--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/31

セリエB第42節サッスオーロ×レッジーナ 結局6位でフィニッシュ

サッスオーロ3-2レッジーナ
得点者:前半20分 モンティエル、前半38分 コンソリーニ、前半46分&後半20分 マルティネッティ、後半36分 ヴィオラ弟

SASSUOLO (4-3-1-2): Pomini;Rea (89' Fusani), Polenghi, Piccioni, Consolini; Valeri, Magnanelli, De Falco (69' Troiano); Riccio;Catellani, Martinetti (79' Vignali). A disposizione: Bressan, Bruno, Cinelli, Albanese. Allenatore: Mandelli.
REGGINA (3-5-2): Puggioni; Cosenza (51'Rizzato), Giosa, Di Lorenzo; Bernardi, Dall'Oglio (63'Laverone), Montiel (55'Maita), Rizzo, Barillà; A.Viola, Zizzari A disposizione: Kovacsik, Sarno, Danti, Castiglia. Allenatore.: Atzori.
ARBITRO: Sig. Velotto di Grosseto
MARCATORI: 20' Montiel (R), 38' Consolini (S), 46' e 64' Martinetti (S), 80' Viola A. (R).
AMMONITI: Valeri (S) e Cosenza (R)

この試合の動画:
Sassuolo-Reggina 3-2 Highlights
Sassuolo 3-2 Reggina 29-5-2011 Highlights & Goals HD

この試合の写真:
US Sassuolo Calcio v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 5.5, Cosenza 6, Giosa 5.5, Di Lorenzo 6, Bernardi 6, Montiel 6.5, Rizzo 6, Dall'Oglio 6-, Viola A. 6, Zizzari 6, Rizzato s.v., Maita s.v., Laverone s.v.

試合後の監督と選手のコメント:
■アッツォーリ監督
(サンプドリア行きの噂について)
その噂は私も聞いたよ。パレルモから始まって今度はジェノヴァまで行き着いたわけか。だが私が知っている唯一の予約は木曜日のプレーオフだけだ。

※それ以外の部分は後日追記します。多分。
■モンティエル
(サッスオーロの選手に削られまくって負傷退場した件について)
大丈夫。打ち身だけ。
ゴール?本当にキレイなゴールだったね。上手く入ってくれたよ。プリマヴェーラの選手たちはこんな素晴らしい経験をしたし、サッスオーロが残留したことも嬉しいし、レッジーナはよくやったし。もう本当にこのゴールのお陰でハッピーだよ。
さて、ノヴァーラだけど、強いのは誰もが知っている。だけど僕たちグランデなプレーオフをしてみせるよ。僕はまだ最後までレッジーナと共にいる。あと1年契約が残っているけど、今はプレーオフのこと以外は何も考えない。

あんな足引きずってピッチを後にしないといけないくらい何度も削られたのに(最後のファールは故意としか思えない)サッスオーロの残留を喜んであげるなんて、優しいというかお人よしというか、そんなことどうでもいいと思えるくらいイタリア初ゴールが嬉しかったのね、きっと。契約更新してもらえるといいなぁ。




最初に訂正です。直前情報で「この試合に何もかかっていない15位サッスオーロ」と書きましたが、思い切り残留(プレーアウト圏脱出)がかかってました。大変失礼しました。ということで、モチベーションはあちらさんの方が俄然高かった模様です。
さて、簡単に試合を振り返ってみましょう。

               

召集されはしたものの結局カスティーリャはベンチスタート、デローゼはベンチにも入らず。スタメンクラスなのはコセンツァ、リッツォ、プッジョーニくらい。主力をごっそり温存した本日のカピターノはジョーザなり。
 ↓
サッスオーロのスイカユニを見ると中村さんがいた頃のセルティックを思い出すわ~。
 ↓
前半12分、カテッラーニがコセンツァをスピードでぶっちぎってエリア内突入⇒左ポスト付近から打った右足シュートはプッジョーニが両手でパンチング、こぼれ球をコセンツァがクリア⇒クリアボールを拾ったサッスオーロに再びシュートを打たれるけどプッジョーニがしっかりキャッチ。
コセンツァ、ジョーザ、ディロレンツォ(プリマヴェーラのカピターノ)という急造3バックじゃ連携を望めるはずもなく、流石にアッツォーリさん怖くてプッジョーニを休ませられらなかったのね。
 ↓
前半20分、PAの手前、中央よりやや左の位置でレッジーナのFK。蹴るのはモンティエル。
決まる予感があった。言葉では上手く説明できないけど、去年も今年もサンタガタでFKの練習をがっつり見てきたので、モンティのFKが決まるときは助走の段階で何となく分かるのだ。
で、予感的中。右足から放たれたライナー性のFKはGKポミニの手を弾いて対角線上のネットを揺らした。Tutto Regginaのテキスト実況では「稲妻」と形容。サッスオーロが押していたのにレッジーナが思いがけず先制。

今季初ゴールどころかイタリア初ゴール!やったねモンティ!

モンティが真っ直ぐ走っていった先はベンチの第2GKコヴァチク。今季レッジーナでは数少ない外国人同士、ベンチを温める者同士、強い連帯感で結ばれていたのかな。このカワイコちゃん二人のハグシーンの写真がないなんて、役に立たないカメラマンだ。

ベリッシモなゴールでした

 ↓
前半33分、足首を酷い踏まれ方をしたモンティが倒れる。仰向けに倒れたままピッチを殴りつけるモンティ。相当痛そうだ。Dr.ファヴァスリが治療のためにすっとんできてしばし中断。このまま負傷交替かと思ったけど治療後ピッチに戻ってきた。
 ↓
前半38分、PA手前ゴール正面からコンソリーニのシュート⇒プッジョーニまさかのお手玉でサッスオーロ同点…
プッジョーニ様も休ませた方が良かったのでは?
負けてもOKな試合なんだからコヴァチクを使って欲しかったわん。
 ↓
前半ロスタイム、サッスオーロのCKからマルティネッティに頭で決められ、あっさり逆転。おいおいおい…。
 ↓
後半5分、モンティへの悪質なファールでヴァレリに黄紙提示。モンティは本日削られたのは3回目。ゴールしただけじゃなく、レジスタとしてゲームを作っていたモンティへの当たりは激しかった。つーか、今のは回避できたファールだろ!モンティの膝すげえ不自然にねじれたんですけど!

黄色じゃなくて赤出せ、赤!
 ↓
後半6分、コセンツァOUT、リッツァートIN
ああ、リッツァートは完全休養させてあげたかったのに…。
 ↓
後半10分、プレー続行不可能となりモンティOUT、プリマヴェーラのマイタIN
久しぶりのスタメンでキラキラしたパフォーマンスを見せてくれたのに負傷退場なんて…
 ↓
後半20分、またセットプレーからマルティネッティに頭で叩きつけられ失点。なんで君はこんなにフリーなんだ、マルティネッティ。つーか、負けてもいい試合だけど3-1はないんじゃない?
 ↓
後半35分、リッツァートのクロスをPA手前で受けたジッザーリが追い越してきたヴィオラ弟にワンタッチパス⇒ヴィオラ弟がオフサイドにかからないよう上手くタイミングを外し、正面からドリブルで攻めて左足でゴール右隅に突き刺した。

よし!ヴィオラ弟いいゴールだ!

後半は全然点が取れる気がしなかったけど、なんとか3-2にしたぞ!
 ↓
このまま3-2で試合終了。
負けたのに嬉しそうにティフォージに挨拶に行くレッジーナの選手たち。負けたのにティフォージも笑顔と拍手で選手を労う。いいんだよね、負けたってプレーオフ進めるんだし。
一方残留を確定させたサッスオーロは飛び跳ねて喜んでいた。よかったねー。

               

最終節終わって勝ち点61、6位でシーズン終えました。
プレーオフの対戦相手は3位ノヴァーラとなりましたが、4月の対戦では勝っていますから恐れることはありません。
もうすぐプレーオフ第1戦が始まるけど、眠くて限界なので私は寝ます。寝ている間に勝利が転がり込んでいますように。

スポンサーサイト
10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/29

5位でフィニッシュするのだ!サッスオーロ戦直前情報

今日観た試合:
C大阪×大宮(私のラファエルのゴールで大宮が勝ったわぁ)⇒ローマ×サンプドリア再放送(後半途中でCL決勝に切り替えました)⇒CL決勝マンU×バルサ再放送(バルサ圧勝でしたねー。つまんないのー)⇒広島×鹿島(鹿さん応援してたのにー)
今日もたくさん観てグッタリです。

さて、本日はセリエB最終節です。アウェイでサッスオーロと対戦します。
5位で終わるか6位で終わるかによってプレーオフの対戦相手がノヴァーラになるかヴァレーゼになるか変わってきます。どっちと当たっても難しいのは一緒ですけど、気分的に5位のまま終わりたいですよね。

サッスオーロ戦に召集された19名の皆さんは以下の通りです。
PORTIERI: Kovacsik, Puggioni;
DIFENSORI: Cosenza, Di Lorenzo (20), Giosa;
CENTROCAMPISTI: Barillà, Bernardi, Castiglia, Dall'Oglio (23) , De Rose, Laverone, Maita (46), Montiel, Rizzato, Rizzo;
ATTACCANTI: Danti, Sarno, A.Viola, Zizzari.


アデジョ君は出場停止継続中。
怪我人はブルジゴッティ。
プレーオフを見据えて累積警告リーチの選手7人のうち5人(ボナちゃん、ヴィオラ兄、コスタ、アチェルビ、テデスコ)は招集が見送られました。リーチなのに呼ばれたのはデローゼとカスティーリャの2人です。
本日はDFが3人しかおりません。大丈夫なんでしょうか
主力が大量にお休みするのでプリマヴェーラからディロレンツォ(DF)、ダッロリオ(MF)、マイタ(MF)の3人が呼ばれております。

本日のスタメン:
SASSUOLO (4-3-1-2): Pomini, Polenghi, Rea, Piccioni, Consolini, De Falco, Magnanelli, Valeri, Ricco, Catellani, Martinetti. A disposizione: Bressan, Bruno, Troiano, Fusani, Cinelli, Albanese, Vignali. Allenatore: Mandelli.
REGGINA (3-5-2): Puggioni; Cosenza, Giosa, Di Lorenzo; Bernardi, Rizzo, Montiel, Dall'Oglio, Barillà; A.Viola, Zizzari. A disposizione: Kovacsik, Sarno, Danti, Rizzato, Castiglia, Maita, Laverone. Allenatore: Atzori.


既にスタメンが発表されていますが、プリマヴェーラちゃん二人が先発します。二人とも臆せずに向かっていけ!
モンティは契約更新してもらえるよう最高のパフォーマンスを見せて欲しいです。このチャンスを逃さないで!
試合前日のアッツォーリさんのプレスカンファランスでは、「別に負けてもいい。負けることも十分に考えられるだろう。しかし、シエナに5-0で負けたヴァレーゼみたいなことになったら許さん」と控え中心で臨むチームに無様なゲームをしないよう釘を刺していました。ま、この面子だと連携に難があるのは明白なので確かに負けることも十分に考えられます。だけど相手はこの試合に何もかかっていない15位サッスオーロですから、5位の意地を見せたいところです。
特にバリッラ、出ずっぱりのリッツァートを完全に休ませてあげて。やっとコンディションが回復してエネルギーが有り余っているに違いないから期待しているぞ!年に数回飛び出す例のすんごいゴール決めちゃっていいからね!

MyP2Pで単独チャンネルがありますが、ここ映るのかしら…
US Sassuolo vs. Reggina

なんかアッツォーリさんがサンプドリアの監督に就任濃厚という報道が出ていて気になりますが、チームもファンも試合に集中しましょう。5位でフィニッシュするぞー!!!

Forza Reggina!!!

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/28

Number中村俊輔『僕の人生設計図』

まずは今年のイタリア遠征@レッジョでのエピソードから。
サンタガタ練習場で地元民と雑談しているときに俊輔のことが話題になり、「ナカムラは今季横浜Fマリノスのカピターノなんだよ!」と教えましたが誰も驚きませんでした。
ボナちゃんテデスコと共に3ショット『ナカムラ同盟』(←命名テデスコ)を撮影した後のちょっとしたおしゃべりで「ナカムラは今季横浜Fマリノスのカピターノなんだよ!」と教えても、やはり二人ともまったく驚きませんでした。「そうなんだー」と興味深そうに笑顔で耳を傾けてくれただけでした。
私はですね、

ええー、あの内気なナカムラがカピターノ?!

