--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/26

リベルタドーレス決勝2nd legの会場に仔犬がいた件について

午前4時に日テレで放映されたリベルタドーレス決勝2nd legサントス×ペニャロールの録画を先ほど観終わりました。
日テレでリベルタドーレスの決勝が放映されていることを全然知らず、残念なことに1st legは見逃しましたが、Fillipoさん情報のお陰で2nd legはバッチリ録画しました。Fillipoさんグラッチェ♪

ペニャロールにはレッジーナの板前さんことヴァルデスが所属しています。昨夏買取オプション付レンタルでシエナに移籍しましたが冬にレッジーナに返却。そのままウルグアイの強豪ペニャロールへレンタルされて現在に至っています。途中加入にもかかわらずペニャロールではコンスタントに試合に出場し、元ウルグアイ代表の実力を遺憾なく発揮しているようです。
ペニャロールはレッジーナからヴァルデスを買い取るかどうか、決勝が終わってから検討するとヴァルデスの代理人がコメントしてました。若手中心に切り替えたレッジーナに彼の居場所があるとは思えないので、買い取ってもらえるといいなと思います。

会場には昔サントスでプレーしていたペレとか、ペニャロール下部組織出身のフォルランも訪れていてスタジアム全体が物凄い熱気でした。
試合前に両チームの選手が入場して更にムードが盛り上がり、ペニャロールの選手たちがスタンドの自軍応援団の元に挨拶に行ったとき、その応援団の中心に見覚えのある顔が…。

え?カルモナ?

いや、そんなはずはない。たぶん他人の空似よ。仔犬ちゃんが恋しくて幻を見たに違いないわ。
だってチリ人のカルモナがペニャロールのユニ着て、エンブレムにキスして、優勝カップらしきものを手にサムアップしているはずがないもの。
そうは思ったものの気になって巻き戻し、もう一度見てみたんだけど…

これは私の仔犬ちゃんでしょうか?

どう見てもカルモナだろ、これー!!!!!

仔犬ちゃん、こんなところで何やってんのよ!まさかアタランタからペニャロールへのレンタル移籍が決まっているとかじゃないよね?
まあ今はシーズンオフだし、親友の板前さんの応援に駆けつけていたとしても不思議はないか?
きっとテレビカメラも「チリ代表のカルモナがペニャロール応援団にいるぞ!」ってんで映したんでしょうね。結構長い時間抜かれてましたから。でもカルモナのFacebookチェックしたけど誰もこの件について突っ込んでいませんでした。やはり本人じゃなくて激似のそっくりさんなのかしら。今度仔犬ちゃんに会った時に確認しなくちゃ。

試合は2-1でホームのサントスが勝利。前線のタレントの差がそのまま点に出ちゃったなという感じでした。ペニャロールの守備は、前半は特に良かったんですけどね…。
あーあ、ペニャロールが優勝してトヨタカップ参加のチケットを手に入れていたら、ヴァルデスが日本に来たかもしれないのに。板前さん、日本で再会できなくて残念だね…

スポンサーサイト
元レッジーナ愛しの選手たち | Comments(2) | Trackback(0)
2010/12/25

聖夜にパレデスの近況など

皆様、ブオン・ナターレ!
昨夜予告したとおり、歴代レッジーナ最強イケメンであり最も美しい潰し屋だったパレデスの近況について超簡単に報告いたします。因みに歴代レッジーナ2番目に美しい潰し屋はトニョッツィだと思うの←あくまでも私の好み♪

数年前までパラグアイ代表の常連だったパレデスは、闘志溢れるプレーで世界のサッカーファンを魅了してきました。レッジーナ時代は試合中審判に見えないところで相手選手にバックドロップ仕掛けちゃったり、レッジョの街中で絡んできたティフォージをお仕置きしちゃったり、お茶目な暴れん坊振りを遺憾なく発揮しておりました。当然ですがレッジョではとても愛されていたので、いまだにパレデスのユニを着たティフォージをグラニッロで見かけます。実はNAKAMURAユニを見かけた時と同じくらい嬉しかったりします。日本の俊輔ファンの間でも男女問わず人気がありましたよね。
私は2004~2006年遠征でサンタガタで生パレデスに遭遇。2004年は個人的な接触はなかったものの、2005年と2006年はパレデスの発するフェロモンに2年連続骨抜きにされました。レッジョ通いを始めて7年になりますが、瞬時に私の頭のネジを吹っ飛ばしたのはパレデスだけです。

