio 2012)
Cittadella-Reggina

20^ GIORNATA (17 dicembre 2011 – 20 maggio 2012)
Reggina-Sassuolo

21^ GIORNATA (6 gennaio 2011 – 27 maggio 2012)
Vicenza-Reggina

ピンクでマーキングした試合は現地観戦する予定。今季はGWに3試合組まれるというステキな日程です♪
レッジーナ×ヴェローナではティフォージに拍手で迎えられるハルフレッドソンが見られるかも?
アウェイ戦がサンプってことは、アッツォーリさんとコスタに会ってこいという神様のお告げですね?マッカローネ先生とポッツィ君がサンプ残留だと嬉しいなぁ。古巣で撮った写真にサイン貰えるかも~♪
ジェノヴァに滞在してベルガモまで遠征すればカルモナとバレートにも会えるよね~♪つーか、今季はベルガモに行くと、もれなくルッキーニ様にも会えるのよ~♪
早く来年の5月にならないかな~♪←気が早すぎる

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/07

11-12夏のメルカート情報第6弾 コスタついにサンプへ/ウディネからマリーノ来る

日本で最も愛された背番号3がこの世を去った同じ日に、私の愛するレッジーナの背番号3がレッジョを去りました。一日に二人の背番号3を失い、私の心にはぽっかり大きな穴があいております。(コスタ移籍の公式発表は8月3日だけど時差の関係で日本は8月4日になってました)
以下レッジーナ公式に掲載されたコスタのお別れの挨拶です。彼のFacebookからの転載です。

Andrea Costa:' Reggio nel cuore'
PCの電源を入れることすら出来ずに2日経ってしまったけど、何年も共に過ごしてきた全ての人たちにさよならとお礼を言わせてください。概ねポジティヴだった全てのスポーツの結果を超えて、僕は素晴らしい思い出を生涯持ち続けることになります。決して忘れることが出来ない人生の経験でした。幸運にも知り合い、多くの特別な感情を分かち合ってきた全ての人たちに深く感謝しています。貴方たち全員にキスを送ります!

既にサンプドリアでお披露目されておりまして、サンプ公式に写真が何枚も上がってました。
「僕緊張してます」というのが、よ~く伝わってくる一枚ですな。

コスタ@サンプドリア1

こちらはアッツォーリさんと再会して緊張が少しほぐれた感じ。

コスタ@サンプドリア2

ストレッチするコスタ。

コスタ@サンプドリア3

他にもマッカローネ先生との2ショットとかいろいろありましたが、きりがないのでこの辺で止めておきます。
コスタの瞳はグレーとブルーの中間なので、悔しいけど青いユニが似合いますね。つーか、イケメンはなに着ても似合うんだけど。
フォーティ会長、レッジーナの顔面偏差値が下がらないように美しい選手一人獲ってくださいね。私だけじゃなくて女子サポみんな泣いていると思います。

レッジーナとサンプの交渉は120万ユーロのサンプのオファーに対してフォーティ会長が倍額を要求して一度は物別れに終わりました。しかし、諦められないサンプが再びチャレンジし、買取オプション付レンタルで話がまとまりました。いろんな報道があってどれが正確な数字なのか定かではないのですが、skyによるとレンタル料250万ユーロ+買取額150万ユーロ=400万ユーロとのこと。買い取ってもらえたら400万ユーロがレッジーナに転がり込むとあって、レッジョの民は「会長でかした!」とご満悦でございます。因みに5年契約を結んだそうです。

いや~高く売れました!アッツォーリさんは何が何でもコスタが欲しかったんですね。SBのコスタをCBにコンバートして価値を高めたのはアッツォーリさんですから、そのアッツォーリさんの元へコスタが行くのは納得の結末といえるのかも知れません。
クラブにいっぱいお金を残して感謝され、皆から幸運を祈ってもらえ、B落ちしたとはいえステータスのある北の古豪チームへステップアップ。もちろん送り出した側にも出て行くコスタにも寂しさはあるものの、完璧に近い円満移籍ではないでしょうか。グラニッロでの古巣対決では間違いなく大きな拍手で迎えられると思います。
怪我だけは気をつけてね。大怪我してレッジョに返品されたりしないようにね。あと心配なのは監督主導で移籍した場合、監督が解任されたときに立場が危うくなるリスクがあることかな。2シーズン前ノヴェッリーノさんが解任された後のヴォルピの不遇は涙無しには語れません。ま、仮にレッジョ返品でも私を含めた女子サポは大歓迎ですが。
4年間ありがとうコスタ。君の幸運を心から祈っています。In bocca al lupo Costa!!!