という反応を皆様から期待していたのですよ。だって私自身が『今季マリノスの新キャプテンは中村俊輔!』の報を聞いた際に

スンタンがキャプテン?!ひゃー、有り得なーい!!!

とジタバタ笑い転げたもので。←おまえ本当にファンか?
しかし、ボナちゃんにとっても、テデスコにとっても、レッジョの民にとっても、ナカムラがカピターノを任されるのは当たり前のことのようでした。
ま、そうですよね。イタリア人にしては大人しいボナちゃんだって今やレッジーナのカピターノだし。チームをまとめるようなキャラじゃないと思っていたテデスコでさえボナちゃん不在時はキャプテンマークを巻いているわけだし。そう考えれば、あれだけの高い技術を持ち、イタリア、スコットランド、スペインで揉まれ、長いこと日本代表の主力としてプレーしてきたスンタンが、キャプテンとしてチームを引っ張る立場に就くことは至極当然のことなのかもしれません。ああいうキャラでも。←おい
他にもコルッチが今季チェゼーナでカピターノやってましたね。04-05シーズン終盤に悪さして5試合出場停止を喰らいチームに迷惑かけたヤンチャ坊主が今やカピターノですよ。スンタンもかつてのレッジーナの同僚がカピターノとして奮闘している姿は励みになっていることでしょう。あいつらだって出来るんだからスンタンも大丈夫!カピターノのタイプは千差万別。スンタンも頑張れ!

・・・すみません、CPUの唸り声が凄まじくなってきたので少しPC休ませます。まだ本題に入ってないのに(汗)
今夜はセリエB最終節だし、あれもこれも忙しいんだから、ご機嫌直して普通に動いてよ~(泣)
 ↓
akiさんにコメント欄でセリエB最終節は明日だと教えていただきまして、安心してウディネーゼ×ミランの再放送を観てました。
ウディネーゼCL出場権獲得おめでとう!PK外したディナターレ、負けなくてよかったね!お気に入りのチリの小僧サンチェスはウディネーゼの選手として見納めなのかなぁ。ユヴェ移籍が決まっているピルロの涙にもらい泣き。いろいろ胸にぐっと来るゲームでした。
はい、続き書きますよ、風呂入ってから。寝るまでに絶対に書き上げます。約束します。では後ほど。
 

さて、本題です。
P28の写真もP30の写真も実にいい笑顔ですね。憑き物全部落ちたぞって感じ。
それにしても中村さん目の周りの小じわが増えましたね。←お前に言われたかないだろう

記事読み終えて一番嬉しかったのは、引退後も指導者としてサッカーに関っていくというスンタンの揺るぎない決意を改めて確認できたことでしょうか。選手としての寿命はそれほど長くないかもしれないけど、そのあと何十年もずっとずっとサッカーに関るスンタンを応援できるってステキなことですよね。しかも海外のクラブでコーチ、監督になることが引退後の夢だなんて、ちょっと、いえ、正直すげえビックリしました。

「言葉も一から勉強して、向こうでコーチとか、プロの指導者層まで行きたい。せっかくスペイン語とかイタリア語とかを少し覚えたからね。英語はスコティッシュだったから、あまり話さなかったけど。選手は多くなったけど、指導者が海外に行くケースってあまりないからね」

てっきり海外暮らしは懲り懲りなんだと思っていましたよ中村さん。

更に嬉しいことにセルティック移籍後はまったく触れなかったマッツァーリ監督のことを褒めちぎっているではないですか!←読んでて一番エキサイトした箇所

~指導者のサンプルとして見たとき、マッツァーリ以上の監督はいないというのが、中村のいまも変わらない認識である。~

これ愛しのマツマツに何とかして伝えようと思います。それが私の使命だと思いますので。←はあ?
もし将来スンタンがマツ監督の元で監督修行することになったら、私それがどこのクラブだろうと練習場に通い詰めちゃうから☆
・・・・・・読んでる皆さん引いてますね。すみません。
でも、マツ監督の元で学んだら、やたら退席処分の多い監督になりそうで怖いわ。
「なんと中村監督今季6回目の退席処分です!」
「ヨーロッパでプレーしていた選手時代は熱い気持ちが見えないと批判されていたのに不思議ですねえ」
そんな会話を実況・解説陣にされちゃう監督になっちゃったらどうしましょ。

ハングリーさが足りない日本の若い選手への苦言も、厳しい環境を経験したからこその説得力があります。反骨心、競争心をいかに植えつけるか。欧州とのギャップをいかにして埋めるか。単に指導者を目指しているだけじゃなく、もの凄く大きなことを目指しているんですね。欧州での経験をあますことなく日本に還元しようとしているスンタン、カッコイイなぁ。これからも絶対に目が離せないなぁ。

スンタンが引退後の人生設計図を詳細に思い描いているのに対して、キングカズは「まったく描いておりません。お先真っ暗です。」という回答。あまりに対照的で笑ってしまいました。この潔さ、さすがキングだ。

なんかキングのお父様からどら焼きを贈られたスンタンが感激して44歳まで現役宣言したという記事を最近読みましたが、どら焼きで44歳までプレーすることを決意するって、どこまで私を笑わせれば気が済むんですか貴方は。スンタン相変らず面白すぎ!
や、でも現役は1年でも長く続けて欲しいですけどね。若手主体に切り替えたマリノスが今季躍進しているのは、スンタンがキャプテンとしてチームをまとめられているということでもあると思います。若いチームは波が激しいから落ち込んだときの対応で苦労するだろうけど、試行錯誤を重ねて立派なカピターノになって欲しいです。来年のイタリア遠征でボナちゃんとテデスコにナカムラがカピターノとして素晴らしい仕事をしたと私に報告させてね。

俊輔 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/26

PCもぼろぼろ

渡伊前から調子の悪かった自宅PCがいよいよヤバくなってまいりました。

症状その1:
朝出かける前にPCをシャットダウンしたはずなのに夜帰宅するとまだシャットダウンのプロセスの最中でPCの電源が切れていない。これが頻発。

症状その2:
CPUが爆発するんじゃないかと思うくらいの勢いで唸りを上げている。触るとかなり熱い。

ノートンによるとウィルスには感染していない模様。
昨日いろいろインストールし直したらCPUの唸りは多少改善されたものの、今日はSkypeが使えなくなっていまして…。もうイヤ。
購入したのが2007年9月。そろそろ替え時なのかしら。イタリアで散財してきたからお金ないんですけど…。

未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/24

愛しの白くま君

最近のはまり物。これ美味しいですよね

毎日食べたい白くま

甘いものが少々苦手な私ですがアイスだけは別です(チョコレートも大人の味のものは好き)。イタリアでもよくジェラート食べてました。レッジョのピスタチオのジェラートが恋しいよぉ。

ああ、一気に白くまアイスを5本くらい食べたら帰国後のこの下がりきったテンションを上げることが出来るかしら。
…や、腹壊すだけだな。止めておこう。

明日は少し早く帰れそうです。Numberの続き読めるかなー。
つーか、特集記事を全部読み終わってから何か書くとか言ってると、下手すると来月になりそうな気も…
読破は諦めてさっさと書くか。
とりあえず今夜は寝ます。おやすみなさいませ。

未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/22

セリエB第41節レッジーナ×アスコリ 念願のプレーオフ進出確定!

レッジーナ0-0アスコリ
得点者:いましぇーん

REGGINA (5-3-2): Puggioni; Laverone, Cosenza, Costa, Acerbi, Rizzato; Rizzo, Tedesco, Campagnacci (72’ Viola A.); Danti (60’ Castiglia), Bonazzoli. A disp. Kovacsik, Giosa, De Rose, Viola N., Zizzari. All. Atzori.
ASCOLI (4-5-1): Guarna; Ciofani (61’ Capogrosso), Faisca, Marino, Calderoni; Lupoli (65’ Mendicino), Di Donato (76’ Cristiano), Pederzoli, Moretti, Giorgi; Feczesin. A disp. Maurantonio, Uliano, Micolucci, Antonio. All. Castori.
ARBITRO: Doveri di Roma.
AMMONITI: Tedesco (R).
NOTE: corner 5-3; recupero 1’-2’. Spettatori paganti 3103, totali 6668. Incasso paganti 28470 euro, totale 50847 euro.

この試合の動画:
Serie Bwin公式サイトで各自探しましょう
Festeggiamenti PostPartita . . . . .Reggina-Ascoli 0-0 21/05/2011
※揺れ揺れの映像ですが試合後のクルヴァの浮かれっぷりが伝わってきます。「プレーオフ!プレーオフ!」というコールが、選手たちのウィニングランの際には「セリエA!セリエA!」に。あんたたち気が早いよ

この試合の写真:
Reggina Calcio v Ascoli Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Laverone 5.5, Cosenza 5.5, Costa 7, Acerbi 5.5, Rizzato 6, Rizzo 5.5, Tedesco 6, Campagnacci 6, Viola A. s.v., Danti 5.5, Castiglia s.v., Bonazzoli 6
Datasport
Puggioni 6, Costa 6.5, Cosenza 6, Acerbi 6, Laverone 6, Rizzo 6, Danti 5, Castiglia 5.5, Tedesco 6, Rizzato 5.5, Campagnacci 6.5, Viola A. s.v., Atzori 7

試合後の両監督のコメント:
■アッツォーリ監督
この試合は通常じゃないと感じていた。個性に欠けた選手がいたのは確かで私を激怒させたよ。まあこの点はいつものことだがね。ロッカールームでは途轍もないプレッシャーを感じた。無理もない、この目標に向かって戦ってきたのだから。
今日選手たちが勝ち取ったものを賞賛するのは正しいことだ。何故ならそれはとても素晴らしく、とても美しいから。火曜の練習再開で彼らは私の元に集まるが、今日のビデオをもう一度見せてあげるよ。我々が成長した部分をもう一度見せてあげようと思う。
ここで選手とスタッフに賛辞を述べたい。クラブ、監督、選手が同じ位置から船を漕いできた。そうすることによってのみ我々がこの最終ラインに辿り着くことが可能だった。この機会を与えてくれたフォーティ会長に、私のスタッフに、ずっと驚異的だった選手たちに感謝している。そしてティフォージにも。次は満員のスタジアムを見たいものだ。
トリノ戦が転機になった?(長いこと勝利から見放されていた)あの特殊な状況下でのトリノ戦のパフォーマンスは我々にポジティヴな推進力を与えてくれた。アウェイでの二連勝が決定打となったよ。我々は諦めずにキーとなる二つの勝利を手にしたんだ。我々全員がこの成功を望んでいた。何故って誰もが達成できないと言っていたからだ。
今やこうしてプレーオフを戦うことになった。我々はプレーオフという目標に到達したんだ。まずは次の対戦相手と戦ってからその後は考える。選手たちがよくやってくれるから私は何も恐れてはいない。サッスオーロで結果をだせるかという心配もしていない。率直にプレーしたいだけだ。
サッスオーロ戦に向けて怪我人のコンディションを査定しないといけない。いつものように誰が先発かそうでないかは言わないよ。サッスオーロ戦は週の練習で選手たちが見せてくれるものを確認しながら準備することになる。例えば私はリッツァートを休ませたいと予告したが、バリッラの調子が良くなかった。日曜日には良くなることを期待している。可能な限りベストなフォーメーションを組めるよう努力するよ。
5位で終えるか6位で終えるかは同じことではない。今の重要な順位(5位)を死守したい。
コロンボにはあと48時間の完全休養が必要だ。ちょっと筋を伸ばしてしまったんだ。
(プリマヴェーラの)ディロレンツォ?監督のお気に入りだよ。誰を連れて行き誰をレッジョに残すかはこれから評価する。
■カストーリ監督
我々は素晴らしい前半を戦ったが、後半は少しバラバラになってしまった。前半は我々が降格に値しないチームだと確認したよ。言うのは簡単だが、我々はピッチ上での仕事に集中しなければいけない。我々とレッジーナとエンポリは最も若いチームだ。若い選手はプレーさせてあげないと苦しんでしまう。我々は常に優秀な組織を持ち合わせている必要がある。現時点で最後の決め手を欠いているのでトリエスティーナを破らないといけない。そうすれば数字の上で安全になれるだろう。我々がいたスタートラインを考えれば(←マイナス7のペナルティを科されていた)、素晴らしい結果で終える驚異的なカンピオナートとなったよ。ちょっと前まではプレーアウトに到達するのは大変なことだと考えていたんだ。さあダイレクトの残留を見せてやろうじゃないか!
最近のピアチェンツァは継続的でネガティヴな退場があった。ここ数節多くのチームがあまりに多くの退場者に我を見失っていた。我々はそういう間違いを犯さなかった。おそらくそれは11月から我々がファイトして、それに慣れてきたからではないだろうか。