オレンジジュースらしきものを持っていた

02-03シーズンから4年間レッジーナで過ごしたパレデスは、その後2シーズンをポルトガルのスポルティングでプレーし、08-09は故郷パラグアイの古巣オリンピアに帰還しました。

オリンピア時代の写真だと思う

翌09-10は同じくパラグアイリーグのルビオ・ニュに移籍。そして今季はスポルティボ・ルケーニョに所属し、キャプテンを務めています。代表からは遠ざかっていますが(もう34歳だから呼ばれることもないかな?)、今も元気でサッカーしていてくれて嬉しいですね。今は短髪なんだー。

黄色も似合いますね

ルケーニョといえばかつて武田修宏氏が所属し、現在は元鹿島アントラーズのGK小澤英明選手が所属している日本人には馴染みのあるクラブです。余談ですが、今年のイタリア遠征では小澤選手なぜかレッジョの民の間で有名人でした。パレデスのチームメイトだからでしょうか?
SOCCER PLANETというサイトで小澤選手の記事を追っていたら、小澤選手とパレデスが一緒に収まっている写真が何枚もありました。このサイト、パレデスを追いかけるためにもマメに目を通そうと思います。あ、もちろん日本人として小澤選手も応援していますよん。

パラグアイリーグは前期後期に分かれているらしく、ルケーニョは後期を7位で終えたようです。
2010 Paraguayan Primera División season

雪虫様、めいくう様、簡単ではありますが以上パレデスの近況でした。こんなんで満足して頂けたでしょうか。

元レッジーナ愛しの選手たち | Comments(5) | Trackback(0)
2010/10/27

移籍先で幸せそうな人たち編

今夏不本意ながらギリシャへ旅立ったサントスですが、今ではすっかりチームに馴染んで楽しそうです。

何故そのポーズ?

スコダ・クサンシ公式にサントスのインタビューが載ったのは9月の終わり頃だったでしょうか。ギリシャ語を無理やり英語に機械翻訳して半分くらい内容がわかりました。

・長いことイタリアでプレーして(イタリアでのキャリアのスタートはアタランタ。まだ十代でした)そろそろ違う環境でリフレッシュする必要があった。
・突然ギリシャへ移籍することになったので家族の引越し準備が大変だった。
・移籍と同時ぐらいに子供が病気(怪我?)で入院してしまって物凄く心配したけど今は大丈夫。
・ギリシャの気候は最高!
・ギリシャはセリエのような戦術の縛りが少ない。初めて体験するサッカーが新鮮。


そんな感じことを語ってました。出場機会にも恵まれていますし(毎節スタメン)家族もギリシャを気に入っている模様。元気そうで嬉しいです。この調子で頑張ってください。



今夏急遽アタランタ移籍が決まった私の仔犬ちゃんは、ベルガモでウホウホおじさんことティリボッキに懐いているみたいですね、これらの写真見ると。この子、好きな人にはとことん懐いていくんで非常にわかりやすいです。(笑)

ウホウホおじさんと一緒♪その1

ウホウホおじさんと一緒♪その2

先日ピアチェンツァ戦の前に会見がありましたが、レッジーナについては「レッジーナの今の順位に僕は驚いていないよ。前にも言ったけど、レッジーナには優秀な監督がいて、有望な若手にスペースを与えているんだ。」と答えていました。半分レッジーナの子ですから常に気遣いを忘れません。よし、いい子だ。(笑)
アタランタでもスタメン勝ち取って順調ですね。レッジョと違ってベルガモは急に冷え込む季節だから風邪ひかないように気をつけろよー。
ところで、未だにバレートの家に転がり込んだままなのかしら?



現在ベルガモでカルモナのお世話係をしてくれているバレートですが、こんな写真を見つけました。

ベルガモの女子にモテモテ?