コスタのサンプ移籍の前にウディネーゼからDFアントニオ・マリーノがやってきました。共同保有です。
Reggina, in arrivo l'udinese Marino
ANTONIO MARINO/ La scheda

二人目のマリーノです。どうやって区別しよう。

センターもサイドも出来る左利きのディフェンソーレというこで、コスタの後釜として獲得したことは間違いないでしょう。
出身はシチリア島トラーパニ県マツァーラ・デル・ヴァッロ。1988年8月9日生まれの22歳です。もうすぐ誕生日ですね。
シチリアのフォルゴーレに所属していたときにU18に召集され、先物買い王ウディネーゼにハントされた模様。ウディネーゼのプリマヴェーラで1年プレーした後にユヴェ・スタビアに貸し出され、その後アスコリに2シーズン貸し出されました。昨季までいたアスコリでは46試合出場1ゴールです。

Antonio Marino: 'Contento di indossare la maglia amaranto'
キャリアのスタートは生まれ故郷のチーム、マツァーラ・デル・ヴァッロの下部組織だった。それからカステルヴェトラーノで二つのアマチュアリーグを戦い、アマチュアのイタリア代表まで行くことができたんだ。そこからウディネへ行って1年間プリマヴェーラにいた。ここ2シーズンはアスコリのユニを着て46試合に出場し、そして今はレッジーナ。アマラントのユニを着ることができて、昨季セリエAまであと一歩だった評価の高いクラブの一員になれて本当に嬉しい。

レッジーナはDFの層が薄いのにどんどん売れちまうので(コスタ&アチェルビは売却済み。アデジョとコセンツァもメルカートの人気者)大いに期待しています。この子が活躍して、ジョーザがシーズン通して怪我しないで、ブルジゴッティが膝の手術から回復すれば守備陣なんとか回るかしら。
現在サントスがサンタガタでトレーニングしています。人柄がいいからサポの受けもいいですし、いざというときの保険にベテランの彼を残しておけばいいのにと思うのですが…。
それにしてもアルヴァレスの影も形もないのはどうしたことでしょう。



さて、以下は不確定事項です。あくまでも噂ですので踊らされないよう注意しましょう。

サンプがコスタ引き抜きに成功し、さあ次はリッツァートを持っていかれるんじゃないかとレッジョの民は戦々恐々としております。アッツォーリさんはリッツァートもお気に入りですから。またGK問題が解決していないサンプがプッジョーニ獲得に動き出す可能性も捨てきれません。レッジーナはプッジョーニ残留の場合はコヴァチクをレンタルで出して修行させる予定だそうです。
つーか、サンプは他所からGK強奪しないでフィオリッロ使えっつーの!
Bなんだからフィオリッロ正GKでいいじゃない。少しは自前の若手を使って育てたらいかが?←監督とコスタを持っていかれて若干キレ気味

モンティにはアスコリ、グロッセート、グッビオが興味を示しております。うちで使う気ないなら早く決めてあげてくださいませ。
Reggina, in tre vogliono Montiel

ベネヴェントがシィに興味を示しておりまして、来週はシィにとって大事な1週間になると見られています。
Benevento, Sy vicino

※追記
ストゥアニに新たな動きがあったのに書くのを忘れてました。
レッジーナに戻る気はさらさらなくスペインに留まることを熱望しているストゥアニには、ラシン・サンタンデールが興味を示しています。
MERCATO AMARANTO/ Stuani verso il Racing Santander
CALCIOMERCATO/ La situazione Stuani
買取オプション付きレンタルで1週間以内に話がまとまるのではないかと見られています。ま、ラテンの国の1週間は1ヶ月を意味するので気長に待とうと思います。

もう一人の南米組ヴァルデスは相変らずこんがらがった状況の中におります。
CALCIOMERCATO/ La situazione Valdez
未だにペニャロールの欧州ツアーに帯同している板前さん。アルゼンチンのニューウェルからいい話が来たのに、本人にペニャロール残留以外の意志がないのでご破算になった模様。しかし肝心のペニャロールにはフォーティ会長の要求する移籍金を用意することは不可能で、いったいどうやって決着するのかまったく予想できません。

放出候補の南米組の中で全く話題のないアルヴァレスはどこでどうしているのでしょう…。

11-12レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/06

受け入れるのが難しい…

カラブリアとシチリアの一部でしか発行されていないGazzetta del Sudでも松田直樹逝去の記事が写真付で掲載されていました。
Giappone, morto il calciatore Matsuda