※最後トリノのことを語っていたのですが、よく分からなかったので割愛します。



単独チャンネルのストリーミングがなかったので、映像はマルチディレッタ、音声はレッジーナ×アスコリのラヂオ実況、同時にテキスト実況を追いかけるという離れ業をやってのけたのですが、あまりに見所に欠けるゲーム展開だったので余裕で3つこなせました。いいんだか悪いんだか。
レッジーナだけじゃなくてアスコリもショボかったので、超簡単にゲームを振り返ることとしましょう。

               

観客はいつもよりも多かったけど、それでも満員には程遠い6668人。とりあえず1万人越えを目標に頑張りましょう。
 ↓
ハイライト映像の前半はアスコリの攻撃のみ。実際にマルチディレッタでめったにレッジョに映像飛ばなかったしね。レッジーナの皆さんはプレッシャーに負けてしまったらしい。しかしアスコリの攻めもプッジョーニを困らせるには至らず、0-0で前半終了。
 ↓
後半1分、ようやくレッジョに映像が飛ぶ。カンパニャッチがドリブルで左サイドからエリア内に切れ込み、深い位置からマイナスのクロス⇒中央でエリア内に突っ込んできたテデスコのシュートは相手DFの背中に当たって弾き返される⇒テデスコその跳ね返りを今度はダイレクトでバイシクルシュート!しかしわずかに枠の上。惜しい!
今節唯一のワクワクするシーンであった。
 ↓
後半4分、またレッジョに映像が飛ぶ。リッツォのボールロストからアスコリのカウンター。⇒ジョルジがエリア内左で3人引き付けてから中央のフェチェシンへ⇒釣り出されていたアチェルビが易々とフェチェシンにポストを許し、ルーポリがゴール正面でシュート!⇒幸運なことに枠を越えていった。ほっ。
 ↓
この後リッツォがミドルを二本放つ。一本目は枠の左。二本目はGKの正面。
 ↓
後半35分、正面からのメンディチーノのグラウンダーのシュートが左に逸れたのをクリスティアーノが足に当ててコース修正⇒ヒヤッとしたけどプッジョーニ様が阻止。
 ↓
後半38分、攻め手がなくて40mの位置からテデスコが無理やりミドル。つーか、ロングだな。威力がなくてグアルナ正面でキャッチ。
 ↓
後半40分、もう一回テデスコの長距離砲。これもグアルナ難なくキャッチ。
 ↓
どうしようもなくしょっぱい試合だったけど、試合終了のホイッスルと共にグラニッロの観客が喜びを爆発させている。テキスト実況でも「レッジーナがプレーオフ進出!」と書いてある。

え?決まったの???

その後しばらく勝ち点計算に四苦八苦する私であった。
 ↓
プレーオフ進出記念に裸体を披露するコセンツァ。

下はパンイチだったのか?

プッジョーニ様は脱いでくださらないのね。

プッジョーニ様ちょっとだけドンキーコングみたい

               

5位レッジーナはドローで1ポイント積み上げて勝ち点61。
裏でやっていたパドヴァ×リヴォルノの大一番が3-2でパドヴァが勝利して6位パドヴァの勝ち点59。
7位トリノは勝ち点58。
最終節でレッジーナが負けてパドヴァもトリノも勝った場合、レッジーナとトリノの勝ち点は61で並ぶわけで、いくら得失点差でレッジーナが4リードとしても、レッジーナが大量失点してトリノが大量得点したらひっくり返るよ?いくらレッジーナ有利と言ってもプレーオフは確定していないのでは?
と思ったら、最終節はトリノ×パドヴァの直接対決でした。ということで、パドヴァとトリノが両方勝つことは有り得ないわけで、この時点でレッジーナのプレーオフが確定しました。めでたし、めでたし。
それにしても来週のトリノ×パドヴァはプレーオフ最後の一枠を賭けた文字通りの死闘となるわけで非常に楽しみです。当事者と両チームのファンは胃に穴が開く思いでしょうけど。

こんなしょっぱい試合の中でも輝いていた選手がいます。ラヂオ実況で、テキスト実況で、ポジティヴな意味で最もよく出てきた名前がコスタでした。レッジーナ公式の今節のMVP投票ではコスタがダントツのトップ。Tutto RegginaのパジェッレでもMVP、DatasportのMVPはカンパニャッチみたいですが評価は6.5とカンパニャッチと並んで最高点です。

Tutto Reggina 7点
今日もまたエリア内での読みは完璧だった。同じポジションの仲間が良くない中で彼は役割を果たす準備が出来ていた。


Datasport 6.5点
直前まで出場が危ぶまれたが素晴らしい試合をした。常に先を読んでおり、クロスは完璧、またプラン構築に優れている。


南部出身者でもないのにセリエAクラブのオファーを蹴ってレッジーナに残ってくれる変わり者のコスタ。レッジーナに来てからはサイドプレーヤー(左)として起用されてきましたが、今季アッツォーリさんはCBとして使い続けました。統率力の点でも成長が著しいとアッツォーリさんの信頼も厚いです。ウリビエリさんに連れられてボローニャからやってきたときは22歳の小僧だったコスタももう25歳。レッジーナの新しいDFリーダーは彼になるのかな。サイドを軽快に駆け上がるコスタを見られないのは寂しい気もしますが。

これで最終節のサッスオーロ戦が終わっても、そのあと約1ヶ月プレーオフでレッジーナの試合を楽しめることになりました。対戦相手がノヴァーラになるのかヴァレーゼになるのかは最終節の結果次第です。どっちと当たるのが有利なのか私にはわかりません。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/21

本日プレーオフを勝ち取るのだ!アスコリ戦直前情報

今日観た試合。
パルマ×ユヴェントスの録画(ゴールしたジョヴィンコちゃんの喜び方が激かわいかった♪)⇒ミラン×カリアリの録画(私にとってはミランのスクデット祝勝会よりもミッシとビオンディーニ鑑賞会)⇒横浜Fマリノス×ヴァンフォーレ甲府(スンタンが下がってから居眠りしていたのは内緒です)⇒ガンバ大阪×アルビレックス新潟(新潟もう少しでアウェイで勝ち点ゲットだったのに)。
わずかな空き時間にナナちゃんの散歩と読書(Number 778号の特集『カズに学べ。明るく生き抜く11の思考法』)に励みましたが、まだ全部の記事を読み切れていません。特集記事を全て読んでからスンタンに関するエントリーを書くことにします。来週の平日のどこかでアップする予定。

さて、本日はホームでアスコリ戦です。今日勝つとプレーオフ進出が決定するためチケットが相当売れたようです。この写真見てもチケット売り場の列の長さが凄いです。私がヴァレーゼ戦のチケット買ったときは6人しか並んでいませんでしたよ?

アスコリ戦のチケットを求める長蛇の列

私の帰国後にガリバルディ大通りにレッジーナポイントを開設したそうです。来季も無事オープンしていることを祈ります。
グラニッロへ行こう!キャンペーンのために作成されたポスター3種がステキです。人選も納得の3人です。

■不動の守護神プッジョーニ様(なぜスーツ?)

ポスターその1プッジョーニ様

■チーム得点王&カピターノのボナちゃん(面白いコスプレに挑戦して欲しかった気も)

ポスターその3ボナちゃん

■サンタガタ産期待の若手ヴィオラ兄(ギャルサポが狂喜したでしょうねコレ)

ポスターその2ヴィオラ兄

アスコリ戦に召集された20名の皆さんは以下の通りです。
PORTIERI: Kovacsik, Puggioni;
DIFENSORI: Acerbi, Cosenza, Costa, Giosa;
CENTROCAMPISTI: Bernardi, Castiglia, Colombo, De Rose, Laverone, Rizzato, Rizzo, Tedesco, N.Viola;
ATTACCANTI: Bonazzoli, Campagnacci, Danti, A.Viola, Zizzari.

ブルジゴッティとサルノが怪我で外れました。コンディション不良で召集が危ぶまれたコスタとコロンボは回復。
アデジョは出場停止継続中。そんなに酷いファールだったかなぁ。
ペトロッコ、モンティ、バリッラ、ロウザーダ(プリマヴェーラから引き上げられた子)は戦術的選択で外れました。

予想スタメン:
REGGINA-ASCOLI/ Le probabili formazioni
REGGINA: (5-3-2): Puggioni; Colombo (Laverone), Cosenza, Costa, Acerbi, Rizzato; Rizzo, Tedesco, Campagnacci; Danti, Bonazzoli. A disp. Kovacsik, Giosa, Laverone (Colombo), De Rose, Viola N., Viola A., Zizzari. All. Atzori.
ASCOLI: (4-5-1): Guarna; Ciofani, Faisca, Micolucci, Calderoni; Lupoli, Moretti, Pederzoli, Di Donato, Giorgi; Feczesin. a disposizione: Maurantonio, Capogrosso, Marino, Antonio,Ulliano, Mendicino. Allenatore: Castori.


強面コロンボさんは本日の報道によるとコンディションの問題で外れることが決定的となった模様。右サイドの代役はラヴェローネが務めることになりそうです。カワイコちゃんガンバレ!
本日のボナちゃんの相棒はゴマちゃん似のダンティの予想となってます。

ボナちゃん先日のファンの質問に答える企画で「レッジーナでキャリアを終えたい」と発言していました。実現するといいなって思います。その前に今季20ゴール達成を実現させましょう。

試合前日のアッツォーリ監督のプレスカンファランスでは、監督の来季に去就に質問が集中したようです。セリエA複数のクラブの監督候補になってますが、現時点でどこのクラブとも接触していないと断言。「もしレッジーナがAに昇格したら間違いなく残る」と言ってくれました。来季もアッツォーリさんに指揮を執ってもらうために、ぜひぜひプレーオフを勝ち抜いてAに昇格していただきたいです。や、来季もBだろうと今までどおり応援しますが、二枚目のアッツォーリさんが監督かどうかで私の応援モチヴェーションは大きく変わってきますので。だって本当にステキなんだもん←毎年新しい監督に惚れる浮気女

レッジーナのプレーオフ進出が決まるかどうかの大事な対戦なのにMyP2Pでは単独チャンネルがありません。マルチキャストで我慢するしかなさそうです。
Serie B Multicast Diretta Goal

昨日のアンティチポでプレーオフを賭けた大一番エンポリ×トリノが引き分けました。エンポリちょっとプレーオフは難しくなっちゃいましたね…。
本日はパドヴァ×リヴォルノの大一番があります。こちらも引き分けていただけるとレッジーナ的には非常に有難いです。いや、自力で勝ち取る所存ではありますが

選手の皆さん、今日決めちゃいましょう。どうせならグラニッロで決めちゃいましょう。ティフォージに最高の贈り物をしてあげてください。そしてレッジョの民は熱い声援で後押しをヨロシク!

Forza Reggina!!!