これってベルガモの女子がバレートの巨大パネルにチューしている、もしくはスリスリしている図なんでしょうか?
バレートはレッジョに来たときには既に妻子持ちだったのでレッジョの女子からは騒がれませんでしたが、ベルガモでは女子に人気あるのかしら?つーか、次の遠征ではベルガモへ行く予定なので、私もこのパネルにチューしたいんですけど、ここ場所どこですか?

バレートもアタランタではスタメンで活躍してますね。相棒がカルモナということで、レッジョ時代と同じくカルモナに後ろを任せて自分は攻撃に参加している模様。(笑)
今のところコンディションは問題なさそうで安心です。昨季は骨折でほとんどシーズン棒に振っちゃったから今季は大車輪の働きをしないといけません。どうか今季は怪我なく過ごせますように。



元レッジーナの選手で今一番幸せなのは彼かもしれませんね。

ELに出られて良かったね!

引退後の夢はポルノ男優という色物DFのチリッロは、現在在籍するPAOKサロニカでELを戦っております。PAOKサロニカはグループDの2位に付けているので(1位はヴィジャレアル)、決勝Tまで進んだらスカパーで放映があるかもしれません。何が何でも決勝Tへ進んで、欧州の舞台で笑いを取る貴方の晴れ姿を私に見せてね、チリッロ!



えー、現在私の嫉妬の対象となっているのがコイツです。

生え際の後退が進んでますね・・・

ナポリでマッツァーリ監督のお傍にいられるなんて、しかも監督に信頼されてコンスタントにプレーしているなんて、オマケにチームも好調だなんて(ナポリは6位だけど3位のインテルとはたったの3ポイント差)、この幸せ者が!
今季やっとスカパーがナポリの放映権を手に入れてくれたお陰で、放映あるときは欠かさずナポリの試合観てますが、アロニカ本当に楽しそうですよ。この写真も「俺、今すげえハッピーです♪」って感じだし。
試合中の愛しのマツマツの面白リアクションについては、そのうち超久々にカテゴリー『今週のマッツァーリ』で書こうかなと思います。結局時間がなくて正月休みとかになりそうだけど。

元レッジーナ愛しの選手たち | Comments(0) | Trackback(0)
2010/04/19

ハルフレッドソン骨折/アモルーゾ記録更新/バレート再び手術

ついこの間まで仕事があまりに忙しすぎて(また忙しくなりつつあります…)、元レッジーナの皆さんのことを全然書けなかったけど、決して皆さんのことを忘れていたわけじゃないのよ。いつでも皆さんのことは心の片隅に留めているから、皆さんそれぞれの職場で頑張ってくださいませね。



君の実家は火山の噴火の被害は大丈夫?

イングランド2部リーグのバーンズリーにレンタル移籍していたハルフレッドソンは、4月3日対シェフィールド戦で足を骨折。レンタル期間満了を待たずしてイタリアへ返却されることとなりました。あらあらあららら。
「バーンズリー・フットボールクラブは今シーズンの彼の働きに感謝すると共に彼の素早い回復と将来の成功を祈っている」とバーンズリー公式サイトで発表しておりましたが、

怪我した途端に放り出すんかい。←レンタル移籍ってそんなもの?

レッジーナ公式でハルフレッドソン復帰のニュースはありません。どうするんでしょう。レッジーナに戻って治療&リハビリするのか、シーズン終了まで自分の国(アイスランド)で治療に専念するのか。私にとって貴重なイングリッシュ・スピーカーなので来月サンタガタで会えたら最高に嬉しいのですが。



とんでもない記録です

私のイタリアの王子アモルーゾがセリエA第31節ユヴェントス×アタランタで新記録を樹立しました。

なんとセリエA12クラブで113ゴール達成です!