俊輔在籍時レッジーナは2年連続で日本遠征を行いマリノスと対戦しています。当時のメンバーはもう片手で数えて指が余るくらいしか残っていませんが、かつて戦ったことがある現役選手の訃報にみんな大きな衝撃を受けていることと思います。
俊輔にとっては身近な選手が亡くなるのはこれで2回目。彼の心中は如何ほどか察するに余りあります。

2009年9月のバルセロナ遠征。私のメインの目的はもちろん俊輔でしたが、甘いマスクのハルケに会うことが遠征の大きなモチヴェーションでした。そのハルケがプレシーズンのイタリア遠征で急死。チーム関係者もファンも悲しみに暮れている中、私みたいなミーハー女が行ってもいいものか悩みに悩んだ末に遠征を決行。そしてエスパニョール×ヘレスを当日知り合った現地サポのアントニオと一緒に観戦してきました。以下、バルセロナ遠征記2009からの抜粋です。



途中スタジアムの外壁に大きなブーケが飾られているところがあり、そこでアントニオが足を止めた。
「プレシーズンに急死した選手がいるのを知っているかい?ハルケという選手でうちのキャプテンだった」
そうか、この花はハルケに捧げられたブーケなんだ。
「知ってます。日本でも大きく報道されました。途方もない悲劇でしたね・・・」
「まったくだよ」
寂しそうなアントニオの横顔。本当はブーケを写真に撮りたかったけど、興味本位でシャッターを押しているように思われそうで出来なかった。だって、私はただの俊輔ファンで、冷やかしみたいなもんだもん。この人たちと悲しみを分かち合うなんてことはできない。今まで全くエスパニョールを見ていなかったから、分かち合えるものなんて何一つ持っていないのだ。




あの時の私はエスパニョールサポの悲しみの深さなんて全然わかっちゃいませんでした。一人のサッカーファンとして彼らの痛みを少しは理解できているつもりでいましたが、そんなのはただの思い上がりでした。
自分の応援するチームの選手が突然亡くなるとはどういうことなのか。
今ならわかります。いえ、わかる気がします。かつてマリサポだった者として、日本代表をずっと見守ってきた者として。
悲しいというより悔しいです。悔しくて悔しくて堪りません。まだ34歳だったのに何で死ななくちゃいけなかったのか…。

闘志溢れるプレースタイルが好きでした。
中田ヒデをプールに突き落としてしまう豪快なキャラが好きでした。
そして何より「オマエのポジションどこだよ!」と突っ込まずにはいられない大胆なオーバーラップが大好きでした。
もうあのヤンチャな笑顔を見ることは出来ないんですね…。

松田直樹選手のご冥福を心からお祈りします。
貴方の日本サッカー会への大きな貢献は絶対に忘れません。

俊輔 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/08/04

6日目④:お辞儀はきっと俊輔仕込み

なかなか出てこない最後の二人(カッショーネ&ブリエンツァ)に痺れを切らして一人また一人とファンが帰っていく。最後まで残ったのは私を含めて7人だった。
あまりに暇だったので「一緒に撮ろうよ」と野郎共に記念撮影を持ちかけると思いがけなく乗ってきた。撮る寸前まで「ナッカムラ~!モンディア~レ!(中村ワールドカップ!)」と騒いでいたのに、シャッターが押される瞬間は凄んで悪ぶってみせるカワイイ奴らであった。

来年も会おうね!

左端はバレートLOVEのおデブちゃん。いつもバイクでやってくる。
私と肩を組んでいる男子は昨日もいて、ビッチに苛められていた私を心配して帰る前に声をかけてくれた。彼だけは翌年会えなかった。
黒ずくめの凶悪そうな彼はヴィットリオ。こんな顔しているけど私を見ると必ず挨拶してくる。
右端はお馴染みのミケーレ爺さん。サンタガタの主だがマリアお婆ちゃんには勝てないらしい(笑)

               

7時頃カッショーネがやっと出てきた。こんな時間まで待っている物好きがジャポネーゼ以外にもいて驚いていた。今シーズンはファン離れが著しいから選手たちは結構寂しい思いをしてきたんじゃないかなと思う。

お疲れ気味のカッショーネ

少々お疲れ気味の表情。練習後毎日こんな時間まで治療していれば疲れるよね…。

               

本日のトリは『俺たちのエルフ(小妖精)』フランコ・ブリエンツァ。

フランコーーー!!!