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/21

祭りの後の虚しさよ…

皆様こんばんは。体内時計がまだ日本時間に戻りきらない管理人です。

帰国後は体調悪いです。
時差ボケと旅の疲れは当然として、帰ってきてからずっと便秘気味です。イタリアでは毎日有り得ないほど歩いていたので、快食、快眠、快便でしたが、日本にいるとまあ動かないこと。胃袋はでかくなったままなので、このままだと急激に体重が増加するのではないかと…。ちなみに帰国直後の体重は出発前マイナス1キロでした。あれだけ食べてもイタリア行くと痩せるんですよね。やっぱり運動って大事だわー。
あとは精神的な疲れですね。楽しいことが終わってしまって、また1年間クソつまらない仕事をしないといけないという現実を前に鬱状態ですわ。仕事もたくさん溜まっているしー。って2週間も遊んできたんだから仕方ないけど

震災以降オフィスの空調が入らないってのも労働意欲が失せる要因の一つとなっています。クーラー入らないからって窓が開くかっていうと、開く窓なんてほとんどないし。9割の窓がキャビネット類の後に隠れています。開けることは不可能です。
経済産業省のお達しで今週からうちの会社もクールビズ導入しているけど、どこまで軽装にしていいのかっていうとネクタイしなくてもいいよってだけなんですよね。女性には一切関係ないし、男性諸氏も元々来客や会議のときしかネクタイしないから、今までと同じ服装でクーラーだけ入りませんということです。
「いっそサッカーのユニホームで仕事しましょう!持っていない人には私のレッジーナのユニ貸してあげます!」と提案しましたが、あえなく却下されました。ユニで仕事すれば涼しいし気合も入ると思うんだけど。

あーあ、レッジョで仕事ないかなー。移住したいよー。

話は変わりますが、今年の遠征はアタランタ、パルマ、レッジーナの練習場を訪れて、たくさんの選手の写真を撮ってきました。毎年恒例の同僚女子による好みのイケメン投票を行っておりますが、現時点でダントツの一位はアッツォーリ監督です。そして2位はなんとジッザーリ!コスタでもヴィオラ兄でもなくジッザーリですよ、奥さん!彼は日本人受けする顔なのね。あと第二GKのコヴァチクも人気です。
パルマの一番人気は今のところロルフ・フェルチャーです。
実物はとびきりの美人さんなのに例によって写真写りがすこぶる悪いゆえバレートには1票も入っておりません。
以上イケメン投票中間報告でした。

明日は何かまともな記事を書く予定です。メイビー。


未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/17

セリエB第40節グロッセート×レッジーナ 9人の相手に辛勝

グロッセート0-1レッジーナ
得点者:前半5分 ボナッツォーリ

GROSSETO (4-3-1-2): Narciso; Petras, Rincon, Federici, Mora; Crimi, Consonni, Defendi (73' Giallombardo); Caridi; Soncin (63' Immobile), Sforzini. A disp. Mangiapelo, Vitiello, Bruscagin, Asante, Alessandro. All. Serena.
REGGINA (5-3-2): Puggioni; Cosenza, Costa, Acerbi; Colombo, De Rose, Tedesco, Rizzo (85' Castiglia), Rizzato; Campagnacci, Bonazzoli (63' Zizzari). A disp. Kovacsik, Giosa, Barillà, Viola N., Danti. All. Atzori.
ARBITRO: Nasca di Bari.
RETE: 5' Bonazzoli.
AMMONITI: Mora (G), Costa (R), Colombo (R), Castiglia (R).
ESPULSO: 42’ Mora (G), 88’ Rincon (G).

この試合の動画:
Grosseto vs Reggina 0-1 - SKY HD - All Goals & Highlights SERIE B 15/5/2011
Serie bwinのサイトで各自探しましょう

この試合の写真:
US Grosseto FC v Reggina Calcio

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6.5, Cosenza 6.5, Costa 6.5, Acerbi 7, Colombo 6, Tedesco 7, De Rose 6.5, Rizzo 6, Rizzato 6.5, Campagnacci 6.5, Bonazzoli 7, Zizzari 6, Castiglia s.v.
Datasport
Puggioni 7, Colombo 6, Costa 6, Cosenza 6, Acerbi 6.5, Tedesco 6, De Rose 6, Rizzo 5.5, Castiglia s.v., Zizzari 5.5, Rizzato 6.5, Campagnacci 6.5, Bonazzoli 7, Atzori 6.5

試合後の選手のコメント:
■プッジョーニ
まったくアウェイに来るのは簡単じゃないよ。俺たちの体力的コンディションを難しくする重いピッチという、まるでアルビノレッフェ戦の再現だった。セットプレーで先制できて良かったよ。後半は疲労を感じたから。今日はどうにかこうにかレッジーナは大きな勝利を手にした。結局は二人多い数的優位にいようが、ボールがゴールの内側に蹴られた時に全ては生まれることができるんだ。俺たち全員が重要なゲームをやってのけた。みんなで両手を挙げて夢を呼び続けるよ。
■ボナッツォーリ
交替?夕べは一晩中具合が悪くて、俺が万全じゃないのは明らかだった。
ゴール?俺のキャリアで初のFKでの得点だよ。水しぶきを上げながらシュートが決まった。俺たちはピッチ上で他の奴らよりもモチベーションが高く、確信に満ちていた。
プレーオフで戦うのはヴァレーゼかノヴァーラか?両方とも素晴らしいチームで、それぞれ3位と4位に相応しい。でも俺たちは何も恐れちゃいない。
20ゴール?あと3ゴール足りないけど達成したいっていう情熱はある。3ゴールってのはそんなに多くない。到達するのが待ちきれないよ。




アッツォーリさんの会見によると、水曜日にベルガモで再試合をしたばかりで疲弊している選手が多かったそうです。ボナちゃんに至っては試合前日に一睡も出来ず、試合前から頭痛が酷かったとのこと。そこでアッツォーリさんはボナちゃんに行けるところまで頑張ってほしいと頼んで、後半ボナちゃんから「ミステル、目眩がします。倒れそうです」と言われてジッザーリと交替したそうです。そんなに具合が悪かったのに点を取っちゃうなんて流石ボナちゃんだわ☆
笑っちゃったのが「我々は数的優位に苦しんだ」というアッツォーリさんの言葉。相手よりも数が多ければいいってもんじゃないってこと?や、少ないより絶対にいいと思うんですけど

それではハイライトとクロナカを元に試合を振り返ってみましょう。ストリーミングがなかったので私はラヂオを聴いてました。

               

この日の天気は先日のアルビノレッフェ戦に匹敵するくらいの大雨。ゴール前には大きな水溜りが出来ている。
どうやらチーム内に雨男がいるようですな。いったい誰だ?
 ↓
前半5分、ペナルティエリアのちょい外側という絶好の位置でレッジーナのFK。因みにこのFKを得たのはテデスコ。
FKを蹴るのはボナちゃん。アチェルビがよくやっていたドッカン系のグラウンダーのFKが水浸しのピッチ上を勢いよく滑ってゴールに吸い込まれた。これは雨が降っていてラッキーだったのかもしれない。

ボナちゃん今季17ゴール!20ゴールまであと3つ!

目指せ20ゴール!

試合後のアチェルビのコメント:
「ボナッツォーリのゴールだけどオレ触ったんだ。でもあれは彼のゴールだよ」
なら黙っときなさいよ(笑)
 ↓
このあと一方的なグロッセートの攻撃。4つぐらい続いた。枠には飛ばなかったけどプッジョーニ様の白ユニは泥まみれ。
 ↓
前半35分、モーラがコロンボへのファールで1枚目の黄紙ゲット。
 ↓
このあとはレッジーナが積極的に攻めるけど点には結びつかず。
 ↓
前半42分、モーラがカンパニャッチを削って2枚目の黄紙ゲット。さようなら~♪
前半でグロッセートは10人に。レッジーナにとっては美味しい展開のはずだった。
 ↓
前半43分、デローゼのクロス⇒ボナちゃんのヘディングシュートはナルキーソにキャッチされる。ボナちゃん頭が痛いのにヘディング頑張ってたのね。
 ↓
0-1で前半終了。雨降りっぱなし。
 ↓
後半5分、左サイドでコスタがソンチンに抜かれてクロスを入れられる⇒ドロドロのピッチに足を取られたのか、クリアしようとしたアチェルビがあわやオウンゴール⇒プッジョーニ様が間一髪でボールを抑えて事なきを得る。
しかしまあ凄まじいピッチだわね。まるで泥レスだわよ。
 ↓
後半18分、レッジーナ選手交替。ボナちゃんOUT⇒ジッザーリIN
ボナちゃんお疲れ!風邪かな?ゆっくり休んでね。
 ↓
後半25分、レッジーナに絶好機が訪れる。右サイドでデローゼのスルーパス⇒コロンボのクロス⇒ジッザーリがゴール前で潰れて、ファーにいたリッツァートがワンバウンドしたクロスに左足を合わせる。このときラヂオの実況がリッツァートォォォォ!!!と絶叫したのでてっきり2点目が入ったのだと思ったのに、いつまで経ってもレッジーナの点数は1のままだった。そうか、ポストを叩いちゃったのね…orz
 ↓
これ以降一人少ないグロッセートに攻め立てられる。交替で入ったインモービレがやな感じ。レッジーナは数は多いけど水曜もアウェイで試合しているから疲労が激しい。
 ↓
後半31分、グロッセートの山形のクロスがスポッとゴール前に落ち(おーい、コセンツァー)、アチェルビもボールをコントロールできず、インモービレがゴール正面からシュート!⇒神様仏様プッジョーニ様右足でミラクルセーブ!
 ↓
後半34分、今度はカリーディのミドルを神様仏様プッジョーニ様が横っ飛びセーブ!一人多いのにプッジョーニの神セーブ2連発で辛うじて失点を逃れているレッジーナ。
ラヂオでは後半31分から5分くらいプッジョーニ様を褒め称えていた。本当に素晴らしい!
 ↓
後半42分、リンコンがカンパニャッチを削って一発レッド。さようなら~。
グロッセートなんと9人に!(笑)
またまた削られてしまったカンパニャッチは相当痛そう。怪我してないか?大丈夫か?
 ↓
二人少ない相手に最後まで追加点を奪えず0-1で試合終了。

               

まあ、このピッチコンディションじゃあ難しかったですよね。疲労もかなりあったし。
それでもアウェイで勝ち点3を奪ったんだから褒めてあげましょう。偉いぞ!

これで勝ち点は60の大台に乗りました。順位は変わらず単独5位です。残り2試合。プレーオフ進出が現実味を帯びてきましたよ!

10-11レッジーナ | Comments(6) | Trackback(0)
2011/05/15

今の勢いを持続せよ グロッセート戦直前情報

ちっ、ノヴァーラもヴァレーゼも勝ちやがったのね。しかもトリノ、パドヴァ、リヴォルノまで勝ってるじゃない。
…あれ?シエナはどうしたんですか?

さて、時間がないので手短に。
本日のアウェイのグロッセート戦に召集された20名の皆さんは以下の通りです。
PORTIERI: Kovacsik, Puggioni;
DIFENSORI: Acerbi, Cosenza, Costa, Giosa;
CENTROCAMPISTI: Barillà, Castiglia, Colombo, De Rose, Laverone, Rizzato, Rizzo, Tedesco, N.Viola;
ATTACCANTI: Bonazzoli, Campagnacci, Danti, A.Viola, Zizzari.


アデジョは出場停止、ブルジゴッティは膝に若干の問題抱え、ペトロッコ、ベルナルディ、モンティエル、サルノが戦術的選択で外れました。

予想スタメン:(3-5-2)
Puggioni;
Cosenza, Costa, Acerbi;
Colombo, De Rose, N.Viola, Rizzo, Rizzato;
Campagnacci, Bonazzoli.


今日はセリエAと重なってしまったのでMyP2Pでチャンネルがありません。
テキスト実況見ながら応援するから選手の皆さん頑張るのよ~!
今、間違いなく勢いがあります。ボナちゃん頼みじゃなくて誰が点を取ってもおかしくないチームコンディションにあります。
残留を決めたいグロッセート相手にアウェイで難しい戦いになると思うけど、今の君たちならきっと勝てる!

Forza Reggina!!!

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/15

セリエB第39節レッジーナ×ヴァレーゼ 10人で何とか追いついた!

レッジーナ1-1ヴァレーゼ
得点者:後半8分 エバグア、後半39分 ジッザーリ

REGGINA (5-3-2): Puggioni; Colombo, Adejo, Cosenza, Acerbi, Rizzato; De Rose, Viola N. (61' Tedesco), Rizzo (61' Laverone); Campagnacci (76' Zizzari), Bonazzoli. A disp. Kovacsik, Giosa, Castiglia, Danti. All. Atzori.
VARESE (4-4-2): Zappino; Pisano, Pesoli, Dos Santos, Pugliese; Correa (62' Concas), Frara, Corti (67' Osuji), Carrozza; Ebagua, Neto Pereira (46' De Luca). A disp. Moreau, Camisa, Nadarevic, Tripoli. All. Sannino.
ARBITRO: Baracani di Firenze.
RETI: 53' Ebagua (V), 84' Zizzari (R).
AMMONITI: Ebagua (V), Adejo (R), De Luca (V), Pugliese (V), Dos Santos (V).
ESPULSO: 37' Adejo (R).
NOTE: angoli 6-2, recupero 4'-3'. Spettatori paganti 1149, totali 4714.