ここまで所属したにもかかわらず1つもゴールできなかったクラブはシエナだけ(08-09シーズンの1月から半年だけレンタル移籍)。多くのクラブを渡り歩き、そのほとんどのクラブでゴールという結果を残してきました。なかなか出来ることではありません。この記録を破る選手が今後出てくるんでしょうか。因みに各クラブでのゴールの内訳は以下の通り。

サンプドリア 1993/94 3ゴール
パドヴァ 1995/96 14ゴール
ユヴェントス 1996-99 9ゴール
ペルージャ 1999の1月からシーズン終了まで 11ゴール
ナポリ 2000/01 10ゴール
コモ 2003の1月からシーズン終了まで 6ゴール
モデナ 2003/04 5ゴール
メッシーナ 2004/05 5ゴール
レッジーナ 2005-08 40ゴール
トリノ 2008/29 4ゴール
パルマ 2009/10 5ゴール
アタランタ 2010の1月から 1ゴール(4月18日現在)


最近また片足ハイレグになり始めましたね。06-07レッジーナ時代に雨のローマ戦で片足ハイレグになって決勝点を決めて以来、ここぞというときには片方のパンツの裾を捲り上げて貴重なゴールをあげてきたアモルーゾ。これは吉兆ですから喜んでくださいHARUKAさん。アモルーゾの所属クラブは降格しないというここ数年の法則が今季も発動されることを祈っています。



あんなにW杯を楽しみにしていたのに(泣)

アタランタでは本当はバレートが大車輪の働きをしてくれるはずだったんです。リーグ戦とW杯予選を休みなく戦い、驚異的なタフさで双方で完璧な仕事をこなしてきたバレートでしたが、無理が祟ってアタランタへ移籍してから怪我の連続。3月下旬になってようやくプリマヴェーラの試合に出られるくらい回復したと思ったら、その試合で再び右ひざを負傷して関節清掃術を受けることになってしまいました。HARUKAさん、いつも情報ありがとうございます。m(_ _)m
HARUKAさんも嘆いていらっしゃいましたが、W杯には間に合わないようです。いったい何のためにあんなに無理してきたんでしょう。ごめんねバレート。レッジーナの監督たち(特にオルランディさん)が酷使し過ぎたよね。W予選から戻ってすぐにリーグ戦でフル出場させるなんて、あんな無茶な使い方をしちゃいけなかったよね。アタランタへ行ったときには既にボロボロだったんだよね。いつか体が悲鳴を上げるだろうと思っていたけど、こんな最悪なタイミングで蓄積した疲労が噴出するなんて・・・。(T-T)
私のW杯の楽しみが一つ減ってしまいました。W杯には間に合わないけど、バレートの一日も早い回復を心から祈っています。



アタランタといえば、監督がムッティさんになってから出番がなくなっちゃったね、チェラヴォロ・・・。



ところで、冬メルでモンツァへ修行へ出されたヴィオラ弟ですが、未だにモンツァ公式で新天地のユニを着た写真を載せてもらえません。Mattiaさん、クラブに圧力かけてくれませんか?(笑)

元レッジーナ愛しの選手たち | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/31

ニック・ダイナマイト今度はアタランタへ/その他愛しの皆さんの近況

なぜ貴方様はいつもいつも電撃移籍ばかりされるのでしょう。

昨日の朝(といっても10時半頃)起きてmagoさんのコメント見て一瞬で目が覚めました。
私、5月にパルマへ行く気満々だったんですけど・・・。

UFFICIALE: Nicola Amoruso all'Atalanta
2011年6月30日までの契約で完全移籍です。

29日17:35付の下の記事にアモルーゾのコメントがあります。
Atalanta, Amoruso e Volpi parlano già da nerazzurri
アタランタからの関心は本当なんだ。木曜日のランチ時に打診があった。でも、詳細を詰めないといけないから正式なアナウンスじゃない。まだパルマがどうしたいのかいろいろ確認したり理解したりする必要がある。もう少し様子を見ようじゃないか。新しい決定がなされるまでは、僕はジャッロブルー(パルマ)と共に練習するよ。
僕に言えるのは、ネッラズーラのユニを着ることに何ら問題はないということ。ここまでのキャリアで何度もユニを替えたけど、常にそのユニのために貢献しようと頑張ってきた。