人気者の登場に7人全員で盛り上がる。いつも私一人だったに今日は7人のファンに出迎えられてブリエンツァは大きな笑顔。皆からサインや2ショットを求められ、「足首大丈夫?」「ガッリポリ戦出られる?」と質問攻めにされて超嬉しそうだった。ここにいる全員がフランコさん目当てで7時過ぎまで待っていたんだよ…。
昨季古巣パレルモ戦でのフェアプレーが原因でファンとの関係が壊れてしまったとされているが、それでもこうやって誰よりも彼を頼りにしている人たちがいる。セリエA昇格どころかレガプロ降格もありえる情けないチームで怪我を抱えながら奮闘するブリエンツァに大きな愛情を注ぐファンがちゃんといる。それをわかっているからこそブリエンツァも痛みをこらえて強行出場を続けているのだと思う。

フランコさんは本当に168cmでした

これが正しい165cmと168cmの身長差だよね。普通は実際よりも大きく鯖を読むものだけど、実際よりも小さく申告するカルモナの意図はなんなんだ?チリ代表はチビの方が有利なのか?
つーか、フランコさん絶対に私より小さいと思っていたけど、168cmは嘘じゃなかったのね。疑ってごめんなさい。

In bocca al lupo!!!

大きな声で激励しながら皆でブリエンツァの車を見送る。ブリエンツァは一人ひとりに「チャオ!」と車の窓から手を振ってくれた。
その様子をDr.ファヴァスリがニコニコ見守っていた。いつの間にかクラブハウスから出てきていたのね。
帰る前にドクターに手を振ったら、向こうが私に向かってお辞儀してきた。これは私も日本流に対応しないわけにはいかない。きちんと45度のお辞儀を返すと、更に深々と頭を下げるドクター。一拍置いて顔を上げようとしたら向こうがまだ頭を下げたままなので、年下の私が先に頭を上げる訳にもいかずもう一度頭を下げる。一方ドクターも途中まで頭を上げたが、私がまだお辞儀しているので再度頭を下げた。以下繰り返し。
「何やってんの?」
野郎共とレッジーナのスタッフが私たちのお辞儀の応酬を不思議そうに見つめる。まあ君たちには日本の美徳は理解できんだろうなぁ。つーか、なぜドクターは相手よりも先に頭を上げたら失礼だということを知っているのだろう。俊輔に教わったの?
きりがないので最後は互いにタイミングを合わせて一緒に頭を上げ、そして笑い合った。
「私は日本式の挨拶を熟知しているんだよ」とウィンクするドクター。まったくなんてお茶目な人なんだ!
こういう人が3年間俊輔の傍にいてくれて本当に良かった。ありがとうドクター。

               

「明日の練習は9時からだぞ!」
ミケーレがそう告げて先に帰っていく。最近では私を待たずにさっさと先に帰るようになった。いい傾向だ。
一人で練習場の入口に向かって歩いていたら、前から十代半ばくらいの下部組織の子が3人歩いてきた。3人とも挨拶もせずに私の顔を凝視している。失礼なガキ共だ。私も負けずに無言で睨み返す。すると、通り過ぎたあとで背後からガキ共の「ベッラ、ベッラ!」という声が聞こえてきた。
あら、なんてカワイイ子たちかしら~♪←おい

               

サンタガタの入口でお抱え運転手アントネッロの車を待っていたら、助手席に件の代理人らしき二枚目を乗せたカルモナの車が戻ってきた。運転席から超笑顔でブンブン手を振ってくる。
仔犬ちゃんご機嫌ね。ビッグクラブから引き抜きの話でもあるの?
カルモナに手を振り返しながら、移籍話を妄想してブルーな気分に浸る私であった。

それから約15分後、カルモナが今度は助手席にミッシを乗せて出てきた。一緒にご飯を食べに行くのかな?
「あー!ジャポネーゼまだいるー!」という感じで、また嬉しそうにブンブン手を振ってくるカルモナ。助手席のミッシの反応はイマイチ。や、イマイチどころか、すげえ浮かない顔をしていた。

今ならミッシが不機嫌だった理由がわかる。例の身なりのいい二枚目が誰だったのかも。
カルモナはガッリポリ戦の翌日にイタリアを発ってチリ代表に合流した。あの二枚目は代理人ではなくチリサッカー協会の人だったのだろう。W杯のために早期合流させて欲しいとレッジーナにお願いに来ていたに違いない。
レッジーナがカルモナの早期合流を承諾⇒W杯で頭がいっぱいのカルモナ超ハッピー⇒友だちであり大事な戦力であるカルモナがシーズン終了までいないことを聞かされミッシ大ショック。そんな図だったのだと思われ。
つーか、私、レッジョ⇒ローマの飛行機でカルモナと一緒だったんだから、「ワールドカップ頑張ってね」くらい言ってあげればよかったな。

南イタリア遠征記2010 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。