この試合の動画:
Reggina-Varese 1-1
Reggina-Varese 1-1 I gol di Ebagua e Zizzari

この試合の写真:
Reggina Calcio v AS Varese

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6.5, Colombo 5.5, Adejo 4.5, Cosenza 5, Acerbi 6.5, Rizzato 6.5, De Rose 5.5, Viola N. 6.5, Rizzo 5, Campagnacci 6, Bonazzoli 5.5
Datasport
Puggioni 6, Rizzo 5.5, Colombo 6, Cosenza 5, Acerbi 6, Laverone 5.5, Adejo 4.5, Rizzato 6, De Rose 5.5, Viola 5, Tedesco 6, Zizzari 7, Bonazzoli 6.5, Campagnacci 6.5, Atzori 6.5
Corriere dello Sport
Puggioni 6, Adejo 5, Cosenza 5.5, Acerbi 6, Colombo 6, De Rose 6, N. Viola 5.5 (16'st Tedesco 6), Rizzo 5.5 (16'st Laverone 5.5), Rizzato 6, Campagnacci 6 (31'st Zizzari 6), Bonazzoli 6, All.: Atzori 6, Arbitro: Baracani 5
Gazzetta del Sud
Puggioni 6, Adejo 5, Cosenza 5.5, Acerbi 6.5, Colombo 6, De Rose 5.5, N. Viola 5.5, Tedesco 6, Rizzo 5.5, Laverone s.v., Rizzato 6, Campagnacci 6.5, Zizzari 6, Bonazzoli 5.5



昨年5月15日に観戦したガッリポリ戦の南クルヴァの写真。

とっても寂しい南クルヴァの埋まり具合い

今年の南クルヴァがこれ。

ティフォージがだいぶ戻ってきました

かなり戻ってきました。確実に観客が戻ってきているのが嬉しいです。

では現地での記憶とハイライト映像を元にこの試合を振り返ります。ハイライトじゃわからないことがある一方で、観客席からは見えないこともありますね~。

               

「神様、今日は絶対に降らせないでください」とお祈りしつつキックオフの笛を聴く。今日も雨天中止になったら疫病神扱いされちゃうわ~
 ↓
前半2分、レッジーナのカウンター。ボナちゃんが右サイドで相手を十分に引きつけてから中央のヴィオラ兄に折り返し⇒ヴィオラ兄の左足シュートはパワーに欠けてザッピーノを脅かすには至らなかったが、積極的な立ち上がりに盛り上がる観客。
 ↓
この後もレッジーナの攻撃が続き、この時点では観客は非常に気分よくゲームを見守っていた。守備ではアデジョがキレキレで、12分には素晴らしいボール奪取でスタンドから大喝采。私も「ブラボーアデジョー!!!」と叫んでいた。
 ↓
前半22分、やっとヴァレーゼの攻撃。ネト・ペレイラの左からのシュートはプッジョーニがキッチリ抑えた。
 ↓
前半31分、ヴィオラ兄の左からのクロスにカンパニャッチがニアにダイビングヘッド!⇒しかしザッピーノの好セーブに阻まれゴールならず。惜しい!思わず立ち上がっちゃったよ!
 ↓
この後のレッジーナのFKで何度注意しても壁を下げなかったエバグアに黄紙提示。このFKはボナちゃんが蹴ったのだけど壁に当ててしまった。
 ↓
前半33分、アデジョが黄紙ゲット。続くヴァレーゼのFKからエバグアのヘディングシュートはプッジョーニが難なくセーブ。
 ↓
そして問題の前半37分、アデジョがセンターサークル付近でネト・ペレイラにエルボーかましたということで1発レッド。グラニッロ騒然。私このシーンまったく見ていませんでした
熱くなったアデジョとピザーノを中心に小競り合い勃発。納得できないレッジーナの選手たちが審判に食って掛かる。お、おい、これ退場者が出ると洒落にならんぞ
退場の判定は覆らず、肩を落としてピッチを去るアデジョに観客は大きな拍手。「気にするな!お前のせいじゃない」という意味だと思われ。ああ、アデジョ君ここまで素晴らしいパフォだったのに。
 ↓
前半38分、エバグアがアチェルビ相手に背後からラフプレーを働くもファールすら取らない審判団にレッジョの民の怒り爆発。誰もが「エバグアを退場させろー!」と怒鳴っている。オマケに激しく抗議したレッジーナのチームマネージャーのカコッツァ氏が退席処分に。激昂したアッツォーリさんも一緒に退席させられるのではと冷や冷やした。足を踏み鳴らして抗議するティフォージ。グラニッロ全体が沸騰している。スタジアムがマジで揺れているんですけどー
 ↓
前半41分、ペナルティエリア内にドリブルで突っ込んだカンパニャッチがカッロッツァに背中をド突かれて弾き飛ばされたのにお咎めなし。これは明らかにPKでしょPK!
選手もスタッフも観客も怒りが収まらずに収拾が付かなくなっている。審判団に「Venduto!(買収されてやがる!)」と罵声が浴びせられグラニッロ大噴火。
 ↓
レッジーナのファールは絶対に取ってくれないのに、ヴァレーゼの選手が転ぶとすぐに笛が吹かれる。観客は立ちっぱなし&怒鳴りっぱなし。審判団の皆さん、これ以上スタジアムを沸騰させてどうするの?
大混乱のうちに前半終了。
 ↓
混乱の極みの中、空気読まずにスポンサーのストッコ・ストッコ(魚の加工業者だと思う)がボナちゃんにインタビュー。あらかじめ決められていたことだろうけどボナちゃんも気持ちの切り替えが大変ね

空気読まないインタビュー

 ↓
後半開始時、審判団は大ブーイングと口笛で迎えられた。レッジーナの選手の皆さんは沸騰した頭を少しは冷却できただろうか。
 ↓
後半1分、コセンツァのポカでエバグアにエリア内で入れ替わられ、右ポスト付近でシュートを打たれるがプッジョーニが胸で弾き返した。コセンツァ落ち着け!君はただでさえポカが多いんだから。
コセンツァが不安定なのに比べ、相方のチェルビは落ち着いていた。守備面で安定しているのはもちろんのこと、しばしばボールを持って高い位置まで持ち上がり攻撃の基点となっていた。冬メルの時点でジェノアに購入予約されただけのことはある。
 ↓
後半8分、またしてもコセンツァ。またしてもエバグア。エバグアをマークしていたコセンツァ、ゴール正面で前を向かせてしまい、反転からシュートを打たれてしまう。神モードのプッジョーニだったら止められたシュートだったと思うのだけど、無常にもプッジョーニの脇を抜け、ゴール右隅に突き刺さった。今日は流石のプッジョーニ様も冷静ではなかったか…。グラニッロ大きな溜息。
ヴァレーゼ先制。一人少ないのに失点して挽回できるんだろうか…。
 ↓
この後はヴァレーゼが無理して攻めなくなり、レッジーナが一方的に攻める展開。しかし、結構なチャンスがありながら、数的不利+1点ビハインドという焦りから余裕のないパフォを繰り返す選手たち。
しかもヴァレーゼが組織的なチームで隙がない。悔しいけどレッジーナよりも順位が上なのは納得できる。
 ↓
前半15分、アチェルビがCKからの絶好のチャンスを決められない。時間の経過と共に見ている方も焦ってくる。「どうしてそれを決められないんだ!」というイライラからスタジアムがざわめき始める。
 ↓
後半16分、流れを変えたいアッツォーリさんが動いた。レッジー2枚替え。ヴィオラ兄OUT⇒テデスコIN、リッツォOUT⇒ラヴェローネIN。
ここはベテランのテデスコがチームを落ち着かせてくれることを期待しよう。周囲のティフォージもテデスコに声援を送っていた。
 ↓
テデスコのゲームメイクで徐々にチームが落ち着きを取り戻し始めるが、それでもゴールが決まらない。ボナちゃんがカンパニャッチが外し続け、時間だけが過ぎていく。ああ、もう今日はダメかもしれない。誰もがそう思っていた。
 ↓
後半31分、レッジーナ3枚目の交替。カンパニャッチOUT、ジッザーリIN
つい最近ノヴァーラ戦で点を取った若いダンティではなく今季ノーゴールのジッザーリを投入したアッツォーリさん。何よりも落ち着きが必要な状況下でベテランを投入する狙いは明らかだった。
 ↓
後半34分、エバグアが背後からテデスコにファールを働くが、またしてもカードは出ない。一旦落ち着いたかに見えたレッジョの民の怒りが再爆発。主審は本当にヴァレーゼから金貰っているんだろうか?それともエバグアが狡猾なだけ?
 ↓
後半39分、ジッザーリが監督の期待に応える。右サイドからのロングスロー⇒エリア内右でワンバウンドしたところをジッザーリが足を伸ばして相手DFに当てないように中央のボナちゃんへ落とす⇒ボナちゃんがつま先に当てて2段落とし⇒ゴール前に切れ込んできたジッザーリが落ち着いて左足でザッピーノのニアを抜いた。レッジーナ同点!

やったぁぁぁぁ!ジッザーリ今季初ゴール!!!

グラニッロの観客総立ち&総ガッツポーズ!(笑)
私は隣のミケーレと手を取り合ってピョンピョン飛び跳ねる。追いついたー!しかも今季ノーゴールで叩かれていたジッザーリがついに点を取ったー!
本人はもとよりチームメイトが嬉しくて堪らないって感じでジッザーリの祝福に駆けつける。試合毎に日替わりヒーローが生まれてチームはすこぶるいいムード。
 ↓
その後は両チーム引き分けOKに見えた。いや、いいよ。勝ち点1でいいよ。上出来だよ。
 ↓
そのまま1-1で試合終了。よく追いついた!負けなかったのは大きい!
 ↓
手を繋いでこれから南クルヴァに走り出そうとしている選手たち。既にアチェルビとリッツォはボールボーイにユニの下を持ち去られた後だ(笑)

レッジーナのアンダーパンツは黒なのよ♪

ボナちゃんの裸体も拝めた。ごちそうさま~。

鍛え抜かれたいい体してます♪

ヒーローインタビューはもちろんジッザーリ。忘れられないゴールになるね。

初ゴールおめでとう、ジッザーリ!

               

試合後のジッザーリのコメント:
満足だよ。なんたってプレーオフ争いに留まることを可能にするゴールになったんだから。負けていたら難しくなっていただろう。水曜日(アルビノレッフェとの再試合)は重要な試合になる。もしここでも勝ち点を稼げればライバルより一歩前に行けるからね。厳しいだろうけど、それは他のチームにとっても同じことだ。
プレーできないときでさえ俺は常に自分のすべき事をしてきた。代わる代わる全ての選手がプレーしてきたわけだが、これは監督にとって容易なことじゃなかったはずだ。与えることが出来る唯一の答えは、召集されたときに全力を尽くすこと。
ゴールできて嬉しいけど、それよりもレッジーナが1ポイント拾い上げたことが全てだよ。残り少ない時間で投入されるのは決して簡単じゃない。ヒーローになれるように努力すること、目標に到達できるように努力することが大事なんだ。
試合に出たり出られなかったりという状況は穏やかではいられない。偽善者にはなりたくないから正直に話すよ。レッジーナの選手は27人でちょっと多過ぎる。監督はいくつか選択せざるを得ず、そして選手はプレーしたときにだけベストアンサーを与えることが出来るんだ。


試合後にアチェルビは「今日の試合は負けることも有り得た。でも負けなかったことで成熟度のテストになったよ。俺たちは引き分けを目指した。1ポイントは悪くない。それで十分だ」とコメントしていました。
またアッツォーリ監督も「もしチッタデッラ戦のような結果に終わっていたら、それは成長していないということを意味していた。この結果に至るためのあらゆる仮定(条件)があったわけだが、選手たちは何よりもまず頭を使ってくれた。我々は1ポイントを獲得したもののエピソードがゲームを変えてしまった。アデジョのファールがあったとするラインズマンの判断のことだ」と話していました。
10人になって冷静さを失って失点。でも、ここで完全に崩れてしまわずに持ち直し、最後に1ポイントもぎ取ったことにチームの成長が見て取れます。
試合後ティフォージも選手の奮闘を大きな拍手で労っていました。悪くない雰囲気でした。
2004年の初遠征以来、私がグラニッロで観戦した試合は負け無しです。このグラニッロ無敗記録いつまで続くかなぁ。

10-11レッジーナ | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/12

セリエB第38節アルビノレッフェ×レッジーナ 再試合で3発快勝!