ガロッパ君との絡みも楽しみだったのに
↑多分akiさんちから貰ってきた写真

チーム最多得点者を放出するパルマの気が知れなかったのですが、なんとパルマはクレスポを獲得したんですね。結局はアタランタのアックアフレスカがジェノアへ、ジェノアのクレスポがパルマへ、パルマのアモルーゾがアタランタへという3クラブ間での玉突き移籍だったわけですな。
akiさん情報によるとパルマは「クレスポが戻ってきた!」と大盛り上がりだそうです。元パルマのクレスポが相手じゃアモルーゾも分が悪いです。てか悪過ぎです。パルマでアモルーゾの放出を嘆いているティフォージなんて一人もいないんだろうな。

ま、トリノ不振の責任を押し付けられてシエナに追い出された1年前とは事情が違います。35歳になっても移籍金払ってまで獲得してくれるクラブが後を絶たないところが凄いです。本当に幸せなことです。アタランタにはバレートとチェラヴォロがいるので問題なくチームに馴染めるでしょう。バレートは喜んでいるだろうな~。レッジョ時代凄くいい関係だったから。チェラヴォロは「ニックが来たら俺の出番なくなっちゃうじゃん」と焦っていると思いますが。(笑)
しかし、アタランタにはヴォルピもレンタル移籍することになり、元レッジーナのオッサンベテラン選手がチームの平均年齢をドーンと上げちゃうわけで、その辺ベルガマスキ的にはどうなんでしょうか。歓迎してもらえるといいのですが。つーか、本人たちが努力と結果で認めさせるしかないんですけどね。
ということで、今までアモルーゾ情報はガロッパ情報のついでにakiさんが追ってくれましたが、これからはHARUKAさんが追ってくれますね。HARUKAさん、よろしくお願いします。
3年連続レッジーナを残留させてくれた人です。マイナス11のペナルティがあってもレッジーナを残留に導いてくれた人です。流浪のサッカー人生の中で数え切れない修羅場をかいくぐってきた経験をアタランタで活かしてくれると信じています。
そんなこんなで私の次の遠征先はパルマ&レッジョからベルガモ&レッジョに変更となりました。HARUKAさん、後でアタランタ練習場への行き方を教えてくださいね。てか、一緒に行きませんか?(笑)

アモルーゾは今夜のサンプドリア戦に早速召集されていまして、お披露目会見は試合が終わってからになりそうです。アタランタユニを掲げたアモルーゾの写真をゲットできたら追記する予定です。



えー、森本君が在籍しているお陰で放映がたくさんあるカターニア戦ですが、私が試合を見るメインの目的はもちろんGKカンパニョーロの勇姿を拝むこと。そんな視点でカターニアの試合を見ている人間は私くらいなもんでしょうな。あ、板貫さんも?(笑)

どうしてももう一度会いたいの

ここまでカンパが出場した試合はリーグ戦ではアウェイのインテル戦(もちろん負け)くらいでしたでしょうか。主にコッパ要員として起用されてきましたが、先日ローマに負けてコッパ・イタリア敗退。負けはしましたがネット観戦していたakiさん情報によると「スーペル・カンパニョーロ」の神モードだったそうで、パジェッレもとんでもない高い点数が付いてました。古巣ローマ相手ということもあり、バリバリ気合入れて張り切ったと思われます。ミハイロヴィッチがこの試合のカンパのパフォーマンスを評価して、シーズン後半の出番が増えるといいなぁ。
現在カレンダーを眺めながら次の遠征に思いを馳せるのが激務中の唯一の息抜きとなっている私ですが、もし5月15日(土)のレッジーナ×ガッリポリに合わせてレッジョ入りした場合、翌日のカターニア×ジェノアも観戦して帰ってこようか検討中。上手くいったら試合後の出待ちでカンパにもメスト君にも会えるじゃない?ついでに森本君にも。もっとついでにミハミハ監督にも。←ついでかよ
モデストがボローニャに移籍しなければもう一人元レッジーナ組に会えたのになー。って、まだレッジョ入りする日程は決まってないけど。

いつかレッジョに戻っておいで

ボローニャでたくさん試合に出られるといいね。モデちゃんも頑張れ!

元レッジーナ愛しの選手たち | Comments(6) | Trackback(0)
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。