アルビノレッフェ1-3レッジーナ
得点者:前半12分 ミンガッツィーニ、前半28分&後半35分 カンパニャッチ、前半37分 ボナッツォーリ

■4/30のスタート時
ALBINOLEFFE (3-5-2): Tomasig; Luoni, Sala, Piccinni; Zenoni, Bombardini, Mingazzini, Hatemaj, Regonesi; Grossi; Torri. a disposizione: Layeni, Lebran, Foglio, Garlini, Girasole, Salvi, Cocco. Allenatore: Mondonico
REGGINA (5-3-2): Puggioni; Colombo Adejo, Cosenza, Acerbi, Rizzato; N.Viola, De Rose, Campagnacci; Danti, Bonazzoli. a disposizione: Kovacsic; Giosa, Montiel, Tedesco, Rizzo, Zizzari, A.Viola. Allenatore: Atzori
■5/11の再試合
ALBINOLEFFE (4-4-2): Tomasig; Garlini (9' st Foglio) Sala, Piccinni, Regonesi; Salvi (Bombardini al 5' st), Mingazzini, Hetemaj, C. Zenoni; Torri, Cocco (17' st Cisse). A disposizione: Layeni, Klun, Luoni, Passoni. Allenatore: Mondonico.
REGGINA (3-4-3): Puggioni; Adejo Costa Acerbi; Colombo (23' st Cosenza) Rizzo Tedesco Rizzato; Danti (13' st De Rose) Bonazzoli Campagnacci (38' st Zizzari). A disposizione: Kovacsik, Barillà, N. Viola, A. Viola. Allenatore: Atzori.
Arbitro: Tommasi di Bassano del Grappa;
assistenti Evangelista e Argiento; IV uomo Barbeno
MARCATORI: 12' pt Mingazzini (A), 28' pt Campagnacci (R), 37' pt Bonazzoli (R), 35' st Campagnacci (R)
Ammoniti: Torri, Zenoni, Foglio, Piccinni, Sala, Hetemaj, Bonazzoli.
Corner 5-3; recupero 0'+3'.
Paganti 484 per 4.295 euro d'incasso, abbonati 1321.

この試合の動画:
AlbinoLeffe-Reggina 1-3 I gol di Mingazzini, Campagnacci(doppietta) e Bonazzoli

この試合の写真:
UC AlbinoLeffe v Reggina

この試合の選手の評価:
Tutto Reggina
Puggioni 6, Adejo 6.5, Costa 6.5, Acerbi 6.5, Colombo 6, Tedesco 7, Rizzo 6, Rizzato 7, Danti 6.5, Campagnacci 8, Bonazzoli 7.5, De Rose 6, Cosenza 6, Zizzari s.v.,
Datasport
Puggioni 7, Colombo 6, Costa 6.5, Cosenza 6, Acerbi 6.5, Adejo 6.5, De Rose 6, Rizzo 6.5, Danti 6.5, Zizzari s.v., Tedesco 6.5, Rizzato 7, Bonazzoli 7.5, Campagnacci 8, Atzori 8
Gazzetta del Sud
Puggioni 6, Adejo 6.5, Costa 6.5, Acerbi 7, Colombo 7, Cosenza 6, Tedesco 7, Rizzo 6, Rizzato 7, Danti 6.5, De Rose 6, Campagnacci 7.5, Bonazzoli 7.5



私とakiさんが15分だけ観戦して雨天延期となった試合の続きが昨日行われました。1-0で負けている状態から始まったのに、選手たちすぐさまゲームに入っていって勝利に相応しい見事なパフォーマンスを披露してくれたそうです。
観たかったよぉ。すごーく観たかったよぉ。あと3日イタリアに滞在できていれば…
でも、この勝利は私の激励が効いたってことですよね?そういうことにしておこう。うん。

なんとカンパニャッチのドッピエッタ!

なんとマルコメ君カンパニャッチのドッピエッタですよん♪

ただでさえボケている頭が時差ボケで更に朦朧としているので、簡単にこの試合を振り返ることとします。

               

試合前の練習時はご覧のとおりの晴れ。まさかこのあと雨が降るとは…。

いい天気だったのに…

 ↓
両チームの選手入場の時にポツリポツリと落ちてきて、あちらこちらにパラソルの花が咲き始めましたとさ。

神様の意地悪…

 ↓
そして試合開始のホイッスルと共に土砂降り。何なのよこれ。何の嫌がらせ?
やがてバケツをひっくり返したみたいな降り方になり、屋根のない席にいた観客が緊急避難開始。雷まで鳴り始めて天気は大荒れ。
 ↓
前半12分、雷鳴の轟きと共にレッジーナ失点。
ミンガッツィーニのシュートをコセンツァがクリアミスしてコースが変わる。これはプッジョーニどうすることも出来ず、ボールはゴールに吸い込まれた。コセンツァのうっかり病が本日も発動。生で見ちまったぜ…。
しぶきを上げながら水浸しのピッチを滑って喜ぶミンガッツィーニに少々ムカつく。
 ↓
前半15分、全くボールが走らなくなり試合中断。どうせなら失点前に中断してくれればよかったのに。
 ↓
VIP席にいたレッジーナの重鎮たちが一斉に階段を駆け下りる。ロッカールームへ向かった模様。
 ↓
しばらくしてレッジーナの重鎮たちがVIP席に戻ってきた。中断していたのは20分位だろうか。雨の勢いが弱まったところで審判団と選手たちがピッチに戻ってきた。

池みたいなピッチでしたよ。ええ。

ボール転がらないよ?どうする?やる?止める?
ピッチのあちこちでボールを転がしていた審判団の皆さん、最終的に無理という判断をして長い笛が3回吹かれた。

一番高い席買ったのに15分で試合終了。

引き上げる間際にコッツァがこっちを向いた。目が合ったので手を振ったら一瞬驚いて、次いで笑顔で手を降り返してくれた。去年は会っていないから2年振りなのに、コッツァは私のことをちゃんと覚えていた。本日の収穫これだけ。
 ↓
私の帰国後の5月11日、同スタジアムで前半15分から試合の続きが行われた。既に1失点、週の半ばに遠路はるばるベルガモまで再遠征とレッジーナに不利な条件が揃っていたが、選手は高い集中力で開始と同時に試合に入っていけたらしい。
 ↓
前半28分、テデスコのインターセプトから、ボナちゃんとのワンツーでカンパニャッチが左側からエリア内に侵入。スピードに乗ったまま相手DF陣の合間をスルスルと抜けて左ポスト手前で右足シュート!いつもならGKの真正面に打ってしまうのに、今日のシュートはニアで待ち構えていたトマシクの指先を掠めて対角線上のネットを揺らした。レッジーナ同点!

カンパニャッチ今季やっと2ゴール目!初ゴールの後が長かったね!

みんなに頭叩かれまくってます(笑)

出場機会は与えられているのにゴールを奪えなくて、本人はもちろんのことチームメイトも歯がゆい思いをしていたに違いない。最初に抱きついてきたのはリッツァート。やがて全員からに揉みくちゃにされていた。いやぁ嬉しいなぁ
 ↓
前半35分、カンパニャッチ今度は右サイドでコロンボとパス交換⇒ペナルティエリアの右側でキープしてからグラウンダーのクロス⇒飛び込んだボナちゃんの最初のシュートはトマシグに弾かれるが、跳ね返りをダイレクトで叩き込みレッジーナ逆転!

ボナちゃんカッチョイイ~!これで今季16ゴール!

残り3節で20ゴール行けるか?

 ↓
後半20分、シセのポスト⇒トッリのヘディングがクロスバーを叩き冷や汗。危なかった~!
シュートの際にトッリがプッジョーニと激しく接触。プッジョーニが痛んでしばらくピッチ外で治療を受けた模様。次の試合に影響しないといいけど…。
 ↓
後半35分、レッジーナのカウンター。リッツァートのロングボールを左サイドで受けたボナちゃん、相手DFを背負って反転から「どうぞ決めてください」という優しいクロスを中央のカンパニャッチへ⇒いつもならGKの真正面に打ってしまうのに、今日はGKの位置を冷静に見極めて確実に流し込むカンパニャッチ。

ドッピエッタですよ奥さん!いったい彼に何が起こったんだ?!

素晴らしいアシストをしてくれたボナちゃんにピョーンと飛び付き、ガシッとしがみつく姿が激カワイイ♥
 ↓
あの続きをやって勝てるのかなぁと不安を胸に帰国したけれど、蓋を開けたらスコア1-3でレッジーナの圧勝。しかも点を取るべき人が取って勝った。このまま最後まで勢いに乗ってくれたらいいな。この試合を観戦できなかったのが重ね重ね残念でならない。

               

試合後通路でアルビノレッフェの選手たちにボナちゃんとジッザーリが髪をつかまれるなど暴力を振るわれたそうで、アルビノレッフェには罰金が課されております。まあ自分たちに有利と思われていた展開をあっさりひっくり返されたのだから気持ちは分からなくもないが、君たち暴力はいかんよ暴力は。

第39節ヴァレーゼ戦はドローで勝ち点1(明日簡単に試合レポ書きます)、それよりも後に行われたこの再試合で勝ち点3、二試合で4ポイント稼いだのでトータル57ポイントになりました。順位は単独5位です。
あと残り3試合、ノヴァーラとヴァレーゼを抜いて3位になることだって有り得ますよ?←高望みし過ぎかしら

10-11レッジーナ | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/10

帰国しました/踊るパヌッチ先生

本日午前7時に無事成田に到着しました。
飛行機の中で寝倒したので比較的元気で、帰宅後洗濯、スーツケースの片付け、写真の整理を終えました。我ながらテキパキしていて素晴らしい~と自画自賛していたのですが、夕飯(鯖の塩焼き、フキの煮物、ブロッコリーとカニのサラダ、大根と豆腐の味噌汁)を完食した後に激しい眠気に襲われております。恐らく1時間しないうちに沈没すると思われるので取り急ぎ帰国のご報告を。

今年は空港で選手or監督と遭遇しませんでした。残念。

毎年毎遠征の年写真をPCに落とすと、あるはずの写真がない(去年はコスタ)、楽しみにしていた写真がピンボケで使い物にならない等のショックが待ち受けているものですが、今年は、、、

●アトレティ・アズーリ・ディタリアで隠し撮りしたVIP席のコッツァの写真ほぼ全滅
これは自分のせいだから誰も責められません。akiさんは成功してました?写っていたら譲ってください。

●カンドレーヴァとの2ショットがない!
パルマ練習場のスタッフのオジサンしくじったわね!
つーか、16人分しか写真がないので数枚失敗していると思われます。つーか、そもそも誰の写真を失敗したのかすら不明という…

●アッツォーリさんとの2ショットがボケボケ
レッジョの民は概して写真下手なんだよなぁ。

●コッツァとの2ショットが逆光
まあ後光が差しているように見えなくもないか…←ポジティヴ思考

アタランタ練習場は撮影した19選手全員の写真がまともでした。半分近く誰だか分からないので後でHARUKAさんヨロシクです♪
バレートとカルモナの2ショットは笑顔なんだか眩しくて仕方ないだけなんだか判断が難しい…

そうそう、忘れていたエピソードを一つ。
あれはミラノでakiさんと楽しいディナーを満喫した夜だったと思います。ホテルに戻ってテレビをつけたらペアの社交ダンスの勝ち抜き合戦みないな番組をやっていました。で、出場ペアの一つにですね、見覚えのある顔がいるんですよ。あの~、あなた昔サッカーやってませんでした?長いことローマのディフェンソーレしてませんでした?
きっと他人の空似だと思って眺めていたのですが、司会者が「クリスチャ~ン・パヌッチ~!!!」と踊り終えたその男性を紹介するではないですか!

ちょ、ちょ、ちょっと、なに踊っているんですかパヌッチ先生!!!(ノ゜⊿゜)ノ


引退後にダンサーに転向していたとは知りませんでした。確かパヌッチ先生ペアは順調に勝ち抜けてファイナルまで残ったと思います。優勝したかどうかは覚えていません。←え?

そろそろ限界なので寝ます。おやすみなさい。

~超私信~
お土産をお待ちの各方面の皆様、発送は今週末になる予定です。少々お待ちを。

未分類 | Comments(8) | Trackback(0)
2011/05/09

負けるかと思いましたよ

今日レセプションにいた姉ちゃんは英語が苦手でグラニッロまでの道順を英語で説明できず、タクシー利用を勧めやがりました。そんな訳で10ユーロ無駄にしました。プンプン。

グラニッロの外で無事ミケーレと再会を果たしました。絶対にスタジアムで会えると思っていたさ♪
私の席は北クルヴァ寄りの安いメイン席なのに、VIP席の次に高いカテゴリーに年間シートを持っているミケーレが私と並んで観戦したいがためにスタッフにかけあってくれまして、なんと中央のいい席で観戦出来ることになりました。もちろん追加料金なしです。またしても特別扱いして頂きまして感謝です。

スタメンその他の情報は帰国後に書くとして、ここでは雑感だけ。
前半37分にアデジョが退場になったのは、すみません、スタジアムにいたのに何故だかサッパリわかりませんでした。退場になるまでアデジョは何度も拍手喝采されるプレーをしてまして、キレキレだったんですよ。赤紙提示に納得できない選手たちが主審に詰めより、両チーム間で小競り合いが勃発し、ティフォージも抗議のブーイングを響き渡らせ、もうスタジアム全体が沸騰してました。あと二人くらい退場するんじゃないかとヒヤヒヤしましたわ。
アデジョが下がるときにはレッジョの民は大きな拍手で見送りました。

この後も主審はヴァレーゼ寄りの笛を吹きまくり、選手も監督も観客もグラニッロ絶賛沸騰継続中。アッツォーリさんが主審に注意された時には退席になるのではと青ざめました。み、みんな少し落ち着け!

前半終了時は審判団に対する観客の罵声が凄まじかったです。私の席、VIPの次に高いカテゴリーなのに

後半8分、エバグアのゴールでヴァレーゼ先制。ヴァレーゼが組織的であまり隙がないんですよ。レッジーナよりも上にいるのは納得せざるを得ません。

先制後はヴァレーゼが無理して攻めなくなって、レッジーナが一方的に攻める展開になるんですけど、数的不利+1点ビハインドという焦りから余裕のないパフォを繰り返す選手たち。落ち着いていれば2点ぐらい取れたと思うんですよ。特に焦りが見えたのがボナちゃん。らしくないプレーが多々見られました。

チーム全体がチャンスがありながら焦りから雑なプレーで自滅→観客のフラストレーション溜まりまくり→スタジアムの雰囲気が悪くなりかけて選手余計に焦るという悪循環。今日はもうダメかもしれないなと諦めかけた後半39分、カンパニャッチと交代で入ったジッザーリが投入後10分経たないうちに仕事してくれました。

今季初ゴールがこんな大事なゴールになるなんて…。叩かれても叩かれても諦めずに努力し続けてよかったねジッザーリ

ジッザーリのゴールにレッジョの民大歓喜。残り5分でもう1点取れれば最高だったけど、10人で、あの出来でよく追いつきましたよ。負けなくて本当に良かった…。
バタバタしていたチームが落ち着きを取り戻したのはテデスコを投入してから。そして点を取ったのもベテランのジッザーリ。アッツォーリさん状況を読んだ見事な采配だったと思います。

試合後ジッザーリはファンに囲まれて大人気でした。本人もとても嬉しそうでした。

アデジョ君は金髪の白人女性と手をつないでグラニッロを後にしました。おおー。

カンパニャッチは一人で帰宅。
テデスコは一家揃って帰宅。
コセンツァ嫁きれいでした。

コンディション不良で召集外だったコスタとバリッラもスタジアムにきてました。コスタは金髪の女性と一緒だったんですけど、私を見ると建物の中に隠れちゃいましてね…。や、コスタ、大丈夫だよ。彼女いても別に失望しないから
バリッラは一人だったような?

練習見学仲間の野郎どもがバーチして「また会おうぜ!」と言ってくれたのが何気にジーンときました。また来年来るからね。

ミケーレとてくてく帰路についた時に路駐していたカスティーリャの車を追い越しました。車の中からチャオと挨拶してくれました。練習の後も試合の後もいつも彼女(嫁?)と一緒だね。

私たちを追い越して少し先で止まった車が一台。乗っていたのはボナちゃん。ウィンカーを出して再発車する際に私に気づいて「チャオ!」と大きく手を振ってくれました。窓から腕を出していつまでも手を振ってくれたのでミケーレに「ボナッツォーリと友達なのか?」と聞かれちゃいました、図々しくそうだと答えておきました(笑)

私たちを車で追い越していった選手がもう一人。ダンティは「あージャポネーゼだー」って感じで私を振り返りつつ去って行きました。

今日も食いっぱぐれると困るので中央駅まで行ってバールで食料を調達。ホテルまで帰る道すがら3台に1台の割合で運転する親父もしくは爺さんにナンパされました。日曜の午後みんな暇なのね…。他にすることないんかい

明日は早朝のフライトなので5時前に起きなくちゃ。起きられるかなぁ。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/08

今年はVIP席を勧められませんでした

本日レッジーナは明日の試合開始時間に合わせて12時半練習開始でした。
ホテルを変えたのでチェックアウトしたりチェックインしたりで忙しい朝を過ごし、チケット購入のためにサンタガタまで徒歩20分の新しいホテルを出たのが11時過ぎ。ちょうど入待ちできていい時間かも♪と浮かれて歩いていたら、交差点を左折するために減速した車のドライバーと目が合いました。
あらプッジョーニ様
向こうも「あれ?」って感じで微笑んでくれました。「乗っていきなよ」という美味しい展開には当然なりませんでした。これがテデスコだったら乗せてくれたような気がします(笑)
そんなことより、サンタガタまであと5分というところまできてホテルのレセプションの姉ちゃんにパスポートを取られちゃったことを思い出しUターン。パスポートがないとチケット購入できないのよ。
結局長い時間歩いていたのでサンタガに到着したのは12時過ぎ。入待ちする計画はあえなく頓挫しました(涙)

チケットオフィスのお姉さんは去年とは違う人で、今年はVIP席を勧められず普通のトリブーナ席20ユーロを購入しました。
あまり長い列はできていなかったけど、チケットたくさん売れたのかしら。

練習が始まる時間だったけど非公開だし、今日も特別に見せてもらえると期待するのは図々しいと思い、そのままサンタガタを後にしてスーパーマーケットへ。免税店の半分以下でチョコレートとピスタチオをお土産に購入してホテルへ戻りました。このスーパーで昼飯を何か買っておけば良かったんですよ。ええ。

ホテルに着いたのが1時半頃。近辺の店は既に昼休みに突入して開いている店皆無。今まで中央駅近くのホテルにいて昼休み無しでオープンしているバールがいくつもあったので油断していました。
仕方ないので5時と同時にパニーニを買うことにして空腹のままセリエBの試合速報に集中。
シエナとアタランタ昇格決定おめでとうございます。シエナ昇格の瞬間に立ち会えたakiさん本当に良かったですね♪

5時半頃ホテルを出てパニーニ探しの旅に出ましたが、この時間になってもバール開かず…。もしかして土曜の午後は営業しないんですか?
ドルチェの店だけはやっていて、もしかしたらパニーニもあるかもと淡い期待を抱いて店に入るも、やはり甘いものしかなく…。何も買わずに出ていくのもアレなので、店を覗く度にジェラートとかクッキーとか余計な物を購入し…。最後まで目的の物は買えずに私の虚しいパニーニ探しの旅は終了致しました。

もう一度甘くない食べ物を探しに行くパワーが残っていないので、不本意ながら購入したスィーツとお土産に購入したピスタチオをやけ食いして貧し過ぎる食事終了。明日は日曜日だから更に店は閉まっているのかしら
サンタガタに近いのは便利だけど食料調達には困るわ~このホテルのエリア。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/07

昨日の分を一気に取り返したぜ!

今泊まっているホテルが土日空きがなかったので明日別のホテルに移ります。荷造りしなくちゃいけないので簡単に。

昨日スタッフに2時半に来なさいと言われたので、少し早めに2時15分頃サンタガタに到着したら、コセンツァとボナちゃん以外は既に出勤済みでした。アタランタ練習場なんて練習開始15分前にほとんどの選手が来てたのよ?なにこのレッジーナの真面目さは!
ボナちゃんに自分のインタビュー記事が載っているfootballistaを見せたらすげえ喜んでくれました。もちろんプレゼントしてきましたが、それをコッツァが読み耽っていたのに笑っちゃいました。

本日の練習は非公開なのですが特別に見学させていただきました。特別に見せていただいたので、礼儀として練習内容は書きません。アッツォーリ監督及びスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

練習後出待ちしていたのは20人弱。去年一緒に写真を撮ったヴィットリオがいて再会を喜びました。今年はまだミケーレに会っていません。具合悪いのかしら。

ボナちゃんの写真を撮ろうとしたらテデスコが出てきたので二人まとめて撮ろうとしたんですが、テデスコに「なにやってんだ間に入れ。三人で撮ろう!」と言われました。二人の間に入ったら「俺たち中村つながりだからな」とテデスコ。ボナちゃんもニコニコでとてもいい写真が撮れました。テデスコ、ボナちゃん、ありがとう!

コスタを呼び止めたらニコニコしながら「ほら!」と携帯を見せてくれました。なんとそこには一昨日私があげたスティッチのストラップが!もう感激!
レッジーナのミニフラッグに私の名前入りでサインして欲しいと英語でお願いしたら「OK」という返事。ちょっとだけ英語話せるそうです。
私の名前をアルファベット表記したメモ用紙を見せると「ニコラスみたいに書いて欲しい?」とメモ用紙にサインしようとするコスタ。お茶目な奴だ。
私の名前を書いた後で「あってる?」と確認を入れた後一気にメッセージとサインを入れてくれました。最後までずっと英語。時間をかけて相手してくれてどうもありがとう。あの青とグレーの中間の瞳で見つめられて、すっかり骨抜きにされました。車の窓からも手を振ってくれて、コスタは現在今季チーム内ナンバーワンの地位に浮上です。←簡単な女だ

バリッラに数年前にチリッロにあげられなかったマリモッコリをプレゼントしたら、貰った瞬間は喜んでいたんだけど、駐車場から戻って来たときはややビミョーな表情。「どうしてコスタにはスティッチで俺にはマリモッコリなんだよ」と思っていたのかしら

コッツァと2ショットを撮ったら去り際に「ありがとう!」(笑)
アッツォーリさんとはいつも「こんにちは!」と挨拶(笑)
昨日の分を完全に取り戻した楽しい午後になりました。

今宵のディナーはマグロのカルパッチョ、アンチョビのスパゲティー、ポテトとマッシュルームのサラダ、ピスタチオのアイスクリームでした。満腹で死にそうです。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/06

シッラで魚介類を堪能す

今日から試合までレッジーナは非公開練習になるので4時半頃出待ちだけしにサンタガタにいくことにして、ちょいとシッラへ足を伸ばしてきました。目的はウニのパスタ。

まずは中央駅の窓口で切符を購入。私は自販機派なんだけど2つある自販機が両方とも動かなかったのさ。
列車に乗る前に駅のトイレに行くのはお約束。akiさん、あとで写真載せるけどレッジョ中央駅のトイレはレベル高いですよ!しかも無料!素晴らしい!←すっかりイタリア鉄道の駅のトイレ評論家になっている私たち

列車の中でメール打つのに夢中になっていたらいつの間にか寂れた駅に到着していて「あれ、ここシッラ?」と近くのおじさんに確認したら「まだだよ」と教えてくれたのはいいんだけど、その後が過保護すぎまして…。「次シッラだよ」の予告に始まり、降りるときはドアまでお見送りされました。「降りたら右!」と出口の方向まで教えられまして。シッラ3回目だから知ってんだけど。

レッジョ入りしてから午前中は降ったり止んだり、午後は晴れという天気が続いていたのに、今日は朝から快晴。日陰の少ないシッラの町を焦げそうになりながら先ずは崖の上のお城へ直行。レストランが開くまで暇をつぶしてから、いざ海賊という名のレストランへ。
水上のテラス席はまだ寒いからと開放されていなかったので仕方なく中の席に。ま、ドアも窓も開け放たれているからテラス席と煮たようなもんでしたが。
で、メニューを見て愕然。お目当てのウニのパスタが無いんですけど!?
ショックがでかかったけど、気を取り直して海老のマリネ、自家製フレッシュパスタと海の幸のトマトソース和え、グリーンサラダ、コカコーラを注文。
この日は珍しく店員から日本人かと聞かれましたわ。英語が話せる店員からも英語の話せない店員からも「日本の津波凄かったね」と声を掛けられました。やはり海辺の町だけあって他人事では済まされない衝撃を受けたようです。
海老は激ウマ。パスタも美味しかったけど量が多すぎて途中から苦行と化しました。それでも3皿全て完食いたしましたが。トータルでサービス料込み22ユーロ。

帰りの列車に乗る前に刻印しようと思ったら駅の入り口にある刻印機が壊れているんですよ。レッジョ方面へ行くホームには機械が設置されておらず、反対側のホームの刻印機も故障。焦る私を見てホームにいた人たちが「そんなのする必要ないわよ」と呆れ顔。え?刻印しなくて本当に大丈夫なの?
その後は列車を待つ間の皆さんの格好の暇つぶしの対象となりました。
「東京から来たの?」←なぜいきなり東京なんだろう?
「シッラは気に入った?」
「レッジョの学生?それとも働いてるの?」
質問の嵐でございました。少々疲れました。最後にここでも地震と津波の話題になりました。シッラにおける津波の関心度非常に高し。

結局レッジョ中央駅に到着するまで検札は来ませんでした。ラッキー♪
確か2年前に板貫さんと行ったときは行きも帰りも検札来ましたよね?

4時半にサンタガタに到着して出待ちを開始。しかし待てど暮らせど選手が出てこないのですわ。ミーティングでもやってるのかなと、一緒に出待ちしていた兄ちゃんと雑談してたんですが(イタリアに来て福島の原発のことを始めて聞かれましたわ)、兄ちゃん待ちくたびれてギブアップ。途中から私一人に。
1時間近く経ってからスタッフの一人が「選手いないよ。今日はグラニッロで練習だったから。明日2時半前に来て入り待ちしなさい」と教えてくれました。
…もっと早く教えてよ。そりゃ誰も出てこないわけだ。

歩いてホテルまで帰ったんですが(40分弱)、サンタガタを出てすぐのところで子供スクールに通っている息子を迎えに来たお父さんが私の脇で車を止めて「何処?」と聞くんですよ。意味がわからずに肩をすくめたら行っちゃったんですけど、よく考えたら「何処まで帰るの?送ってあげるよ」の意味だったんだろうなと。せっかくのご好意をごめんなさい。

昼に食いすぎて胃がもたれているので夜は持参したインスタントの雑炊で済ませました。
あーん、今日は選手に会えなかったよぉ。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/05

出待ち女子のガールズトークに花が咲く

出発前はイタリア人から放射能に侵されたばい菌扱いされるんじゃないかと心配していたのですが、こちらに来てから誰からもそういう扱いを受けておりません。全くの取り越し苦労でありました。

昨日は朝食時に隣のテーブルのオヤジに口説かれまくって疲れました。北ではナンパ皆無だったのに南に来たとたんこれだよ。「私の部屋に来なさい」って朝っぱらから何する気だよエロオヤジ。君は中国人?それともスペイン人?と聞かれました。いつも中国人、フィリピン人、メキシコ人の順で間違われるのですが、新たにスペイン人が追加された模様です。つーか、私の顔は要するにラテン系ということ?

昨日と今日は練習が公開でしたが、明日からヴァレーゼ戦まで非公開です。
アッツォーリさんの練習はとにかく短い。3時開始で4時半前に終了します。選手全員の出待ちを終えても5時半という脅威の早さ!去年は毎日7時まで練習場にいたのに!

アッツォーリさんの練習で面白いのが左右からニアのクロスに飛び込んで合わせる練習を徹底していること。たまにニアで合わせると見せかけてスルーし、ファーの選手が押し込むというバリエーションも試していました。ヴァレーゼ戦でも誰かがニアに飛び込んでのゴールが見られるかなぁ。
練習でいいプレーをした選手は必ず使ってもらえるからミニゲームも紅白戦も気合が入っていて非常に面白いです。一度モンティがボールをキープして一気に抜きにかかったらヴィオラ弟がモンティの足に抱きついて阻止したことがあって大笑い。弟は小さいけれど負けん気は人一倍です。

昨日一緒に出待ちした女子が今日もいて、本日は女子4人でどの選手がかっこいいかガールズトークに花を咲かせながらの騒々しい出待ちとなりました。今年は出待ちの人数が戻ってきています。去年は途中から私一人なんてことがありましたが、昨日は15人くらい、今日は6人いました。やっぱり仲間がいると楽しいです♪
女子たちに年齢を聞かれたので正直に答えたところ、「マジー、28歳にしか見えなーい!」と大騒ぎ。私はイタリア人からそのくらいの年齢に見られているのか。ふむふむ。

本日はアマラントユニに選手全員のサインをもらう作戦でしたが、女子仲間の協力もあって1日で見事全員のサインをもらえました。素晴らしい!

コロンボとプッジョーニが一緒に出てきたのでまとめてサインしてもらったのですが、プッジョーニが「コロンボは日本でプレーするよ。日本に行くよ」とか謎の言葉を口走りました。二人でケラケラ笑っていたので冗談だと思いますが、Jのどこかのクラブがコロンボさんにオファー出しているんでしょうか?

試合見ているとゴール外しまくりでイライラするんだけどカンパニャッチがかわいくてねぇ。常にニコニコしているんですよ。なんかね、マルコメ君がそのまま大人になったみたい(笑)

ヤス君のリクエストでヴィオラ兄にサインをもらう時にヤス君の名前をアルファベットで表記した紙を渡すと「ジャポネーゼ?イタリアーノ?」と聞くので、ヤス君が日本人かいたリア人か聞いているのかと思ってジャポネーゼと答えたら固まる兄。爆笑する周囲。もしかして「日本語でサインするの?それともイタリア語でサインするの?」と聞いてたのかしら?
更にサインしてもらいたいブツではなくヤス君の名前が書いてあるメモ用紙にメッセージを書き始める兄。違う違う、こっちにサインして欲しいの!と私がブツを指すと、一緒にいたコスタがブーッと噴出して笑い転げておりました。きれいな顔しているけど実は天然君なの?
「ヤス君へ、愛情を込めて、ニコラス・ヴィオラ」ってサインしてくれたよ~(ヤス君への私信)

コスタに奈良のご当地スティッチー(奈良と書かれた巨大鹿せんべいを抱えているストラップ)をあげたらイタリア語で話しかけてきて、私が意味がわからずにポカーンとしていたら「これ僕に?もらっていいの?」と英語で聞かれました。コスタちゃん英語少しイケるのね?

ホペイロのミンモに去年撮った写真にサインしてもらったら名前の脇に10と記入。この「番号なに?」とたずねたら「中村の10番だ」という返事が返ってきました(笑)

因みに出待ち女子に人気の過去の選手はアモルーゾ、サントス、アルヴァレス、コッツァ等々。正統派二枚目もしくは優しい選手が好きみたいです。カチアのことはみんな「けっ」っていう反応でした(笑)
現選手ではコスタ、ヴィオラ兄、ブルジゴッティ(彼のfacebookが面白らしい)、プッジョーニ、モンティ等々。ヴィオラ弟とサルノは女子たちから「ピッコロ」と呼ばれておりました(笑)

出待ち終了後に私はすぐにお抱え運転手のアントネッロに電話をしてしまったのですが、女子の一人が車で来ていて「送ってあげるから一緒に帰ろうよ」と言ってくれて超嬉しかったです。先に言ってくれればアントネッロに電話しなかったのに。野郎どもにチヤホヤされるのも楽しいけど、女子でわいわいするのも楽しいですね♪
因みに野郎どもがバスタルドを日本でなんて言うか知りたがるのに対して、女子はベッロを日本語でなんて言うのか知りたがりました。そういうもんよねー。

疲れてきたので本日はこの辺で失礼します。
未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/04

アッツォーリさん森本を語る

本日レッジーナのオフィスでスタッフの女性とお話していた時に突然コッツァが現れ、ウインクされて卒倒しそうになりました。このまま日本に帰っても悔いはありません。←え?
ファヴァスリ・ドクターは今年もウインクしてくれます。相変わらずお茶目な人です。

去年撮ったボナちゃんの写真をレッジョの民に強奪されました。ボナちゃん野郎共の一番人気です。
ちなみに二人だけいた女性ファンのお目当てはプッジョーニ様でした。相変わらずプッジョーニ様はとろけちゃいそうなくらい優しくしてくれます

リッツァートもむちゃくちゃ優しかったです

同僚ダニエルに協力してもらった今年のお手紙作戦のターゲットは唯一の南米人になったモンティエル。とても喜んでくれて駐車場まで手紙読みながら歩いていました。

ジョーザとコスタが一緒に出てきたので仲良し2ショットを撮ってきました。二人ともお馴染みなので知り合いみたいに挨拶してくれるのが嬉しいです。

今年はテデスコ息子二人にストラップを持っていったら「俺にはないのか?」と言われちゃいましたわ

バリッラに去年の写真をあげたら思いのほか喜んでくれました。

初対面なのにむちゃくちゃ愛想が良かった人達:
ブルジゴッティ、コロンボ、カンパニャッチ、第2GKのかわいこちゃん(名前失念)、デローゼ、イケメンの兄ちゃんの写真を撮っている間に逃してしまったヴィオラ弟は車の窓から笑顔をくれた。

アッツォーリさんは私を見るなりでかい声で「こんにちは!」ダンディなのにノリがいい(笑)
森本を知っているかと聞かれたので「私は中村が好きなんですけど」と答えると「中村じゃない森本だ!」と怒られました(笑)
森本君との2ショットを見せると「私はカターニアで森本を指導していたんだ」から始まり、森本トーク炸裂。ごめんなさい監督、半分もわかりませんでした
よくわかんなかったけど森本君を褒めていたような気がします。←ホントかよ?
最後はまたでかい声で「さようなら!」ミステル完璧です

帰りのタクシーはお抱え運転手のアントネッロの都合が悪くて代理の女性が来てくれたんだけど、道中ロベルト佃氏の話題で盛り上がった。「ロベルト佃」と紙に日本語で書いてあげたらえらい喜ばれた。ロベ、レッジョの女性ドライバーとに人気なのね?

後でなにか思い出したら追記します。
未分類 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/03

パルマ×パレルモとかレッジョ到着とか 

本日レッジョ入りしました。
生ハムとモッツァレラの前菜、ムール貝のスパゲティ、ミックスサラダをあっという間に平らげて、これでもかというくらい胃袋が満たされた状態です。眠いです。

今日はレッジーナのオフィスでユニの購入予約をしてまいりました。オフィスの皆さんとても親切だし、欲しいもの全部手に入るし、オフィスでユニを買えるって最高ですね。もっと前からオフィスで販売してくれれば良かったのに。
副会長のレモさんにも挨拶してオフィスから出たら、目の前をプッジョーニ様のお車が通過していきました!もう練習終わっちゃったの?!あわてて練習グラウンドへ行ったらスタッフの方に「遅いよ。明日の3時にまた来なさい」と言われちゃいました。アッツォーリさん練習短いのね?今日だけ特別?

昨日はakiさん、magoさんとパルマ×パレルモを観戦してきました。憎たらしいほど晴れていました。
試合前の練習時にスタンドの私たちに手を振ってくれたガロッパさん、カンドレーヴァさん、お気遣いありがとうございました。
試合は結構点が入って楽しかったです。1点目がとんでもない面白ゴールでしたし(笑)
モデちゃんのゴールを目撃できて超うれしかったです。ミランテが怪我してパヴァリーニに出番が回ってきたのも美味しかったです。パストーレが髪を短くしたので、しばらく発見できませんでした。
試合後の出待ちでクレスポさんとかザッカルドさんとかいろいろ隠し撮りしてきたのでお楽しみに♪
なんか一人ジェノアの選手がいらっしゃいまして驚きました。なんで貴方パルマにいらっしゃったんですか?

使い勝手の悪いモバイルPCで非常にストレスがたまるので、この辺で失礼いたします。

未分類 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/01

わずか15分で試合中止

良くない日になる予感はあったんですよ。昨夜食べた散らし寿司が良くなかったようで腹壊して最悪の体調だし。
でもまさかねえ、奮発して50ユーロ出したトリブーナ席(本来は80ユーロだけど女性割引があるのさ♪)での観戦が15分で終了するとは…
朝から晴れ渡っていい天気だったんですよ?それが試合開始のホイッスルと共に土砂降りって何の嫌がらせですか?
おまけに雷鳴と共に失点…
それでも時間はたっぷりあるから逆転できると信じていたらボールが全然走らなくなって試合中断。
私たちの隣のブロックに座っていたレッジーナの重鎮たち(フォーティ会長、レモ副会長、私のジャッケッタ、コッツァ等々)が騒然とする中、しばらくすると雨が小降りになって再開するかに思われたんですが無常にも試合終了のホイッスル。周囲はなぜかレッジーナファンばかりという不思議な席で面白かったのに最後まで試合を見届けることができませんでした。こんな経験初めてですよ
引き上げる前にコッツァが私に気づいてくれて笑顔で手を振ってくれたのが唯一の収穫です。akiさんは50ユーロのチケット代はコッツァ拝観料でいいと言ってくれましたが、近くでコッツァを拝むだけで50ユーロは高すぎますよね?
アルビノレッフェのスタッフがまた超親切で、明日アルビノレッフェ公式サイトで再試合の情報が載るからチェックするようにと英語で一生懸命説明してくれました。再試合いつになるんだろう…。明日だったら観戦できるけど、それ以降なら諦めるしかありません(号泣)
それにしても今日の試合には私たち以外にも外人がたくさん実に来ていました。アルビノレッフェは実はインターナショナルなクラブなんですね?

夜はakiさんと美味しいイタリアンを満喫しまして、ちょっと取り戻した気分です。気の置けない友達と一緒の食事ってなんて楽しいんでしょう!

明日はパルマ×パレルモを観戦予定ですが、どうか天気に恵まれますように。
未分類 | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。